「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年10月15日

 この記事は約 11 分で読めます。

正伝妙見活法協会
前野功妙経会長

お世話になります。
稲城市の津端です。
妙見学理講座考察レポートを
投稿させて頂きます。
宜しくお願い致します。

【目次】
はじめに

『壁からの脱却=立』説

壁を立場に変える

北辰丁之活における質的転換

二本の紐の雛形

壁が後ろ楯に変わる条件

なぜ二次元は情報の壁なのか

終わりに

『はじめに』
学理講座を受講するにあたりまして
この場をお借りして
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長に
心より御礼申し上げます。

幸運にも今月も
妙見学理講座を開講していただき
有難くも受講させて頂きました。

前月の学理講座から
今月の学理講座へ
今月の学理講座から
来月の学理講座へと

再考察や感想の応酬を含めば
本当に途切れることなく
学理講座関係のご作業は続きます。

これがどれほど大変で
他の作業や私生活に障るものかは
どなた様でも想像に難くありません。

千葉司家が本文に書かれて
いらっしゃる通り
気力体力の尽きるまで
文字通りの総力戦であると思います。

このご高配を有り難く活用させて頂き
平面的思考からの脱却の後ろ楯として
大切に使わせていただきます。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
学理講座ご開講ならびにご配信
誠にありがとうございます。

『[壁からの脱却=立]説』

北辰丁之活の学理講座を読み解く上で
最初に認識しておきたいと感じたのは
脱却という熟語の意義でした。

壁からの『脱出』ではなく
脱却とあります。

二次元から抜け出して
三次元に出ることができれば
結果オーライなのではないか?
とも言えますが
これは、どちらかと言えば
『脱出』としての要素が
強い考えになります。

この考え方は二次元と三次元を
区切って考えていると言えます。

確かに二次元と三次元は
全くの別物なのですが

このように考えてしまいますと
机上の立体化に終わってしまう虞があります。

都合、二次元と申しましても
現実世界の次元である
三次元世界の中の二次元であり

言うなれば世の二次元とは
三次元の中の一側面を切り出した
二次元風三次元ということになります。

騎乗位の立体感は大好きですが
机上の立体化はとても危険です。
理論と現実の乖離を加速させるだけでなく
強力な自己矛盾を生み出してしまいます。

二次元的には甲だけど、
三次元的には乙だ……

という認識の仕方は
結果的に三次元を
二次元に落としてしまいます。

さまざまな面を持つ立体を
平面の寄せ集めに変えてしまいます。

多くの次元論やエネルギー論の欠点は
二次元と三次元の連なりを
無視している点にあると捉えました。

機能的な意味合いでの二次元と三次元は
正しい連続性を持っている必要があります。

現実に二次元を捉え
それを活用するためには
二次元は三次元の中に
内在していなければなりません。

そのためには
脱出ではなく脱却する必要があります。

二次元を足場にして立場にして
それを蹴り出すことで三次元に
成り上がる形式をとれば
二次元と三次元は確実な連続性を獲得し
机上の空論を脱却することができます。

壁を足場に次元を成り上がる。

聳え立つ壁が九十度回転し
確固たる足場に変わり
ポーンと跳ね上がる。

この認識は丁の字の形象を
示しているとも言えると思います。

そして、これら一連の
連続性を伴う二次元の三次元化処理を
『立』と呼ぶのではないかと考えました。

上記の解釈を足場に
北辰丁之活の考察を進めてまいります。

『壁を立場に変える』

壁の持つ属性の一つに
対象に対しての平行性が挙げられます。
例えば、私が真っ直ぐ立っている時
壁もまた真っ直ぐ立っています。

もし壁が……
斜めになっていれば坂になります。
横になっていれば床になります。
そこで立つことができれば立場になります。

とある一つの面が壁という属性を
第一に得るには
壁は対象と平行である必要があります。

壁が壁として機能している時
対象と壁の関係性は平行のままです。
対象が壁側に立っている時
対象は横軸の動きを一切封殺されます。

平行している以上
二本の線は交わることができません。
これが丁之活の殺法としての運用になります。
縦横縦横……の動きがなくなるため
結果的に動けなくなるのだと思います。

