「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年3月15日

 この記事は約 7 分で読めます。

【妙見北斗之活 学理講座】
~優秀レポートノミネート発表~

 

正伝妙見活法協会総本部の前野功妙経です。

第21回「妙見北斗之活」学理講座

今回も有り難く、千葉吉胤妙星司家より日本で唯一現存する貴重な「妙見活法秘伝書」を紐解き、私達に理解しやすいように長大な文書を授けて戴きました。

製本時には200ページを優に超える学理解説が、またまた無償で提供されました。

本当に有り難い事ですね。

さて、
受講された会員の皆様、課題レポートの提出、大変お疲れ様でした。

「妙見北斗之活」とは、硬結圧痛点を振動により一瞬で消滅させてしまうという驚きの活法でした。

しかし、不思議に感じるものでも物理的な解説により、日常に潜む普遍的な現象である事が理解出来ました。

そして、何よりも私達の職業的テーマである「救済」の真実の意味を伝えてくださいました。

「妙見北斗之活」を、敢えて、ひと言でまとめるとしたら一瞬の「響き合い」と言えるのではないでしょうか。

響けば「音」(根)が出てくるのは至極当然の理だったのです。

このような当たり前のように理解できる現象も、このように教えていただかなければ一生気付く事がなかったと思われます。

これが、1000年の歴史を有する唯一の本物の成せるものなのでしょう。

毎度の事ですが、いつものパクり屋さん達が「振動エネルギー療法」と「位置エネルギー療法」なんてのをコピーし出しました。

まったく懲りない方達ですね (笑)

今回の「妙見北斗之活」も、第2螺旋の妙見七塚を、ひとつの線で妙連させたものでした。

真実の救済とは……

錯覚の善用とは……

振動エネルギーとは……

インチキ高額セミナー屋さん達が目の色を変えて盗み出す正伝妙見活法……

この「学理講座」は、正伝妙見活法協会会員だけの「宝物」ですね。

12月に相伝された「妙見光陰之活」では、人の輝きの成分である「金粉」を本当に体内から現出させると言う驚愕の実事を目の当たりにする事が出来ました。

しかも、千葉吉胤妙星司家は参加された皆さんが同様に出来るように相伝してくださいました。

一般的には超常現象とされるものでも、正伝妙見活法協会では、誰にでも出来るうに指導されています。

これは、センスでも神様が宿ると詐称する物品に頼る事でもなく、きちんとした物理的に解説される結果が生み出す現象でした。

しかし、これも「体内から金粉を出す整体」と称して高額インチキセミナーが、さっそくパクりましたね (笑)

