「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年5月30日

 この記事は約 9 分で読めます。

☆阪野祐介 西日本センターゼネラルマネージャー

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
お世話になります、西日本センターの阪野です。

5/27に開催されましたスタッフ特別研修会に
参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

まずはじめに、

千葉司家、前野会長、由利司家秘書、

この度も運営スタッフの皆様のために
研修会を開催していただき、

誠にありがとうございます。

始まる前にいつも感じることなのですが
ゆっくりする暇もないほどお忙しい中で
運営スタッフの会員に貴重な時間を割いていただき
本当に有り難く感じております。

仁の心でご対応していただけることに
感謝の念に堪えません…

心より御礼申し上げます。

誠にありがとうございます。

今回は「見透す手」の相伝でした。

わかりやすいように目に見える形で
理論を踏まえてご教授いただきました。

上昇スパイラルと下降スパイラルに秘められた
奥深い内容となっておりました。

教伝会の案内文に示されていた
「全てを見透す手」

それは天地をくっつけることにありました。

雨というのは雲と地面の間はどうでもよいものであり
目的は天と地だけでした。

今回も目で見てわかるように
道具を使用して解説してくださいました。

上昇スパイラルと下降スパイラル…

教伝会の中でご教授いただきました
図を道具を使って認識しやすくしてくださいました。

いかに螺旋が大事なのか
いかに振動が大切なのか

よくよく理解することができました。

興味深かったのが整え方です。

一つの形が全てではありませんでした。

全ては妙見神形に含まれていました。

体の不具合も経営も同じであるという教導は
今月ご教授いただいた内容と結びついていきました。

宇宙の根源の形…

しっかりと認識してより立体的な作法を構築してまいります。

今回も時間ギリギリまで
ご教授をいただきました。

どんどん奥深い内容になってきますが
今後も学び続けて現在よりも更に深い部分まで
認識・理解・体現してまいります。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日司家秘書、

お忙しい中、スタッフ特別研修会の為に
貴重なお時間を割いていただき、

誠にありがとうございました。

参加された運営スタッフの皆様、

一緒に学ばせていただき、
ありがとうございました。

皆様の授受還元の作法に則り
周りに授受還元を実践してまいります。

今後とも宜しくお願い致します。

愛知県大府市共和町
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 阪野祐介*¨*•.¸¸♪

☆伊藤良太一玄 前野会長第2秘書

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長

お世話になります。

5月27日開催のスタッフ特別研修会
参加報告をさせていただきます。

内容は、
螺旋、正円と正方形の術理をさらに深くご教導いただきました。

正円は◯◯◯ることで不安定性を表現し、
正方形は形が◯◯◯を表現しています。

「痛い」とは、欠けがあることで
欠けがあるとはその場に居たい、そのままでありたいという事でもあります。

では痛みを取るためには何が必要かというと
「そのままでは居たくない」を
実際に表現すれば痛みが無くなるということです。

その大事を知る事が出来たのは
今回参加させていただきましてとても大きな学びでした。

そして、
螺旋、振動、正円と正方形を使うことで
座っている人を立ち上げる事が簡単に出来ることも
目の前で見る事が出来ました。

まだ感覚としては確実ではありませんが
復習にて確実なものにしていきたいと思います。

妙見活法は本当に深く、
学ぶごとに新たな妙連が起こり
沢山の可能性や現象の変化をもたらします。

柔整師としての幅がより広がるのが楽しみです!

今後も真っ直ぐな気持ちで妙見活法を学ばせていただきます。

千葉吉胤妙星司家
ご多忙にも関わらず、
私達スタッフの為に貴重な学びを賜りまして
誠にありがとうございます!

ハッピーさん、前野会長
私達スタッフへ
スタッフ特別研修会という
貴重な学びの場のご提案、ご提供いただきまして
ありがとうございます!

今後も正伝妙見活法協会がより良い会となるよう
微力ながら尽力致します。

今後もよろしくお願い致します。

以上をスタッフ特別研修会参加報告とさせていただきます。

宮城県白石市
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 伊藤良太一玄*¨*•.¸¸♪

☆津端雄大郎 前野会長第1秘書

正伝妙見活法協会
前野功妙経 会長

お世話になります。
稲城市の津端です。
5月27日に開催されました
妙見活法スタッフ特別研修会に
参加させていただきましたので
参加報告を投稿させていただきます。

はじめに
同会の発起人であられる
由利はるな初日司家秘書に
この場をお借りして御礼申し上げます。

同会は、ハッピーさんのお声掛けから
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長のご高配を賜り
参加費無料にて開催されています。

