「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年4月26日

 この記事は約 6 分で読めます。

☆伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長

お世話になります。

4月21日開催の奥伝会参加報告をさせていただきます。

冒頭より会長が持参された「和算新書」が
公開されました。

文政時代の物で、本来ならば博物館にあるべきものでは?
と思いながら触れさせていただきました。

約200年経過しているにも関わらず、かなりの美品状態で、
内容には
司家が仰っていた黄金比や図形が解説されていました。

もちろん読めるはずもなく
凄い凄いと思うばかりでした。

日本の文化は素晴らしいです。
ですが、西洋に埋もれてしまった、
もしくは埋もれさせられたのは
やはり戦争なのか?とも考えました。

お金が動くように国が主導をとるようになったのは
戦争後の様な気がしてきました。

貴著な経験をさせていただき、
この様なきっかけを作っていただきました阪野会員には
心より御礼申し上げます。

ありがとうございます☆

続いては、
エネルギー療法のさらに奥をご教授いただきました。

「実際にエネルギー(法力)とは何なのか?」
を実技にて、分かりやすく丁寧に
司家は解説してくださいました。

見れば納得、知ると実は簡単な現象で
またもや日常にある極意には全く気付けていませんでした。

本当に日常に極意は自然に広がっていて
目先の事しか見ていない、
感じていない自分が証明されるようでした。

ですが
「どの様に日常の極意に目を向ければ良いのか?」
とも常々考えながら生活しています。

当たり前を一度疑う事なのか?
それとも、直感にて拾い集めて行くべきなのか、
未だに迷走している状態です。

実技では膝倒しがいとも簡単に、
ですがエネルギー(法力)をうまく使えなければ
変化が無いばかりか、逆に身体が硬くなる現象となります。

そして、
パワーストーンの凄みと恐ろしさのお話もありました。

『いいとこ取りは有り得ない』

金言を頂きました。

「自分の責任は自分で」
と似た感覚を覚えました。

肝に銘じて行動して参ります。

千葉吉胤妙星司家
この度も深いご教導を賜りまして
誠にありがとうございました。

司家のお話は流れる様に耳に入り、
毎回とても楽しく受講させていただております。

いつも身になるお話、実技をご教導頂きまして
ありがとうございます。

次回もよろしくお願い致します。

前野功妙経会長
今回も撮影をして頂きまして
ありがとうございます。

DVDでの学びは
本当に貴重な復習の場となっております。

心より御礼申し上げます。

ありがとうございます。

ハッピーさん
いつも素敵な笑顔をありがとうございます☆

次回もよろしくお願い致します。

参加されました皆様
ありがとうございました。

以上を参加報告とさせていただきます。

宮城県白石市
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 伊藤良太一玄*¨*•.¸¸♪

☆糸山礼子先生 神奈川県横浜市

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様 神奈川県横浜市の糸山礼子です。

4/21奥伝会の感想を送らせていただきます。

妙見法力(エネルギー療法)について、物理の観点からの具体的な説明を伺ったことと、道具を使って目の前で理解するという体験をしました。

特に、エネルギーの総量は変化しないという、エネルギー保存の法則の観点からの妙見法力の説明がとてもわかりやすかったです。

身近な実用品にも、この位置エネルギーや運動エネルギーを応用したものがあり、実際にその実用品を押したり持ち上げたりすることで、エネルギー保存の法則が目の前にあることを実感しました。

正伝妙見法力には、こうした物理が応用されているので、怪しい療法ではなく、裏付けのある安心安全な自然療法であることも、再認識できました。

実技では、その物理を応用した動きをすると、一瞬にして人の体が動いたり、柔らかくなったりします。

スライムにも、エネルギーが宿る(笑)のですね。

また今回は、妙見法力についてわかりやすく書かれた古文書を拝見させていただく、貴重な機会に恵まれました。

妙見活法には、和算、天文学などのエッセンスが凝縮されているとのこと。
古文書には、たくさんの図形も描かれていて、偉人たちの知識の豊富さや感覚の鋭さに驚かされました。

1000年も脈々と受け継がれて来た、裏付けのある正伝妙見活法の、裏付け部分を学ぶことができた時間でした。

スタッフの皆様、お世話になりました。

今回も貴重なご指導をいただき、ありがとうございました。

神奈川県横浜市 糸山礼子

☆久保田勝弘先生 東京都台東区

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長  由利はるな初日司家秘書、会員の皆様、何時もお世話様です。

東京都 久保田勝弘より
4月21日の奥伝会参加報告をさせて頂きます。

今回は阪野会員が学理講座にて書かれていたとても貴重な算法新書を前野会長が購入され現物を見せて頂きました。
とても綺麗な状態であり、中には様々な
図形が書かれていて螺旋や黄金比も書かれてました事に驚きました。

今回の奥伝会ではエネルギー療法について
ご教授して頂きました。

妙見活法では本来は法力と言うが、
エネルギーという言葉は外来語であり
現在は言葉として使いやすい為に
使っている

エネルギーについて、
位置エネルギー、落下エネルギーによる
距離や長さによる力の変化などについてや

エネルギー保存法則ついて
100のものは100でエネルギーの総量は変わらない事を学び

コップに入ったお湯を2つに分けた時の変化
ついて、
熱は冷めるが周りに移動しているだけである事や

クーラーやストーブなどでも
冷気や熱も移動しているだけ総量は同じ事を教えて頂きました。

今回も奥伝会ならではの実技をご教授して頂き
位置エネルギーを一瞬で運動エネルギーに変える技をご教授して頂きました。

千葉先生
今回の小道具にはビックリしました。
エネルギー療法を見ながら分かりやすく説明して頂いたお陰にてとても理解しやすかったです。

前野会長
今回は算法新書という貴重な書物をご披露して頂きありがとうございました。
何時もメールの配信から管理、
DVDの撮影から編集をありがとうございます。DVDにて再度内容を確認が出来る事に
毎回とても有り難いと思っております。

ハッピーさん
毎回、明るい素敵な笑顔にての対応に
何時も救われております。
千葉先生との肩癖之術相伝書の写真撮影
ありがとうございました。

東京都台東区東上野 久保田勝弘

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!