そして、1月に相伝された「妙見一之活」での山場は、何と言っても不思議な「将門之白馬」だったでしょう。

置物が生き物に……

物に魂が宿る……

本物の自動運動……

感動の一瞬を目の当たりにできました。

「場」の整えだけによる「全」からの「一」……

そして、また「全」へ……

この不思議な世界が、目の前で視覚確認出来るように教伝されました。

千葉吉胤妙星司家は、昨年から言っておられました……

目に見えるエネルギー療法……

音に聞こえるエネルギー療法……

物理的に確認出来るエネルギー療法……

これが本物のエネルギー療法なのだ……

愛のエネルギーだとか、人生を豊かにするエネルギーだとか、裏付けも物理的再現性も取れない適当な安物とは次元が違うのが、唯一本物の「妙見エネルギー療法」なのだ……。

その通りの実現が「妙見一之活」の秘伝「将門之白馬」の相伝でした。

物にさえ宿る霊性……

これは、何の物理的整合性も無いスピリチュアルや、神様注入霊感商法とは全く次元の異なる本物の法術の真実でした。

誰にでも再現出来る事……

物理学的に解説出来る事……

高額参加費を取らない事……

何も証明出来ない神仏が宿る等と詐称する物品を高額で売り付けない事……

これが、正伝妙見活法協会だけの本物のエネルギー療法の姿です。

本物とは、このような理論的裏付けがあるものなのかと、参加された皆さんは驚嘆の声を上げていましたね。

「己」の欲望に「一線」を……

これはモラルでも道徳でもない作法の事実でした。

これが今回の「妙見北斗之活教伝会」で披露された「錯覚」の世界でした。

頭で分かっていても駄目でしたね。

千葉司家は「これを善用せよ」とおっしゃいます。

その深い意味も、この学理講座で詳細に解析してくださいました。

そこに降臨する「北斗の光」……

そして、それが新たな経営法である教え……

幸福の橋渡しが勝手にできる治療院の作り方……

「妙見北斗之活 学理講座」……

今回も千葉吉胤妙星司家から無償で提供されました。

本物の「救済」が明らかになりました。

やはり、単なる物真似とは格も次元も全く違っていました。

繰り返しますが、この学理講座は21回連続の千葉司家からの無償提供です。

一般的には有り得ない事ですね。

千葉先生、

この度も学理講座の執筆ありがとうございました。

毎月毎月、本当に有り難うございます。

心より御礼申し上げます。

本当に妙見活法の世界は、深遠な幽玄な矛盾の一切無いクリアーなものですね。

特に、今回も奥伝会と妙見会のDVDは手に入れなければ一生の損失になってしまうものでした。

そのために、

入手を逃してしまった数人の会員のために、今回のみ特別に追加対応いたしますので、

3月21日(水)午後7時までに申し込みをされれば可能といたします。

全会員必修とすべき見逃せない高度な内容のオンパレードです。

今回の学理講座を受講出来た会員の皆様は、一生の宝物を手に入れられたと思われたはずです。

とにかく、驚愕の秘伝が公開された深い学理講座でした。

これこそが、本物……!

この一言に尽きる教導でした。

さて、今回も甲乙付けがたい優秀なレポートばかりの中で、千葉司家と精査した結果、

以下の会員の皆様のレポートがノミネートされました。

すべてのレポートが、大変参考になるものばかりです。

皆様のレポートをお読み戴き、さらに考察してください。

幾重にも幾重にも深さが増していくはずです。

理・術を共に修得し、本当に治せる豊かな治療家になりましょう。

またまたトップバッターを飾った、
津端雄大郎先生(東京都)のレポートは非常に重要な部分である「救済」を高度に分析解読しています。

また、
今回も西日本センターGMの阪野裕介先生(愛知県)のレポートは学理講座を妙見活法の教本とするならば、さらにその参考書としての位置付けになる秀作です。

佐々木真吾先生(静岡県)のインデックス付きのレポートは構成も工夫してある深い洞察力による力作で、読み手の立場を考えている考えさせる楽しませる素晴らしいレポートです。

千葉司家は、佐々木真吾先生のレポートは、まさしく妙見信仰の解説書だとおっしゃっていました。

これは、きちんとプリントアウトして永久保存版にすべき価値が充分にあります。

仲山竜一郎先生(京都府)と玉川有一妙蓮先生(愛知県)のレポートは大爆笑でした。

本当に楽しませるのが上手です(^_^)v

以下、記載順位は、提出順によるものです。

☆印のレポートは、
特に優秀と評価されました。

☆☆印のレポートは最優秀と評価されました。

★印は、ご想像にお任せします (笑)

 

・・・・・・・

1、津端雄大郎先生 (東京都) ☆☆

2、伊藤良太一玄先生 (宮城県) ☆

3、仲山竜一郎先生 (京都府) ☆(爆笑)

4、杉渕秀登修玄先生(神奈川県)

5、玉川有一妙蓮先生 (愛知県) ★(爆笑)

6、大脇猛妙元先生 (岐阜県)

7、久保田信一先生 (静岡県) ☆

8、佐々木真吾先生 (静岡県) ☆☆

9、梅原二郎妙順先生 (東京都)

10、松本英司先生 (静岡県)

11、栴檀芳之妙乗先生 (千葉県)

12、杉山尚秋先生 (静岡県)

13、橋本泰造先生 (京都府)

14、三輪哲朗先生 (京都府)

15、阪野裕介先生 (愛知県) ☆☆

16、塩原寿之先生 (東京都) ☆

17、小林 努先生 (神奈川県)

18、寺本一栄先生 (熊本県)

19、宮島広介先生 (東京都)

20、馬場乾竹先生 (大阪府)

21、青山正彦先生 (愛知県)

22、有賀政了先生 (長野県)

23、松野吉伸先生 (愛知県)

24、冨田恵司先生 (愛知県)

25、川上哲寛妙真先生 (大阪府) ☆

26、山下 建先生 (東京都)

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。