正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年3月15日

 この記事は約 6 分で読めます。

正伝妙見活法協会
第33回「妙見学理講座」

~ 外的世界と内的世界の同調 ~

スーパープレミアム
【北辰羽衣之活】 ~理論編~

課題レポートを提出致します。

始めに前野会長、第33回 妙見学理講座の配信
誠に有り難うございました。

千葉司家、学理講座の作成、無償での提供
そして妙見縁日の御祈願
誠に有り難うございました。

厚く御礼申し上げます。

ハッピーさん
学理講座に関連した画像資料の掲載
誠に有難うございます。

参考資料として活用させて頂きます。

★痺れが一瞬で消滅した臨床

北辰羽衣之活は身体を自由にする
慢性腰痛も一瞬で消滅させる
衣服の操作法でした。

先月はほぼ羽衣之活をメインに
臨床をこなしました。

羽衣之活は本当に使いやすく
良い結果がたくさん出ました。

お陰様で不思議な治療とご評判頂き
紹介が紹介を呼んで2月の新規患者数は
30人を超えました。

内なる世界が外側に表現されるものは
所作と服装
商売のコツは行動も服装も
「嘘」をつかない事
また治療の極意だとありました。

「服」は表と裏がきちんと有ります。

人は嘘をつきますが
服は嘘をつきません。

人を相手にしないから
嘘をつかない服相手だから
臨床も簡単に楽にこなせました。

2月一番印象に残った
驚きの臨床がありました。

足の痺れ、肩凝り腰痛、不眠症状のある
60代女性の方でした。

疲れ切っていてあちこちが痛い
一番は足が痺れて辛いと
本当に大変な状態でした。

奥伝会 北辰羽衣之活 其の二に参加後の臨床で
早速試しに実践しました。

始めに座位か仰向けかを
選んでいただき(仰向けを選択)
羽衣バージョンのパス、10タッチほどで
トランスに入れました。

その後、痺れた足を左右それぞれ羽衣で包み
ゆらゆら月へと先導する(舞い)
羽衣之活奥伝其の二をやりました。

しばらく「待つ」こと数分
両膝部分の羽衣と両足首後ろ側付近の羽衣に
指を被せ膝をスッと立てた瞬間

「先生、痺れが無くなりました⁉︎ 嘘みたい…」

と患者さんが言われました。

「嘘、嘘」と言いながら「真」の事実を
何度も確認して徐々に安堵感に
包まれて行かれました。

数分待った後の一瞬の衣服の先導
一動作だけで長年の辛い痺れが
消えてしまいました。

実質患者さんの中身には触れない
衣服操作だけの臨床でした。

羽衣之活は服を相手にするので
完全に滅私で対応できます。

ついでに肩凝り腰痛も一切感じないと言われ
一括で正す一瞬一括治療に成功しました。

トランス状態に入って一旦待ってる間に
「これで今日からガーガー鼾をかいて
寝れますよ…」と暗示を入れておりましたが
後日何年か振りにぐっすり眠れて
不眠も解消されたとの事を
娘さんから聞きました。

零への道作りはやはり引き算に限ります。

★見切り

先月は羽衣之活の実践研究を重ねました。

その結果、硬くて伸びない生地で
比較的重量のあるぴったりサイズの衣服を
纏っている方
ウエスト部分がキツめのゴムで締め付けられた
ズボンを履いている方の臨床は
中々良い結果が出づらい傾向にありました。

しかし、妙見会で特別相伝して頂きました
北辰卍之活「どうせ戻ってしまうもの…」
の極意から服の戻し方次第で
逆手にとれる事が分かりました。

広げ方、畳み方、膨らませ方、縮ませ方
浮かせ方、沈め方、行って戻る戻しの工夫で
衣服との関係を良くして差し上げられれば
結果はきちんと表れました。

見切りについて千葉先生が
「どこでもいいんだけど…」
と仰っていたのを思い出し
見切れなかった時は「ここ!」と
自分で決めてしまう事で
不思議と結果が出る事が
臨床を重ねて分かりました。

