「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年6月6日

 この記事は約 17 分で読めます。

☆佐々木真吾先生 静岡県静岡市

前野功妙経会長いつもお世話になります。

二周年記念 北辰法道之活 教伝会
参加をさせていただきましたので参加報告をさせていただきます。

テーマは北辰の法 龍の道で
二次元から三次元へと立体化が起こりあり得ないことがあり得る教伝となりました。

今回は妙見和算の円と正方形の仕掛けをみさせていただきました、はっきり申し上げて通るわけ無いと思いました。
が、予想を見事に覆し出来るわけ無いことが出来てしまいました。
理論説明をしていただくと、なる程そう言うことなのかと思いましたが、説明が有るまでは固定観念にとらわれていて最初から不可能だと思ってしまいます。

一つ次元の説明をしていただけるだけでも先入観が邪魔をして自分で見る事に制限を設けてしまっているのだなと思いました。

そして、この度の次元の階層のお話から今までの相伝内容がまた具体的に理解が出来ました。

一手の中に重なった厚みのある作法をグッズを介して御説明していただいたのも大変勉強になりました。

お陰様で手の質ががらりと変わり質量を兼ね備えた一触れが出来るようになりました。

作法としてはまだまだ荒削りで一致はしておりませんが、これから日々の生活の中で質量を伴った生きた手を常に日常で意識し、何時でもその状態を構築できるようになるよう磨いて行きたいと思います。

実技はネジや北斗神形と作法により手を立体化させ内臓調整をしたり座った状態から螺旋を使い軽々と立ち上がらせたりとすぐに使える物ばかりでした。
特に龍の道は軽々と腕が上がり四十肩や関節の不全にとても効果的であると言うことでした。
早速お借りしたいと思います。

最後に龍の舞と龍の鳴く声を聞かせていただきました。
見えて感じ、聞けて触れられた楽しい教伝会でした。

以上で教伝会参加報告とさせていただきたいと思います。

千葉吉胤妙星司家
お誕生日おめでとう御座います。
この度も実り多き御教導有り難う御座いました。
前野功妙経会長 ハッピー秘書
この度も会運営、司会進行、事務、有り難う御座いました。

最後に特別映像を作成していただきました津端会員手の込んだ映像作成誠に有り難う御座いました。

静岡市葵区 佐々木真吾

☆松井孝之先生 大阪府大阪市

前野会長本日はありがとうございました。大阪の松井です。

本日の教伝会の参加報告をさせていただきます。よろしくお願いします。

本日は第3螺旋になり北辰法道之活でした。

今回は特に千葉司家が今までの活の総集編のようなものとおっしゃっていましたが、本当にスゴイ内容でした。

と毎回言ってますが本当に毎回想像以上のことを教導いただけます。

このような機会を頂けて感謝しかありません。

鍼の穴にボールペンを通すと予告を以前にされていましたが、今日はコースター?よりも小さい四角の穴に入れるというもので、目で見て確認させていただき、その理論も全て教えていただけました。

和算凄すぎます。

次元の話を細かくしていただき、100次元と吹いている巷の治療家がいるということで、それはありえないことがわかりました。

そして妙見活法が自然現象を理論的に理解してお借りしていることをまた再認識して、改めて妙見活法はスゴイな!と感じました。

高次元の手、思考の考え方を教えていただいたので、日々それを意識しながら生活していきます。

損失を生まない、螺旋、残身、虚実の重要性は今回さらに理論的に理解でき、今回の内容が今までの活の質を格段に変えると感じました。

明日からまたバンバンお借りしていきます。

実技は割愛させていただきますが、意識が手だけでなく全身、一之活がここでも意識される内容でした。

一門一答では患者さんの施術箇所を決める方法を教えていただきました。

本当に自分で考えてしまうこと、我を入れてしまうことが施術の邪魔をしていることを認識し、手のセンサーの素晴らしさがわかりました。

もっと自分の手を信じ、自分の手や作法を磨いていく必要があります。

今後も頑張っていきます。

そしてなんといっても1番の驚きは龍神の鳴く声を聞けたことです。

3次元+音で4次元になる。形霊によりこんな激しい音が鳴るとは本当驚きでした。

懇親会の席で稲妻の語源も教えていただき、稲妻も天の恵みだったことも分かり自然って本当にうまくできているんだなと思いました。

現代人はその自然を昔の人よりうまく使いこなせていないですし、文明は発達しているけど何か大切なことを失っているように感じました。

そして教伝会の最後に千葉司家の誕生日DVDが放映されました。

皆さんこのクオリティは凄すぎます(笑)

