「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月8日

 この記事は約 8 分で読めます。

静岡県静岡市 杉山尚秋先生 参加報告

正伝妙見活法協会 前野功妙経会長いつもお世話になっております。

静岡の杉山尚秋です。

3/4の教伝会に参加させていただきましたのでご報告いたします。

今回は妙見十王之活。

十の王とは何ぞや?と思いましたが、十王とは縦横、その真意は縦横無尽の世界でありました。

どのようにも変化できるのが縦横無尽です。

縦横無尽は自由自在であり、そして立体的な世界です。

治療では平面的に身体を捉えるのではなく、

立体的なイメージが大切であり、体は円筒状であるという教えでした。

四角が回転することにより円が生まれ、さらに三次元となれば円筒状、球の世界になります。

これをわかりやすく、四角形のプレートを用いて説明してくださいました。

4本のプレートで繋がれた四角形は、くるっと縦の世界が加わると円筒形になってしまいます。

内側からのテンションが均一にかかり、円を形成しているようにみえました。

いわばこの形状になるだけで力を内包しているように思います。

まさに円満な世界です。

そして円筒状のものは休息の極みとのことです。

実技ではこの術理を用いての牽引法、一瞬の改善技をご教授くださいました。

そして以前に教わったチノワくぐりは十王が加わることで、

さらに立体的な深みのある技へと進化しました。

今回一門一答のなかで、世界一の治療家になるには世界一の努力をというお話がありました。

「うまく技が決まらない」で終わらせるのではなく、

「どうしたらより出来るようになるのか」その追求する姿勢が大切だと改めて気づかされました。

千葉先生も出来なかったら多くの秘伝書の中からその答えを探し出したとおっしゃっておりました。

それが指導者としての役目だと。

私もうまく出来なかったらできるまで研鑽しなおすのが治療する者としての役目だと痛感いたします。

この協会には幸いにもDVD、学理講座という最良の復習材料があります。

そして様々な教伝を受けられる会、そして繰り返し練習できる地方の研鑽会もあります。

私にとって静岡や府中の研鑽会はレベルアップできる本当にありがたい復習の場です。

今回の質問のお陰で改めて気づきをいただき、

私ももう一度昔のDVDや学理講座をよく見直していこうと思います。

そして妙見活法をお借りしている以上、地域で一番の治療ができるよう研鑽して参ります。

この度も奥深い教え場に参加させて頂き、千葉先生、前野会長、ハッピーさん、スタッフの方々、

全国の会員の皆様に感謝申し上げます。

静岡市清水区 杉山尚秋☆彡 尚秋.。.:*・☆

東京都府中市 梅原二郎妙順先生 参加報告

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 ハッピーさん 正伝妙見活法協会の会員の皆さま

いつも大変お世話になっております。東京都府中市の梅原二郎妙順です。

3月4日(日)に参加させていただいた教伝会の参加報告を送らせていただきます。

今回はプレミアム「妙見十王之活」を千葉司家よりご教授いただきました。

テーマは、「妙見縦横無尽の手~自由自在の世界へ~」です。

冒頭に千葉司家は横の世界では正方形なのに
縦にすると円筒になる世界をアイテムを使って目で見せてくださいました。

そして、身体は総て円筒であると・・

私は「円筒」と聞いて驚きました。

なぜなら、教伝会の数日前から立禅(タントウ)をしながら
腰を落とすというのは膝を深く曲げることではなく、
胴体という円筒を股関節に落とし込む、という意識をしていたからです!

円筒という意識を持つと変に筋肉を意識しなくなるので
自然と力が抜け、身体丸ごと天地人が繋がる感覚になります。

そして、立禅(タントウ)をする時胸の前で腕で輪を作りますが、手は縦です。

手を立てることにより円筒を作っていたのだ!
と初めて理解しました。

足も陳式太極拳では足先を前方に向け、膝を開くように指導されます。

これも足で輪を作るためだったとは・・。

立禅(タントウ)している姿を真横から見ると身体は縦、腕は横の世界です。

そして、真上から見ると
自分の身体の輪、
背中から腕の輪、
前腕の大きな軌道の輪、
3つの輪が重なります。

この3つの輪は千葉家の月星の家紋に似ています。

立禅(タントウ)が武術の極意であり、総てが集約されていると聞きますが、
縦横無尽の世界、宇宙との和合を体現していたのか!
と気付き、教伝会の最初の数分でかなり興奮していました。

四角形は、四方を囲まれ、凝縮された世界のように感じます。
ギスギスした感じです。

円筒は伸びる世界なので、ノビノビと解放した世界のように感じます。

「凝縮から解放」という法道之活に通じた世界を立体化させたのが
「妙見十王之活」なのではないかと考えました。

身体の不調は「脳の誤動作」だと私は認識していましたが、
実は「細胞が統合されていないから不調になる」
という話にも感動しました。

最近、NHKの「人体の不思議」という番組で、
脳を介さずに全身の細胞どおしがコミュニケーションをとって
互いに助け合っていることが分かってきたという内容がシリーズ化されています。

