「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。

妙見活法臨床インタビューNo.1
回答者:柔道整復師(接骨院経営)

妙見活法臨床インタビューの目的

正伝妙見活法協会に
所属している会員の方に
匿名にて、実際の臨床に関する
インタビューをご協力いただきました。

妙見活法臨床インタビューは

治療法や経営法に
悩まれている先生に共通する
現実的な問題点、疑問、不安などを

実際に正伝妙見活法協会に入会して
妙見活法を習っている会員の目線から
共有することを目的とします。

 

正伝妙見活法協会に入会する前には具体的にどのような悩みを持っていましたか?

ぎっくり腰などの急性症状
五十肩などの関節拘縮
坐骨神経痛などの
痺れ症状
初回で明らかな変化を
出せず悩んでおりました。

正伝妙見活法協会に入会されて良かった点・大変な点はありますか?

良かった点は、
本当に治せる術に
巡り合えたということです。

治療家はそれぞれ勿論自分の
今やっている技術が日本一
いや世界一と思って
治療に当たっていると思います。

私も私なりに色々な
治療技術を見聞してきました。

それぞれの治療術に理論を持っています。
しかし目の前の患者さんの
リクエストに的確に応えられている
治療術がありませんでした。

私が特に悩んでいた、
急性症状・拘縮・痺れは
それまでのどんなテクニックでも

「骨格のバランスは整ったからそのうち変化する」

「長年かかってなったものだから1回で変化がみられないけど通っていくうちに変ります」

「内臓の老化が原因だからそこから治さないと良くならないので直ぐは無理」

などと体の良い言葉で通わせるのが
治療界の半ば常識となっておりました。

お恥ずかしながら私もそう思っておりました

しかし日本に1000年の歴史がある
「妙見活法」はそんな言い訳を必要とせず
それらの不具合を瞬時に治すことが
出来る唯一の治療術です。

患った年数が関係ないのもこの
「妙見活法」だけではないでしょうか? 

あとは、軟部組織にまでも
変化をだせる唯一の治療術だと思います。

捻挫・肉離れなど、
柔整で学んだ知識では
組織の治癒過程があるので
こればかりは安静にするしかないと
他の総ての治療家は思っていると思います。

しかし、その領域までも
瞬時に良くしてしまう治療術です。

他に軟部組織にアプローチ出来る
治療術があるでしょうか?

本当に「治す」ことができる治療術なら

「骨格は治せるけど軟部組織はできない」

「内臓は治せるけど、拘縮はすぐ変化が出せない」

という言い訳が無いのです。

骨格・筋肉・内臓・神経・精神を
総て統合できる治療術
本当に体を治していることであり、

それを可能にしているのが唯一
「妙見活法」だと思います。

大変な点は、
「妙見活法」は
巷に溢れる「テクニック」
というものではありません。

他の治療術は総て
テクニック=小手先の世界だと思います。 

どんなに姿勢に拘っても、
手の形を拘っても
総て小手先の世界と言うことが分かりました。

「妙見活法」は作法の世界です。
作法と言えば、日本も古来より
「小笠原流礼法」や「茶道」「華道」なども
作法の大事を言われますが、

それらのように観念的なことを学びなさい!
というものではなく、
そういう体の所作をとることにより

その手で患者さん触れると
患者さんの体の質が変わり

不具合のあった体から不具合のない体へ
変わってしまうのです。

ということは、
人間関係において日ごろから
その様な作法が取れていないと
治療の結果に表れてしまうのです。

私はこの年齢まで、
日本人として生まれながら
「作法」ということに
無頓着な人生を歩んでいたので、

その作法が学んでいながら
実践出来ないでいる、

大変というよりかは
自己嫌悪の反省の
繰り返しになっております。

しかし、その「作法」は
治療空間だけではなく、

人間関係にもあらゆる商売にも
総て共通する内容となっております。

しかも非現実的な難しいことではなく
聞けばごく当たり前なことなのです。

私個人は分かっているのに・・・出来ない
という自己改革が
目下大変なところです。

正伝妙見活法を治療に取り入れ始めて変わったことはありますか?

