正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2018年6月26日

 この記事は約 10 分で読めます。

☆玉川有一妙蓮先生 愛知県名古屋市

前野功妙経会長  千葉吉胤妙星司家 由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様お疲れ様です名古屋の玉川です。

昨日開催されました
北辰法道之活第1回奥伝会が
行われました。

教伝会での内容ですら超プレミアム化した
内容なのに昨日の奥伝会は本当に
凄かったです。

龍の小さな穴を通す事が
教伝会での初歩でした。

初歩から歩こうとしたら道が
必要になります。

龍の通り道が導きになります。

何の?導きか?治る世界への導き
になります。

それにはいかに立体思考が必要か?
日常から平面思考になってないか?

常に日常からの考察が必要かと
考えました。

学理講座での予測は必要は無い
滅私の世界での奥義は
本の人触れだけです。

実技では腰痛 膝痛 首痛と
様々なバラエティに御教授して
頂きました。

本当の治療家なら
参加出来なかった
会員はDVD手に入れた方が
良いと思います。

今回は肩凝り治療の
「肩癖之活」
から完全に治る

「完璧之活」が
収録されております。

本当のパーフェクト整体です。

会長が骨抜きになり軟体動物みたいに
なる映像は必見です。

玉川有一妙蓮

☆仲山竜一郎先生 京都府京都市

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。

京都の仲山竜一郎です。

6/23の北辰法道之活奥伝会に参加させて頂くことができました。

今回の奥伝会もかなり内容が濃く、明日から患者さんのお役に立てる相伝を頂戴しました。

ありがとうございました。

参加報告をさせてもらいます。

(高次元エネルギー)
エネルギーというのは、抽象的なもなではなく物理的に証明できる。

ということで、北辰法道之活の相伝も目で見て体感させて頂きました。

平面的な2次元の世界から、立体的な3次元の世界へと、考え方や物事の見方まで相伝して頂きました。

人間の身体を治すには、2次元の治療では不可能で3次元でないとできない。

これを紙を使って分かりやすく解説して頂きました。

平面から立体的へ物理的に見させて頂き、更に!

この物理現象を活としてお借りするには、どうしたら良いか?

