「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年4月21日

 この記事は約 8 分で読めます。

☆三輪哲朗先生 京都府京都市

前野 功妙経 会長 千葉 吉胤妙星 司家 由利 はるな初日 司家秘書

会員の皆様いつもお世話になっております。

静岡の浜松で開催された星伝会に参加をさせていただきました。

感想を投稿致します。よろしくお願いいたします。

催眠療法は催眠をかけたら終わり。

催眠をかけられたという認識が患者さんにあるといけない。

妙見活法では、催眠は生理学的催眠であり、心理学的療法ではない。

身体の反射や生理反応を用いている。

この場合、治療をされている感覚がなく、

自分の力で治っているわけではない。

一種の錯覚が生じている状態になっていると思います。

心の病は何が問題なのか?本人もわかっていません。

わからないので、わからない手段で治すことになる。

第一回の星伝会で披露された一瞬の仮死状態を作る作法ですが、

当初は魔法のような印象がありましたが、

この作法も生理学的な裏付けがありました。

千葉先生とハッピーさんとのデモでは、

10分以内でのやり取りは、

非常に中身の濃い内容を感じ10分内という時間がすごく、長く感じました。

今までの催眠とは、違い実際の時間の長さとその充実度、

そして、効果は全く次元が違います。

見ているこちらも、いったい何が起っていたのか?

とわからないことばかりでした。

介抱は患者さんが自立する者であります。

自律神経の調整でもあると思います。

今までの催眠は患者さんの原因の追究ばかりをしていて、

患者さんを苦しめていました。これでは、自立にはなりません。

今回の星伝会で実の催眠ではなく、

虚の催眠について学ぶことができました。

いかに実の催眠が危険であることを認識でき、

それを用いていたことを反正しなければなりません。

今後は虚の催眠をお借りしいたします。

シークレットセミナーでは、運よく内臓調整を受けることができました。

縦横の成果を用いた作法を腹部にしていただくと、

一気に頭の中がぐるぐるとトランスに入り、

何もできない状態になりました。

「もう、いいや~」という感じです。

これが自然体であり、腹部も勝手に力が抜けて気持ち良くなりました。

千葉 吉胤妙星 司家 今回も貴重な相伝をしていただき、

ありがとうございます。

前野 功妙経 会長 開催に当たり、様々なご準備ありがとうございます。

由利 はるな司家秘書 司会進行からデモまでありがとうございました。

松本英司 星伝会統括部長 本部や会場とのやり取りなどありがとうございました。
静岡メンバーの皆様、会場設営や会場案内ありがとうございました。

皆様のおかげで今回も、素晴らしい学びとなりました。ありがとうございました。

京都市 四条大宮 三輪 哲朗

☆青山正彦先生 愛知県北名古屋市

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書

正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは 愛知の青山 正彦です。

4月15日開催されました第3回正伝妙見活法星伝会の参加 報告いたします。

開催に際して、松本英司 星伝会統括局長及び会場準備、設営して頂きました静岡、愛知、岐阜のスタッフの皆様ありがとうございます。

4月15日、浜松で開催されました第3回正伝妙見活法星伝会、最終章は「 プレッシャー&ストレスの介抱の真実 」を相伝して頂きました。

第1回は 「身体の開放」

第2回は  テーマは 「解法」 虚実を知り虚実の使い方を学びました。

 この時の強く印象に残っているのは、 頑固石にて患者さんの精神状態について、ある方向にはスムーズには回るのに反対側は上手く回らず偏る「頑固のイメージ」を理解することが出来ました。

今回、第3回正伝妙見活法星伝会 最終章では「プレッシャー&ストレスの介抱」でした。

相伝 「妙見整心術」では本物の●●心理療法を御教示頂きました。

冒頭では、過去 千葉司家が学ばれていた催眠療法についてのお話がありまたどこの駅の近くには催眠療法の看板があり現在の整体と同じ様に高額治療やセミナーが開催されていましたが、催眠療法は時間がかかり、治らないのが現実でした。

