「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年5月19日

 この記事は約 2 分で読めます。

☆冨田恵司先生 愛知県豊橋市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 ハッピー秘書 会員の皆様

お世話になっております

愛知の噂の刑事「トミー」こと冨田恵司です。

5/13に開催されました武伝会の参加報告を提出いたします。

会の始まりに、運の良いことに「演武」を間近で拝見することができました。

なかなか見れる機会は無いとのことでしたので、貴重な時間でした。

演武から始まった武伝会は、目から鱗の貴重な体験の連続でした。

水月当てを学びました。

まず千葉司家の示しを拝見いたしましたが、

軽く当てているように見えるのに

あてられた相手会員は悶絶していました。

なのに、あることをすると、すーっと痛みが引くようでした。

悶絶から素に、表情が変わるので、見ていて驚きでした。

水の操作で体を重くしたり軽くしたりできます。

何をされたかわからない内に重心の位置が変わるのだと思いました。

不具合は孤独から成っていて、支えがあると違うということでした。

様々なもので支えられることを学びましたが、

これまた驚きでした。

握手をひとつとってみても、どのようにするかで結果が変わります。

位置エネルギーからの運動エネルギーはとても奥が深く、

時にはその流れを切ることも必要です。

演武に始まり演武で終わる。

会の締めにも演武を拝見することができました。

縦横無尽の流れる動きで、結果的にどの道でも相手を制する。でした。

武伝会では

武の視点から、水の操作、逆位相、間の効果を見て体験して学ぶことで、

立体的に理解することができました。

武の相伝

誠にありがとうございました。

冨田恵司

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!