「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年4月6日

 この記事は約 10 分で読めます。

久保田勝弘先生(東京都台東区)

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書、会員の皆様、何時もお世話様です。

東京都 久保田勝弘より4月1日教伝会にてプレミアム妙見エネルギー療法の参加報告をさせて頂きます。

教伝会では妙見エネルギー療法の真実についてご教授して頂きました。

妙見尊星は法なり 妙見尊星は力なり 妙見尊星は波動なり

相伝  妙見エネルギー療法の真実

正伝妙見活法の技は巷にあふれているインチキエネルギー療法とは違う事をご説明して頂き、

天照が入っている棒やインチキブレスレットなど、ストーンエネルギーと称している物は

石のエネルギーなどでは全く無く石には鉱毒があるので、

この様な物は身にあまり付けない方が良いと思いました。

エネルギー療法は目には見えない世界の為に見える物を使い物理的に理解した方が早いとの事で、

今回もとても分かりやすい小道具にて

振動エネルギー、熱エネルギー、磁気エネルギーについて、

物理現象である事の理解を深める事が出来ました。

人は何からエネルギーを得ているのか、

人は太陽と食べ物からエネルギーを得ていて食べ物からは栄養摂取は出来るが

サプリメントからは栄養摂取は出来ない事などを、

チョコレートや鳥のコラーゲンよりご説明して頂き、

物を食べればエネルギーは取れるが

ビタミンCなどのサプリメントや食べ物の成分をバラバラにしたり、

砂糖、香料などの原料の様な物からは体が受け付けず体を通過するだけで摂取は出来ない事、

人間のエネルギーの元の食事が如何に大切であるか、

健康でいられる為には片寄らない事の大切さを学ばせて頂き

日常の食事の時でも意識してバランスの良い食事に気をつけたいと思いました。

虚の手、実の手にてビールの入ったコップに

虚の手をかざせば味が薄くなり実の手では濃くなる

虚にはマイナス作用、実にはプラス作用がある事を学びました。

実技にて磁気を小道具にて見せて頂いた虚の手、実の手と

振動エネルギーの振動、落下エネルギーを使った技を実技にてご教授して頂きました。

千葉先生 妙見エネルギー療法をご教授して頂きありがとうございました。

虚の手、実の手を術者が決め、施術の作法に合った動作をする事で身体のどこの痛み不具合でも

飛ばす事の出来る凄い技をご教授して頂きありがとうございました。

今後は更に練習して精度を高めたいと思います。

前野会長 何時も会場の準備やメールの配信から管理、DVDの撮影から編集をありがとうございます。

DVDにて再度内容を確認が出来る事に毎回有り難いと思っております。ありがとうございます。

ハッピーさん、毎回、明るい素敵な笑顔にてお声掛けありがとうございます。

学理講座では自分のペースで感想を提出しての無作法に付いてご指摘、

気付きを教えて頂きありがとうございました。参加された会員の皆様ありがとうございました。

東京都台東区 久保田勝弘

伊藤良太一玄先生(宮城県白石市)

