「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年4月27日

 この記事は約 3 分で読めます。

☆宮島広介先生 東京都足立区

正伝妙見活法協会の会員の皆様、

千葉司家 前野会長 ハッピーさん、

いつもお世話になっています。

足立区のハム介こと宮島広介です。

バイハムではありません。

4/25の武伝会に参加させて頂きました感想レポートです。

今回は千葉司家がエネルギー療法の学理講座を作成して下さってる途中

という事もあり治療においてのエネルギーの基本的な使い方についての

大変大切な教えがありました。

具体的なやり方は割愛させて頂きますが、

内容が濃過ぎて書けないというのが本当のところです。

◎自然界・環境と自分と相手との三位一体
◎孤立から同調 部分から全体
◎孤立は相手のせいにする
◎三種の神器の鏡のエネルギー
◎同調を使って足の軸を強くする
◎引っ張ってる人引っ張らてる人、押してる人押されてる人が分からなくなる??
◎皮膚を使った同調
◎同調を使った乗り物酔いの治療法
◎地形を変えて淀みを流す内臓調整

千葉司家は常々エネルギーは手から出るものでは無く

相手の反応であると言われていますが、

では相手の身体の中で何に反応しているのか?

という事を教えて頂きました!

確かに波長やリズムなどが身体の〇〇に反射し伝わる

というのは納得でした。

意識の持ち方としてこの身体の

〇〇に波長やリズムを反射させるだけでも変化の質が変わります。

この考えから

「地形を変えて川の流れを変え淀みを流す」

という内臓調整を教えて頂きました!

やり方はいたって簡単でしたが、

ここでも凹んだらすぐに手を離す

という少ない関わりで自立性をなくさない事が重要でした。

◎千葉司家のマル秘作法

相手との同調がちゃんと出来ていれば治療がスムーズに行く

という事でしたが、

この同調が出来ているのかの確認ポイントを特別に教えて頂きました。

現場でもなんと無く同調出来てるかな出来ていないかな

みたいなのを察知しながら施術してはいましたが、

このチェックポイントを知っているだけで余計な手数が減ると思います。

しっかり同調出来てからではないと触れが逆効果になってしまいますし、

逆に同調出来ていれば触れただけでも変化してしまいます!

今回の武伝会は

三位一体について様々な具体的なやり方を教えて頂きました。

自分と相手とを合わしていく事などは今までも教えて頂いていましたが、

その環境に合わすという事が更にエネルギーとして無理がなく

自然に合った治療法となるだろうと思いました。

自然といっても治療院などその場の環境に合わすので

色々と自分でセット出来ると思いますし適応無限です。

同調するだけでかなりの変化が出ましたので

様々な活法の質を高めてくれると思います。

今回特に驚いたのは同調するだけで

前野会長がどんどん柔らかくなってしまうのにはビックリしました。

簡単ですが武伝会の報告になります。

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!