「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年6月26日

 この記事は約 9 分で読めます。

☆津端雄大郎先生 東京都稲城市

正伝妙見活法協会 前野功妙経 会長お世話になります。
稲城市の津端です。
二十四日に開催されました
スタッフ特別研修会に参加させていただきました。
参加報告を投稿させていただきます。

報告にあたり
同会の発起人であられる
由利はるな初日司家秘書に
この場をお借りして御礼申し上げます。

同会はスタッフのフォローアップを目的に
ハッピーさんのご提案から
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長の御高配によって
開講された会です。

ありがたくも参加費無料にて
ご招待いただいております。

御三方に改めて御礼申し上げます。
いつもありがとうございます。

今回のスタッフ研修会では
『龍の道引』をご教導いただきました。
操作法自体はごくシンプルですが
どんな愁訴にも応用できる操作法でした。

法道之活では
動くか、動かないのか

妙見法道之活では
内部に入れるのか、入れないのか

北辰法道之活では
道を引けるのか、引けないのか

というところに集約されていくのかなと
ぼんやりと思いました。

施術における立体的思考が
もっと確立されていけば
法道之活による道作りは
自由自在になると思います。

具体的に書くと
「その手があったか!」
というようなアプローチが
できるようになると感じました。

そのような立体的治療の道引となる
スタッフ特別研修会でした。

妙見大菩薩様
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
スタッフの皆様

当日はありがとうございました。
お陰様です。

前野会長第一秘書 津端雄大郎

☆栴檀芳之妙乗先生 千葉県浦安市

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております

正伝妙見活法協会総本部スタッフ D蜜こと栴檀芳之妙乗です

24日に行われました「スタッフ研修会」の報告をさせていただきます

スタッフ研修会は、千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書の特別なお計らいで

本部スタッフの為に無償で開催していただいている研修になります

この度もお忙しい中本部スタッフの為にお時間をさいていただきましてありがとうございました

それでは本題に入らせていただきます

骨盤の左右差・しゃがんだ時の膝の高さの左右差など我々治療家は平面の二次元で考える傾向にあります

平面世界で小難しいことを考えてやっていたものが いざ立体的に処理すると意図も簡単にその現象を変えることが出来ました

まさに針穴にボールペンを通す世界でした

それが「龍之道引き」という術の相伝でした

龍が進んだ通り道に体を通すと「うそ!」と驚くくらい関節の可動域を変えることが出来ました

股関節の可動域など一般的に難儀する場所です

今回は 膝倒し・膝を立てた状態で外転していくという動きを行いました

それが「龍之道引き」を行うとあれだけロックしていた可動域が更に行くようになりました

また肩の結帯動作なども二次元だとなかなか変化を出せない可動域ですが

こちらも三次元発想をするとスルスルっと上がっていくことを体感いたしました

また大事な物理現象として 縮むときの動き に照らし合わせた

本来の体のひねり動作というものをご教示いただきました

言われれば全くその通りなのですが 何故が治療家は逆の動きをしたがります

そうなると実状は正伝妙見活法協会以外の治療家が間違った動きの認識になっているということです。。。

柔整の整復法もそう考えると物理現象から逆をいっているものがあることに気付きました

この正しい捻りの動きを取ってあげれば 仮に頸のスラスト を行ったとしても全く事故もなく問題なく頸の矯正が可能であるというお話しでした

そう考えると西洋式の体操・ストレッチなどは全部体を壊す動きになっています

龍之道引きの高次元療法と

体が伸びるのか?縮まるのか?で物理現象に合わせた本当の体の動きというものを知ることができました

千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長 由利はるな初日司家秘書 

この度もお忙しい中 本部スタッフの為にお時間を割いていただきご教授を賜りましてありがとうございました。

前野会長補佐 研鑽会統括局長 栴檀芳之妙乗

☆伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

正伝妙見活法協会総本部
前野功妙経会長

毎日本当にありがとうございます。

6月24日開催のスタッフ特別研修会の参加報告をさせていただきます。

『龍の道引きと螺旋の大事』をご教授頂きました。

いかに「面と立体が一次元違った事であるか」
というものを目の当たりにしました。

それぞれの関節に対して
『縮める、伸ばす(伸びる)』ことでとても大きな変化をもたらし
治療の結果も左右します。

一般の治療家は絶対に知り得ない学びを得る事が出来ました。

「上げたいなら伸ばす」

一般的にしていることは、
実は物理現象で捉えると間違っていたことでした。

これでは四・五十肩には全く効果がないばかりか
かえって長引くことも当然。

結滞動作が厳しいなら◯へ…
挙上が厳しいなら◯◯へ…

同時に龍神の通りの作用もご教導いただきました。

司家の何気ない動作の中には
とても多くのヒントや立体的な作用が含まれていて
一挙手一投足を観察する事はとても楽しいです。

まだまだ私の知識では
深く観ることはできていませんが
とても大きな学びと感じている最近です。

螺旋と立体的が結びついている今の学びは
物理的にとても理にかなっていて
妙見和算の奥深さを肌に感じ、
素晴らしい学びを頂けている環境に感謝するばかりです。

この貴重なスタッフ特別研修会という場を
スタッフのみならず会員の皆様、地域に還元出来るよう
微力ながら行動して参ります。

最後に、
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書

スタッフ特別研修会という
素晴らしい学びの場をご提案、ご提供して頂きまして
ありがとうございます。

心より御礼申し上げます。

参加されましたスタッフの皆様
ありがとうございました。

次回もよろしくお願い致します。

前野会長秘第二秘書
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 伊藤良太一玄*¨*•.¸¸♪

☆阪野祐介先生 愛知県大府市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
お世話になります、西日本センターの阪野です。