本当に楽しませていただきました。

千葉先生61才の誕生日おめでとうございます。

そして正伝妙見活法協会も2周年おめでとうございます。

このようなめでたい日にこの場にいれて有難いです。

これからもよろしくお願いします。

そして最後に懇親会に参加させていただき、千葉先生の近くの席に玉川先生が呼んでいただき、座らせていただくことができました。

その際に乗り物酔いを改善する方法や、先ほども書いた稲妻の意味や他にも妙真さんのすごいマジックも見れてめちゃくちゃ楽しかったです。

妙真さん、今度大きいキューピーちゃんを教えて下さい(笑)

千葉司家、今回も本当にスゴイ教伝をありがとうございました。

陰でサポートいただいた前野会長、ハッピーさん、スタッフの方々ありがとうごいました。

また明日から臨床をしっかり頑張ります(^^)

精進していきますのでこれからもよろしくお願いします。

以上教伝会の報告とさせていただきます。

大阪 松井 孝之

☆松野吉伸先生 愛知県碧南市

正伝妙見活法協会 総本部 前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家、

由利はるな初日司家秘書 正伝妙見活法協会スタッフ会員の皆様

いつもお世話になり、ありがとうございます。

愛知県の松野です。

協会設立2周年、誠におめでとうございます。

第25回正伝妙見活法協会教伝会 北辰 法道之活~高次元エネルギー療法~

に参加しましたので、感想をご報告します。

教伝会のテーマは「北辰の法龍の道」でした。

冒頭で、今までの二年間は、本日のためにありました。

次元が変わります。高次元にさせます。手が変わります。と仰せになり

大変、期待感溢れ、興奮させられての開始でした。

「針の穴にボールペンを通す」の証明を目の前で、「龍道之術」を使用して実証していただきました。

実際に小の穴を大の物が通過することは、絶対と言っていい位に不可能です。

ところが、妙見和算を用いた二次元の世界から三次元の世界に移行させると、

「アラ・アラ!不思議」 コルク円板より小さい穴より、コルク円板が下に落下しました。

今までの常識が覆えされました。認識を変えなければなりません。

この現象を、高次元の解説により理解を深めて、どのように治療に活かすかをご教示いただけました。

次に「高次元の手を作る」術理のデモンストレーションと実技、さらに細かなお作法時の

注意事項、それから三次元を創り龍の道の作り方まで、たいへん凝縮した内容をご教授いただきました。

この時点で、かなり手の質量が変わり早く臨床で試したいと思うほどでした。

「北極星と龍神」では、上昇スパイラルエネルギーが作用することにより、縦の円筒形になり

不具合が中心により、下降スパイラルエネルギーにより横の円筒形になり消失するということでした。

ここでのアイテムも、ただの円筒形ダンボールにチェーン?がついているだけなのに、振るとまるで龍の鳴き声のように

響き、ほんとうに驚かされました。(楽しいですね)

そして、「その手がセンサーであり中心を見つける」活法協会に入会して初めての妙見診断法が公開されました。

~妙見の作用線に入る~恒例のナイトセミナーでは、奥義「小指の赤い伝説」と営業方法までも伝授いただきました。

とても中身の濃い教伝会・親睦会で、アッという間に終了時間がきてしまいました。

第三螺旋に入り、もっともっと凝縮されたご教授がいただけると思うだけで嬉しくなってしまいます。

今後も、しっかりと修練していきたいと思います。

参加会員の皆様、今回も大変お世話になりありがとうございました。

次回も宜しくお願い致します。

愛知県碧南市 松野 吉伸

☆塩山次郎会員 大阪市天王寺

前野会長 千葉司家 ハッピーさん スタッフの皆様 練習のお相手頂いた会員 ご参加の会員の皆様この度も誠にありがとうございました。

今回も目から鱗、の驚きと感動の連続でした。
以下に驚いたこと、気づいたことを列挙させて頂きます。

円形のものを四角形通り抜けさせる体験は、自分のものの見方が2次元的である、という理由を理解する上で非常に意味がありました。
これと千葉先生の検査時の視線が多次元的であることを見せて頂き、「今後皆の治療の次元がかわってくる」と言われた意味の一端がわかりました。

ネジを締め込んだ場合と釘を打ち込んだ場合の違いについては、効果の違いを観察しながら実技を行うことによって、ハッキリと何が違うかが体感できました。自分の股関節の調子が悪かったので、脚をねじ込む実技も即興でやってもらいましたが、非常に軽くなったことで、その効果を確信致しました。組んで頂いた会員の方に感謝です。