やはり患者さんの
体の変化がすぐ出るところです

いかにリピートさせるかを
昔は考えていましたが、
いかに治すかに考えを修正できました。

自分が治しているという考えが
おこがましい事だと
身に沁みてわかりました。


自分の身の処し方を
考えるようになりました。

正伝妙見活法で治療する際に患者さんはどのような反応をされますか?

揉んだり押したりの
刺激が無い触れの世界で
起こる変化なので、

「あれ?」っと笑う人もいれば、
怪訝そうな顔をされたりします(笑

他の手技療法と大きく違うところはなんだと思いますか?

*触れる場所に決まりが無いところ

*絶対の形が無い。術理を踏まえれば自由発想でOKなところ

*触れる世界なので、年齢・性別・女性であれば妊娠中などのあらゆる状況に無関係に治療できるところ


*立って痛いときは立位、寝て痛いときは臥位と、その時の状況で治療姿位が変わるところ(他の治療法は一辺倒な治療姿勢です)

*そこの不具合を、一瞬で筋肉・内臓・骨格・神経・などの要素を総て丁度いい状態に出来るところ

正伝妙見活法で治療する際のメリットはどんなことを感じていますか?

*どの治療テクニックよりもとにかく最短で結果が出ること

治療する場所を問わないこと


患者さんに恐怖を与えないこと


一手で変化が芳しく無かったとしても、次の治療手段が豊富にあるのでパニックにならないこと


力技ではないので体が楽なこと

正伝妙見活法で治療する際にデメリットは何かありますか?

患者さんに明らかな「やられた感」が
無いことが多いので治療を受けた感覚が無い

正伝妙見活法はどのような症状の方に有効でしょうか?

筋肉の痛み 内臓の不調 関節の不具合 精神の不調な方に有効です。

接骨・鍼灸・リラクセーションとの相性は良いのでしょうか?

「妙見活法」はどのジャンルでも
親和性の取れる
相性の良い治療術だと思います。

今まで学んできた治療とどのように組み合わせて活用していますか?

今迄学んできたものは、
「やられた感」を演出するために
最初に使っております。


しかしその時患者さんに触るときの意識を
「妙見活法」の作法のなかで触れております。

その範囲でも作法を意識しなかった時よりも体は変化します。

正伝妙見活法を活用した治療で患者さんに喜ばれたことはありますか?  

何処にいっても良くならなかった。
治らないと諦めていた。
医者に治らないといわれた。
ような症状にお陰様で結果が出ております。

正伝妙見活法協会を知らない治療家に対してお伝えしたいことはありますか?

私は「妙見活法」に出会う前から、
「本物・本質的なものは実はシンプル」
何となくずっと思っておりました。


それまで学んでいたところは、
学ぶたびに解剖の奥へ奥へと
入っていっていきました。

結局根本治療と謳っていながら、
枝葉のほうに行っていました。


そのためどんどん難解になっていきました。
結論は根本治療といえるものではありませんでした。

「妙見活法」は唯一の本物の治療術です。
学ぶほどに難解になるのではなく、
学ぶほどにシンプルになっていきます。


私が昔から思っていたことと同じです。

最初はどうしても治療=解剖と
考えてしまい多少の混乱が
あるかもしれないですが、


やがて 人を治すこと=解剖知識の重要性
という等式ではないことに気付くと思います。

治療家は今の状況の内部を見ていない世界で
あれこれ解剖の理論構築するより、


目の前の患者さんの訴えのリクエストに
「応えられるか? 応えられないか?」

ただそれだけだと思います。

それを実現できるのは
「正伝妙見活法協会」の
「妙見活法」しかないと思います。

是非本当に治せる治療家になる為に
一緒に学びませんか?

・・・

入会等のお問い合わせはこちらからお願いします。
error: Content is protected !!