6/24に開催されましたスタッフ特別研修会に
参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

まずはじめに、

千葉司家、前野会長、由利司家秘書、

この度も運営スタッフの皆様のために
研修会を開催していただき、

誠にありがとうございます。

始まる前にいつも感じることなのですが
ゆっくりする暇もないほどお忙しい中で
運営スタッフの会員に貴重な時間を割いていただき
本当に有り難く感じております。

仁の心でご対応していただけることに
感謝の念に堪えません…

心より御礼申し上げます。

誠にありがとうございます。

今回は「龍の道引き」の相伝でした。

これまではいかに二次元の面で考えていたのか
よくわかりました。

「低いから上げよう」
というのは面の考え方です。

龍神様の象形にもヒントが隠されていました。

今回もわかりやすいよう
目で見て認識できるように
一部紙を切り抜いた用紙が
立体になったものを拝見させていただきました。

なぜこのような形になっているのか
見ただけでは想像できませんでした。

わかってしまえばなんということもありませんが
これが妙見和算で数式で表されているという事実に
偉人の方々の想いが込められているように感じました。

伸ばすということと縮めるということ…

これらは物理現象で特性が明らかですが
これを手技療法として確率しているところが
妙見活法の特筆すべき点です。

量目をご教授いただいた「妙見天地之活」と
妙連されているように思いました。

応用無限の「龍の道引き」…

上肢、下肢、体幹、首であっても
どこにでも応用できる作法の極意でした。

その土台となっている「北辰法道之活」
千葉司家が2年間をこの日の為にやってきたということの
一旦を垣間見たように感じました。

色々チャレンジして
完全立体の作法を構築してまいります。

今回も時間ギリギリまで
ご教授をいただきました。

どんどん奥深い内容になってきますが
今後も学び続けて現在よりも更に深い部分まで
認識・理解・体現してまいります。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日司家秘書、

お忙しい中、スタッフ特別研修会の為に
貴重なお時間を割いていただき、

誠にありがとうございました。

参加された運営スタッフの皆様、

一緒に学ばせていただき、
ありがとうございました。

皆様の授受還元の作法に則り
周りに授受還元を実践してまいります。

今後とも宜しくお願い致します。

西日本センターGM

愛知県大府市共和町•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 阪野祐介*¨*•.¸¸♪

☆梅原二郎妙順先生 東京都府中市

前野会長 いつも大変お世話になっております。

東京都府中市の梅原二郎妙順です。

スタッフ研修会の報告をお送りいたします。

前野会長、千葉司家、ハッピーさん、
お忙しい中、スタッフ研修会を開催していただきまして誠にありがとうございます。

今回のスタッフ研修会では、前日の奥伝会でご教授いただいた
「龍の導き」の更に奥の術理を教えていただきました。

詳細は記載出来ませんが、関節の特性に則した関節調整法です。

ヒントは龍の動きそのものにありました。

我々治療家は関節の調整というとすぐ牽引をしてしまいがちですが、
関節に牽引すること自体が関節を壊している行為だということが分かりました。

また、「肩甲骨はがし」が巷ではやっていますが、
「肩甲骨はがし」自体も無駄な行為であったということが分かりました。

千葉司家、この度もお忙しい中、関節調整の極意を
ご教授くださいまして誠にありがとうございました。

前野会長、研修中撮影をしていただき、またDVD編集・作成をしていただき誠にあり
がとうございます。

前野会長、千葉司家、ハッピーさんのお心遣いに深く感謝申し上げます。

スタッフのお皆さま、お相手してくださいましてありがとうございました。

スーパー奥伝会統括局長 研鑽会統括局長補佐 梅原二郎妙順

☆玉川有一妙蓮先生 愛知県名古屋市

前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家
由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様
お疲れ様です
名古屋の玉川です。

今回スタッフ研修会の参加報告を
させて頂きたいと思います。

妙見活法の第三螺旋
「北辰」シリーズ
北辰法道之活のスタッフ研修会での
私の感想を書かせて頂きたいと思います。

教伝会での
平面→二次元
立体→三次元整体の入り口

私は治療以外でもいかに平面的
思考か?考えさせられました。

原因を様々考えましたが
やはりテレビを常に観ていて
平面的に慣れてしまっていると
思いました。

昔テレビが世に出た時に
人口の一億総白痴化
と言われましたが
本当に立体思考が
奪われたと思います。

そんな中今回で私が一番驚いたのが
ストレッチ法です。

柏駅の近くにもストレッチ専門店が
あるくらいストレッチは一般の人でも
知られている分野です。

筋肉のみを意識して伸筋側を
やたら伸ばしていますが
それで柔らかくなるのか?
答えはNOです。

これはストレッチの固定概念が
染み込み過ぎているからだと
言えます。

そんな中千葉先生から
「妙見ストレッチ法」
を御教授して頂きましたが

それこそ次元が違います。
一瞬でカチカチのスタッフが
骨抜きの状態になります。

患者様の中にはストレッチ好きが
居ますので直ぐに活用させて
頂きたいと思います。

千葉先生 前野会長 ハッピーさん
スタッフの皆様今回も誠に有難う
ございました。
来月も何卒宜しくお願い致します。

西日本センターSGM 玉川有一妙蓮

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!