「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月3日

 この記事は約 2 分で読めます。

京都市 仲山竜一郎先生 参加報告

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。京都の仲山竜一郎です。

今月も有り難いことに、スタッフ研修を開催して頂きました。

お忙しい中、我々スタッフのために時間をつくって頂き誠にありがとうございます。

参加報告をさせてもらいます。

(救済)
救済と救助と救急の違い。

救済の作法は、さりげなさ。

仮設住宅を立てて住んでもらう→救助
元の生活に戻す→救済

ということで、救済は元に戻すということであり、不具合も元に戻してしまう。

(柄杓)
救済は柄杓の形である北斗七星の役割であり、その法術の相伝を頂戴しました。

ある部分を押さえて抜けを防ぐとカタレプシーの起こし方がかなり高まり

その原理で妙見北斗之活の底上げの法則を解明して頂きました。

それが、本来の救済の意味だったということを相伝して頂きました。

この相伝から、私自身の身体も質の転換を起こすことになりました。

ここぞという時も腑抜けにならずに、活をお借りすることが出来るようになりました。

個人的に、天・人・地がつながり三元が立ち、北極星の示しを察知するためには重要なことではないか?

と思いました。

他にも、北斗起承の重要なコツなど、内容・密度の濃い相伝を頂き、有り難かったです。

今回も、お忙しい中、時間をつくって頂き、有り難い相伝を頂戴し、ありがとうございました。

ご縁を頂いた患者さんを救済できるよう今後とも努めて参ります。

心より、感謝申し上げます。

西日本センターSGM仲山竜一郎

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。