「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年6月8日

 この記事は約 10 分で読めます。

☆後藤ひろみ先生 東京都杉並区

前野会長 千葉司家 ハッピーさん
正伝妙見活法教会会員の皆様
何時も大変お世話に成っております
杉並区梅里の後藤ひろみです。

6/3に開催されました教伝会に参加させて
頂きましたのでご報告をさせて頂きます。

「北辰法道之活」今回から第3螺旋に入り
千葉司家から今日のセミナーをする為に2年間
我慢していた、すべてが今日のためにあったと
お話しが有りました。
今日参加した会員は運が良いと言って頂きました。

北辰の法 龍の道がテーマでした。

「針の穴にボールペンを通す」世界
有り得ないような事をあり得る事にする
妙見和算を用いて証明されました。

高次元法力の解明
大きくするには3次元の世界
小さくするには2次元の世界
面から立体にする事でいとも簡単に
小さい所に大きなものが通り抜けました
説明して頂き和算の世界の凄さに驚きました。

手に北極星を降臨させる
手が主になる 高次元化する手
手の質を上げなければ使えないと言う事で
わずかな動作で手の質があがる作法を
ご教授頂きました。
手首の握り、相手と引き合う、相手の体を
持ってくるなど
2次元から3次元へのの世界
こんなにも手の質が変わる事にビックリです。
高次元化の手にして頂きました。

点~線~面~立体の世界が出来なければ
龍の通り道というのは出来ないと言う事です。
人間の体は円筒形です一度上昇スパイラルで
細くし整えて元に戻ると不具合が無くなる
実技として手から出てきた瞬間に自動運動が
始まる、四十肩、五十肩が治ると言う事です。
龍の道は練習でも上手く出来ませんでした
又研鑽会で勉強させて頂きます。

宇宙の現象は下がるのも、上がるのも
すべてがスパイラルでなければ成立しない
螺旋エネルギーは凝縮エネルギーである
螺旋エネルギーは求心、遠心エネルギーではない
求心、遠心力が弱く成るのが螺旋と言う事です。

一門一統で
エネルギーの中心の位置を見つけるやり方を
教えて頂き治療にいかしていきたいです。

上昇スパイラルエネルギーの真実
龍は舞い 龍は鳴く
円筒形に螺旋のバネ紐が下がっているのが舞うと
龍が鳴きました、まるで雷が鳴っているようでした。
雷は螺旋エネルギーでした。

