「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年9月8日

 この記事は約 2 分で読めます。

松野吉伸先生 愛知県碧南市

千葉吉胤妙星司家、

前野功妙経会長、

由利はるな初日司家秘書

正伝妙見活法協会会員の皆様

いつもお世話になり、ありがとうございます。

愛知県の松野です。

9月1日、柏本部で行われました奥伝会に参加させてい

ただきましたので感想をご報告します。

              

北辰天位之活の最終章で、更に踏込んだ奥をご教示いただきました。

身体は水袋であり、活法整体以外に水を扱う治療法がないのが不思議です。

水の特性について再確認をしてから、水をよく理解するための実技をしました。

「水を操るには、水を動かさない」

殺法・・・三次元 → 二次元 → 面の世界

活法・・・二次元 → 三次元 → 立体の世界

表面張力を利用して水を止めますと、こんなに動いていいの?

というぐらいに関節可動域が広がります。

その後に開放しますと、驚くほど動きます。

ベクトルの方向転換による、殺法から活法を体感することができました。

物が水に浮く条件に、体積は大きく質を小さくすることにより

より浮きやすくなります。

滅私は、自分を殺し無い状態にすることなので、動作を大きくすること

大きい目標や視線を持つことで、自身が小さい存在になることでした。

そして、最初は相手に合わせる事の大事を説明していただきました。

張力を利用して動けない状態、「元には戻れない」多次元療法を

ご教授いただきました。

自分を如何に小さくゼロに近づけるように心がけたいです。

この度も、各会員の皆様、お世話になりありがとうございました。

次回もよろしくお願い致します。

愛知県碧南市 松野 吉伸

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。