なので、何十兆とある「細胞が統合されていないから不調になる」
という話はとても腑に落ちました。

教伝会でご教授いただいた
「北斗起承」は、
「細胞を再統合させる作用がある」と
千葉司家は説明してくださいました。

縦→横→縦→横→・・・の動作をさせ、
更に身体を横→縦→横とゴロンゴロンと転がし、
身体は円筒であることを身体に認識させることにより
全身の細胞がノビノビと解放されるから
「勝手に起き上がる」という自動運動が起きるのではないかと考えました。

千葉司家
この度は、ギスギスと凝縮した細胞をのびやかに解放し、
全身が一致団結して身体を丸ごと統合させてしまう「妙見十王之活」を
ご教授いただき誠にありがとうございました。
私は終始感動しっぱなしでした。

前野会長
毎日、ご多忙の中の膨大な数のメルマガ編集・配信、セミナー準備、DVD作成、打ち合わせ等
いつも私たちのために身を粉にしてご尽力くださいまして誠にありがとうございます。

ハッピーさん
司会進行、多くの学びと笑いのある一門一統の進行をしていただきましてありがとうございます

スタッフ会員の皆様方、撮影、記録、会場準備、

撤収作業等していただきましてありがとうございます。

教伝会に参加された会員の皆様方、お陰さまで今回も楽しく深く学ぶことができました。
ありがとうございました。

東京都府中市 梅原二郎妙順

東京都杉並区 後藤ひろみ先生 参加報告

前野会長 何時も大変お世話に成っております。杉並区梅里の後藤ひろみです。

3/4日開催されました教伝会に参加させて頂き有り難うございました。参加報告をさせて頂きます。

「妙見十王之活」テーマ 「妙見縦横無尽の手」の相伝を頂きました。

一 ┃(縦横)の世界に潜むものを治療に使うと言うもの

人間の体はすべて円筒形に成っている
血管・筋肉・髪の毛・細胞まで……
そう説明を受けて、正しくと認識を新たにさせて頂きました。

ステンレスの小道具で、四角い平面のフレームが側面を縦ると円に成りました

線から面 面から立体の世界へ球になると絶対自由が出来る縦横無尽になると言う事でした。

奇数は丸く成らないが偶数は丸くなるすなわち仁の世界である

相手があってこそ自分が丸くなれる平和に成れると言う事でした。

普通の治療は四角を求めていくが
妙見活法は完全な球体をするので自動運動が起き体全体が整ってしまう

治るとは全部の細胞が動く事

円筒形と認識しての
・腕の牽引
・腰の捻れ
・茅の輪
・北斗起承
・椅子からの立ち座り……など
学ばせて頂きました。
一瞬治療 エネルギー療法の
相伝を頂きました。有り難うございました。

千葉司家  前野会長 ハッピーさん 参加された会員の皆様 大変お世話になりました
有り難うございました。

杉並区梅里 後藤ひろみ

東京都台東区 久保田勝弘先生 参加報告

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長  由利はるな初日司家秘書、会員の皆様、何時もお世話様です。

東京都 久保田勝弘より3月4日プレミアム妙見十王之活 教伝会参加報告をさせて頂きます。

十王之活、妙見縦横無尽の手

十王は縦横無尽なり
縦横無尽は円転なり
円転妙見の変化なり

十王之活は縦と横の世界を治療で使う活法

私も患者さんを今までは
肩の位置や骨盤の高さの左右差などを四角い物で扱って四角四面の治療を行っていましたが、

妙見十王之活では、
人の体は円筒形である考え方をご説明頂き教伝会が始まりました。

この円筒形の世界を使い
身体の不具合を一瞬で無くす
縦横無尽の手をご教授して頂き

十王之活は、
今を円満具足にする事で
時間軸により過去から引きずっていた物に対して一瞬で良くする事の出来る
活法

今回の教伝会にて、
茅の輪について形が人に与える作用の
凄さや形霊の持つ意味を深める事が出来ました。

形を使ったエネルギー療法について
その人がもともと持っている
身体のバッテリーのスイッチを入れる事のお手伝いをする事でスイッチが入り楽になれる

十王とは縦横の事で
線から面になり立体になる
丸には円満、球には絶対自由がある事がわかりました。

一門一統にて
妙見さん、仏さんの半眼の意味
仏さんは男性でも女性でもなく
中庸ある事や
神一重 について意味を理解する事が出来ました。

千葉先生
千葉先生が北斗起床で技の切れ味が良くなかった事のお話で、
ご自身でお忙しい中、寝る間を削り
再度古文書を読み解き技の確認をされる事をお聞きしました。

この話を聞いた時に自分が治療で
結果が悪かった時には落ち込んだり悩みますが、
再度ノートを観たりDVDを観たりして原因を最後まで追求しているのかを
改めて考えて反省し
これも自分で考え自分で行動し自分で責任を取れと言われている事でもあると思い
これからは同じ様な事を繰り返さない様に見直しや復習し精度を高めたいと反省しました。

前野会長
何時も会場の準備やメールの配信から管理、DVDの撮影から編集をありがとうございます。
DVDにて再度内容を確認が出来る事に毎回有り難いと思っております。ありがとうございます。

ハッピーさん 毎回、明るい素敵な笑顔にてお声掛けありがとうございます。

ありがとうございました。

東京都台東区 久保田勝弘

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!