千葉司家
この度も貴重な相伝を賜り次元を高めて頂き
誠に有り難う御座いました。

前野会長 ハッピーさん
司会進行、開場の手配、DVD 作成や配布
メルマガ配信など何時も有り難うございます。

スタッフの皆様、参加された会員の皆様
大変お世話になりました。
有り難う御座いました。

杉並区梅里 後藤ひろみ

☆冨田恵司先生 愛知県豊橋市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 ハッピー秘書 会員の皆様

お世話になっております

愛知のトミーこと冨田恵司です。

6/3に開催されました

教伝会 北辰法道之活の参加報告を提出いたします。

今までの集大成であり 総てが今日のためにある。

と司家から まずお話があり

冒頭からワクワク度が上がっていました。

結論から言えば「その通り」のすごい内容でした。

宇宙は普遍性 公平性であるので誰でも使えるということでした。

テーマは「北辰の法 龍の道」高次元エネルギー療法 でした。

「龍」は水を司る水神として日本各地で祀られています。

「雷」も「龍の化身」として神話では捉えられています。

「龍」は自然エネルギーの代表的な神格化の姿のひとつだと思います。

はじめに形象から龍道之術の世界を知りました。

できるわけないことをやる治療の世界。

この示しは凄かったです。

平面的な視点では いつまでたっても答えは出ません。

二次元から三次元への移行で はじめて

道が開きます。道が通ります。

不可能が可能になりました。

実際に目にして 実際にやってみることで

「理解が深まり「不可能を可能にした経験」という刻みができます。

なぜ「龍」なのか という意味のひとつも視界に現れていることに驚きました。

そして音にも動きにも「龍」は現れます。

観念ではなく「在る」世界でした。

立体 形 螺旋 弾性 伸縮 流れ といった言葉が「龍」の属性に入っていました。

知ってみれば 簡単シンプルですが

知らなければなかなか気づくことはできません。

発想の転換でもありました。

「大は小を兼ねる」だけでなく

「小は大を兼ねる」の世界を知りました。それは固定観念の打破でした。

その後の「手」に変化が生まれました。

01234まで自由に行き来ができるようになりました。

「手」の認識が変化しました。

音で言えば オクターブ上昇です。

「ド 土 怒 」と循環した螺旋の新たな始まりの力強い赤色の生みの力 。

このようなイメージを持ちました。

終わりなき暗闇の中で 光明が差し、出口が見え その出口を通る。出口は新たな世界の入口でもあった。

こんな風にも思います。

面から立体の世界が始まりました。

これから続いていく 北辰の活法は 高次元化した「手」が基本になると理解します。今までを踏まえ、かつ脱皮しなければいけません。

一枚の紙を「折る切る」により

立体化し色んな形に変化させ命を吹き込んでいくと推察します。

巷に何気にある 折り紙や切り紙の世界は改めてすごいことと理解しました。

自然現象を立体的に見れば

そこには特定の動きや時間軸という発見があります。

立体思考からの不可能を可能にする立体作法の効果は絶大だと思いますが、

それを体現するには

無私の手にする練習を重ねて 手の質を高めないといけないと思います。

「手が治す」「龍が治す」

立体化ゆえの結果がそうなると思いました。

この度は北辰法道之活の相伝

誠にありがとうございました。

以上で教伝会 参加報告を終了いたします。

ありがとうございました。

冨田恵司

☆玉川有一妙蓮先生 愛知県名古屋市

前野功妙経会長  千葉吉胤妙星司家  由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様お疲れ様です
名古屋の玉川です。

日曜日に開催されました
第三螺旋「北辰シリーズ」
第1弾「北辰法道之活」

第三螺旋での三は
1次元2次元3次元の関連的な
考え方ではなく、全て眼にして
実として明かして頂きました。

私の仕事のリラクゼーションは
うつ伏せをただ押したりして
気持ちいいかもしれないですが
あくまで「面」の世界の話であります。

押圧の一手目が「一点」による
点の世界から継続して押圧点を
繰り返しても押圧面になるだけです。

面で固めてしまうとリラクゼーション
終了後に痛みがぶり返す場合が多々あります。

人間という立体をいかに3次元として捉えていくか?