 伊藤の教伝会総括を述べさせていただきます。

ついに正伝妙見活法協会より千葉司家より直々に

「序章」として初めてエネルギー療法の相伝となりました。

今回の教伝会は、虚実、錯覚、空気、反発、螺旋、天の橋立て、玉とスジ、

と今までの七塚が多分に含まれた内容でした。

司家は仰いました。

『今までのも実はエネルギーを使っていた』と。

DVDでの学びの反正が必要と感じ、学びの反正と同時に、生活・作法の反正も行いなさいね、

とも受け取りました。

七塚の学びがどれ程重要かということです。

七塚を学びそびれた方はバックナンバーでの学びが可能か前野会長にご相談をしてみて下さい。

『キラリと光る治療は裏付けのある作法から始まる…』

ですが全ての瞬間は厳しいので『せめて治療の時だけでも』とも後押ししてくださいました。

精進あるのみですね。

見えるエネルギーという事で司家所有のアイテムがご披露されました。

アイテム全てが視覚で捉えることが出来、巷でいう実体のなく、

イメージで終わるものではありませんでした。

現象として目の前で実際に見られるエネルギーは正伝妙見活法協会だけの学びです。

もしパクる輩を見つけたならば「あっ!これはあのエネルギーだな!」と

会員の皆様には直ぐに分かることでしょう。本物は『ココだけ』です。

妙見活法は自然の作用をお借りする治療です。

・人間と物は相性が良くない

人間は天然な存在であり、物は人間が作った人工物、

そして、エネルギーである位置、熱、磁気、振動も自然の中に存在し、自然現象の中で起こります。

ここでも『自然』という妙見活法の整合性が証明されました。

いかに自然が無限大の可能性をもち、作用するものなのでしょう。

逆に考えると人間はちっぽけで自然に活かされて、生かされている存在とも言えます。

自然のままに活き、生きるのが一番自然の流れなのかなとも感じました。

実技もご教授頂きました。

出来る出来ないはあるかと思いますが、研鑽あるのみですね。

研鑽会、妙見会、奥伝会、武伝会と復習、学びの場は用意されています。

止まらず共に動いて参りましょう。

その先には知識が広がった横の世界と経験が積み重なる縦の世界、

そして円満具足の世界があることでしょう。

第三螺旋突入まであと1回となりましたが

この先にはどの様な妙見活法の世界が待っているのでしょうか。

焦らず一歩一歩地道に歩み進むだけです。

会員の皆様今後もよろしくお願い致します。共に楽しく学んでいきましょう。

千葉吉胤妙星司家この度は法力の世界のご教導を賜りまして誠にありがとうございます。

また宝物、財産が増えました。反正にて自分の身になる様研鑽して参ります。

次回の教伝会もよろしくお願い致します。

前野功妙経会長 教伝会開催にあたりご多忙の中
ご準備していただきまして誠にありがとうございます。

そして、いつも千葉司家と私達会員の橋渡しをしてくださいましてありがとうございます。

由利はるな初日司家秘書 司会進行、一門一統、司家との楽しい掛け合いを

していただきましてありがとうございます。次回もよろしくお願い致します♪

参加されました皆様ありがとうございます。

準備、片付けをお手伝いしていただきました有志の皆様、ありがとうございます。

お陰様でスムーズな準備、片付けとなりました。心より感謝致します。

以上を総括とさせていただきます。

前野会長第二秘書 伊藤良太一玄

仲山竜一郎先生(京都府京都市)

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書 正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。京都の仲山竜一郎です。

4/1に開催されました、妙見エネルギーの真実・序章、教伝会に参加させて頂くことができました。

エネルギーというものを目で見みて、しっかりした裏付けのある解説をして頂き、

非常に分かりやすく相伝して頂きました。ありがとうございました。

実際に活をお借りする時に、頭にイメージとしてしっかりと残っているのでお借りしやすかったです。

参加報告をさせてもらいます。

妙見活法には元々エネルギー療法という言葉は無いが、妙見法術が元来、

エネルギー療法そのものでしっかりとした理論と裏付けがあり、

何のエネルギーを使っているのか?一つづつ説明できる。

気だとかオーラだとか観念だとかいう、あやふやなものではなく、

実際に目で見て説明して分かりやすく相伝して頂きました。

しかも、特別な瞑想や滝に打たれるなどの修業は必要なく、

作法に沿ってさえいれば誰にでもできるものだということでした。

千葉司家の、そのお言葉通り、翌日からすぐに使えるように仕上げて頂きました。

我々の仕事は、人様の身体を扱うという責任があることを認識しておかなくてはならない。

だから、あやふやなものではなく、エネルギーというものを扱ういじょうは裏付けがないとダメで

キラリと光る治療は裏付けから始まる。

この相伝を受けて、自分のおこなっている治療はどういうもので何をしているのか?

