「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年5月25日

 この記事は約 12 分で読めます。

☆大脇猛妙元先生 岐阜県瑞浪市

前野会長 千葉司家 ハッピーさん
正伝妙見活法協会会員の皆様
お世話になっております。
岐阜の大脇猛妙元です。

5月19日に開催されました
スーパー奥伝会の参加報告を
送らせて頂きます。

はじめに、
第3回スーパー奥伝会開催のために
ご尽力下さいました梅原局長に心より御礼申し上げます。

今回北斗の腹活祭で司家から、思いも寄らないプレゼントがありました。

妙見大菩薩様、千葉家御先祖様御許可のもと、
千葉一族に代々受け継がれてきたとされる
妙見様との交信器(○○手水鉢)が初公開され、
参加者全員に妙見波動の手が伝授されました。

妙見内臓調法という秘伝中の秘伝を
参加者全員が手に出来るようにとのお計らいでした。

これを皮切りに、
本当に内臓を調整する事のできる手が備えられたと言えます。

内臓を調整するために必要な理論も教導して頂きました。

すべて史上初の公開でした。

意味が解れば二手で終わる内臓調法…、

食生活などの正しい改善方法に、
解剖学的な死んでる内臓ではなく
生きてる内臓の捉え方、
内臓の地球の磁場(エネルギー)との関連性、
エネルギー保存の法則に則した治療、
蝶を動かす腸の調整、
○の粘土、○の硬さを整える、
○の形を良くする、○圧の治し…、

妙見活法の真髄は「○れを制する」事でした。

内臓調法は治療後の・・・・・・・が一番の肝でした。

痺れも二手で終わらせる妙見活もご披露して頂き、
数時間内に何百年何百万円の価値が凝縮されていました。

俺すごいやろの治療家、
特別な力が宿る?ブレスレットや
ネックレスなんかは価値が低過ぎて比べものになりません。

生きた内臓に手を入れたのと同じ感覚を
手に入れた手技治療家は世界中探しても
スーパー奥伝会に参加した会員だけです。

科学的物理的に内臓を調整するための正しい理論を兼ね備えられた手技治療家は、今回参加された会員のみになります。

一滴の○が全体を動かしていくのが大元になるとのお話でした。

北斗の腹活祭後、数人の患者様から
手を触れた瞬間、触れる直前に、
「ビリビリ何か感じますけど何ですか?」
「内臓が今動きました」
など言われビックリしました。

たったひと触れで内部が溢れ出すように
動き出すと言われる妙見波動の振動が
まだ手に響き続けているのだと思われます。

千葉司家 前野会長 ハッピーさん 梅原局長
参加された会員の皆様、この度は誠に有難うございました。

心より厚く御礼申し上げます。

内臓のご病気で困っている
地域の皆様のお役に立てますよう精進してまいります。

以上で第3回スーパー奥伝会の参加報告とさせて頂きます。

岐阜県瑞浪市•*¨*•.¸¸☆*大脇妙元

☆橋本泰造先生 京都府京都市

前野会長・千葉先生・ハッピーさん会員の皆様 こんにちは、

京都府 橋本泰造です。

5月19日 スーパー奥伝会に参加させていただき
感想を書かせていただきます。

まず最初にきっかけを作っていただいた、
玉川会員・梅原会員 誠にありがとうございます。

自ら進んで能動性を出され 自然に作法を
続けられているのをいつも見習らわせていただいています。

他に事前の準備・受付・会場周辺にて外に出て
道案内もされている会員もおられたと思います。
誠にありがとうございます。

千葉先生 超多忙の中
おそらく月の中で、ご都合のつく日がないのに

会員の為に貴重な相伝ありがとうございました。

前野会長・ハッピーさん
進行・撮影など 諸々の気配りありがとうございました。

今回 「北斗の腹活祭 妙見内臓調法」として

本来ならもっと 修業・訓練を積んで最後の方に
相伝されるものを、学ばせていただきました。

(男梅ありがとうございます。)