まさしく、一瞬の瞬間治療の相伝でした。

「龍の導き」

という活法をご教授頂いたのですが、圧巻の内容でした。

腰痛疾患、肩の疾患、頚椎疾患、エコノミー症候群、むくみ、頭痛やめまいなどへの龍の導きによる活法の相伝。

これを受けられたことは非常に有難かったです。

まさしく、螺旋のごとく重なり厚みが出てくる相伝は毎回、楽しみです。

なんしか、臨床で自分の目の前で結果が出て、患者さんに喜んで頂ける。

治療家として、これほど嬉しいことはありません。

ありがとうございました。

京都 仲山竜一郎

☆伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長

お世話になります。

6月23日開催の奥伝会参加報告をさせていただきます。

『次元』について。

妙見活法(法術)とカイロなどの整体との違いは
「立体か面か」でした。

立体になる事で体内の水も
表面ではなく「内部の移動」が可能になります。

内部の移動ができるという事は
面から内部への「厚み」も加わります。

厚みによりねじれなどの立体的な動きにも
簡単に変化を起こす事が出来ます。

そして、ねじれとは実は『縮み』でした。

実際に行なってみると、
動作では捻ると普通縮むところが
身体の動作で行うと何故か伸びようとします。

『これでは伸びないのも当然』

と司家が仰った時、
「確かにそうだ!」と思いました。

世の中の物理現象に反した動きなのですから。

ここにも日常の中の極意がありました。

『三次元茅の輪くぐり』にも繋がっていきます。

縮みと水の移動により
腰が簡単に柔らかくなる現象を目の前で見た時は
一同驚きでした。

膝倒しでは『◯の導き』により
今までよりも更に簡単に柔らかくなる方法を
披露してくださいました。

◯の中に入る隠語も「これぞ妙見活法!」の工夫があり
外部への漏出を防ぐものなのだと改めて感じました。

外部への漏出は絶対に防がなければなりませんね。

ですが、もし漏れたとしても
面と同じで表面的な真似しか出来ず
決して厚みを出す事は出来ないでしょう。

『いかに水を移動すべきか』
が今回の奥伝会のポイントでした。

浮腫みに対しても
螺旋と攪拌により取れる実技、
この他首から肩、腰、股関節と
全身への方法を丁寧にご教導頂きました。

終盤にはバネを表現する時の
司家の手の動きもご披露下さいました。

何気ない動きの中の隠された動作をまた一つ
知ることが出来ました。

早速お借りして、還元して参ります。

今回もとても濃く、
あっという間の時間でした。

千葉吉胤妙星司家
この度も
千葉一族しか知ることが出来ない妙見法術の奥の学びを
丁寧にご教導くださいまして
誠にありがとうございます。

本当に奇跡の学びをさせていただいています。

心より感謝致します。

前野功妙経会長
毎回のビデオの撮影、編集をしてくださいまして
ありがとうございます。

そして、DVD頒布につきましては
いつも迅速なご対応を頂きまして
ありがとうございます。

お陰様で直ぐに復習する事が出来ています。

ハッピーさん
ステキな笑顔をありがとうございます☆

参加されました皆様
ありがとうございます。

次回もよろしくお願い致します。

以上を奥伝会参加報告とさせていただきます。

宮城県白石市
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 伊藤良太一玄*¨*•.¸¸♪

☆久保田勝弘先生 東京都台東区

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長  
由利はるな初日司家秘書、会員の皆様、
何時もお世話様です。

東京都 久保田勝弘より
6月23日の奥伝会参加報告をさせて頂きます。

今回の奥伝会は北辰法道之活の龍の道は
小さい穴に大きい物が通らないと考えるのは2次元的な考えであり
人を治す為には3次元でなければ治せない
とのお話より奥伝会が始まりました。

巷の治療では肩の高さ骨盤の高さなどを
鏡に映して判断している2次元的にしか
見てないから治せない

妙見活法では高次元にて立体的に見る
必要があり
実技にて一瞬で変化を出す為の立体的な
見方から、
身体の動かし方をご教授して頂き
膝、股関節、肘など全てが一瞬にて変化が
体感できました。

2次元の凝り固まった見方を
3次元的に見る為に
紙にていろいろな物をその場で作って頂き
立体的なオブジェを見せて頂きました。
私も作成して治療の受付に飾りたいと思います。

千葉先生
今回の奥伝会に参加させて頂き
今までの見方の癖があり
自分自身が2次元で見てしまっている事を
痛感しました。
治療にて痛みが取れないのは
大転換する為には小さい穴が見えないご指摘、
痛みに追いかけられているのご指摘、
遠回りの治療をしてしまっているお話をお聞きし実感しました。
今回の奥伝会で立体的な治療での見方や動き龍の道の凄さを目の前で見て、聞いて、
体感させて頂きありがとうございました。

前野会長
何時もメールの配信から管理、DVDの編集から発送をありがとうございます。
DVDを翌日の妙見会にて頂ける速さに
何時も驚いております。
再度DVDにて確認し精度を高めて行きたいと
思います。

ハッピーさん
毎回、明るい素敵な笑顔の対応とお声掛けをありがとうございます。

参加された会員の皆様ありがとうございました。

東京都台東区東上野 久保田勝弘

☆宮島広介先生 東京都足立区

正伝妙見活法協会の会員の皆様、

千葉司家、 前野会長、 ハッピーさん、

いつもお世話になっています。
東京都足立区のハム介こと宮島広介です。

6/23の北辰法道之活の奥伝会に参加させて頂きました感想です。

毎回凄い事を教えて頂いていますが、今回も無限に応用が利く考え方、ものの見方を教えて頂きました。

今回の奥伝会では平面(2次元)では通れない筈の道を立体(3次元)にする事により通れてしまうという教伝会の教えをより実践的に教えて頂きました。

身体という3次元のものをどうしても2次元的に見てしまう癖がついてしまっていますが、3次元的な身体の見方とはどういう事なのかという事を実践的に身体を使い体感しながら教えて頂き、身体の見方について改めて目の前の事象にとらわれない事の大切さを認識しました。

