正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年4月15日

 この記事は約 13 分で読めます。

【北辰応天之活】

~遠心と求心 往復の一本道~

妙見活法学理講座
~優秀レポート ノミネート発表~

☆☆☆☆☆☆☆ ☆

■はじめに
…………………………

正伝妙見活法協会司家 千葉吉胤妙星です。

第34回 妙見活法学理講座 北辰応天之活
「 ~ 遠心と求心 往復の一本道 ~」

今回も本家本元の私、千葉吉胤妙星より日本で唯一現存する貴重な「妙見活法秘伝書」を紐解き、皆様に理解しやすいように工夫を凝らし解説文書を学理講座として無償提供いたしました。

製本時には200ページを優に超える専門書としての学理解説の提供でしたが、私なりに専門用語を省き極力安易に表現するように努めました。

今回で34冊目の学理解説書になります。

さらには、由利はるな初日秘書が、学理講座のための資料をホームページに掲載してくれました。

今回は、前回に引き続き私が約30年前に毎日新聞に3年間連載していた「活法健康講座」を公開しました。
当時の新聞の切り抜きをスキャンしてもらったので少し読みにくかったと思いますが御要望があれば、さらに続編として掲載してもらおうかなと考えています。

これも由利の「皆さんのために、もっともっとグレードアップさせましょう!」との無私の頼みで了解したものです。
現状に満足していては生成化育は起こりませんね。

与えられる感謝は足るを知らなければなりませんが、与える者の責任は足るを知ってはならないのです。
この資料により学理講座の理解に新たなイメージが加われば幸いです。

■受講した皆様へ
…………………………

さて、受講された会員の皆様、課題レポートの提出、大変お疲れ様でした。

私も学理講座の作成に苦労しましたが、皆さんもレポートの作成は大変だったでしょう。

「北辰応天之活」は「~遠心と求心 往復の一本道~」と示されているように「末梢に向かうベクトル」と「中枢に向かうベクトル」この二つの相反する方向ベクトルが一本の道で行われている事を理解する事から始まりました。

なお、学理講座を受講された方は、妙見活法を理業共に修得された証として相伝証を取得する事が出来ますので御希望の方はお申し込みください。

さて「北辰応天之活」は非常に奥が深い世界ですので、ここでは少し学理講座の捕捉をして行きましょう。

■全ての道は往復の一本道
…………………………

入り口は、出口……
向かう道は戻る道……
左に向く事は、他を右に向ける事……
上に行く事は、他を下に下げる事……
頭下げ下げ頭上げ……
大きくなる事は、小ささを大切にする事……
喜びは、悲しみを忘れない事……
強さは優しさである事……
言葉と行動は同じである事……
言動と行動には必ず責任が伴う事……

これらは妙見活法の大切な作法の基本でしたね。

■身体は有形 心は無形
…………………………

さて、私達は身体の不具合を治す、あるいは戻すと言う仕事を天職としています。
もちろん、そこには心の世界をも含みます。
しかし、天職と自信を持って言うのであれば天が応えてくれなければ何も始まりませんし、その道で成功する事は当然ながら無理な話になってしまいます。

さて、形の世界を少し説明して行きましょう。
簡単に言い表しますと、身体(肉体)は、その形を目で確認する事が容易に出来ます。
さらには、その人の人生観まで想像する事さえ出来ます。
身体とは、その人の毎日の積み重ねが形を作り出しているのです。
要するに毎日をどう生きているのかが「形」として目に見えるわけです。

さて、お分かりになりますか?
身体は生きるための具ですから身体の形とは、その人の「生き形」なのです。
先程お伝えした「全ての道は往復の一本道」……
これはまさしく「生き方」の大事でした。
結論を申し上げましょう。
身体は「生き形」を表し、心は「生き方」を表しているのです。

■往復の一本道は、お互い様の道
…………………………

自分の物は自分の物、他人の物も自分の物……
自分さえ良ければ、他はどうなろうとお構い無し……
他人の物までも全てを貪り食ってしまう……

こんな心の「生き方」をしていれば、身体の「生き形」は、過剰な栄養摂取により血中の濃度は限界をはるかに越えてしまうでしょう。
全てを自分だけのものにしてしまうために循環させる意味が理解出来ません。
当然ながら身体の循環器系を患ってしまいます。
足るを知らぬゆえに身を崩してしまうわけです。