「全てが水に浮いている」この概念が

今まで学んだ解剖学や知識の考えとは違い

現場・実戦で培われた 妙見活法の本質の学びだと思います。

骨格も細胞も浮いている
全ての指令系統は水というのも
絶対 外部の人にはわからないと思います。

それも マル秘の小道具でわかりやすく説明していただきました。

マジックで使用されそうな 錯覚を作る 感じる小道具でした。
実技でもこの小道具の動きがそのマンマ

体にも及ぼすのが理解できました。

ヤモリのようにピタッとくっつく感じ

たった2手で不具合が飛んでいきました。

最後の立位での実技は、千葉先生に触れていただき
僕も体験させていただきました。

お腹がべこっと引っ込みました。

患者さんにも体験していいただきビックリされていました。

そのまえに千葉家しかない
〇〇〇〇手水鉢で波動を起こせる手にしていただきました。

ビンビン手に感じました。

体の中でこれが起きているのかと・・・・

中の水を揺らす

千葉先生は、いつも言葉だけでなく目に見えて示していただけます。

腕の痛みやしびれの実技でも「最初に全てを持ってくる」
そこから一手いれてとなりますが、

一条之活でも手や足に対しても
まず全体を動かしてからと相伝していただきました。

全~いちへ

あ~~ここでもずっと第一螺旋から続いているのだな~と思いました。
玉川会員の質問からも千葉先生の実技の中で

・・・秘伝口伝・・・・

妙見活法は引き算

・・・秘伝口伝・・・・

天位之活でも

・・・秘伝口伝・・・・

りましたね。

全部 入っていますね・・・

治療した後も・・・・起こすのがミソ

最後に栄養素の取り方についてもマル秘を教えていただきました。

妙見活法だけすれば良いのでなく
内臓からの不調は その後の食事や日常での意識でまた不具合になるので

こちらは、患者さんにもアドバイスさせていただきます。

前野会長も以前よりお顔や全体的な感じが元気に感じました。
僕の父親も春頃 ひどい糖尿で入院していました。

内臓調法と栄養素の面でも活かさせていただきます。

今回 スーパー奥伝会で皆さん いつもながら温かく良い雰囲気でしたね。

高知県の山本会員 いつもDVDのみの学びながら
誰よりも一生懸命 学ばれておられます。

いつも感じていたのが「このような方が参加されて
千葉先生に触れていただいたら良いのになぁ~」・・・と

思っていました。参加される嘆願書を書かれていたので
お顔をみたら絶対 話をしようと思っていました。

やっぱり とても感じのイイ良い男でした。

能動的に質問もされ 不整脈の治療も千葉先生から受けられ
良かったですね。

僕と同じ京都 仲良しの林会員に懇親会で楽しく絡まれたのですね(笑)
懇親会も美味しい料理と楽しい会話一門一統ありがとうございます。

おそらく 千葉先生にまだお会いしてない会員の方も
実際にお会いされ 学ばれると数段の得 運がよくなると思います。

僕も久しぶりに千葉先生に触れていただき大変 深い学びになりました。

また ほぼ3日でDVDが届きました。
前野会長の会員を想う 早く学べるようにと
ご尽力で、御陰様で奥伝会の再確認できました。

当たり前と思わず 妙見活法を学ばせていただける事に感謝し
自分のマワリ 患者さんに還元させていただきます。

以上 感想になります。

京都市二条はしもと整骨院 橋本泰造

☆守矢博明先生 東京都杉並区

千葉吉胤妙星司家 前野会長 ハッピーさん
正伝妙見活法協会会員の皆様いつもお世話になっております。
杉並区梅里の守矢博明です。

5月19日に開催されましたスーパー奥伝会の報告をさせていただきます。

待ちに待った「内臓調法」の相伝でした。

内臓を治そうとしても内臓には触れないということを、

道具を使って説明していただきました。

内臓は水に浮いているので触れないのだそうです。

もうこの時点で、妙見活法以外では内臓は治せないことが分かります。

人間は脳が全てを支配していると思っていましたが、

脳も内臓も水から情報を受け動き出す。

目から鱗でした。

