正伝妙見活法協会では、一千年の歴史を有する唯一正統なる『妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の治療術、整体術を直接教伝いたします。「技術の確立」「経営の安定」「救済の実践」これが正伝妙見活法協会の三大理念です。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年1月31日

 この記事は約 7 分で読めます。

【千葉家伝承正伝妙見活法ヒヒイロカネの不思議な自動運動の私的考察】

正伝妙見活法協会
前野功妙経会長

お世話になります。
稲城市の津端です。

1月28日に開催されました
スタッフ特別研修会に
参加させて頂きました。

参加報告を投稿する前に
同会の発起人であられる
由利はるな初日司家秘書に
この場をお借りして
御礼申し上げます。

同会は、
由利はるな初日司家秘書の
お声掛けから起こり

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長の
御高配によって実現された

正伝妙見活法協会スタッフの
フォローアップを目的とする研修会です。

大変ありがたくも、
受講費無料にて開催していただいております。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書

暖かいお気遣いを
ありがとうございます。

今回のスタッフ研修会は

心と行動の磨きにより
エネルギーの法則に反し
新たな生命力が物質にさえ宿る現象

千葉家に伝承される幻の金属
『ヒヒイロカネ』によって
再現するという
有り得ない内容のものでした。

 

以下に
ヒヒイロカネが再現した
エネルギーの法則に反する
光の収束と自動運動について
私的考察を述べさせて頂きます。

(1)ヒヒイロカネとは?

ヒヒイロカネとは
wikipediaにも記載されている文章には

古史古伝における太古日本
で様々な用途で

使われていたとされる伝説の金属また合金
とあります。

私も何度か耳にしたことはありますが
それはオカルト雑誌や
フィクションの読み物の中での話です。

ヒヒイロカネは
神話やファンタジーの世界のものだと
思っていましたし

実際のところは

その時代時代で、
最も貴重だった
何かしらの金属の評価が

時の流れとともに神話性だけが
どんどん大きく強くなっていた

大方、こんなところであろうと
踏んでいました。

本物のヒヒイロカネは
エネルギー法則に反した
自動運動を起こすと聞きましたが

それがどんなものかは
全く想像もつきませんでした。

(2)ヒヒイロカネの形状等

千葉家に伝承されるヒヒイロカネは
成人男性の手のひらに
ちょうど収まる程度の大きさの金属でした。

一見しただけでは単なる
『円形に造成された金属』
なのですが
実際に手に持ってみると
驚くほどに重たく感じます。

これほどの重量がありながら
果たして自動運動など
起こり得るのか?という
疑問がどんどんと大きくなりました。

(3)ヒヒイロカネの自動運動

千葉司家が
ヒヒイロカネを軽く小突く程度に
弱い力で回すとと

ヒヒイロカネは倒れるようにして
くるくると回転運動を起こしました。

挙動を簡潔にお伝えするならば
五百円玉を立てて、支えた指を
軽く弾いた時のような動きです。

本来ならばあちらこちらに揺れながら
自然に回転力が減衰して

その動きはゆっくりと小さくなり
最終的にはどこかで止まるでしょう。

回転運動を起こした
重いヒヒイロカネは

次第に土台の中心に
吸い寄せられながら

加速していきました。

それも段階的に。

一瞬速くなっただとか
何かしらの仕組みで加速を得た
という動きではなく

アクセルをゆっくり踏み込むように
次第に加速して行きました。

本来ならば土台の上を
ある程度ランダムに動く
挙動を取るはずですが

本当に中心、ど真ん中で
横から見れば∞
(文字化けする場合はアラビア数字の8を90度回転させてください)
の形で
グァングァンと音を立てながら
加速し続けるという
自動運動を起こしていました。

それも優に1分以上です。
指先でほんの少し小突いて
倒れるように回った動きが
回る位置を全く変えずに
1分も続くものでしょうか。

次第には、土台そのものまでも
ガタガタと揺らすほどの速度になりました。

土台に仕掛けがあるのかな?
と思いましたが

テーブルの上で行っても同じ挙動をとりました。

千葉司家が特殊な技術で回しているのかな?
と思いましたが
その後、
スタッフ全員が回させて頂き
全員が同じ結果を出しました。

 

