「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月6日
最終更新日:2018年3月8日

 この記事は約 7 分で読めます。

岐阜県各務原市 後藤周士先生 参加報告

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 由利はるな初日司家秘書 正伝妙見活法協会会員の皆様

いつもお世話になります。岐阜県各務原市の後藤周士です。

3月4日に開催されました「妙見十王之活」の教伝会に参加させていただきました。

テーマは妙見縦横無尽の手

縦横の世界で四角形、そこから円形、円筒形へと縦横無尽のテーマ通りとなりました。

「人の体は円筒形になっている。」

という説明をいただき、なぜ今まで自分がその感覚で治療をして来れなかったのか、

とても残念でした。

千葉先生の言われる通り、一般の治療は四角四面の治療で私自身もそうでした。

丸、円筒形を患者さんと術者が意識できることで驚くような治療となりました。

四角形を横として、四角形のフレームを縦にすると驚くことに丸になりました。

奇数は円にはなれず、偶数が円になれる。

仁の世界で、相手がいて丸くなれる。共に良くなる。

円になる世界とは仁の世界だとお聞きして先程の四角形のフレームを思い出してみると、

二本の辺を縦にすると円になりました。

そして、人の体も縦にすると丸くなりました。

これは、仁が成立すると円になる事が現象として目に見える形で理解することができました。

休息は長くとったからといって楽になるわけではない。

時間軸ではなく質であることはよくわかりました。

同じ形のものが 、

近いところと遠いところで大きさが変わってしまう錯覚があることを教えていただきました。

これは、遠いところの方が大きく見えるという錯覚でしたが、

休息では長い方が楽になるという錯覚になります。

人の不具合や記憶も過去のものの方が大きくなることが遠近の図によって良くわかりました。

縦横の繰り返しのリズムは宇宙の法則的なもので、円満を内包しているとの事でした。

心身のどんな不具合も丸にすれば丸く収まる。

妙見活法が自然療法の極みである事を改めて感じさせていただきました。

岐阜県各務原市 後藤 周士

静岡県静岡市 佐々木真吾先生 参加報告

☆━━━━━━━━━━━━━━━━
第22回正伝妙見十王之活 参加報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━
前野功妙経会長

いつもお世話になります。

3月4日に開催されました
第22回正伝妙見十王之活
参加報告をさせていただきます。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
この度のテーマは「縦横無尽の手」
縦横の世界でした。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

○初めに
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
十王は縦横無尽也
縦横無尽は円転也
円転妙見之変化也
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

縦横無尽は∞を意味し尽きる所が無いことを示されておりました。
また十王は掛け算の活法であり科学的検知からの所見でも何百何千の作用が一手に入っていることが理解できます。
妙見活法が劇的な変化を起こす一手の中の理由が理解できたとても深い相伝となりました。
…………………
○1 まずプラスとマイナスの世界のご説明をしていただきました。
…………………
○2 肉体は円筒形で出来ているとのご説明があり、
…………………
○3 普段では人に接触するに当たり四角く接触をしてしまっているので、
…………………
○4 そこで妙見法術により質の転換を計り四角いものを丸くさせる秘術を使うと、
…………………
○5 妙見之神型が現れました!(神型は神経とも読めますね)
…………………
○6 十王は円満を内包しており平面から立体の世界へと質の転換が始まりました!
…………………
○7 人の総ては円筒形になっておりました。
そして球形の十王之活へ…。
球形は玉であるが故に縦横無尽、
尖っているものから丸くなる動いていても形が変わらなければ休憩しているのと同じですね、
動いてても発散と休憩(球形?)、止まってるのと変わりなく見えるように思います。
…………………
○8 十王は休息の極みの象形でした、
そこには時間軸が伴い痛かった昔の記憶まで治してしまう円満具足の法術でありました。
また、休息の仕方についてもご説明がありました。
表面に触れる際と内部に振れる際の接触の仕方も御教授していただきました。
…………………
○9 十王から起こる縦横無尽のシステムは妙見様のシステムにより構築されておりました。
…………………
○10休息の質は錯覚、細胞レベルにおいてショックを受けた細胞が揺れ動き統合を欠いた状態が長い間そのままの状態で不安定さを構築しておりました。
十王之活はその細胞を縦横の連続性の動きから一瞬で再構築してしまいました。