これらを認識すれば、身体と心も「往復の一本道」である事が理解出来ると思います。
その「生き形」と「生き方」の往復の一本道の結果の有り様が「生き様」になるわけです。
この「生き様」を自ら穢した者を「無様」と言います。

「一線を引く大事……」
この一線とは「往復の一本道」だったのです。
これが妙見活法の基本理念「仁」の本質なのです。

■人とは
…………………………

いくら綺麗事の御託を並べたって不具合を「治す」あるいは「戻す」と言う事は「自己制御」が思い通りに出来るようになるのか、それが出来ないのかになるのです。
「人」とは、古来「霊人」(ヒト)と表していました。

この文字からも分かるように「人」とは物質的な世界と精神的な世界の「往復の一本道」で成り立っている事が容易に想像出来ると思います。
一言で言い表すと「理性」ですね。

この「理性」のかけらも全く無い者を昔から「人でなし」と言います。
すなわち生き物ではあるけれど「人」とは言えない、霊性を伴わない「妖怪」の扱いをされて来たわけです。
「妖怪」とは「魂」が穢れていますので濁点を加えられて「騙し」を得意とし、後ろから切りつける「裏切り」を好みます。

物質と精神が合理的に「人くくり」になっているのが「人」であるわけです。

「人くくり」とは「理性」を整える事なのです。
この「理性」こそが、あらゆる「合理性」を作り出します。

そのためにも、きちんと「自己制御」が出来る状態になる事が理想になるわけです。

■北辰応天の活は、自己制御の世界
…………………………

自己制御出来ない……

これは、限界を越えても全く認識出来ない状態です。
ブレーキが全く機能しない状態ですね。
そのために歯止めが効かないわけです。
だから、見境無く他人の物までも全てを貪り食ってしまうのです。
根こそぎ貪り食ってしまうために「根絶やし」になってしまいます。

「後はペンペン草も生えない……」

これでは国家だろうと組織だろうと発展のしようがありません。
当然ながら農業でも漁業でも林業でも同じですね。
根絶やしにまでしてしまっては、次の命に繋がらないのです。
実は、身体も全く同じなのです。

これは、自然治癒の限界を越えてしまっている危険な状態ですね。

さて少し集約しましょう
作物も海産物も伐採も、収穫がイコール増やす道になっていなければならないのです。
これが「往復の一本道」の要諦なのです。
「制御」がある収穫ならば、後は「思い通り」に自動的に増えて行くだけです。

北辰応天之活とは「思い通り」に「自己制御」が出来るように、一瞬で仕上げてしまうものだったのです。

単刀直入に言いましょう。
我々は、患者さんの身体を「自己制御」できる身体に戻す役割を持っているわけです。
そんな治療家自身が「自己制御」出来ないようでは治療家として成り立たないのは自明の理ですね。

■自己制御の世界とは
…………………………

権力を持った者は、その権力を抑制しなければなりません。
力を持った者は、その力を抑制しなければなりません。
強さを持った者は、その強さを抑制しなければなりません。

抑制出来る事が「自己制御」の基本になるのです。
フルスロットルもブレーキも自由自在に出来る事……
これが本来の「健康」なのです。
「健康」とは「強さ」と「優しさ」の事なのですよ。

優しさを持った者は、その弱さを抑制しなければなりません。
熱意を持っている者は、頭に血を昇らせてはなりません。
冷静な者は、暖かさを忘れてはなりません。
豊かな者は貧しさを助けなければなりません。

本物の治療とは「生き形」の整えなのです。

■本当に一瞬で治せる手技治療家に
…………………………

私達はプロと名乗る以上、本当に一瞬で治せる手技治療家にならなくてはなりません。
そのために「治る」(戻る)と言う事実を提示しなければならないわけです。

ゆえに、正伝妙見活法協会の会員であれば、治せなくても仕方がないなんて甘ったれた考えは一刻も早く捨てなければならないのです。

これから益々競争が激しくなる手技治療整体の業界で生き延びる唯一の方法は、本当に一瞬で治せる事に尽きます。
そしてインパクトを与えなければ始まらないのです。
この命題を実現するツールを、特に奥伝会で私は皆様に隠さずに提供しているのです。