あやふやではなく、しっかりと自分自身が理解した説明が出来てこそ

扱うことができるのだということを自覚しました。

ということで、教伝会では

「形象のエネルギー」「位置エネルギー」「振動エネルギー」「熱エネルギー」「磁力エネルギー」

といったはっきりとした物理エネルギーを目で見て触れて体験して、

分かりやすく相伝して頂きました。

そのエネルギーという自然のものにも相性があり、

人と物という全く違う属性の物では共鳴しないので

神が宿るネックレスなどは、何の力もないことが分かりました。

また、手をかざすとコーヒーやお酒の味が変わるということがありますが、

その理屈と方法も相伝して頂きました。

気の力だとかそいういうことでは全くないことが分かり、

なにか特別な能力がないとできないものではないことがはっきりと分かりました。

世の中、8~9割は錯覚だということが更に深く認識でき、

日常生活の中でもしっかりと自分で考えて、錯覚の善用ができるようにしていきます。

今回の教伝会のテーマは「妙見波動の操り」ということで

十王之活の磁気エネルギーの詳しい相伝を頂戴しました。

有り難いことに、前日の奥伝会にも参加させて頂くことが出来たので、

はっきり言ってめちゃんこ分かりやすかったです。

なんてったて、手の属性が変わってしまったのですから。

静と動をつくる虚実を扱えるようにして頂いたことは、物凄いことです。

まさに学理講座でも相伝して頂いている日舞の世界との共通点でした。

実際に、患者さんに喜んで頂けるから有り難いです。

エネルギー療法は、あるけどない、ないけどある世界を扱うもので、

一で全を整えてしまう質の転換の法術でした。

一門一統では
・とにかく痛い痛いという患者さんに対する主導権について
・往診の作法
・錯覚について
・腰痛や側弯症について
・陳刻斎について

の教えを頂きました。

今回の教伝会もかなり深く濃い内容で、しかも分かりやすく相伝して頂きありがとうございました。

患者さんのお役に立てるよう努めてまいります。

この有り難い相伝を身に付けるべく日々研鑽していきます。

ありがとうございました。

京都 仲山竜一郎

川上哲寛妙真先生(大阪府大阪市)

前野会長いつも御陰様です。大阪天満の川上哲寛妙真です。

4月1日に開催されました教伝会、

「妙見エネルギー療法の真実<序章>」の参加報告を記載させていただきます。

エネルギーは、無形のもので、実体がありません。

実体無きが故に、オーラ、愛などと、何とでも表現できます。

しかし、妙見活法では、物質世界の中から、エネルギーの存在や現象を説明できます。

その象徴となるのが、「螺旋」です。

今回の教伝会にて、螺旋エネルギーを形象化したものとして、

あるインテリアをご紹介いただきました。

このインテリアが持つ動きを見て、「太陽系の公転」という動画を思い出しました。
(https://www.youtube.com/watch?v=sTyf4n2ktuw)

この動画では、太陽が太陽系の惑星や衛星を引き連れて、70,000㎞/hで 銀河系を移動する様子が、

アニメーションとして表現されています。

太陽系の惑星が 、太陽が通った道を軸にして、螺旋状に回転します。

その一方で、この見解に対し、「違う、太陽系は渦巻ではない」といった指摘をされる方もいます。(https://anond.hatelabo.jp/20140830230307)

この太陽系の動きの是非はともかく、螺旋回転が持つ性質をイメージ化するうえでの、

参考になるものとして紹介させていただきました。

今回の教伝会にて、人間の体は螺旋の集合体である

ということでした。

とすれば、あらゆる病気・症状は螺旋回転の不具合である、と言えます。

従って、私たちが治療においてすべきことといえば、元の螺旋回転に戻す事に尽きます。

それには、術者自身が、 螺旋の属性に親和性を持ち、「螺旋」を操れなければなりません。

これまでご指導いただいている作法は、そのためであることが、改めて分かりました。

今回の教伝会にて、司家より、

「キラリと光る治療は、裏付けのある作法から始まる」

というメッセージを頂戴しました。

また、知識は横軸で広げるものに対し、知恵・経験は縦軸で積み重ねるものということでした。

これらを縦横に重ね広げていくことが、作法の裏付けとなります。

以上のことから、適切なエネルギー治療を行ううえで、

特殊能力を養うより、作法の裏付けを取ることの大事を、改めて再確認致しました。

千葉司家 エネルギー治療と言えども、その極意は日常に隠されていることを明らかにして下さり、

誠にありがとうございました。

前野会長 ハッピーさん スタッフの方々

この度も、教伝会のスムーズな運営、誠にありがとうございました。

大阪天満 川上哲寛妙真拝

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!