壁を力尽くで乗り越えるのは
ナンセンスという妙見活法の考え方は

壁の持つ『平行』という属性を
変えなければ壁はいつまでも壁のまま
という意味合いなのではないかと感じました。

『北辰丁之活における質的転換』

北辰丁之活における質的転換は
ごく表面的に抽出すれば
『平行』から『垂直』への転換にあると
考えられます。

平行という属性を持った壁から
垂直に脱出させて仕舞えば
その瞬間、壁は足場・立場・後ろ楯に
一瞬で質的転換されます。

殴れど蹴れどビクともしない壁が
自分を支える足場や
シート(後ろ楯)になれば、
これほど頼もしいこともありません。

しかし世の中の啓蒙書や思想学では
壁は乗り越えるもの、打ち砕くもの
というような捉え方をしています。

質的転換を起こせていないため
結局のところ壁を壁として
自力でどうにかしようとしているわけです。

少し脱線します。

私は上記のような
壁乗り越え論・壁打ち砕く論を見るたびに

元気があってよろしいな!と思う反面

乗り越えられるならそれは壁ではないし
打ち砕けるならば別に最初から
苦労しないでしょという
気持ちがどうしても消せませんでした。

こういう論の着地点は
感動のバーゲンセールと相場が決まっていて

「魂が震えた!」
「成長できた!」
「腑に落ちた!」

と、よくわからない肩書きの
スーパーエグゼクティブマーベラスメンター
の何某さんと
眩しい笑顔で写真撮影で
フィニッシュと相成ります。

別段壊さなくてもいい壁や
無理に超えなくてもいい壁を
自分を押し殺して
諸々こねくり回して
どうにか打破するのは
本人としてはとても気持ちがいいのでしょう。

ですが

「無駄な努力をしてる暇があったら他人様の役に立て」

と超合理的に一喝する妙見活法は
本当にクールだと思います。

壁を壊すはずのドリルが
はしかみたいな熱を持っちゃ
お話になりません。

話を元に戻します。

北辰丁之活における質的転換は
術技としては
『壁で治す』

その理合は
『壁を立場や後ろ支えに転換する』

とまとめました。

この理合を実践する作法が
秘伝書にありました
ハジ と ハバカリ に拠るものと
考えております。

無恥は無端に繋がり、
踏み外してはいけないラインを見誤ります。

また、憚りを知らなければ
物事の許容の幅もわからず
相手からの借りも返さず
成れの果ては亡者です。

妙見活法的には
盲の字を当てても適当かと思います。

近代妖怪の
得る坊も強盗みつるも
このようなプロセスで生まれました。

『二本の紐の雛形』

教伝会で千葉司家が御披露された
二本の紐の雛形は
北辰丁之活の術理を極めて
三次元化させた最高の雛形でした。

この場をお借りして懺悔申し上げますと
最初に拝見した時は正直
「……????」
となりました。

不思議だけど、
紐が入れ替わるだけじゃん……
なんでこれが丁之活の術理なんだ?

と思っていました。

学理講座を受講させていただきまして
私の中で、紐パンが雛形に転換しました。

あの組紐は平行と垂直の転換の
雛形でありました。

術者の手の動きという
ほんの少しの能動性で
吊るしている紐と吊るされている紐が
引き上げる紐と引き上げられる紐になり
平行と垂直の役割が逆転するという
傑作の雛形でした。

同時に、
二次元と三次元の属性を知る上でも
非常に優れた雛形であったと今にして感じます。

あの紐がアマテラスの宿る神の糸で編まれた
特別な紐だったとしたら、
二次元の情報が三次元の現象に霞をかけてしまうでしょう。

どこにでもあるような
ありふれた紐で現象を再現することが、
術理説明における
究極の立体化であると感じました。

同時にこれは
千葉司家が常々仰られている
「術者の固有能力ではない」
「妙見活法はごくありふれた自然現象」
という言葉の真意でもあると思いました。

そして

「神が宿る棒っきれや
ネックレスやブレスレットを
売り出したら治療家は終わり」

と仰るのも実に道理だと思いました。

ペラい二次元に逃げた治療家に
厚い信頼など手に入るわけがありません。

あの組紐が自分の首を括る縄にならないように気をつけます。

『壁が後ろ楯に変わる条件』

ここまで
壁についての考察を行ってまいりました。
では具体的に、壁を立場や後ろ楯に
変えるためにはどうしたらいいかを
考察してみたいと思います。

『壁だって気の持ちようで立場になるさ!』
みたいな薄っぺらい考え方の
精神論では無理そうです。

そして地球に暮らす以上は
重力からは逃げられません。

私なりに考えてみた
現実的な解答としては
『一点でいいから支点を作る』
でした。

指なりロープなり、
モノはなんでも構わないので
引っかかりさえあれば
そこを支点に、壁を足場に出来ます。

壁から一気に立場を作るのは難しいですが
壁、足場、立場の順なら難易度は下がります。
足場に頼りながら立場を作ってもいいでしょう。

では、支点を作るには?
と考えますと一番早いのは
『出っ張り』を作ることだと思います。

出っ張りとは『立』っている状態です。
乳首だって陰茎だって立ってナンボです。

立たせる、兎に角立たせて仕舞えばなんとかなる……ならない?