今回の教伝会はスケールや
実技全てスーパープレミアム化な内容でした。

更に奥伝会はどんな内容になるのか?想像も出来ないです。

前野会長千葉先生ハッピーさん会員の皆様これからも何卒宜しく
お願い致します。

玉川有一妙蓮

☆後藤周士先生 岐阜県各務原市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様お世話になります。

岐阜県各務原市の後藤周士です。

今回、第三螺旋目となる「北辰法道之活」は、

千葉司家が冒頭より「治療家人生が変わる凄いのをやる。」

と仰っていた通り凄い内容の相伝をしていただきました。

テーマは、北辰の法 龍の道〜 龍神降臨〜

とありましたが、本当に龍神を見させていただきました。

また、実際に鳴き声まで聞かせていただき感動致しました。

私は今まで次元を上げるという言葉を多々聞く機会がありましたが、

その意味をしっかり理解していませんでした。

たぶん、私だけではなく「次元が違う」という言葉を使いながらも

よくわかっていなかった人がほとんどだと思います。

今回、針の穴にボールペンを通すといったあり得ないと思ってしまうことを「龍道之術」によってあり得るに変えていただきました。

通らないものを通すためには、高次元化をする必要があり、平面 (2次元) から立体 (3次元) にすることで本当に次元が変わりそれが可能となりました。

また、逆に痛みや苦しみを小さくするために次元を下げることでそれが可能となることを教えていただきました。

自分がどれだけ低い次元の意識の中で日常を過ごしてきたのかよくわかりました。

一見すると不思議な治療ですが、全て物理現象として証明できてしまう妙見活法がまたすごいと思いました。

螺旋エネルギーとは、凝縮エネルギーということで、釘とネジの違いとしてわかりやすく説明していただきました。

螺旋で入ったものは入りやすく、抜けにくいとのことでした。

治療の際の患者さんへの一触れが螺旋か螺旋出ないかで大きく違うことがわかりました。

これは、今回特別に千葉司家に私の足を踏んでいただき感じることができました。

螺旋でない踏みは、ただ体重が乗った程度の痛みでしたが、螺旋で踏まれた時の痛みは尋常じゃない痛みでした。

螺旋で踏まれているので、入りやすく抜けにくいことがよくわかりました。

痛さのあまり逃げようと体を動かしても、千葉司家の足がしっかり刺さったままという感じでした。

この様に、今回千葉司家に身をもって凝縮エネルギーを教えていただくことができてとてもわかりやすかったです。

踏んでいただきありがとうございました。

岐阜県各務原市 後藤 周士

☆小林努先生 神奈川県相模原市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家
由利はるな初日司家秘書 正伝妙見活法協会会員の皆様

いつも大変お世話になっております。

神奈川県相模原市の小林努です。

6月3日に開催された第25回正伝妙見活法教伝会に運良く参加することができましたので、そのご報告です。

「北辰法道之活は天道なり
北辰法道之活は地道なり
北辰法道之活は龍道なり」
〜北辰法道之活秘伝書より〜

テーマ「北辰の法 龍の道」〜龍神降臨〜

プレミアム「北辰法道之活」をご教授頂きました。

☆龍道之術

冒頭で千葉司家は
「この2年間の教導は全て今日のためにやってきた!」
「針の穴にボールペンを通す!」
と仰り、

実際、小さく切り取られた穴に大きさ的に見て絶対通るはずのない大きなコースターを通され、その言葉を目の前で直ぐに証明してみせました。

そして、この現象は全て妙見和算の計算式で導き出せるとの事で、実際、その方程式通りの操作をすると2次元から3次元への高次元化がされ、不可能が可能になり、小は大を兼ねました。

この現象を実際に目で見て触れて体感させて頂く事で、潜在意識から今までの常識が一気に塗り替えられました。

☆手の高次元化

今回、第3螺旋の北辰シリーズに入り、七塚を超える上で欠かせない「手の高次元化」の実際の方法を教導頂きました。

点→線→面→立体に自在に変える方法を教えて頂き、治療者としての手の質が高次元化され今までとは別物になりました。

☆「北辰法道之活」の実技

北斗七星と龍神の螺旋エネルギーと凝縮エネルギーをお借りした「北辰法道之活」をご教授頂きました。

実際に挙上が困難な肩に対してお借りすると途中までしか上がらなかった肩が、自動運動で180度以上勝手にふわっと上がってしまいました。

また、「北辰法道之活」の術理をお借りした内臓調法も教えて頂き、実際行うと内臓が勝手に上がっていく感覚を体感する事が出来ました。

☆一門一統

一門一統では、「俺的な治療ポイント」の見極め方という丸秘の技を伝授して頂けるという幸運に恵まれました。

この方法を実際の臨床でお借りすると治療ポイントの中心が自然に分かりました。

そしてそこから治療することにより、治療の速さと効果が格段に上がりました。

今日ここにいる人は運が良い人と千葉司家は仰っていましたが、この教導を受けることが出来ただけでも一生の宝物を手に入れることが出来、とても有り難く感じました。

☆協会設立2周年記念懇親会【妙見の作用線に入る】

協会設立2周年記念懇親会では、美味しいお酒とお喋りに花が咲きました。

そして、千葉司家がナイトシークレットセミナーを開催して頂き、

子供の乗り物酔いの対処法や稲妻の意味なども知ることが出来、

とても楽しく有意義な時間を過ごす事が出来ました。

千葉吉胤妙星司家
61歳のお誕生日、おめでとうございます。

そしてこの2年間、様々な角度から妙見の教えをご教授頂き本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

前野功妙経会長
正伝妙見活法協会発足2周年、おめでとうございます。

前野会長の様々な下地の整えのお陰で、この2年間、気持ちよく妙見の理を学ぶことが出来ました。

由利はるな初日司家秘書
この度も素敵な笑顔と場の中庸コントロールをありがとうございました。

一門一統では、ハッピーさんの突っ込みのお陰で、より深い妙見の術理を知ることが出来ました。

時間の関係でいつものオチを聞けなかったのが残念でしたが、また次回を楽しみに待ちたいと思います。

当日ご参加、お相手下さった皆様様々な気付きをありがとうございました。

また次回もよろしくお願い致します。

お陰様です。

神奈川県相模原市 小林努

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!