質の高い手を作る、の具体的方法をご指示頂き、その場で出来なかったのは残念でしたが、指針をはっきりお示し頂いたので、必ずできるようになります。

千葉司家のおっしゃる「俺的には」の治療点につき、後で色々なものでの中点探しをしてみましたが、確かに人間には不思議な能力が備わっていることがよく分かりました。不思議でなりません。
あまりにも凄い話です。いかに先に〇〇を見るか、の大切さがよくわかりました。この質問を書いて頂いた会員の方に感謝致します。

最初に龍神様の通り道、針の穴を通す、などと言われた時点では、内容については具体的には想像もできませんでした。
驚きの連続でしたが、小物での理解、実技での理解の両面をご準備頂き、大変分かりやすく、実り多い素晴らしい教伝会でした。宝の山だと感じます。

その後の「作用線に入る」も乗り物酔いの対処法など、素晴らしい知識を授けて頂きました。楽しい雰囲気の中に、素晴らしい内容を盛り込んで頂けることが大変ありがたい、と感じます。

今回の記念懇親会で、スタッフの皆様のご様子をみるにつけ、いかに個々の会員に気を遣って頂いているか、がよくわかりました。

いつも感謝感謝の教伝会です。本当に凄い内容でした。誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます塩山@天王寺

☆宮島広介先生 東京都足立区

正伝妙見活法協会の会員の皆様、

千葉司家 前野会長 ハッピーさん、

いつもお世話になっています。
東京都足立区のハム介こと宮島広介です。

第25回教伝会「北辰法道之活」に参加させて頂きました感想です。

始めに千葉先生から今回の教伝会での教えを伝える為にこの2年間があった様なものだというお話しがありました。

そして今回この場にいられるという事は治療家としてとても運が良い事だと言われました。

毎回思いますが、今まで長くいた人にも教えて来られなかった事を今こんなに丁寧に教えて頂ける機会に恵まれ本当に運が良いなあと感じています。

◎龍神様

北辰とは北の龍の事だというお話しでしたが、今回はこの龍神とは何なのか?という事を色々な角度から教えて頂きました。

◎高次元エネルギー

前日の奥伝会でもお話しして頂きましたが、

次元が上がって行くとはどういう事なのか、そしてここまでの妙見活法の学びの道を次元が上がる事に例えられてお話しして頂きました。

本当にここまでの学びが分かりやすいように順番に組み立てて頂いていたのだと感動しました。

次元とはベクトル(方向性)の数であるという事でしたが、

一次元や二次元の説明として左右だけ、左右上下だけ、と「だけ」という表現が使われていました。

私達の現実世界は三次元ですが、一次元、二次元は極端に行ける方向が少ないという意味でもあると思います。

次元が上がるとは行ける方向の自由度が上がっていくとも考えられます。

次元が上がればいいのかと思ってしまいますが、0次元の点の世界ではちょっとなのに沢山というまた逆の現象が起こります。

ベクトル(方向性)がないという事は逆にどこへでも行けるという事かもしれません。

◎次元を上げる

針穴にボールペンを通す。
エネルギーの通り道を作る。

と事前に言われていましたが、次元を上げる事により通らないばずのものが通ってしまうという現象を公開して下さいました。

平面の紙を立体化する事により、三角が伸びて直線となり幅が広がってしまいました。

立体化とはまさに平面では有りえない世界が現れる事でした。

何となく次元が上がるのは大切だというのは思っていましたが、実際に面から立体へと次元が上がると通らないばず幅が広がるのを物理現象として確認してしまいました。

またこれが活法にも作法として入っていました。

元の形、原理を見せて頂きましたので後はしっかりと作法として形にすれば平面から立体へと次元を上げる事が出来ます。

◎質を高める

様々な位置エネルギーの教えから今度は質量エネルギーの教えになりました。

手の質を高める。

不具合の箇所の質を高める。

内臓の質を高める。

集団の中では質の高い人がリーダーとなります。

またリーダーという立場が質を高めてくれます。

虚の手の概念と重ね更に治療の質が高まると感じます。

◎立体視

目は二つあるから立体として認識できます。

視点としても二ヶ所あれば立体視出来ます。

視点を一つだけで見るのは写真を見ているのと同じだという説明が分かりやすく、面から立体へと次元を上げる事の大切さは、通らないばずのものが通ってしまうというのを見せて頂いていましたので簡単な作法ですがこれだけで物凄い質の転換になると思います。

普段何気なく千葉先生が行なっている作法をまた一つ知る事が出来ました。

目線ひとつで次元を上げるなど聞かなければ分かりません。

◎自分の手の中に相手が入る

触れている点に相手の身体全部が入ってくるという練習を行ないましたが、これがまた難しかったです。

頭では分かりますが体現するのは中々難しいです。

ちょっとであるからこその沢山だと思いますが、分かっていてもちょっとに出来ません。

これは回数を重ね身体で覚えるしかない事だと思います。

◎螺旋

螺旋は遠心力と求心力ではなかった!?

