「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月7日
最終更新日:2018年3月9日

 この記事は約 5 分で読めます。

大阪府大阪市 松井孝之先生 参加報告

前野会長お世話になります。

武伝会の報告をさせていただきます。

まずは、人間の不具合はバランスを崩していることであると教えていただきました。

そして、活法はバランスを整えること 殺法はバランスを崩すこと が目的です。

兵法は例えると将棋、勝ち負け、相手の大将を討ち取るかどうか

兵法の上にあるものが何学か忘れましたが、

そっちは例えると囲碁、勝ち負けはどちらが最終的に綺麗にバランスがとれているか

活法はどちらかというと囲碁に考えが似ているとのことです。

囲碁は今まで全く興味もなくルールも知りませんが、

少し興味がでてルールだけでも調べてみたいと思います。

今回武伝会では教伝会でおっしゃっていた

北斗の起き上がりでおっしゃっていた大事な部分を教えていただきました。

その説明を

ヤジロベーやニュートンの振り子で説明いただき、非常にわかりやすく教えていただきました。

この考えは治療のあらゆる面でも使えますし、コミュニケーションでも使えます。

精神的な患者さんの根本的なことです。

それを踏まえて

・北斗の起き上がり

・立ち上げ

を練習させていただきました。

起こし上げ、立ち上げともに思いっきり自分の力でやってしまっていることがわかります。

千葉司家とやっていることが同じように見えても

(同じ様にもまだまだ全然できていませんが(^^;)

それが「力まず挑まず逆らわず」でできていないと意味がありません。

反省しながら分析、考察して臨床でやってみます。

本日も参加させていただきありがとうございました。

大阪  松井 孝之

愛知県名古屋市 玉川有一妙蓮先生 参加報告

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな司家秘書

会員の皆様おはようございます。名古屋の玉川です。

教伝会後に開催されました。武伝会の参加報告を共有させて頂きます。

北斗起承の更なる奥を学ばせて頂きましたが

今回の一瞬の体調改善を可能に出来る起承とはある意味

起こす事より承りの器の問題だと思いました。

武伝会では〇〇〇〇のエネルギーをお借りしての北斗起承を稽古しましたが

その際に千葉先生から北斗起承を受けさせて頂きその感覚が残ってる中で

各会員が私の105キロの巨体にチャレンジしましたが

やはりどこが我が入り力で起こそうとします。

結果を出す事に欲求がいくと思いました。

そんな中ハッピーさんが

私の105キロにチャレンジした時に私の巨体の陰に入った次の瞬間

意図も簡単に私の巨体が起きました!!

私は陰の部分で何をされたか???

解りませんでしたが

失敗したら

ハッピーさんは間違えなく私の下敷きになり立体から面になり

ペチャンコになって私と同じ表面になり幅広になって

ペチャンコ店長になったと思います。

ハッピーさんは自分の3倍近い私の巨体を何故一瞬で起こす事が出来たのか?

私は考察しました。

答えは千葉先生の言葉を聞いていてただそれを真似るだけで無く

それを自分の立場に置き換えて工夫をしているからだと考えました。

妙見活法は体力は要らない事を常にハッピーさんが証明してくれます。

妙見活法は基本(妙見七塚)を越えた上で更に工夫が必要だと

当たり前の事をハッピーさんが証明してくれました。

◆困った人の救済

千葉先生は地域で困った人の生活のお役の為に生活保護の方の技能研修をされているのが

今回ビックリしました。

人を救える技能を持っていれば生きていけるという事を実証して頂き実際に目の当たりにしました。

初老の二人は今では物凄い治療家で

治療業界では知らない人がいない人物でした。

光り輝いてました。

泣き言は一切言わなかったそうです。

千葉先生に稽古して頂く時には初心忘るべからずで

生活保護時代の時からのアディダスのジャージで稽古されるみたいです。

私は千葉先生の教えが当たり前になっていないか?

反省したいと思います。

玉川有一妙蓮

愛知県碧南市 松野吉伸先生 参加報告

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日司家秘書

正伝妙見活法協会会員の皆様

いつもお世話になり、ありがとうございます。愛知県の松野です。

3月4日、初めて武伝会に参加させてていただきましたので感想を報告します。

武伝会 = 武道会のイメージがありました。

武道は礼儀礼節を重んじ、技を錬磨して心身を鍛え人間形成を図るものであり、

私語、談笑は慎み静けさが漂う中で粛々と行い、厳くそして辛く不屈の精神を養う

業を行うのかと想像していましたので、内心は穏やかではありませんでした。

柏本部に着きますと、皆さん道着姿で凛々しく緊張感が増してきました。

そして千葉司家、前野会長、ハッピーさんが到着され「礼」から始まりました。

本日は「妙見十王之活」のご教授をしていただけました。

今回一番感動しましたのは、司家が自ら過去の非を認めて秘伝書を読み直し、

試行錯誤を重ねて習得された秘伝を、再び門下生に相伝するお姿を拝見できたことです。

この行いは、是が非でも見習うべきことだと思いました。

実技におきましては、教伝会のさらに奥を伝承していただけ「北斗起承」

①と②を繰り返し練習をしていましたら、道場内一同が驚かされた出来事がありました。

男性でもびくともしない玉川会員を、小柄で非力なハッピーさんがいとも簡単に 立 たせました。

創作秘義「くのいち 姫殺し」のお披露目をしていただけました。(勝手に命名)

驚愕でした。「北斗起承」の神髄を目の前で見せていただくことができました。

 

ビクビクしながら参加しました武道会でしたが、舞踏会のように楽しくうきうきして

まるで上級者研鑽会のような錯覚に落ちいり、とても良い雰囲気の中で過ごせました。

更には武闘会会長より「生活保護支給者」の称号までいただきました。

本当に愉快で面白く、満ち足りた気持ちにさせていただきました。

 

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日司家秘書、門下生の皆様

新入門下生を心暖かく迎え入れて下さりありがとうございました。

心より御礼申し上げます。

次回もよろしくお願いいたします。

愛知県 松野 吉伸

 

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!