由利はるな初日司家秘書
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
いつもありがとうございます。

今回のスタッフ研修会では
マル、シカク、マル、シカク…と続く
妙連の治療法を相伝していただきました。

最後は自然の形態である
『円筒形』に収まる治療でした。

螺旋の要素が封入された
この活法はうまく作法ができると
自動運動的に相手の体を
立ち上げることができます。

微妙な(一拍)ズラしによる
方向性・指向性の発生が
自動運動のコツでした。

その他に
天地之活の術理による
『血流の透過』のモデル説明と
実際の操作法も相伝していただきました。

来週はいよいよ妙見活法第三螺旋に
入り、さらに高度な活法が
相伝されることが予想されます。

もう一度七塚を登らせて
いただけることを有り難く感じるとともに
初心を忘れず、クールアンドマインドを持って
臨床に臨みたいと思いました。

妙見大菩薩様
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
スタッフの皆様

ありがとうございました。
お陰様です。

前野会長第一秘書
津端雄大郎

☆栴檀芳之妙乗 前野会長補佐

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております

正伝妙見活法協会総本部 D蜜こと栴檀芳之妙乗です

27日に行われました「スタッフ研修会」の報告をさせていただきます

スタッフ研修会は、千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書の特別なお計らいで

本部スタッフの為に無償で開催していただいている研修になります

この度もお忙しい中本部スタッフの為にお時間をさいていただきましてありがとうございました

それでは本題に入らせていただきます

「妙見天地之活」は上行と下降の無限のスパイラルをつくりそこから現れる治す道により

不具合の質の転換を起こす法力ですが

今回もその無限螺旋の世界をグッズを使ってご説明いただきました

「こういうイメージ」という抽象的な表現は発信側の感覚であり

それを伝えることは受け手に本来の状態を正しく伝えていないという千葉司家の会員に対するご配慮で

実相を各々がみることで各々のイメージにしてもらうというこれ以上ない状態でお伝えくださっております

そうすると「いまこういう状態が起こっているんだ」とその瞬間にグッズが思い浮かびそれが今まさにあの時のような

動きをしているんだととても分かり易く実相からのイメージをすることが出来ております

さて「妙見天地之活」は二点を作ることでその間の不具合を消滅させます

間のところは無視・透明化され無いものとなります

これを波動を操れる手を持った者はその手で不具合に対してある触れ方をするとそれだけで内部の血流を動かし不具合を消滅することができました

また妙見神形の□と○に込められた意味のお話もありました

○は流動的で総てに筒がないのですが
良いところも悪い所もない世界で

□は整って安定的な形ですが動けないという

とちらも一長一短を備えた形象というお話で

あらゆる状況において今はどういう状況なのかに応じて動きを出すのか止めるのか 丸と四角の使い分けのお話でした

この妙見神形を丸と四角の両方の利点を使った座位からの立たせ方の術のご教授がありました

この中に妙見様の形象が宿っているのでこれだけで禊払いのようであり

立ち上がるだけでとても不思議な感覚になりました

安定・不安定と咄嗟に聞くと前者がプラスな後者がマイナスな言語に判断してしまいそうですが

それぞれに一長一短ありそれらをどのように組み合わせて現状に留まるか動くかを察知していかないといけないのだと思いました

○と□の形象のまた奥の世界を学ぶことが出来ました

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書 

この度もお忙しい中 本部スタッフの為にお時間を割いていただきご教授を賜りましてありがとうございました。

前野会長補佐 研鑽会統括局長

栴檀芳之妙乗

☆玉川有一妙蓮 西日本センターセカンドゼネラルマネージャー

前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家
由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様
お疲れ様です
名古屋の玉川です。

今回スタッフ研修会の参加報告を
させて頂きたいと思います。

妙見天地之活の学びを中心にして
位置エネルギーやスパイラルなどの
学びを千葉先生から
実際に現象として
目の当たりにさせて頂きました。

千葉先生は何時も
目からの情報を
解り易く説明して下さります。

本来なら「口伝」であり「秘伝」
でありますので自らが解るまで
昔は何度でも足を運んでも
手に入れられなかった「真理」を
本当に解り易く説明して下さります。

やはりイメージでは各個人によって
個体差が生まれますが

今は目からの情報を更に
DVDにより再復習という
セカンドチャンス
サードチャンスという
連続性が可能です。

全ては当たり前では無い事を
本当に肝に命じて精進したいと思います。

千葉先生 前野会長 ハッピーさん
スタッフの皆様誠に有難うございました。

ハッピーさん何時も本当に
御配慮して下さり感謝申し上げます。

•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 妙蓮*¨*•.¸¸♪

☆大脇猛妙元 西日本センターセカンドゼネラルマネージャー

前野会長 千葉司家 ハッピーさん
正伝妙見活法協会会員の皆様
お世話になっております。
岐阜の大脇猛妙元です。

5月27日スタッフ研修会の参加報告を
送らせて頂きます。

はじめに、
千葉司家 前野会長 ハッピーさん、
この度は御多忙極まる中、
スタッフのために研修会を開催して頂き、
誠に有難うございました。

深く御礼申し上げます。

今回のスタッフ研修会は、
妙見天地之活の奥秘伝を御教導頂きました。

すべてを見透す手とは
どの様な手なのか、何を見透すのか、
そこに秘められた真意は?
すべてをクリアにする天地の奥秘伝、
天と地、端と端、真ん中の見透し、
それは無私の世界に繋がっていました。

上昇と下降のスパイラルエネルギーによる
循環好転エネルギーが実際に体内で
どう引き起こされているのかを
ある道具を使って実証して頂きました。

水の粘性を分散する渦巻、流れ出す血液は、
手によって本当に作り出されている事が
理解できました。

そして今回、内臓調法の二手に続く
血流調整の二手と、
妙見神形で体を立たす操作法を
御指導頂きました。

妙見神形の正方形と正円は、
安定と不安定、静と動の世界を
表していました。

今まで体を安定させる、
経営を安定させる事が大事だと
当たり前のように考えていましたが、
全くの的外れでした。

経営は安定したら終わり、
身体を治すとは如何に不安定にするかでした。

この度も本当に奥深い術理を
解りやすく御教導頂きました。

千葉司家、誠に有難うございました。

前野会長、ハッピーさん、
この度もスタッフのフォロー、サポート
誠に有難うございました。

以上でスタッフ研修会の
参加報告とさせて頂きます。

西日本センターSGM
大脇猛妙元

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。