「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年4月13日

 この記事は約 3 分で読めます。

山下建先生 東京都大田区

前野功妙経 会長 千葉吉胤妙星 司家 由利はるな初日 司家秘書 スタッフの皆さま会員の皆さま

よろしくお願い致します

大田区大森の山下です。有り難く春の遠足に参加してきました。

千葉駅で、待ち合わせしている時に、

なぜか、ハッピーさんに背後から抱きつかれ、一瞬で、トランスに入り、

まさにその日はハッピーだった山下です。

(女性に背後から抱きつかれるの新鮮でした。ありがとうございます)

半袈裟を着ていたので、単純に目立ったのだと思います(^^)

善人、悪人チームに分かれて、複製された千葉城の中にある資料館を見学。

(善人チームのメンバーを見たら、私は、なんの躊躇もなく悪人チームに収まりました、ススーッと)

千葉氏の家系図を資料館の入口で手渡されましたが、改めて、このような家系図があることに、

畏敬の念が湧いてきました。

そして、千葉氏の子孫である千葉司家とご一緒にというプレミアムですよね。

そりゃあ、ガイドさんも大興奮しちゃいますね。

(悪人チームだったので、千葉司家とガイドさんとの掛け合いは、直接は聞けませんでしたが)

悪人チームのガイドさんからのお話で、印象に残っているのが、

⚪︎千葉氏は、平氏

⚪︎常胤公から、胤が使用されている
(長男だと、胤が◯胤との順序になるそうですが、今度、千葉司家に聞いてみたいです)

⚪︎源氏と平氏の間柄
(歴史の勝者が、表の歴史を作り上げられる)

千葉城から、程なく歩いて到着した千葉神社は、とても厳かな雰囲気のある場所でした。

千葉神社からは、善人、悪人チームは、合併したので、千葉司家から神社に纏わるお話も聞けました。

そして、大きな茅の輪があり、正式な潜り方を教えていただき、穢れ祓いもして来れました。

螺旋状に動いて、メビウスの輪。

このような所作が絶えることなく、伝承されて来ていることに日本人として感謝です。

当日は、仕事がありましたので、懇親会には参加できずでしたが、

次回、この企画があれば、ぜひ、参加させていただきたいです。

今回、この企画をしていただきました、ハッピーさん、ありがとうございます!

千葉司家、前野会長、遠足に集ったメンバーの方々ありがとうございます!

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!