本物の整体をお探しの治療家の方へ 正伝妙見活法協会では、一千年の歴史を有する唯一正統なる『妙見活法』整体を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って参加者に直接教伝いたします。 正伝妙見活法協会は、「治せるのか治せないのか…それがすべてである」をスローガンに患者さんの痛みや不具合を短時間で改善させることを追求したプロフェッショナルのための会です。
公開日:2017年6月11日

 この記事は約 2 分で読めます。

お世話になります。
正伝妙見活法協会 運営執行部津端です。
正伝妙見活法協会公式メールマガジンより

京都府 C会員の
症例報告
【機序不明の痺れと激痛への活法】

ご紹介します。

…………………

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。
京都のCです。

臨床報告をさせてもらいます。

愁訴
一ヶ月から左足の甲の外側に
電気が走るような激痛がちょくちょく起こる。

病院ではレントゲンを撮るも
原因不明と言われ
一応、神経の鎮痛剤を処方された。

最近、5分間隔で
両足が痺れてまともに歩けなくなる。
痛みが全くない時もあり。

他に頭痛、首の痛み、肩こり、全身疲労

治療をした時は
痛みはさほどない状態でした。
治療回数は1回

病院で腰には異常なしと診断されていたのと
仕事でで
毎日パソコンをしているのもあり
これは脳の疲労からきてますね。と
脳疲労のせいにして治療させてもらいました。

治療内容は

太乙之活
三元之活
妙見鍼
をお借りしました。

お母様も治療に来られているので、
その後の経過を聞いてみると
現在、2週間程経過しているが全く痛み無し。

ご本人は
「あの痛みはなんだったんだろう?」
と言っておられたそうです。

この度も良い目に合わせて頂き、ありがとうございました。

京都 C

…………………

以上
京都府 C会員の症例報告でした。

機序不明の痛みや痺れなどに対しても
妙見活法は即効性が期待できる施術法です。

またC会員からは
ここ最近、精度とキレが増して

治療そのものの時間や
完治までの回数が
どんどん短くなっているという

治療技術向上のご連絡もいただいております。

掲載にあたり、
個人の特定につながる情報は
全て削除させていただきました。

C会員 貴重な症例報告ありがとうございました。
御蔭様です。

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!