「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年1月26日

 この記事は約 8 分で読めます。

1月21日愛知秘伝会 参加報告 其弐

こんばんは総本部です

1月21日(日)「正伝妙見活法協会 愛知秘伝会」を開催致しました

正伝妙見活法協会秘伝会は、

治療の日常に於いて、宇宙の根元作用を表す妙見の作用に、さらに親和性を強く持ちたい、

脇道に逸れずに妙見の本道を歩みたいという意欲と信念から成り立つ、

正伝妙見活法の秘奥への追求の自発的、また能動的行動力から具現化されたひとつの会です。

秘伝会会員は、妙見大菩薩様に、承認された者で構成される、

口伝、奥伝、さらにその先の、正伝妙見活法秘伝を相伝する会として位置付けられています。

正伝妙見活法協会会員の中より理順・隠徳・親和性・授受還元の作法を実践なさり、

妙見大菩薩様 千葉吉胤妙星 司家より選ばれ

さらにその能動性を発揮され自ら秘伝会会員として

誓約書にサインされた秘伝会会員を対象に開催いたしています

参加されました秘伝会会員からの報告をご紹介いたします

・・・・・・・

正伝妙見活法協会 前野功妙経会長

先日は大変お世話になりました。

1月21日愛知秘伝会の感想を送らせて頂きます。

この度は、愛知での秘伝会に参加させて頂き有難うごさいました。

今月開院された会員様の治療院での開催でした。

千葉司家の外観デザインの
とても素敵な治療院です。

バス停院の真ん前にあり、
前の道は車通りも多く、
外観も目を引くので、
街のシンボルマークになるのではないかと思います。

本当に素敵な治療院ですし、
☆☆会員のお人柄もいいので、大繁盛の予感がします。
これからまた楽しみですね!

秘伝会では、

一之活の更に深い内容をお伝えして下さいました。

今月教伝されている
一之活は、
位置の活ということで、

脳活は錯覚を利用しているとのことでした。

人の動作は8、9割は錯覚による
影響を受けているようです。

実際に分かりやすく、
私達がイメージがしやすいようにと
いくつかの道具で見せて下さいました。

手の上に置いたペンを
磨りガラスのような板越しに見るとぺんだけが消えたり

た柄の部分を擦ると
羽根の部分が回ったりしました。

そして、

さらに不思議なものを見せて下さいました。

あるものを2つ上下に並べて
不思議な錯視の世界を見せて下さいました。

・・・・・・・・中略・・・・・・・・・

人の目は隣り合ったものしか比べる事が出来ないようです。

(後ほど、その原理を利用したエネルギー療法の相伝もありました。)

そう見えてしまうから仕方ないと思うしかありません。理屈もありません。

ただ、何故かそう見えてしまうのです。

本当に人間っていうのは錯覚の世界で生きているのだなと思いました。

治療家で、自らがカリスマだと錯覚している人もいるようですが…(lll-ω-)

また、

脳活の細かなご指導はとても貴重でした。

脳活も・・・・・・錯覚を利用していました。

次の日の治療で脳活をお借りしましたが、全てにおいて改善しました。

細かなご指導、本当に有難うございました。

妙見活法は本当に不思議だと思います。
初めて治療を受ける患者さんは一様に不思議と言われます。

しかし、

妙見活法はスピリチュアル的なものではなく、化学的なものだと理解する事が出来ました。

化学は不思議で解明されていない事も多いと思いますが、物理現象として表す事ができます。

妙見活法も自然界の作用を物理現象として表しているだけと捉えると、

当たり前の現象として
力まずに作用をお借りしやすいのではないかと思いました。

その他、
経営の仕掛けについてのお話、
関節リラクゼーションなど
勉強させて頂きました。

てんこ盛りの内容でお腹いっぱいでした。

その後のご近所のお寿司屋さんでの
懇親会もてんこ盛りの豪華なご馳走で
しかもとても美味しかったです。
ご馳走さまでした。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書

楽しい貴重な時間を作って下さり
本当に有難うございました。

会場の治療院の会員様、
この度は、ご開院お目出度うございます!
ご近所様の暖かさも伝わってきました。
本当に良いところですね。
素敵な治療院で学ばせて頂き有難うございました。

ご参加された会員の皆様
この度も、いろいろ学ばせて頂き有難うございました。
またよろしくお願い致します。

中部東海秘伝会会員

・・・・・・・

前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家
ハッピー秘書
秘伝会会員の皆様
いつもお世話になり有り難うございます。

 

一月二十一日、目出たく愛知で行われました秘伝会に参加させていただきました
ので御報告をさせていただきます。

一之活の下降線、そこには〝上りの良さ〟とあり〝下りの良さ〟もあるという自然界の豊かさが教えてくれる世界でした。

・初動
最初の初動には後押しが必要で波動の世界は動き始めたらあとは自動で作動してゆくと言うことを道具でご教授していただきました。
一手にて作用を起こす妙見活法の真髄をご説明していただき、
質の向上を求めるならば〝下らぬ術は廃棄せよ〟の意味をより深く理解できました。
そして、相手を無理に上昇させようとすると不自由が出てしまうのもまた勉強になりました、
自然療法は自由を与えて下さるのであるとここでも頭の中の固定観念をコロリと変えて下さるご教授をしていただきました。