私達は治療を商いとしています。
ならば、一瞬で治せなければ何も始まらないのは至極当然の事でしょう。
本当に一瞬で治せる……
「一瞬」で「全」を造り出す……
「一瞬で生き形」を変える……

あなたが必要としているもののはずです。

■エネルギー療法の真実
…………………………

正伝妙見活法協会のエネルギー療法は、実際に「目に見えるエネルギー」、「感じられるエネルギー」、「触れられるエネルギー」、「聞こえるエネルギー」そして「物理的に証明できる」エネルギーです。

実際に「黄金比」の活用法、「将門公の白馬」の自動運動、「四角の中の円」、「二次元から立体化する星」、「円の中の星」の実証、そして「宝珠」の真の姿、「龍神」の声、あるいは三次元が通す「龍の道」、「曼荼羅」の立体化、「鍵手」が生む張力、「丁の入れ替わり」、「壁抜け之術」そして「縄抜けの術」、「一括引き」、「蜻蛉切り」、「超し兜」、「プラズマの手」、「一の鴇」、「羽衣天女」が生み出す月の活殺、「電電太鼓」が構築する応天の真実など……

全てが目で音で手で本物のエネルギーが確認出来たはずです。
その「奥」にはインパクトの世界があなたを待っているのです。
あなたをヒットさせるために……

天が応えてくれる人は「真実」のみを信じます。
天が応えてくれない人は「嘘」に惑わされます。
惑わされるのは自己制御出来ないからなのです。
応天とは往復の一本道すなわち「一線引き」の世界だったわけです。

■本物のエネルギー療法
…………………………

正伝妙見活法協会の一瞬治療は誰にでも再現出来る本物のエネルギーだと言う事が理解出来たはずです。
何も特別な事ではなく、ただの自然界の物理的現象だと言う事です。

だからこそ自然に作法が成立していなければなりません。
不自然な話や動き、あるいは悪意の扇動に惑わされてはいけませんね。
悪意の扇動は、善意の気力を貪り食って根絶やしにします。
そのために身体の「根気」を根こそぎ持って行かれてしまいます。

身体や精神の不具合も、これらに惑わされてしまっている状態なのです。
国家や組織の不具合も全て同じです。
「北辰応天之活」の極意……

それは各階層に於ける真実(正しい動き)を繋ぎ合わせる事に尽きるのです。
これこそが各「主部」各「首部」の善なる同調なのです。
これが今回の学理講座の補足の要諦でした。

今後は、どのようにこの星物語のエネルギーは展開されて行くのか想像を巡らしていてください。

さて、
今回の学理講座はいかがでしたか?

まさしく、プロフェッショナルな手技治療家のためのプロフェッショナルな北辰のエネルギー療法の世界の学理講座だったのではと思います。

選ばれた人だけが受講出来る、選ばれた人のみの、選ばれた人だけのための学理講座でした。

総ての基本は「往復の一本道」です。
相手の立場を知る事から始まる「仁」と「相互性」を構築せよ!と言う事です。
「遠心」には「求心」が伴わなければなりません。
行く道は帰る道……
これは「反省」出来る事ですね。
きちんと反省出来る事で「生き形」を変える事が出来るのです。

「生き形」の集大成が身体なのです。
「行き方」の集大成が精神なのです。
「生き様」の集大成が霊性なのです。
「生き甲斐」の集大成が愛なのです。
「生き恥」の集大成が強欲なのです。
「粋」の集大成がさりげなさなのです。

これが本物の応天の「気づき」になるわけですからよくよく認識してください。

これを受講され理解出来たならば、私達の治療が信用の厚みを増して、地域一番の実力を発揮出来るのは間違いありません。
何と言っても本物の神業なのです。

そして、真実の応天(仁)を作った上で一刻も早く売り上げの伸ばしに運ばなければなりません。
現実に売り上げが倍増している治療院も続出しています。

さらには集団一瞬一括難病治療を成功させた会員も出て来ました \(^o^)/
ものすごい本物のカリスマ治療院になっていますよ!

