本物の整体をお探しの方へ 正伝妙見活法協会では、一千年の歴史を有する唯一正統なる『妙見活法』整体を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って参加者に直接教伝いたします。 正伝妙見活法協会は、「治せるのか治せないのか…それがすべてである」をスローガンに患者さんの痛みや不具合を短時間で改善させることを追求したプロフェッショナルのための会です。
公開日:2017年7月2日

 この記事は約 3 分で読めます。

お世話になります。
正伝妙見活法協会 運営執行部津端です。
正伝妙見活法協会公式メールマガジンより

愛知県A会員の症例報告
目のかゆみと腫れへの活法
をご紹介します

・・・

臨床報告 ご報告させていただきます

「妙見法道之活」三途の川をお借りしました。

男性 1ヶ月に1回来院されている患者さんです。

肩こりと目のかゆみで来院されました。

緑内障と診断され薬で治して
行きましょうと薬を内服しています。

両目が1週間前から痒くなり毎日、
朝が一番痒く来院された時は
右目の周りは手で掻きすぎて赤く腫れています。

プレミアム相伝「妙見法道之活」三途の川をお借りしました。

1回お借りして右目を見てみると
「えっ」「右目の周りの赤み、腫れが小さくなっている」

患者さんに鏡を見てもらい確認してもらいました。

さらにもう一度、三途の川をお借りしました。
もう一度、右目を見てみると「さらに赤み腫れが引いています」

ビックリしました。

赤みが残っているだけになっています。 

肩こりも触っていないのに楽になっていると言われました。

ここで治療は終了し、後日、目の経過を教えてくださいとお伝えしました。

翌日に、連絡があり
「1週間前から痒く朝が一番痒かったのがなくなり、右目の周りの赤みがさらに薄くなっています」
と連絡がありました。

当日が仕事の面接に行く日でしたので、
目の事が気になっていたので安心しましたと言われました。

患者さんの節目のお手伝いができました。

教伝会でも「妙見法道之活」の説明がありました。

『力まず・挑まず・逆らわず』がテーマでしたが、
御教授頂いた通りを正しく行う事の難しさ。

教伝会のDVDは本当に宝物ですが、
見る目を養う事が出来ていないと、
たくさんの事を見逃していますので出来ていると思わず、

確認できる各研鑽会 相伝会 の場に
参加することは大切だとさらに感じました。

結果が出ている会員の方は
場の大事を強く認識されているのだと思いました。

千葉司家 何時も素晴らしい教導を頂き有難うございました

以上
愛知県 A会員の
症例報告でした。
A会員からは妙見活法研鑽会への
貴重な参加報告も多数いただいております。

A会員ありがとうございました。
御蔭様です。

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!