「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月6日
最終更新日:2018年3月8日

 この記事は約 5 分で読めます。

京都府京都市 仲山竜一郎先生 参加報告

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書 正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。京都の仲山竜一郎です。

3/4の妙見十王之活教伝会に参加させて頂くことができました。

十王之活の相伝、ありがとうございました。

またまた凄い活の相伝を頂戴することができ感謝しております。

参加報告をさせてもらいます。

(十王之活)
十王之活は、縦横無尽になるというもので、十王之活の相伝により今までの活が立体的になり、

掛け算的に質が高まるという

非常に有り難い相伝でした。

縦横無尽の手とはどういうものか?

またまた、目で見せて頂き、触れさせて頂き、分かりやすく相伝して頂きました。

平面でしか捉えていなかったのが、立体的に捉えることができるようになり、

本当に今までの質が変わってしまいました。

これは、妙見の変化の世界で、一線引きから始まる立体の世界でした。

(円満)
やはりここでも作法の大事をご教授頂きました。

十王之活は円満の世界で、過去の欠けも円満になる活で、そこで仁の作法が大切になってきました。

奇数と偶数の関係から、分かりやすく相伝していただき、円満になるためには相手が必要で

相手がいて初めて円満になる仁の世界。

将門公が大切にされた仁の世界。

仁の世界から広がる察知の力。

北斗之活の救済からの繋がり。

妙見の星物語の深さに感動すら覚えました。

(活の相伝)
実際に臨床でお借りする活は、動作的には非常にシンプルなものですが深いものでした。

一瞬の触りや動作ですが、そこには何万個の断面が入っており

時間軸までさかのぼって欠けを整えるので

過浄之活ともいえる活で、脳や筋肉ではなく、

細胞が統合・統一されるという活の相伝を頂きました。

(円)
十王之活は円満具足の世界ですが、円は一線引きから始まり、

その一線引から円になり、立体になっていく縦横無尽の世界でした。

縦と横の一線引きから円満具足になり細胞の不具合が整い、自由自在・縦横無尽になる。

これを形にすると北斗七星の形になる。

北極星を中心とする北斗七星の運行は、

まさしく円であり平面ではなくもの凄い立体の世界だということを学ばせてもらいました。

それが身体の運行とも一致している。

それを理解することで、身体の捉え方や認識が変わり、触れや活の質が変わりました。

(北斗起承)
北斗之活の北斗起承の奥の相伝も頂きました。

この北斗起承も臨床でお借りしていて、

凄い質の転換を起こして頂ける活なので有り難かったです。

(一門一統)
・患者さんからのおみやげ・お気遣いについて

・目の疲れ

・仏様が半眼である理由

・相手や患部を見ない理由

・愚門

・群馬県の名産、下仁田ネギ
調べたところ、特有の風味と、とろりとした触感があるものだそうで、とろり感が良いらしいです。

今回もプレミアムな十王之活の相伝を頂き、ありがとうございました。

臨床でお借りし、DVDで復習しながら身に付けさせてもらいます。

十王之活、今後の奥伝会や妙見会や武伝会もめちゃんこ楽しみにしております。

ありがとうございました。

西日本センターSGM 京都 仲山竜一郎

宮城県白石市 伊藤良太一玄先生 参加報告

教伝会総括を述べさせていただきます。

今回も妙見活法の奥深くをご教導いただきました。

円筒形より生まれる作用と効果を
参加された皆様は体感されたかと思います。

実技の中ではさり気なく「落ちない手」が皆様出来ていました。

「落ちない手」を通り越して
牽引の方に意識が向かわれていたので
気づいていない方もいたのではないでしょうか?

動作としてはとても簡単なのですが
「何故そうなるのか?」を知らなければ
大きな作用は起きないことでしょう。

新たなアイテムも登場し、
横から縦の世界を視覚的に捉え、
十王(縦横)の世界を実際に見る事が出来ました。

イメージよりも視覚的に捉えることで
より立体的に現実的に認識しやすくなります。

実際に触れて体験するのと
DVDだけでの学びとの違いとも言えそうです。

参加された会員の皆様が
「より多くの学びを持ち帰って欲しい」

という司家のお気持ちが強く伝わります。

茅の輪くぐりと北斗起承も運良く復習を兼ねながらも
更に深くご教導を賜ることができました。

輪っかが円満具足に繋がり、
円満具足により自動運動に繋がるとは
思いもよりませんでした。

円形は転がり、自由度が増します。

治療家自らが円になることで
縦横無尽に駆け巡れるエネルギッシュな治療家となり、
患者さんにも元気を与え、
人が集まるべき相応しい場となるでしょう。

一門一統の司家のお言葉には心に響きました。

「努力なきものは向上なし」

司家が努力をしているのに私達会員が努力をしないのは
クレクレ君になっているのと同じです。

能動性が欠け、完全に受け身となっています。

これでは妙見活法において作法の上達は望めません。

司家よりいただいた学びを受けてからの
反射反響反応という能動性が大切です。

果たして実際に起こせているでしょうか?

立ち止まって能動性について再び考える必要が
あるかもしれません。

このように感じた教伝会でもありました。

 

千葉吉胤妙星司家
この度も素晴らしい学びのご教導を賜りまして
誠にありがとうございます。

心より感謝致します。

司家のお気持ちに少しでも応えられる様
研鑽して参ります。

次回のご教導もよろしくお願い致します。

前野功妙経会長
教伝会開催にあたり様々な作業をして頂きまして
誠にありがとうございます。

前野会長あっての正伝妙見活法協会です。

重ねて御礼申し上げます。

ありがとうございます。

由利はるな初日司家秘書
スムーズな司会進行、一門一統をして頂きまして
ありがとうございます。

次回も一門一統を楽しみにしております☆

参加されました皆様
ありがとうございます。

そして会場準備のお手伝いをして頂きました有志の皆様
お陰様でスムーズな準備と撤収作業となりました。

感謝致します。

ありがとうございました。

また次回もよろしくお願い致します。

前野会長第二秘書 伊藤良太一玄

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!