「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年4月6日

 この記事は約 6 分で読めます。

小林努先生(神奈川県相模原市)

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 由利はるな初日司家秘書 正伝妙見活法協会会員の皆様

いつも大変お世話になっております。

神奈川県相模原市の小林努です。

4月1日に開催された正伝妙見活法教伝会への参加報告をさせて頂きます。

テーマ 「妙見波動の操り」〜存在エネルギーとの調和〜

「エネルギー療法の真実」〜序章〜

を千葉司家より相伝して頂きました。

妙見尊星は法なり
妙見尊星は力なり
妙見尊星は波動なり
〜妙見之法力 秘伝書より〜

妙見活法のひと触れには1000年分のエネルギー的要素が凝縮されています。

ひと触れで治す妙見活法はその事からもエネルギー療法そのものでした。

そして、巷に溢れるエネルギー療法、気功療法などは、

科学的根拠が何も無いので全くの紛い物、偽物であると分かりました。

「キラリと光る治療は、裏付けのある作法から始まる」という言葉を頂きました。

剣聖 宮本武蔵は裏付けのある本物の作法を身に付けていたため、

剣術のみならず、画家や書家としても超一流でした。

「一芸に秀でる者は多芸に通ず」という諺がありますが、

妙見エネルギー療法は裏付けのある真理に則った作法から成り立つので、

総てに通じるキラリと光る治療法である事が分かりました。

☆宇宙の形のオブジェ

地球(亀)と北極星(妙見様)の間を二重螺旋の輪の北斗七星(龍)が回る

宇宙の形のオブジェを見せて頂きました。

そのオブジェを真横から見ると目の錯覚で

二重螺旋の輪が変幻して上昇したり下降したりして見えます。

そして真上から見ると北極星と北斗七星の輪が

千葉一族の家紋である月星紋が残像を残しながら回っているように見えました。

その様子を見て千葉一族は1000年前から既に宇宙の形を知っていたのでは?

などと思いを馳せてしまいました。

☆エネルギーの種類

エネルギーの種類を小道具を使っていくつか見せて頂きました。

その小道具から
「位置エネルギー」
「振動エネルギー」
「熱エネルギー」
「磁気エネルギー」
「電気エネルギー」
などが存在する事が分かりました。

☆妙見エネルギーの量目

妙見エネルギーの効果を倍にするには、

線の世界は2倍、面の世界で8倍、立体の世界では何と26倍必要になる事が分かりました。

先月の十王之活の相伝では初めて立体の世界の妙見エネルギーを相伝して頂きましたが、

改めて通常では有り得ない物凄い内容の相伝を受けていた事が分かりとても有り難く感じる。

そしてそれと同時に更に知識を広げ知恵を積み重ね、

如何に継続して努力することが大切であるかが分かり身の引き締まる思いがしました。

☆一門一統

◯ 全部痛いという患者さんの対処法
敢えて相手に主導権を与え選ばせる事で、相手反発を上手く善用できるとの事でした。

「相手が選べば治る」という言葉がとても深いい!と感じました。

◯往診時に場の雰囲気和ませる方法

一つ褒めを教えて頂きました。
その人の家の玄関や部屋などを一つ褒める事で、

その人自身が褒められたと錯覚を起こしその場の空気が良くなるとの事でした。

そしてその一つ褒めの法則は緊張しながら来院される新患さんにも使えるのではないかと思いました。

新患さんの何か一つ褒める事で、治療前に治療前にお互いの距離がちょっと近付き、

治療効果も上がるのではないかと思いました。

☆実技

実技では、位置エネルギー、振動エネルギー、磁気エネルギーなどを使った

妙見エネルギー療法をご教授頂き、その凄い効果に驚きました。

☆臨床報告

左肩関節周囲炎の54歳の女性に妙見エネルギー療法をお借りしました。

3ヶ月程前から左肩部に痛みと屈曲制限(90度)があるとの事で来院されました。

最初にほんのちょっとでも症状を改善出来ればと思い、
「最初にちょっと肩を調整しますね!」
と言って立位で妙見エネルギー療法をお借りしました。

すると1回でかなり屈曲制限と痛みが改善されたので、

調子に乗り3回続けてお借りしてみると主訴は全く無くなりなり、

ほんの数分で治癒してしまいました。

千葉吉胤妙星司家この度も参加費の十倍以上の価値がある物凄い相伝をありがとうございました。

妙見エネルギー療法を立体的にお借りできるよう、しっかりと修練致します。

前野功妙経会長この度も妙見活法を学ぶ環境をさりげなく整え下さりありがとうございました。

お陰様で集中して妙見之法力を学ぶ事が出来ました。

由利はるな初日司家秘書この度は、言いたくない事を言わせてしまい申し訳ありませんでした。

妙見活法を学ぶ上で一番大切な作法がなっていませんでした。

もう一度気を引き締めて、様々なことに当たっていきます。

正伝妙見活法協会会員の皆様様々な気付きをありがとうございました。

またよろしくお願い致します。皆様いつも本当にお陰様です。

神奈川県相模原市 小林努

塩山次郎先生(大阪府大阪市)

前野会長、千葉司家、ハッピーさん、スタッフの皆様、ご参加の皆様

この度の教伝会も参加させて頂き、ありがとうございました。そして大変お世話になりました。

エネルギー療法ということで、小道具をご準備頂いたのでイメージが作りやすかったです。

振動エネルギー、熱エネルギー、磁力エネルギー、につき、

自分なりに感じ取ることができてよかったです。

特に微振動が回転エネルギーに変わることにつき、奥伝会DVDでは拝見していましたが、

手に取って実際にできたことが収穫でした。

頂いたお言葉、

「キラリと光る治療は裏付けのある作法から生まれる、」

を軽々しく理解せず、何度も考え直し、大切にさせて頂きたいとかんじました。

サプリについての千葉先生のお考えもお聞かせ頂いて、大変勉強になりました。

毎月高額のサプリ代を使っている自分にとって、このお考えは、

今まで自分の考えていた事が完全に誤りである、といわれたようなもので、

ショックでしたが、キッパリとサプリを止めてしまい、

食生活を変える良いキッカケになると感じました。

これもお導きであろう、と考えて、食形態を早速そのような方向に変えてみたいと考えています。

虚の手をつくる方法につき、指の輪に中指を入れて、

いかに相手に悟られないように自分の身体を動かしていくか、の練習は、

また研鑽会でも繰り返す必要性を感じました。

今後の浮沈は、いかに虚を正しく作っていけるかにかかっている、とも感じました。

痛みの外へ下への追い落としのイメージが三角形の図によって非常によくわかりました。

このイメージを刷り込んでいきたいっとも感じました。

教伝会の練習時にはなかなかうまくできなかったのでしすが、

イメージを何度も刷り込んだ上で、現場で何度かお借りしたら、

高い確認でよい結果が出だしたので、研鑽会でしっかり練習してから、

月末からは、他の患者さんにもどんどんおかりしたい、と感じました。

また、往診時の「ひとつ褒め」は何事においても活かすことのできる作法、考え方であり、

色々な場面で実践してみたい、と思いました。

ものの考え方をしっかりご指導頂けるので、未熟な自分にとっては、

教伝会は宝の山のように感じられています。

簡単な感想ではございますが、今回も凄まじい内容をお伝え頂き、誠にありがとうございました。

ぜひ現場で活かして、このご恩をお返ししなければ、と思っております。

塩山次郎

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!