本物の整体をお探しの治療家の方へ 正伝妙見活法協会では、一千年の歴史を有する唯一正統なる『妙見活法』整体を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って参加者に直接教伝いたします。 正伝妙見活法協会は、「治せるのか治せないのか…それがすべてである」をスローガンに患者さんの痛みや不具合を短時間で改善させることを追求したプロフェッショナルのための会です。

一般的な手技整体法の出自と派生

一般に普及している手技の治療術は、
明治維新後に欧米から輸入された
オステオパシー療法や

パーマー系統のカイロプラクティックなどから
派生したものが多いように思われます。

現在主流を占めている整体療法の大半は
言うならば『輸入品』であるものがほとんどです。

日本古来の整体法としては
あん摩や指圧などの整体療法がありますが

それ以前から体系立てられた
活法と呼ばれる治療法が存在します。

活法とは何か

活法とは武術の術理・理合を
逆転的に活用した整体治療法です。

相手を倒す、無力化するための殺法と
表裏一体の関係性にあり
古くは鎌倉時代以前から
代々と受け継がれてきた日本独自の業です。

時代の遷移による失伝

武道家にとっての命綱でもある
殺法の術理を活用した活法には
その日特性から一子相伝のことが多く
常に失伝の危機と隣り合わせでした。

特に戦国時代以前より続く本物の活法は
ほとんどが明治時代前後に失伝されたため

古くからの武道系統からの
流れを汲むものであっても、

『気付け』である
蘇生術としての活法か、

あるいは整骨術としての
伝承に限られているのが現状です。

現存する活法との違い

そのため現代まで残っている「活法」は、
一般的な手技による治療術と同様に

その作用対象が、
骨格系統 、筋肉系統 、神経系統 に
区分出来るものがほとんどです。

形や技の名前や見た目こそ独特ですが
骨や筋肉、あるいは神経系に
アプローチしています。

作用の中身」に関しては
他の治療法と同じような
整体治療系統に区分されるのが現状です。

一方、

古伝である「妙見活法」はどの系統にも属しません。

質の転換による治し

骨に働きかける…
筋肉に働きかける…
神経に働きかける…

妙見活法は
これらの治療系統の視点とは
全く異なる

感応による「質の転換」を

狙いとした治療法です。

妙見活法は、
単に「治す」世界を求めているわけではありません。

ズレた骨を整え、硬くなった筋肉を緩め、
弱くなった神経を賦活することは行いません。

いかに、患者さんを
本来あるべき理想的な身体環境に
「戻せる」か…

この考え方が妙見活法の
大元の基本となります。

不自然に手を加えることはせず、
自然作用に沿った一手により
「質の転換」を起こす……。

質の転換が発生した結果として、
「治った」という現実が
残るだけなのです。

入会等のお問い合わせはこちらからお願いします。
error: Content is protected !!