本物の活法整体をお探しの方へ 正伝妙見活法協会では、一千年の歴史を有する唯一正統なる『妙見活法』整体を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って参加者に直接教伝いたします。
公開日:2017年7月2日

 この記事は約 3 分で読めます。

お世話になります。
正伝妙見活法協会 運営執行部津端です。

正伝妙見活法協会公式メールマガジンより
京都府 Y会員の症例報告

喘息と偽痛風への活法

の症状への活法

をご紹介します。

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様こんにちは、

いつもお世話になります。京都のYです。

この度、妙見大菩薩様にお力を
お借りさせていただきまして
施術させていただきましたので報告をさせていただきます。

愁訴は
3週間前から両手首を曲げると痛くて曲げれない、
しびれる、握力低下、左手首が腫れてしまって、
肩もはって上がらなくなってしまっていて
思い当たる原因は不明だそうです。

とりあえず「肩を触りますね」と
私が肩に触れた手を不動にして身体を動かし、
そしてまた肩の違う部分を触れ不動にして身体を動かして

パントマイムの感じで触れてみてから肩の感じを問うと、
「触られた時から軽くなった」
とおっしゃられましたので
相性がいい方と判断させていただいました。

そして、左手の腫れを光陰之活をお借りしたところ
腫れが無くなり手首の可動域もでて

わずか数分で変わっていくのを
患者様ご自身感じておられ
改善がみられたところで終了しました。

その3日後に再び来院され
「少し戻ったが、良くなっている」
との事でしたが

「何か他の原因があるのかな」
と話しをしていくと喘息があるというので

以前セミナーで千葉司家がおっしゃられていた
「喘息の治し方」をやってみました

が、背骨のあたりのグリグリしたところが
解らずに探していると患者様から
「咳が出ると違和感がでる」
というところがありその場所を押して

深呼吸をしてもらうと呼吸が楽になるとの答えがあり、
その場所を押しながら
「喘息の治し方」
を行うと
「呼吸がすごい楽になった」
と言って頂きました。

それをした後何故か手首の不具合が大改善されていて、
本人も私もビックリビックリでした。

次に、女性の方で以前来られた事のある方で、
「偽痛風になってなんとかして」
と来院されましたが、
私の勉強不足の為に”偽痛風”はどんなものか

知りませんでしたので調べてみると、
偽痛風は軟骨・関節液にカルシウムの結晶が
沈着することで生じ炎症をおこし

痛みが発生する関節炎軟骨石灰化症
(なんこつせっかいかしょう)とも
呼ばれていて、とくに膝関節に多く発症し、

時に多関節に及び、
60歳以降に多く認められ、男女差はないという関節炎です。

この方は右膝のあたりが腫れてしまい正座が出来にくく、
歩行時に膝の腫れの為に歩きにくいとの事で、

仰臥位で右膝を妙見の手ですくい
先般ご教授いただいた妙見法道之活を
お借りしたところ膝の腫れが引いたようになりました。

正座をしてもらうとまだ膝に違和感があるということで、

正座をしてもらう時にお尻を豊受之活をお借りする事で
正座が出来腫れもひきました。
そして最後は立位での戸大之活と
三元之活で歩きやすくなったと喜ばれて頂く事ができました。

今回も妙見活法をお借りさせていただき
喜んで頂く事が出来ました、
妙見大菩薩様、玄武様、千葉吉胤妙星司家、
前野功妙経会長、聖伝妙見活法協会の皆様

報告をさせていただきました、ありがとうございます。

以上 京都市 Y会員の症例報告でした。

偽痛風への活法は
とても珍しく貴重な
症例報告ですね!
Y会員ありがとうございました。
御蔭様です。

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!