小さな穴を大きくするのではなく立体思考をして小さな穴のまま通る事(本来通れない筈のものが通る)が質の転換に繋がるのだなと感じました。

その中でも自分の中での一番の目から鱗は「螺旋は距離が縮む」という当たり前の事を身体に当てはめて考えるという事でした。

妙見活法は毎回知ってしまえ成る程当たり前の事だなと分かりますが、何故か身体のプロでさえ誰も気付かないところを気付かせてくれます。

この螺旋は縮むという考え方だけでも身体を扱う様々な分野の人達に発想の大転換を起こすと思います。

自分自身がいかに普段不自然な身体の使い方をしていたかと思いますし、患者さんの身体をみる時にこの様な考え方は一切ありませんでしたので不自然な事を沢山していたなと感じます。

そして北斗起承のまた更に奥の意味も理解する事が出来ました。

全く上手くありませんが、以前の奥伝会のDVDで千葉先生がほぼ北斗起承のみで治療されているのを見て、最後に患者さんを起こす時にはなるべく北斗起承をお借りする様にしています。

たったあれだけの中に沢山の意味が込められていますがまた今回新しい認識を頂きとても納得出来るものがありました。

その他にも水の位置という視点に立っての考え方や、道をつくるという事についてもまた新しいものの見方が出来ました。

◎最後に

立体思考とはいかに目の前の事象にとらわれないかが大切になるのかなと思います。

妙見活法はちゃんとした自然界の法則にそってありますが、現象という視点でみれば細かい事は分からないけどこうすればこの様な現象が起こるというのが先で出来上がってきたものだと思います。

戦場という理屈より結果が求められる世界で出来上がった治療術に段々と自然科学が追いついてきたのだと思います。

実技で前野会長の身体がめちゃくちゃ柔らかくなっていったのには驚きましたが、あれだけ硬い人はどうしても小さな穴を大きくしたくなりますが、その様な人程小さな穴のまま通す事により質の大転換を起こすのだなと感じました。

今回も大変貴重な教えを有難うございました!

☆杉渕秀登修玄先生 神奈川県藤沢市

正伝妙見活法協会の皆様、こんにちは。

神奈川県の杉渕秀登修玄です。

6月23日に行われた、奥伝会の感想報告をさせていただきます。

例にもれず、当日の奥伝会もやはり凄い内容でした。

「龍の道引き」「三次元茅の輪くぐり」と言う意味合いが良く分かる内容の奥伝会でした。

冒頭の方に司家より、二次元的発想と三次元的発想の違いや、それを作法にどのように応用して行くかを分かり易く「三次元立方体」的に御教授頂きました。

又、身体の「伸びる」「縮む」作用を治療を通して解析して御説明頂き、更なる理解が深まりました。

特に自分が思っていた身体のストレッチの概念が全く間違っており、凄い衝撃でした。

この説明を聞いた時に、

自分も含めて世の中の人の殆どが間違って理解している事実に驚愕しました。

特に治療家やスポーツトレーナーの職についてる人は全員間違えて理解していると言っても過言ではありません。

以前の奥伝会で指圧に関してもその真実を教伝頂きました。

指圧を職業にしている方々も
、殆ど全員が間違えて「押して」いる事と同様に、

この「伸ばす」「縮める」作用も間違えて理解しています。

正に「8割の錯覚と2割の誤解」状態です。(^^;;

奥伝会に参加されてる会員の方は皆様ご存知なのですが、

自分はとても身体が硬いので、少し伸ばさなくてはと思い、以前に全国展開しているストレッチのサロンに通っておりました。

2~3ヶ月通ったのですが、あまり効果を感じられず、その割にとてもキツイので続きませんでした。(担当は若い可愛い女の子だったので、まだ救いがありましたが(^^;;)

その時は分からなかったのですが、今回の奥伝会にてその謎が解けました。

やはり、全てそうですが「真理」や「法則」に沿って行なわないと何事も上手く行きません。

もし、自分もこの正伝妙見活法協会に出会って無ければ、

一生、この「8割の錯覚と2割の誤解」の世界に埋没していたと思います。

今回の奥伝会と妙見会のDVDのセットは整体業の方は勿論、スポーツトレーナーの方も必見であると思います。(その時の担当の女の子にも正伝妙見活法協会を教えてあげようと思っています。)

是非ともご購入をオススメ致します。

この様な機会を与えて下さりました、

千葉司家

前野会長

由利はるな初日秘書

栴檀統括局長

全国の会員の皆様に厚くお礼申し上げます。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。


•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 修玄*¨*•.¸¸♪

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。