この思考法を抽象的に表すならば

壁という逆境にあっても
他を立てることを忘れるな

ということになります。
そこで立てた誰かが何かの折りに
支えの点になることは想像に難くありません。

貧すれば鈍するでは壁は超えられません。
ですが苦しくないといえば嘘でしょう。

苦楽の平行を垂直に変えてしまう
最たる教えは
『何事も楽しく処理しましょう』に
落ち着くのかなと思いました。

他を立てれば壁が立場に変わり
壁が後ろ楯に変わる、と
まとめさせていただきます。

『なぜ二次元は情報の壁なのか』

今回の考察は手前味噌も甚だしいのですが
正直に申し上げまして
なかなかによく出来たものではないか
という自負がありました。

最優秀賞も狙えるのではないか!
というすけべ心もあり

あんまりにもアレなレポートでは
掲載されないし
ノミネートされたところで
実名付きで出てくるので
少し具合が悪い……
(当院の患者さんはよく妙見活法ブログを読まれています)

ので
真面目ぶってインテリ臭く
小綺麗に畳むつもりでしたが

講座本文で
千葉吉胤妙星司家が

あゝカワサキの風恋し(意訳)
と書かれていました。

執筆作業に追われて
「飽きてきた……」との
一言もありました。

これらのメッセージを鑑み

「お前がやらねば誰がやる!」

と後押しされたつもりで
カワサキにおける二次元の考察を
させて頂きます。

『なぜ二次元は情報の壁なのか』
あらため
『パネ抜けの術』

世の盛り場には
虚実が入り混じり
黄河のように雄々しく流れています。

その際たる例が
パネマジと呼ばれる現象です。

正式名称をパネルマジックといい
多くの冒険者を失意の底に飲み込みます。

世の男性は二次元に翻弄され
三次元に打ち砕かれるのです。

二次元における瀬戸朝香が
三次元における浅香光代であったり……

二次元における米原涼子が
三次元における朝青龍であったり……

このように夜の戦さ場では
二次元からの脱却は容易な事ではありません。

しかし
夜の戦さ場は修羅の巷ですから
夜討ち朝駆けは勿論
挟撃騙し討ちも戦略の一つです。

兵たちは須らくこの二次元の罠を掻い潜り
突破しなくてはならないのです。

皆さんにお話ししたことはございませんが
実は私その昔、アイコラを作る作業に
従事していたことがあります。

アイコラと言われても
ピンとこない方も多いと思います。

アイコラは、
正式名称をアイドルコラージュといい
アイドルの顔に裸のねーちゃんの写真を
組み合わせるという代物です。

一昔前は
世に出回るアイドルの流失写真の大半が
このアイドルコラージュでありました。

そんな作業をかじっていたものですから

浅香光代を瀬戸朝香に
することはできませんが

浅香光代を杉田かおるくらいには
偽装することができます。

従いまして、
昨今過剰に行われている
宣材写真の修正が
どのように行われているかは
ある程度察しがつくのです。

今回の考察では
壁抜けならぬ
パネ抜けの術について書かせて頂きます。

お手元のスマホで、カワサキのサイトを開き
適当に写真を選んでみてください。

大半の写真が鼻から下を手で隠したポーズで
撮ってあることに気付かれたでしょうか。

全身写真であれば
体を微妙に捻らせて斜めのラインを使って
撮影されているものばかりだと思います。

体型を細く見せるならば
このビミョーなヒネリを入れるのです。

なお、立位であっても
微妙に体を側屈させているものを
森下悠里ポーズと言います。

この技法はグラビアアイドルの
身長とスタイルを錯覚させる際に
現在も活用されています。

逆に、
指名上位の方の写真の中には
鼻から上を隠している構図のものが
散見されるかと思います。

ここがパネマジの壁を
お店の後ろ楯に変える転換点なのです。

これがパネ抜けの術の要諦であると
言っても差し障りないでしょう。

鼻から下を出しているプレイヤーは
二次元の罠を巧妙に逆手どり
匿名性を保ちながら隠れた『当たり』
であることをさり気なく示しています。

二次元における修正において
一番難しいのが『鼻から下』なのです。

鼻から上、首から下は
如何様にもなります。

ですから『鼻から下』を
出している方は
美貌に自信があると言えるでしょう。

思うところのある方は
この妙法を胸に携え
出陣してみてください。

「この商売顔じゃねえんだな……」

という結論に落ち着くことでしょう。

『終わりに』

ここ数回に渡り
再考察の形式を変えて
学理講座考察に臨ませて頂きました。

特に秘伝書の考察におきましては
皆様の考察レポート後に
再考察させて頂くことで
新たな観点という別の立場を
作って頂けました。

今回はまた別の立場を取ってみたく
千葉雅胤玄峰さまの教え
叔母さまの教え
妙見活法秘伝書の項は触れずに
第一次考察レポートとさせていただきます。

お読み頂きありがとうございました。

妙見大菩薩様
千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
受講会員の皆様

ありがとうございました。
お陰様です。

稲城市平尾
津端雄大郎

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。