ヒヒイロカネは
磨き上げた鏡面のような外容でした。

そのヒヒイロカネが
高速で自動運動を起こすと
ヒヒイロカネの本体の上に
眩しいくらいの光度の
光の球体が発生しました。

wikipediaの記載には
「表面が揺らめいて見える」
との記載がありましたが

それは、
膨張するように揺らぐ光の玉でした。

直視すると目が痛いくらいの
明るさの光の玉の光源は
月辰会オフィスの蛍光灯です。

どこにでも売っている棒状の蛍光灯ですので
おそらく私の治療院の照明の下でも
同じ現象が起こるのではないでしょうか。

ありふれた光を集めて輝く玉を作る現象こそが
心の磨き、作法の磨きの根底の意味ですと
千葉司家は総括されました。

そしてその後突然に
ヒヒイロカネの回転が止まりました。

緩やかな減衰ではなく
一瞬の停止でした。

土台に食い込むような
ガチっという音とともに
高速回転から完全停止したのです。
(私の思考も同時に停止しました)

私は、
学のある方ではありませんが

過去に習った物理現象では
絶対にあり得ない動きでした。

 

(4)考察点の抽出

・・・・・・・
ある程度の重量を持つ円盤型の金属が、
ごくわずかな初動から
∞状の螺旋運動を繰り返し

段階的に加速して高速回転状態に至り

最後は介助なく無反動で
完全停止することは理論上あり得るのか?
・・・・・・・

私自身の意見ではあり得ないと思いますが

この目で見てしまい、自分の手で操作して
同じ現象が起きてしまいました。

おかしな話ですが
物理学に明るい方で
「その円盤型の金属を再現できるよ」
という方がいらっしゃったら
個人的に連絡を頂きたいと思っています。

電池もモーターも磁力もなく
ただ自重で倒れるような初動から
1分以上も加速しながら
一点で回転し続け
部屋中の光を集めて
最後は無反動で一瞬で止まる

というレプリカを作れる方がいたら
ぜひ連絡をください。

本日の正午過ぎに見てから
このレポートを認めている深夜まで
あの動きと球体が
頭から離れませんしおよそ答えが出ません。

考察点を抽出しましたが
手がつけられないのです。
結局、残ったのは
現象を目撃し再現したという事実だけでした。

この現象が
極限まで磨き上げた作法の結果であるならば

場の磨きと個の磨きをするのが
楽しい趣味になってしまいそうです。

この業界、
神が宿るネックレスやブレスレット
なんとかエネルギーが注入されたアクセサリなど
霊感商法が好きな治療家さんも
多くいらっしゃいますが

あの自動運動と光の収束を見たら
どうでもよくなります。

(5)お詫びと考察

考察レポートであれば
仮説を立てて多角的に考察し結論を出す
というプロセスを踏むものですが

仮説すら立たないのが現状です。
仮説を立てるための
法則が通用しないためです。

そのため、
考察レポートでありながら
考察ではなく感想文のような
ていになってしまいました。

タイトルと本文の不一致を
お詫び申し上げます。

せめて、少しでも伝わるように
なるべく事細かに現象の報告をさせて頂きました。

しかし
不思議 というしか術がありません、

ヒヒイロカネの自動運動についての
考察は結論に至りませんでしたが
この現象から抽出できることは

巷間の一般的な治療法の
理論体系となる物理現象では
説明できないあり得ない例外がある

という反例でしょうか。

妙見活法の不思議な治療成績は
このような一般常識の外側や裏側を
活用しているからだと感じました。

と言いますのも

物理的な解説はできませんが
これまで伝えていただいた教導内容が
詰まっている現象だとも認識したためです。

以上をもちまして
千葉家伝承正伝妙見活法
ヒヒイロカネの不思議な自動運動の私的考察
とさせて頂きます。

 

妙見大菩薩様
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
スタッフの皆様

この度は
有り得ない、有り難い体験をさせて頂き
ありがとうございました。

身欠きの真髄は
安っぽい博愛や自己犠牲とは全く違うものでした。

精進いたします。

御陰様です。

 

前野会長第一秘書

稲城市平尾 津端雄大郎

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!