丁度、縫い針を磁石で擦り針に磁性が帯びさせたら縫い針を紙の上に置き水に浮かべると北を指す方位磁石のように様になるのと同じだなと感じました。
そして
確か忍者が使う縫い針は、
針を加工するとき高温で熱しておいて北向きに向け、
お尻の方からハンマーでバコンと叩くと瞬間で針の電子が再整列して北向きに整列するのでそれを方位磁石にしていた事を思い出します、
少しにてるなと感じました。
・・・・・・・
○茅野輪くぐりのなかには四角い平面から立体的な○が構築されると立体の世界に何百何千という平面が現れました。

これまで御教導していただきました内容でも相当の世界観ですがそれでも平面の世界でした、
これが立体の世界となると一振れの中に膨大な情報量が内在する事となる事でしょう。

○北斗起承
縦横の構築は円満を構築しそのまま宇宙のシステムを身体に再構築する事と同じ事でした。
端から見ればただ起き上がりをしているだけに思える作法も意味と理合いが伴えばもの凄いことが体の中で起こっていることが理解できました。

また、偶数と奇数の角が構築する円の違い、
十と×の違いなど作法と心の一線引きの大切さなどを痛切に感じた次第です。

一度相伝されただけではなかなか身につかない作法ばかりです。
簡単に出来てしまったら身欠きあげる必要性がなくなってきまいます。

簡単に出来るという事は大した技術ではないことがわかります。
また、なかなか難しいものほど研鑽を重ねる楽しみがあり身についた喜びもひとしおでしょう。

この度も奥深い妙見法術に振れることが出来とても有り難く思いました。

日々研鑽し会員と共に響き合い地域に貢献できるよう努めてゆきたいと思います。

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 ハッピー秘書 スタッフの皆様

この度も御教授ありがとうございました。以上を持ちまして参加報告とさせていただきます。

静岡市 佐々木真吾

神奈川県藤沢市 杉渕秀登修玄先生 参加報告

正伝妙見活法協会の皆様、こんにちは。

神奈川県の杉渕秀登修玄です。

3月4日に行われました、「妙見十王之活」の感想レポートです。

今回のテーマは「縦横無尽」「縦」と「横」の世界でした。

我々は人の身体をつい平面に見がちですが、千葉司家によると人の身体は立方体であり円筒型なので、治療もそれに沿った内容で行わられなければならないとの事でした。

その点を考慮に入れて、教わった通りの流れで施術を行うと一瞬に相手の不具合が消滅します。

えっ?これだけで良いの?というくらいの動きでドンドン不具合か改善される様は見ていて本当に不思議でした。

司家が会員の方の要望により、椅子に座った相手を「妙見十王之活」を応用したやり方で自然に立たせる操法も紹介して頂きました。

円筒と回転の理論を使い自然と無理なく相手の方を立たせるのです。

司家によると、

「人は角張ったものにはついて来ず、円や丸いもの、この場合は円筒型ですがその様なものについて来るのです。」

と仰いました。

「円満具足」と言って、全て満たされる方に身体や心が向かうとの事。

円の意味や重要性を教えて下さりました。

考えて見ると立ち座り等の身体的な事だけでなく、人の心も相手が円満で角ばった所が無い方だとついて行きたくなりますね。

他の妙見法術も勿論ですが、この「妙見十王之活」も治療のみならず、日常生活にも広範囲に適用出来ると思います。

今後とも精進して行きたいと思います。

この様な場を提供頂きました、

千葉司家

前野会長

由利はるな初日秘書

全国の会員の皆様に厚くお礼申し上げます。

最後迄、お読み頂きありがとうございました。


•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 修玄*¨*•.¸¸♪

 

 

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!