見切りは三方向ベクトル切り
縦横高さの三方向ベクトルから真中心を
手で感知して掴む(風呂敷式)
三方良しでどこでも見切れる事を
結果が教えてくれました。

上手くいかなかったら
仕切り直せば問題ありません。

切って切って切り崩せば見切って見破れます。

スパスパっと失敗も仕着り直していく事が
大切だと分かりました。

★仕事着

現在仕事着は作務衣を着用しています。

作務衣の前は整体師が良く着ている
制服でやっていました。

今思い返してみると
経営状況が上向きに変化し出した時期に
作務衣に替えていた事に着付きました。

妙見経営法から自院の色や味を統一させる
大事を学び千葉先生からワッキーくんとこは
作務衣がいいんじゃないかと
アドバイス頂き衣替えしました。

過去の売上状況を調べてみたら
作務衣に替えた時期と
売上が伸び出した時期が
完全に一致している事に驚きました。

作務衣の前の仕事着は
あまり伸びない生地のぴったり目のサイズで
チャックとボタン式のものでした。

そういえば肘や膝部分が曲げると突っ張って
邪魔な感じが常にあったのを思い出します。

全然着こなせてなく服に着せられていました。

院のカラー、コンセプトとも不一致でした。

思い切って少々値段の張る良い生地の
作務衣(看板カラーの黒)に替えた時は
もの凄く気持ち良かった記憶があります。

最近は院内カラーに合わせて
焦茶の作務衣も購入し着用しています。

自院のカラーとコンセプト、色と味の統一
服の纏いの大事を身をもって
今回学ばせて頂きました。

作務衣は軽い、楽、気持ちいい、余裕がある
古く歴史のある妙見活法と相性が良いなど
利点がたくさんありますが
一番気に入っているのは紐で締める所です。

必ず施術に入る前は服の紐を
締め直してから治療に臨みます。

ゴムやベルト、チャックやボタンと違って
紐だと丁度いい具合に調整が効きます。

上半身、腰、足首の締め具合はすべて
紐で調整できる作務衣を着てますが
ストレスをまったく感じさせません。

自分で締める所に服との良い関係を築く要素が
含まれているのではないかと思います。

何事も始めが肝心
仕事初めは仕事着を着る所から始まります。

始まりから狂っていれば
何でも上手くいきません。

着こなし、着方、脱ぎ方、畳み方
衣服と上手に付き合っていくよう
心掛けたいと思います。

★実空間の纏い

最近、東京の久保かっちゃんと
京都の三輪ちゃんから岐阜の妙見活法の
口コミで患者さんがご来院されたと
教えて頂きました。

どの患者さんからの紹介か口コミかは
わかりませんがおそらく
正伝妙見活法協会HPの認定院をご覧になって
来院されたのではないかと思います。

岐阜の田舎から東西の都まで
口コミが広がっていたのには驚きました。

全国には正伝妙見活法協会会員の経営される
認定院が各地にある事はとても心強いです。

この口コミは実空間と仮想空間の
両方がなかったら実現されていません。

アナログとデジタル、半分ずつ偏らずに
力を注ぐ事が大切だと以前お話がありました。

先輩や助け合う仲間から直接会って
色々共有したりアドバイス頂いたり
メールでご指摘頂いたりと
実空間を纏っている事は本当に有り難いです。

アナログとデジタル両方大切にし
正伝妙見活法協会という実空間の服の中で
「福」も訪れる正しい服の纏い方を
見習ってまいりたいと思います。

千葉司家、この度は妙見学理講座を
開講して頂き誠に有り難うございました。

以上を持ちまして
課題レポートとさせて頂きます。

岐阜瑞浪 龍門整体療法院
•*¨*•.¸¸☆*大脇妙元*¨*•.¸¸♪

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。