「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年6月1日

 この記事は約 5 分で読めます。

☆梅原二郎妙順 スーパー奥伝会統括局長

前野会長 いつも大変お世話になっております。

東京都府中市の梅原二郎妙順です。

スタッフ研修会の報告をお送りいたします。

前野会長、千葉司家、ハッピーさん、
お忙しい中、スタッフ研修会を開催していただきまして誠にありがとうございます。

治療は正円と正方形に整えることが基本、とのことでした。

正円というのは静止が難しく不安定な状態です。

正方形は、もっとも安定していますが、転がることはできません。

どちらに偏っても不安定なままか、動かないままになってしまします。

妙見十王之活では四角から円の世界への転換、
円から四角の世界への転換を目で見せていただきました。

この四角の中に円があり、円の中に四角がある妙見神形こそが
妙見内臓調法の真髄のように感じました。

位置エネルギーから運動エネルギーという円(螺旋)の動きも
身体を止めるという四角の世界があるからこそ生じると感じました。

千葉司家、この度もお忙しい中、不安定の中の安定、安定の中の不安定の術理を
ご教授くださいまして誠にありがとうございました。

前野会長、研修中撮影をしていただき、またDVD編集・作成をしていただき誠にあり
がとうございます。

前野会長、千葉司家、ハッピーさんのお心遣いに深く感謝申し上げます。

スタッフのお皆さま、お相手してくださいましてありがとうございました。

梅原二郎妙順

☆松本英司 星伝会統括局長

正伝妙見活法協会  前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

静岡県浜松市の松本英司です。

5月27日に開催されたスタッフ研修会の感想を送らせて頂きます。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書

この度もスタッフの為に
貴重なお時間を作ってご指導下さり誠に有難うございました。

有り得ないお心配りに感謝致します。

今回は、天地について分かりやすくお伝え下さいました。

螺旋状の二本の金属が絡み合った不思議な道具や
円筒形の螺旋模様の金属で、

天地の螺旋が上から下へ下から上へ
永遠に続いているイメージが湧きました。

天から地へ
地から地へ

雨は変わらず地に降り注ぎ、
地は水を蓄え天に返します。

この変わらない地球の循環システムは
天地の相互関係を表していました。

天地之活は、天と地との関係で、
その間の真ん中は見通しが良く透過しています。

見透す目は妙見様で、
見透す手は人でした。

治療は、正円と正方形というお話も、
とてもわかりやすかったです。

物体は、四角い安定した状態では動きにくく、
正円ではよく動きます。

実技でも、これらを踏まえてさせて頂きました。

不安定だと動くので、
体を治すときは不安定にしてから治す
という事も大きな学びなりました。

安定も不安定もつくりだす事で、
動く動かないを自在につくるのだとわかりました。

また、治療院に関しても同じことで、
不安定になる事で動くようです。

確かに、安定していると新しい事をして変化する事に
消極的になりそうです。

不安定は変われるチャンスだとも言えると思いました。

理屈が分かると面白いです。

いろいろと紹介して下さる道具も
自然の現象をイメージし易くて有り難いです。

この度も貴重な学びと
楽しいお時間を誠に有難うございました!

•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 松本英司*¨*•.¸¸♪

☆仲山竜一郎 西日本センターSGM

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。

京都の仲山竜一郎です。

5/27のスタッフ研修会に参加させて頂きました。

千葉司家、前野会長、ハッピーさん
お忙しい中、スタッフ研修会を開催して頂き有り難うございました。

お心を有り難く承り、自分自身が協会の目的である、技術の確立、経営の安定、救済の実践を現実化すべく、この有難い妙見道を歩ませてもらいます。

参加報告をさせて頂きます。

(体液)
身体の不具合は、体液が酸化することで生じるということで、〇の〇〇を改善すると不具合が解消するというご教授を頂戴しました。

これは内臓調法にもつながることで、やはり〇の移動をすることで体内の質が転換するということを深く理解することができました。

(天地)
天地の真ん中は無視になるということの解説をして頂き、活をお借りする際に無私になるとはどういうことなのか?

また一つ、厚みが増す内容の相伝を頂戴しました。

以前、患部や自分が触れ得ている場所を見ないということを学びましたが、妙見活法は相伝の一つ一つがどんどん重なり螺旋となり上昇していくという

想像を絶する程の本物の相伝をして頂いていることに有難さを感じます。

螺旋エネルギーをもった生きた相伝なんて、はっきり言って最高です。

(宇宙の根源の形霊)
〇と〇は宇宙の根源の法則をもった形であり、その形に整えることで2つの要素である安定と不安定をもった整いとなる。

そうすることで、動きの悪いところは動きやすく、固定させたいところは、しっかりと安定する身体に自然となってしまう。

という奥深い相伝を頂きました。

今までの教伝会や奥伝会などでも既に、様々な形で相伝して頂いていたことに更に深い意味や術理がありました。

妙見活法の学びは、どの様に捉え、どの様に活かすか。

宝の持ち腐れにしてしまうのも、国宝級のお宝にするのも自分次第だと感じています。

だからこそ、能動性であったり、自分で考え、自分で行動し、自分で責任をとるという作法が重要になってくるのだと思いました。

日常生活でも、安定と不安定を意図的につくり治療だけにとどまらず、経営や人間関係などにも生かせるように創意工夫していきます。

千葉先生
ハッピーさん
前野会長

今回も、スタッフ研修会を開催して頂き、奥深い学びを頂戴し有難うございました。

京都 仲山竜一郎

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。