その場での回転は遠心力と求心力をうみますが、動きながらの回転(螺旋)では遠心力と求心力は出ないという事でした。

螺旋は凝縮。

螺旋の理解がまた変わりました。

ちょっとなのに沢山と螺旋はセットなのだと思います。

◎龍神様の鳴き声!!

四角の内と外に丸がある妙見神形、そして円筒形の中に螺旋がある世界から、円筒から螺旋が出ている形になりそれがそのまま龍神様の形という事で、北斗七星もこの円筒形から螺旋が出ている形になっていました!?

今回一番の衝激はこの形が龍神様の鳴き声を出すというものでした。

その音はカミナリそのものでした。

カミナリには螺旋が入っているから同じ音になるという事でしたが、これからカミナリの音を聞く時には円筒形と螺旋を思い浮かべてしまうのだと思います。

今回妙見神形の四角の内と外に丸がある形が、最初に見せて頂いた通らないばずのものが通る世界や不安定の中の安定を表しているのだという新しい概念を知る事が出来ました。

形が持っている力というのを深く理解していく事で更にちょっとなのに沢山を実現していけるのだと思います。

◎一門一統

天秤のお話しは目から鱗でした。

ついつい不具合の箇所にフォーカスしてしまいがちですが、まずは自我を消して端と端を見る事で勝手に身体が反応するという事が起こるのだと思います。

生卵の殻を破らずに持つというのをロボットにやらすのはとても難しいらしいですが、人間なら誰でも出来ます。

治療における天然のセンサーは自我が消えた時に発動するのかなと思います。

◎最後に

物理現象として面から立体へと次元が上がるとどうなるのかというものを最初に見せて頂き、次元を上げる事の意味や重要性を認識させて頂きました。

今回も知ってしまえば当たり前の事として認識する事が出来ましたが、これが証明されるまでの過程は大変なものだと想像します。

凝縮されたものを教えて頂いているという認識をしないとどうしても浅いところしか受けとれませんので、意識して自分で考えてやっていきたいと思います。

今回も大変貴重な教えを有難うございました!

☆久保田勝弘先生 東京都台東区

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長 
由利はるな初日司家秘書、会員の皆様、何時もお世話様です。

東京都 久保田勝弘より
6月3日、第25回教伝会スーパープレミアム
北辰法道之活の参加報告をさせて頂きます。

先ずは、
正伝妙見活法協会設立2周年誠におめでとうございます。
これからもご指導をよろしくお願い致します。

第3螺旋に入り
北辰法道は天道なり
北辰法道は地道なり
北辰法道は龍道なり

テーマ
北辰の法 龍の道

今までは2次元とか3次元とかの
意味もろくに知らずに
日常的に使っていましたが、

妙見和算形象の北辰之法道の形象より
絶対に通す事が出来ない物を
妙見活法では通す事が出来る事を
見て、聞いて、体感させて頂きました。

私は物を2次元しか見ていませんでした。
北辰法道の形象に妙見活法の3次元を
作りだす事で、
絶対に通らない物が通り抜け
今までの常識としていた考えが一瞬で
吹っ飛びました。

妙見活法は次元を上手く使う事で目の前の物が別物になってしまう事を学び

妙見活法はこの様に出来ないものを
出来る様にしてしまう為に痛み、不具合を
無くす事が一瞬で出来るのだなと物理的に感じる事が出来ました。

釘とネジの違いを教えて頂き
釘は重くネジは軽いお話から
患者さんを面では見ないで立体化にて触れ
手を高次元化にしてから患者さんに触れると
全くの別物になりました。

技のご指導にて
握力、
押し引き合い、
触れ方、
釘とネジ、
内臓調整、
座位から立たせる、
一瞬で上がる四十肩

千葉先生
北辰法道之活をご教授して頂き
ありがとうございました。
北極星と龍の道で通せない物を通す事が出来るのが妙見活法だと思いました。
今回の次元を高めた手、触れ方を使わせて頂き施術で更に高めて行きたいと思います。
龍の鳴き声にもビックリしました。