何と言っても本当に一瞬で不具合を消滅させてしまうインパクトなのですから、大ヒットするのは当たり前の事でしょう。

これが、1000年の歴史を有する唯一の本物の成せるものなのです。
あなたにも必ず出来るのです。

大切なのは真実の「気づき」なのです。
ブレていては何も始まりませんよ……。

■一期一会
…………………………

この「学理講座」は、正伝妙見活法協会会員だけの「宝物」であるはずです。

一般的には超常現象とされるものでも、正伝妙見活法協会では、誰にでも出来るように理論的裏付けを伴い指導しています。

特に、3月に開催された奥伝会と妙見会のDVDは手に入れなければ一生の損失になってしまう貴重な公開のものでした。
この「応天の本質」の物理的証明は圧巻としか表現出来ない神業の秘伝を公開しています。

ここには、本来公開しない予定であった「秘技」の奥義さえ収録されています。
有り得ない治療を有り得る治療として公開いたしました。

そのために、入手を逃してしまった数人の会員のために、特別に追加対応いたしますので、

4月25日までに申し込みをされれば可能といたします。

必要と思われる人にとっては、全会員必修とすべき見逃せない高度な内容のオンパレードです。

とにかく、治療に於ける観念が一転する驚愕の秘伝を公開いたしました。

これこそが、本物……!
この一言に尽きる教導だったはずです。

しかし「一期一会」……。

■ノミネート 発表
…………………………

さて、今回も甲乙付けがたい優秀なレポートばかりの中で精査した結果、以下の会員の皆様のレポートがノミネートされました。

提出されたすべてのレポートが、大変高度で参考になるものばかりでしたので、選考にとても悩みました。

皆様のレポートをお読み戴き、再考察レポートを今月の25日までに提出してください。
幾重にも幾重にも「広がり」と「厚み」が螺旋の如く増していくはずです。
本物の理・術を共に修得し、本当に治せる豊かな治療家になりましょう。

そして、希望者には相伝証も発行しますので、ぜひとも治療院の絶対的な信用を高める裏付けに活用しましょう。
ただし、本当に一瞬で治せる治療家を目指している方のみの話です。

今回は、HP公開優秀レポートとして、岐阜県の妙見活法の天才こと大脇妙元先生 と、東京都の妙見活法の秀才こと坂下武幸先生が選出されました。

学理講座の特別参考書になる素晴らしい価値の有るレポートです。

学理講座と併せて永久保存版として扱ってください。

また、貴重な素晴らしいブラックスター★★レポートとして二人の先生がノミネートされました。

このレポートも一読の価値と一毒の価値を備えている妙見活法ならではのレポートです。
腹痛を覚悟しながら、ぜひお楽しみください。

ブラックスター★★ノミネートは「禁」と「マル秘」が多いため、ホームページではちょっと掲載不可ですので、メルマガ読者だけの楽しい特典になります。
存分にお楽しみください (^_^)v

以下、記載順位は提出順によるものです。

…………………………………………………………………………

~優秀レポート~

1、伊藤良太一玄先生 (宮城県) ☆☆

2、牛込喜浩玄聖先生 (東京都) ☆☆

3、大脇猛妙元先生 (岐阜県) ☆☆☆

4、栴壇芳之妙乗先生 (千葉県) ☆☆

5、松本英司先生 (静岡県) ☆☆

6、阪野裕介先生 (愛知県) ☆☆☆

7、梅原二郎妙順先生 (東京都) ☆☆☆

8、橋本泰造先生 (京都府) ☆☆

9、松井孝之先生 (大阪府) ☆☆

10、宮島広介先生 (東京都) ☆☆

11、佐々木真吾先生 (静岡県) ☆☆☆

12、三輪哲朗先生 (京都府) ☆☆

13、新保直人先生 (新潟県) ☆☆

14、糸山礼子先生 (神奈川県) ☆☆

15、杉渕秀登修玄先生 (神奈川県) ☆☆

16、杉山尚秋先生 (静岡県) ☆☆

17、神谷早耶先生 (東京都) ☆☆

18、有賀政了先生 (長野県) ☆☆

19、坂下武幸先生 (東京都) ☆☆☆

~メルマガ限定お楽しみレポート~

① 玉川妙蓮先生 (愛知県) ★★ (;´д`)

② 山下建先生 (神奈川県) ★★ (´д`|||)

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。