治らないものは看板がなくなっていきました。

今回、公開して頂きました妙見活法の●●催眠は「虚」の世界を操ります。

正しい錯覚の善用を使い「イメージ」は使いません。

千葉司家とハッピさん(患者さん)との実演を公開して頂き拝見する事が出来ました。

千葉司家による実演を拝見して。

問診も含め7分で、少ない手数で、少ない時間で、少ない関わりで終わりました。

自然療法である妙見活法は、患者さんが本来持っている自然治癒力を自ら出させて自分で治す。

「出来ない」「無理」「重すぎる」からで出来る世界へ患者さんの自立性の再構築「自発的行動」でした。

ココロの後ろ向きや体の後ろ向きは「●向き」にしてあげる事から始まります。

時間をかければ掛ける程、他力本願になってしまい自立できる事を妨げていきます。

またカウンセリングの中で使える、様々な小道具を紹介して頂きました。

自分なりに工夫して臨床に使える小道具になります。

星伝会、終了後は、懇親会では、さらに深い内容の第4回の星伝会ではないかと思うほどの「ナイトシークレットセミナー」でした。

内容の詳細は省きますが、

千葉司家から、「触れ」についてのお話、小道具を使う上での患者さんの年代でも工夫を入れる等、

妙見七塚のように、組み合わせと厚みを作り上げていく事の重要性を認識致しました。

私自身の話ですが、

以前、ストレス&プレッシャーを学んた事がありましたが、臨床では一切 使えませんでした。

イメージや言葉での誘導が長く本当に患者さんが催眠誘導に入っているのか、ただ眼をつむっているのではないのかと疑問を持ちながらイメージや言葉の誘導をしていました。

患者も、実は催眠にはかからないで、目を閉じてかかっているフリをしている。

騙されている認識を持たせていたんですね。

術者が疑いの手で治療していますので、本物の催眠を知らない指導者から習っていては催眠も治療も出来ていませんでした。

知識としてではなく、現場、臨床に使える様にさらに厚みある治療院に地元の方々にお役に立てるように精進していきます。

正伝妙見活法 星伝会 最終章に参加させて頂きましてありがとうございます。

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書

静岡、愛知、岐阜のスタッフの皆様 正伝妙見活法協会会員の皆様

ありがとうございました。

愛知県 北名古屋市 青山 正彦

☆小林努先生 神奈川県相模原市

前野功妙経会長いつも大変お世話になっております。

神奈川県相模原市の小林努です。

この度、静岡県浜松市で行われた正伝妙見活法星伝会に参加させて頂きましたので、そのご報告です。

相伝「妙見整心之術」プレッシャー&ストレスからの介法

テーマ THE 介抱
〜介抱は自立させるための手助けである〜

「身体と心を開放せよ
身体と心を解放せよ
身体と心を介抱せよ」
〜妙見整心之術秘伝書より〜

今回の星伝会は「妙見整心之術」3部作の最終章という事で以前からとても楽しみにしておりました。

昭和の一時代、催眠療法の治療院が巷に溢れていた時期がありました。

ノイローゼ、精神分裂、どもり、赤面、夜尿症、乗り物酔いなどを催眠療法で治すというのが謳い文句でしたが、

「催眠療法は催眠をかけたら全てが終わり」

であり、実際は一件も治ってはおらず、催眠療法で症状を悪化させてしまう事はあっても、決して治すことは出来ない事が分かりました。

・催眠療法の治療費は8〜10回の回数券で当時の値段で30万位(今の金額に換算すると60万〜80万位)
・催眠状態にもっていくのに30分〜40分くらい掛かるのに治療効果は無い
・患者さんは騙されているという認識があるので、自立出来ない

という負の三拍子が揃っていました。

それは、今の整体業界と余りに似通っていて、整体業界の未来を暗示しているように感じました。

「妙見整心之術」は戦さというギリギリの精神状態に置かれている人を救い続け、自立させ続けてきた世界で唯一無二の治療法です。

妙見整心之術は、相手の生理的な反応、反射を上手く使う「生理催眠療法」であり、一般の催眠療法とは全く別物であると分かりました。

今回は、千葉司家の実際の治療の流れの実演までして頂き、正味6〜7分で、完璧な質の転換が起こせることが分かりました。

この治療の流れをDVDで何度も確認して自然に出来るようにしていきたいと思います。

☆懇親会「妙見の作用線に入る」

星伝会の後は、懇親会「妙見の作用線に入る」が開催されました。

美味しい料理とお酒に舌鼓をうっていると三輪会員の要望から、千葉司家によるナイトシークレットセミナーが開催されました。

今回はエネルギー療法、内臓調整に欠かせない「虚」の触れについて、様々な角度から解説して頂き、目から鱗の連続でした。

こちらもDVDを何度も見返して、さり気なく「虚」の触れ扱えるようにしていきたいと思います。

千葉吉胤妙星司家
この度は精神の患者さんに対応できる術を授けて頂き本当にありがとうございます。
星伝会の次の日に「妙見整心之術」の術理でしか治せないような患者さんが来られましたので、後ほど報告をあげさせて頂きます。

前野功妙経会長
いつも私達会員が気持ちよく学ぶための下地の整えをして下さり本当にありがとうございます。
そしてこの度は私のうっかりにより、お忙しい中お手間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。以後十分気をつけたいと思います。

由利はるな初日司家秘書
この度も素敵な笑顔をありがとうございました。
ハッピーさんの患者さん役、最高でした♪

松本英司星伝会統括局長
静岡メンバーの皆様
この度も最高のおもてなしをありがとうございました。
お陰様でストレス無く気持ちよく妙見の理を学ぶ事が出来ました。

ご一緒お相手下さった会員の皆様
様々な気付きをありがとうございました。

またよろしくお願い致します。
お陰様です。

神奈川県相模原市 小林努

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!