「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月7日
最終更新日:2018年3月8日

 この記事は約 5 分で読めます。

千葉県浦安市 栴檀芳之妙乗先生 参加報告

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

正伝妙見活法協会総本部 D蜜こと栴檀芳之妙乗です。

3月4日に、千葉県船橋市高根木戸駅のライツホールにて、千葉吉胤妙星司家教導による、

第22回正伝妙見活法プレミアム教伝会

「妙見十王之活 ~縦横無尽の手~」の相伝が開催されました。

今迄 平面で観ていた世界から立体的なものの見方に視野を広げ 

縦横無尽に広がる横と縦の作り出す生成化育の世界の御教示となりました

骨格関節リラクゼーションとしての術を今までも何手が相伝いただきました

実際それでも私の中では十二分と思うくらい持続的に牽引され

筋肉もゆるゆるにすることが出来ておりました

しかしこの縦横を使い 面→立体的な捉え方をすることにより 

更に強力な持続牽引を起こすことが出来ました

確かに人の体は立体と知っていながらも面としての捉え方しか出来ておりませんでした

この横の世界を縦にすると円となり 

なぜそうなるのかを道具を使い説明いただきよりイメージし易く認識し易いものとなりました

そして円筒の触れを起こすことで「円満具足」となり質の転換を起こしました

以前ご教示のありました「茅の輪くぐり」もこの「妙見十王之活」を相伝されてことで

更に理解が深まりました

私も実際 武伝会で千葉司家に膝倒しによる腰痛がありましたが 

この一触れでその痛みが消失した状況を体験いたしました

この「円筒」の認識を持っただけで体がこんなに変わってしまうのかと驚愕いたしました

実際 現場で骨格関節リラクゼーションも「妙見十王之活」をお借りし使わせていただきましたら

今まで以上に牽引し易くかつ戻りがより無い状態で体をキープし全身を緩めることが出来ました

茅の輪くぐりも「寝返り痛」の方に劇的な変化を出すことが出来ました

この触れは本当に凄いです

しかしこれもまだまだ「妙見十王之活」の入り口に過ぎません

更に今後も学びを深めて行きたいと思います

千葉吉胤妙星司家 この度も素晴らしい内容の相伝を時間一杯にありがとうございました。

前野功妙経会長 

開催に先立ちまして諸々のお手配をいただきましてお陰様で無事開催することが出来ました

由利はるな初日司家秘書 この度も司会進行を務めていただきまして、予定通りに教伝会を

終えることが出来ました。ありがとうございました。

開場の準備・撤収作業を手伝っていただきました有志の会員の皆様ありがとうございました。

参加された皆様お疲れ様でした。

前野会長補佐 研鑽会統括局長 栴檀芳之妙乗

静岡県浜松市 松本英司先生 参加報告

正伝妙見活法協会  前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

静岡県浜松市の松本英司です。

3月4日に開催された教伝会の感想を送らせて頂きます。

この度も、教伝会に参加させて頂きまして有難うございました。

 

第22回正伝妙見活法協会教伝会
プレミアム【妙見十王之活】 

テーマ
~妙見縦横無尽の手~

縦横の世界が内包する円満の世界を
体現されたご相伝でした。

人の体は円筒形、

今まで、それほど意識して触れていませんでしたが、

十王による触れは、全身60兆以上の細胞を整えて、質を転換させる驚きの触れでした。

しかも一瞬、

どこに不具合があるなど関係ありませんでした。

翌日、咳込んで喉を痛めていた妻に妙見十王之活の触れをして、

北斗起承をお借りしました。

十王の触れの時点で呼吸が楽になっていたそうで、

北斗起承、最後に胴回りを妙見十王之活にてお借りしたところ、

実は痛かったという首肩痛、
喉の痛みも楽になったようです。

認識が円筒形に変わっただけですが、
質が全く変わってしまいました。

本当にすごい法術だと思います。

先日、千葉司家は力士ぐらい体の大きい
会員を北斗起承で起こせなくて、

悔しくて、秘伝書を読み返して
今回、一発でその挽回をされました。

人にものを教える立場という責任のもと、
自分に厳しくされておられるのだと思います。

指導する立場の者は逃げてはいけないのだと思いました。

男の言行一致を見せて頂き、
誠に有難うございました!

一門一統でのご質問で、
なかなか学びを活かせない会員さんもいらっしゃるようでした。

妙見活法の治療を受けた患者様は、
体内の全細胞が能動的な活動により内部転換すると理解しております。

ですので、

妙見活法を学ぶ私達も受け身だけでは無く、

能動的に学ばなければ自分自身の内部転換は起こらないと思いました。

教えて頂いた活法の形だけ真似てもなかなか上手く行かないかと思います。
自分で考え行動して、
自分で作り上げなくてはならないと思います。

千葉司家や前野会長は学理講座や奥伝会、妙見会、武伝会などで
私達により理解を深めてもらおうと

お忙しい中、いろいろとご配慮下さっております。

私自身もそうですが、
甘えずに自分の努力不足だと認識した方がいろいろと上手くいくと思いました。

千葉吉胤妙星司家
今回も多くの学びを有難うございました。

前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書

ご参加された会員の皆様
誠にありがとうございました。

星伝会統括局長

•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 松本英司*¨

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!