内臓に不具合があると、硬いしこりがあったりします。

これは水が硬く、粘度が高くなっているので

水の形を良くすれば途端に柔らかくなります。

水の形を良くするには、・・・・・で整います。

水を動かす波動を操る手を伝授していただきました。

一子相伝で伝えられてきた波動だそうです。

波動を操る手で内臓調法を行うと、お腹がもの凄く柔らかくなりました。

伝授された前後を比べると、明らかに違いが出ました。

内臓が良くなっても食生活を正し、

そのための食品は何がいいのかご教授いただき、とても勉強になりました。

人の命を救うことが出来る「内臓調法」を大切にし、

患者さんを救うことに徹していきたいと思います。

千葉司家スーパー奥伝会開催という無理な嘆願をお聞き入れくださり、

どうもありがとうございました。

杉並区梅里 守矢博明

☆冨田恵司先生 愛知県豊橋市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 ハッピー秘書 会員の皆様

お世話になっております。

愛知の「トミー」こと冨田恵司です。

5/19第3回スーパー奥伝会~北斗の腹活祭 妙見内臓調法

の参加報告を提出いたします。

待ちに待ったスーパー奥伝会でした。

「水」に対する認識が変容し、広がりました。

■内臓だけでなく、

骨格や筋肉や神経、細胞まで体内の総てが水に浮いている。

今までの私の身体についての理解からすると大変驚きでしたが、

この認識は活法において重要でした。

医学的には、まだ全面的に認められてはいないにせよ、

そのような考えや研究があるようです。

この認識に基づけば、水の操作で体の内部が整うのが納得できます。

また「みずから」の言葉通り、

水から始まっている。ということでした。

脳より先に水の振動があったのですね。

水が司令塔でした。

地球誕生以来、現代までのとてつもない長い間、

水が水によって生命を育んで来たことを考えれば、

水に意志、意識があるのが納得できます。

■道具を使った説明

★★儀では、

外と中の動きの関係を目にすることと触ることでよく理解できました。

まるで生きているかのように動く蝶の瓶

では、外の振動が中に伝わるのがわかりました。

★★★★手水鉢で、

千葉先生の手から繰り出された音と水の振動は

今回のスーパー奥伝会のハイライトでした。

参加会員がその★★★★手水鉢の中水に手を入れて振動を受けることで、

妙見様の波動の手を伝授されました。

千葉一族以外の他人への伝授は始めてということでした。

それだけ重要なことであり喜びと共に責任を感じました。

より高い位置へあがったように思いました。

波動水の振動を受けた手の余韻は長く、

その後の作法の効果がより良く変わったのには驚きでした。

体内の水が共鳴、共振し増幅したのだと思います。

「見て、聞いて、感じれる」

が本物のキーワードでした。

■食

内臓は皮膚の中にあり、見ることはできません。

解剖学上の内臓は生きている状態ではないので死んでいるといえます。

内臓の形や色や大きさや位置は、

人それぞれの個性のように、

人それぞれが全く同じではないと思います。

食物は外部から取り内部に運びます。

そして生命維持に必要なエネルギーに変容しますが、

外から入れるものだから、選択することが出来ます。

その選択肢の中のひとつ「☆」の重要性は大きいと思います。

人間の血液と・・・・秘伝口伝・・・・

「☆☆取りすぎ注意」

「減☆」する

などに当てはまるのが〇〇〇のことだというのがわかります。

循環できず、蓄積してしまうからでした。

これでは内臓に影響し不具合の元になりかねないと思います。

に限らず、食の意識を高め、調べ、

悪影響な物を減らし、偏らずに良いものをバランスよく取っていく姿勢と実行が健康への架け橋になると思います。

■安定と不安定

不安定だとエネルギーが高い状態というのが、

すぐには理解できませんでした。日常で考えてみると、

