正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年4月8日
最終更新日:2019年4月10日

 この記事は約 4 分で読めます。

【整体セミナー活法1】

宮島広介先生 東京都

4/6の北辰応天之活の奥伝会に整体セミナーに参加させて頂きました。

痛みや不具合は頭で思った通りに身体が動いてくれない状態なので、

頭が先導して身体を連れて行くという事を教えて頂きましたが、

頭と身体を往復する通り道の乱れを正すというのが応天之活で、

やはり行って戻るという往復が出来てはじめて

出来たという事になるのだと改めて思いました。

痛みが出る動作などは頭がそこに行きたくない、

行ったら戻りたいという力が働いているので、

頭が行きたがっている状態をつくる事で身体は無理なくついて来てくれました。

また、電電太鼓は太鼓ですので叩かれる事で効果が発揮されるという

正に電電太鼓という名前が相応しい活法である事が理解できました。

まさに、一瞬治療でした。

ほとんどの事は脳からの指令が上手くいってないから起こってるのだなと感じますし、

電電太鼓は脳と身体の往復の道を整える活法だと改めて感じました。

◎言葉と行動

言葉と行動を合わせる大事を今までも教えて頂いていましたが、言った事はやる、

自分が発した言葉に責任を持つという、

言葉が先にあって行動がそれについてくるという理解でした。

しかし、場合によっては言葉より先に行動を、

頭より先に身体をという逆転の発想をする事で可能性が飛躍的に上がるのだと思います。

鏡月之活はその頭より先に身体をという

反射の世界を学べるという事でとても楽しみにしています。

◎最後に

応天之活を学び天位之活の理解や行ったら戻るの大事を改めて認識出来ました。

有難うございました!

東京都 宮島広介

【整体セミナー活法2】

山下建先生 神奈川県

北辰応天之活のラストということで、

これまた非常に濃ゆい内容の整体セミナーでした!

「応天とは、想った通りに動けるかどうか」ということで、

天と地の連動性、生成化育に北辰応天之活の秘技「でんでん太鼓」は、

とてもマッチすることが肌でわかりました。

〈逆さでんでん太鼓〉

今回も、とても貴重なお土産を千葉司家、有難うございます!

これひとつで不具合が解消してしまう代物でした!!

北辰太一之活は壁に張り付き二次元へ、患者さんの不具合をパッケージしてもらい、

新陳代謝、生成化育が調う効用がありましたが、今回は床さんにやっていただきます。

夕香や優花でもなければ、由香でもなく、可愛げはないかもしれないですが、

何処にでも存在していた床ちゃんが、活の媒体に(羽衣は服で。面白いですね)

壁に人が張り付く状態で、回転運動や自動運動的な状態は作れないですが、

床ならば重力の関係でできやすいです。

いやー、こんな捉え方もあるのだ!!!と興奮しちゃいました!

握力が強くなるやり方では、千葉先生が言われるやり方に沿ってできると、

握力が一瞬で変わりました!

初めてのおつかいだと、行きはなんとか大丈夫だが、

行った先から帰る道というのは景色が変わるので

大人でも初めての所から戻る場合は心情が変化します。

慣れてシステム化されれば問題ないですが、これも、0→1でしょうか。

今回の教伝会に繋がる「鏡」のお話も興味深く、教伝会がとても楽しみです!

よろしくお願いいたします!

神奈川県 山下建

【整体セミナー活法3】

伊藤良太一玄先生 宮城県

北辰応天之活、羽衣之活、結果を作る、などがリンクした学びでした。

羽衣という皮膚を不具合のある部位にもっていくだけで…

可動域は広がり、不快感も解消されるというデモンストレーションから始まりました。

見た目ではわかりませんが

司家より詳しく解説をしていただくことでスっ…と頭に入ってきます。

頭から出ていかないようにしなければなりませんが…

「逆さ電電太鼓」という方法でも不具合が解消されるのにも驚きました。

実際に私も司家より逆さ電電太鼓を幸運にも受けることが出来たのですが

一回で不具合が解消され、思わず声を上げてしまいました。

これだけで!?という心境でした。

そしてこの日の奥伝会は教伝会の前日ということで鏡月之活の予習もしていただき

「反射は逆転」

という言葉には「確かにそうだ!」と感じました。

「心と行動の磨き」

という言葉も司家よりありました。

きちんと心を磨いていかなければならないな、

と感じることがありましたので本日より早速心と行動を磨いて参ります。

ですが心と行動の磨きとは一体どういうことなのでしょう。

心の磨きとは…
素直で正直ということでしょうか。

行動の磨きとは…
無駄のない動作、ともいえそうですが
目の前のことを先延ばしせず行う、ということでしょうか。

答えがすぐに見つからないので
続けて自問してみたいと思います。

気持ちや行動が乱反射しないようにしなければなりませんね。

千葉吉胤妙星司家
この度も素晴らしい学びを賜りまして誠にありがとうございます。

御陰様です。

整体セミナー参加報告とさせていただきます。

伊藤良太一玄

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。