「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年2月1日

 この記事は約 4 分で読めます。

【スタッフ研修会の報告】

正伝妙見活法協会の皆様。

いつもお世話になっております。

1月28日に開催されました、スタッフ研修会の参加報告をさせていただきます。

今回のスタッフ研修会は、普通では考えられない物理現象を体験させていただきました。

心と行動の磨きによって、物質にも霊性や魂が宿るということを説明していただきました。

その物質とは、千葉家に代々伝わってきた「ヒヒイロカネ」という物質でした。

厚さが1cm位、直径が10cmちょっと位の円柱形で銀色に光り輝いていました。

重さも見た目よりもずっしりとしていました。

まず驚いたのが、金属のはずなのに錆びも曇りもない、言い方を変えればピカピカの新品状態。

これ自体が有り得ないことです。

私はヒヒイロカネという物質をまったく知りませんでしたので、インターネットで検索しました。

ウィキペディアには、
合金としてのヒヒイロカネは金剛石(ダイヤモンド)よりも硬く、永久不変で絶対に錆びない性質をもつ
三種の神器はヒヒイロカネで作られている。
ヒヒイロカネで造られた茶釜で湯を沸かすには、木の葉数枚の燃料で十分

など普通の金属ではないようなことが書かれていました。

何の変哲も無い100均の鏡を曇りの無いように磨き、その鏡の上にヒヒイロカネを縦にして置き、千葉司家が軽く回しました。

するとゆっくりと回転を始め、加速しながら鏡の中央に移動し、中央の位置からまったくぶれずに回転していました。

勢いをつけて回したのであれば、回転するかもしれません。

しかし、ほんの軽く回しただけですから、本当だったらすぐに倒れて止まってしまうはずです。

止まるどころか、いつまで回り続けるのだろうと不思議に思いました。

唸るような音をあげながら、ドンドン加速していくと球体のように見えてきて、眩しい光を発しました。

まさに光の球です。

一切減速することもなく、さらに加速して行きピークを迎えたところでギュッと言うような音を立ててビタっと停止しました。

加速のピークでビタッと止まるというのも摩訶不思議です。

千葉司家が仰るには「エネルギー全部放出してから止まる」と。

スタッフ全員、ヒヒイロカネを回させていただきました。

千葉司家が回すから不思議な周り方をするのではなく、全員同じように回りました。

ヒヒイロカネは、どこでも同じように回るのではありませんでした。

テーブルの上でも回してみましたが、鏡の上ほど回りませんでした。

反射が少ないと回りづらいようです。

回転が止まるどころか、加速していくヒヒイロカネ。

地球上の物質とは思えません。

地球上の物であれば、世界の至る所にあるはずだと思います。

回り出したら鏡の中心に向かい、回り続ける。

北極星そのものです。

北極星から来た力を全て反射させるには、ヒヒイロカネを回した鏡のように曇りが無く、全て反射できるように、自分磨きが重要なことが今回の体験により、重要であることがわかりました。

自分を磨き、治療の際は自我があってはならない。

自分自身に曇りがあっては、反射出来ない。

自我を無くすことによって、妙見様と同調出来るのではないかと思いました。

正直・言行一致・察知という作法をしっかりと確認しながら、守っていくことの大事を改めて認識しました。

 

物質にも霊性や魂が宿るということを、物理的に有り得ない現象を以て証明していただきました。

本来であれば、三種の神器のように見てはいけない、人目にさらしてはならない貴重な物だと思います。

この様な機械に立ち会うことが出来、本当に運が良かったと思います。

巷ではアマテラスが宿るネックレス、ブレスレットなど出回っているようです。

それがいかに安っぽく、穢らわしいか。

馬鹿馬鹿しくてお話になりません。

本物は神聖な物です。

神事です。

そういうインチキ商品に騙されないように、心から願います。

 

千葉吉胤妙星司家、前野会長、ハッピーさん
お忙しい中、貴重な体験の場を設けてくださり、どうもありがとうございました。

書記掛 守矢博明

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!