大勢の人が「安定」を求めています。

「不安」を感じているから「安定」を求める訳で、

「安定」に向け色々行動します。

エネルギーが高い状態です。

そして、「安定」の状態になれば、動きが小さくなり止まります。

エネルギーが低い状態です。

よって不安定だと位置エネルギーからの高さを内包していて、

エネルギーが高まっている 状態と思います。

「水」でいえば、

個体である氷が安定になり

流体である水は中庸で

気体である水蒸気が不安定となります。

どのようにも動ける気体がエネルギーが高いというのがわかります。

エネルギーが高い=不安定

エネルギーが低い=安定

なのですね。

エネルギーを高く保ち

高い意志、高い意識など高めていることは、

不安定な状態と理解しました。

■作法 実技

正直なところ思っていた良り

作法はシンプルでした。

奥技や秘技というものはシンプルであると思います。

しかし作法やコツを知って理解し、

認識しなければ、お借りもできず、効果も出ません。

後は様々な作法と組み合わせて、

より良い形にしていきたいと思います。

そして北辰七塚で更に作法の質を高めることができると思います。

千葉先生

この度は妙見内臓調法のスーパー相伝を誠に有難うございます。

梅原スーパー奥伝会局長始め、前野会長 ハッピー秘書

スタッフの皆様 会員の皆様ありがとうございました。

冨田恵司

☆松田恵一先生 奈良県吉野町

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書、会員の皆様いつもお世話になりましてありがとうございます。
奈良県吉野 松田恵一です。

この度はスーパー奥伝会の開催に於いては玉川会員が起爆剤となって協会内に波紋が
広がり、梅原スーパー奥伝会統括局長のご尽力により実現しましたことを改めて感謝申し上げます。
スーパー奥伝会に参加すれば妙見活法の内臓調整を実際に体験できる!
自分もお借りして治せるようになりたい!
当日はそのような期待を胸に関東へ向かいました。
待ちに待った奥伝会が始まり、先ずは実技に入る前に恒例の理解を深めやすくするためのグッズが登場し、生きている人間の体内に収まっている内臓とはこういうものなのだよと、今まで学んできた解剖学では予想もできなかった捉え方を示して頂き大変な驚きでした。
今回の奥伝会では、身体の内部に収まっている全ては水に浮いているので、不具合の臓器はその臓器の周囲の水の状態が悪い(粘度の関係)、硬結も水の粘度が関係するので内臓に触れるのではなく水に振動を与えて治すことをお教え頂きました。
さらに今まで身体の司令塔は脳だと思っていましたが、本当は水が全てを支配し脳にまで指示を出しているという驚きの真実もお教え頂きました。
また内臓調整でいくら体調を整えても、その後の食事や生活の習慣も整えなければ身体は本当に回復したことにならないことから、どの様にすれば良いか等、患者さんだけでなく私達自身も実践すべきことをお教え頂きました。
今回特別に公開相伝して頂いた内臓調整法は「えっ」と思ってしまうほどシンプルでしたが奥が深く、技の本当の素晴らしさを味わうには今後の修練が必要だと感じました。
そして今回の奥伝会で最も特別だったのが「〇〇〇〇手水鉢」による波動水を体験できるという私達にとっては幸運で光栄な相伝を受ける事が出来たことでした。
波動水に手を浸けた直後から手がビリビリとするのが実感でき、千葉家1000年の歴史に受け継がれる波動の一端に触れさせていただいた様で大変ありがたい思いでした。

今後はお教え頂いたことをしっかりと結果が出せるように磨き上げていきたいと思っています。
千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書、会員の皆様ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

奈良県吉野 松田恵一

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!