・錯覚
隣の芝は青く見えるの御説明から、
の錯覚を利用した御説明をしていただきました。
驚くことに人は
〝隣に面しているものとしか比較ができない!!〟
しかも
隣にあるものも正確に認識することができない!!!
隣のものとしか比較ができないくせに隣のものが認識できない…。
何が正しいのかわからなくなります、
であるからこそ「謙虚、正直、察知」という指針が重要になるのだなと思いました。
脳が錯覚をして正確な判断ができないのだから逆にその脳の錯覚を利用して質の転換を起こすという逆転の発想による作法、
こんな世界があるのかと驚きましたがこれも物理法則に沿った自然の作用であるとの御説明でした、
いかに自分が不自然であるのか…。
質の大切さを痛感しました。

・☆☆
許容範囲のお話から☆☆を作るお話
自信があるから使える言葉、ただし!の使い方を御指導していただきました。

一之活の醍醐味である、と御指導していただきました。

・虚実の世界は錯覚の世界。
心理も痛みも錯覚ならばその錯覚を使いこれまでに身に付けた作法を重ね
痛みの出てこない世界に親和性を再構築する。
となると、人は正しいことよりも何万通りと錯覚をしながら生活をしているのだからそのどこかの勘違いを一つに纏め正しい自然の働きに親和性
を構築すれば自覚はできなくとも必ずや質の転換が起こるのだと言うことが理解できました。

この度は三回目の秘伝会参加でしたが毎回秘伝の内容にとても驚きます。
錯覚ばかりだからこそ正しく道を歩めるように錯覚を利用した一之構築。
勘違いばかりの世界であるからこそ自分が凄いのだと勘違いしないように今後も学ばせていただきたいと思います。

 

千葉吉胤妙星司家
この度も御指導していただき有り難うございました。
前野功妙経会長
この度も撮影、運営有り難うございました。
ハッピー秘書
いつもご配慮有り難うございます。

スタッフの皆様
寒い中、会が始まる前からご準備をされとても大変だった事と思われます。
有り難うございました。

☆☆会員
この度は会場提供、誠に有り難うございました。室内の梁、内壁に至るまで患者さんの為に趣向を凝らした院作りとても勉強になりました。

 

以上で秘伝会参加報告とさせていただきます。

中部東海秘伝会会員

 

・・・・・・・

前野会長 千葉司家 会員の皆様
お世話になっております。

1月21日(日)に行われました
愛知秘伝会に参加させて頂きました
感想をご報告いたします。

この度開催されました秘伝会は、
愛知県で1月15日に御開業された会員の
新治療院にて行われました。

院名、看板、外観、院内のデザインを
千葉司家がプロデュースされた新治療院は、
周りの風景と一体化された中で
圧倒的な存在感を放っていました。

院内も統一された木ベースの作りで
最高に気持ちの良い空間でした。

そんなお目出たいピカピカの新治療院にて、
この度は妙見一之活の秘伝を
相伝して頂きました。

はじめに、
不思議な小道具をいくつか
ご紹介して頂きました。

手の平にのせたペンが何故か
消えてしまう不思議なプレート、
棒を擦ると何故か回り出すプロペラ、
長さが違う2枚の紙、
妙見の木と呼ばれる不思議な置物、

これらは妙見一之活に秘められた深層を
分かりやすく表す道具でもありました。

自然界の法則を
人間の持つ錯覚というものを
実際に見て触って体験させて頂きました。

この錯覚を調整するのものが
妙見一之活であり、
妙見位置之活でありました。

一線引きから一線比べへ、
将門之白馬に宿る霊的現象、
一筆書きの深層から脳活の真実などなど、
超スペシャルな内容でした。

そして凄かったのが
妙見骨格リラクゼーションです。

虚実の世界、錯覚の世界を利用した
妙見骨格リラクゼーションは、
捻挫に五十肩、脱臼、関節の不具合はすべて
ものの数秒で調整してしまう
もの凄い秘技でした。

さらに、妙見一之活による経営戦略の
ご教授もありました。

一つの・・・・・秘術をご指導頂きました。

早速戦略を立て実践させて頂きます。

第2螺旋の峠を越えて
これより先は錯覚の世界に
入っていくとのお話でした。

虚実の世界は、錯覚の世界であり、
錯覚という自然現象を利用するのが
妙見活法であり、錯覚を活用するのが
妙見エネルギー療法との事です。

今後公開される技法が、
どのようなものとなっていくのか
本当に楽しみです。

千葉司家、
この度は秘伝の公開、
誠に有り難うございました。

早速地域の皆様に還元してまいります。

前野会長、ハッピーさん、
開催企画撮影サポート、
誠に有り難うございました。

そして会場を提供してくださいました会員様、
この度は素晴らしい場にて、
素晴らしい秘伝の教導を賜る事ができました。

これも会場提供会員様のお陰です。

開催準備からご丁寧なおもてなしに、
懇親会に片付けまで、
本当に有り難うございました。

心より御礼申し上げます。

以上で愛知秘伝会の参加報告と
させて頂きます。

中部東海秘伝会会員

 

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!