懇親会では酔い止めの止め方、見透すての
治療ポイントの探し方をご教授して頂きありがとうございました。
活法の技から経営の安定までの教えを大切にし、地域一番のエネルギッシュな治療院を
更に目指して行きたいと思います。

前野会長
正伝妙見活法協会2周年おめでとうございます。
何時もメールの配信から管理、DVDの編集から発送をありがとうございます。
DVDにて繰り返し内容を確認が出来る事に
毎回有り難いと思っております。
DVDが手元に届くのを楽しみにしております。

ハッピーさん
毎回、明るい素敵な笑顔の対応ありがとうございます。
今回の一門一統は、ハッピーさん進行のお陰にて千葉先生から
治療の見立てについて、今まで全く分からなかったお聞きして頂きありがとうございました。
その為に最後のお二人の落ちまでは時間が無く聴けなかったのが残念でしたが、
懇親会で同席させて頂き楽しい時間をありがとうございました。

参加された会員の皆様ありがとうございました。

東京都台東区東上野 久保田勝弘

☆山下建先生 東京都大田区

前野功妙経 会長 千葉吉胤妙星 司家  由利はるな初日 司家秘書

スタッフの皆さま 会員の皆さま よろしくお願い致します

大田区大森の山下です。

北辰法道之活/

今回は、千葉司家から、

「この教伝会の為に、今までやってきたようなもんなのよ」

とのお話がありましたが、

たしかに、妙見活法の原理を現す形象から、
実践へ、ここまでリンクするものなのかと、

第3螺旋は、驚愕の内容が盛り沢山でした。

針の穴ほどのものに、ボールペンを入れていく

これは2次元の平面思考で捉えてだと考えに詰まります。
囚われる(人が平面四角四面に入ってしまう)

妙見神形/

2次元では、正方形と円を表し、

3次元だと立方体と球体を現す。

立体化していくのが、第3螺旋。

凄いのが、妙見神形での意味合いが

作法に現せられることです。

ココが、妙見活法の真髄なのかなと。

〈伝えていること、しかも形象と実践が合致する〉

それは、この世の中になかなかないというか、妙見法力唯一なのでは。

患者さんの患部を診る時、立体的に観る。

千葉司家の治療風景を思い出すと、

たしかにその動作がさりげなく入っておりました。

この段階からして、治癒への転換モードに入ってるので、

患者さんとの痛みの確認の検査は予め済ませておく。

ネジで入れたものは、スパイラルの特性が入っているので、

なかなか抜けない。

ネジが、なかなか抜けないのは体感でわかっていましたが、

かつ、〈軽い〉というのには驚きました。試してみます。

〈スパイラルは、凝縮エネルギー〉

バケツの中に水を入れて回すと、水はこぼれてこない。
が、回しながら、前後に移動したりすると、こぼれてくる。
これは、別のエネルギー運動(遠心と求心作用)が起こるから。
(まだ、よく飲み込めてないので、ここの理解を深めたいと思います)

龍は舞い、龍は鳴く/

ポテトチップの容器でできると言われてましたが、

本当に威厳を感じさせる道具でした。

シンプルな作りでスゴいものは、法則性を現しているので凄い!

☆子も、あんな形状です。

〇〇へ向かって「ゴゴー(gogo!)」って、鳴り響いているような。

自分のなにかがざわめき立ちました。

一門一統/

手が勝手に導かれる、、これは衝撃でした!!

目測は誤りがありますが、手のセンサーは、知っている。

反射できるように、身欠いて参ります!

千葉司家、今回は(も)特にスペシャルな内容をありがとうございます。

前野会長

何時も縁の下の力持ちの陰ながらの力添えをありがとうございます。

ハッピーさん、何時も麗しくも円滑なる運びをありがとうございます。

スタッフの方々、開催準備、運営をありがとうございます。

会員の皆さま、伴に学べることがありがたいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

☆小田親穂先生 宮崎県三股町

前野功妙経会長

今日は、第25回正伝妙見活法教伝会 北辰法道之活に参加させて頂きありがとうござ
いました。
今回が初めての参加でしたが、千葉司家の分かりやすいお話で、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

二次元のエネルギーを三次元へ変えるとより大きな力になり、

逆に三次元の悩みを二次元に変えると小さくなるというお話は、

これからの治療のにも繋がるとても印象深いものでした。

初めてお会いしたにも関わらず、

会員の皆さまがとても温かく接して下さったのが何より嬉しかったです。

うまく文章がまとまらず申し訳ございませんが、

これから改めて少しずつ学んでいこうと存じます。

小田親穂

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!