正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年6月15日

 この記事は約 18 分で読めます。

■はじめに
…………………………

正伝妙見活法協会司家 千葉吉胤妙星です。

第36回 妙見活法学理講座 北辰卍之活
「 ~ 戻りの美学 ~ 」

今回も本家本元の私、千葉吉胤妙星より日本で唯一現存する貴重な「妙見活法秘伝書」を紐解き、皆様に理解しやすいように工夫を凝らし解説文書を学理講座として無償提供いたしました。

製本時には200ページを優に超える専門書としての学理解説の提供でしたが、私なりに専門用語を省き極力安易に表現するように努めました。

今回で36冊目の学理解説書になります。

さらには今回も由利はるな初日秘書が、学理講座のための資料をホームページに掲載してくれました。

今回も、前回に引き続き私が約30年前に毎日新聞に3年間連載していた「活法健康講座」を公開してもらいました。
当時の新聞の切り抜きをスキャンしてもらったので少し読みにくかったと思いますが御要望があれば、さらに続編として掲載してもらおうかなと考えています。

これも由利の「皆さんのために、もっともっとグレードアップさせましょう!」との無私の頼みで了解したものです。
現状に満足していては生成化育は起こりませんね。
現状維持の考え方は退化の始まりなのですから。

「戻りの美学」……
さて、どこに戻りましょうか。

■戻りの本質
…………………………

「昔は良かったなぁ……」
よく言われますね。
昔の何が良かったのでしょうか (^_^)

疲れたら寝れば疲れは回復し戻ります。
これは単刀直入に言えば、深呼吸による「空気の入れ換え」です。
身体を動かさずに内部の空気交換をしているわけですね。

外出すれば家に戻ります。
これは外の空気と家の中の空気の交換です。
ヤマケンは、やる事をやれば母艦に戻ります ( ´△`)
空母ですよ!

何かに間違ってしまっても、きちんと反省して行動を改めれば信用は戻ります。
これは風紀や気風の入れ換えです。

夫婦喧嘩しても、お互いに話し合って納得すれば元のさやに戻ります。
これは同じ空気を吸う仲に戻ると言う事です。
風通しが良くなりますね。

こんなところからも「戻る」とは「空気」と深く関わりがある事が伺えますね。

さて「空気」との関係以外には何があるでしょう。
「戻る」って一体何なのでしょう。

答えを言いましょう。
「戻る」とは「繰り返し」の「ひとコマ」の事なのです。
「繰り返す」とは「反復」する事ですね。
難しい話でも、繰り返して説明されれば納得も出来ますよね。
スポーツなどでも何回も何回も繰り返しの練習を重ねて上達を目指します。
これを「反復練習」と言います。

「反復」とは「回数」の「連なり」の事なのです。
「回数」と言う言葉も面白くないですか?
「1回」とか「2回」って……
これって、回っている表現だと思いませんか?

「北辰卍之活」は、日常の事象の基本中の基本となりますので、とても奥が深く重要なものです。
今回も少し学理講座の捕捉をして行きましょう。
チョイと長くなりますが、しばらくお付き合いください。

そして、話は変わりますが学理講座のレポートの提出が締切日の14日の7時ギリギリに20件近くの方から本部に送られて来ます。

私は、そのレポートをすべて精査してから、この文章を作成しています。
どんな部分が理解されたか、あるいはどこの部分が難解であったかを確認して、ここに補足として作成しています。

今までは、徹夜作業で15日の朝7時にはメルマガで発表していましたが、提出された皆さんのレポートがどんどん高度になっているため、現在とても間に合わない状況になっています。

従いまして、大急ぎでノミネート発表に併せた補足文章を作成しますが、今後は15日の夕方あたりの発表になると思います。


■「戻りの美学」とは
…………………………

さて、今回の「北辰卍之活」の相伝からの学理の修得は如何でしたか?

正伝妙見活法協会の特徴は、新しく入会して初めて学ぶ方も、古くから学んでいる方も、常に「横一線」のスタートから同じレベルで学べる事だと言えるでしょう。
もちろん妙見活法独自の言語や世界観に最初は少し戸惑うかも知れません。
しかし、古い会員を含めて全員が初めての新しい学びになります。

これは、いったい何を示しているのでしょう。

そうです。
常に「一からの学び」を「反復」しているのです。
簡単に表現すれば、毎回毎回新たな修得になると言う事なのです。
これは「回数」の「連なり」なのです。
回る事が連なる……重なる……

螺旋ですね!

さらに簡単に表現すれば「常識及び固定観念の破壊の反復」の「連なり」なのです。
すなわち壊しては作り、作っては壊すの連続ですね。

「作る」のと「壊す」のは「対極」に位置しますから、当然ながら「換気」が抜群になるわけです。

これが妙見活法の「反復」の意味なのです。
そのために、常に「一からのスタート」になるわけです。

これが他所の、思い込み「気功師」やらヘンテコ「エネルギー」やらパクり「ヒーラー」等が開催しているおバカなセミナーとの違いになるわけです。

■対極のシステムと極意
…………………………

「北辰卍之活」は対極からの強烈な「換気」がキモになっていました。

この対極の世界も、とても深い世界になりますが、今回はその重要な部分だけをピックアップして解説しましょう。

東洋思想では「対極」を「陰陽」として捉えますが、妙見思想では「対極」を常に「流動の連なり」と捉えます。
だから「強い回転力」が勝手に起こってしまうのです。
なぜ回転力が?とお思いでしょうから少し解説して行きましょう。

例えば「右」の対極は「左」になりますが「左右」の対極構成が成立した瞬間には、その対極は「前後」に移ります。

「前後」の対極構成が成立した次の瞬間には、その対極は「上下」に発展してしまいます。

では「上下」の対極構成が成立した次の瞬間には、その対極は何になるのでしょうか?

「上下」の対極構成は「位置エネルギー」を潜在化します。
すなわち「落下エネルギー」ですね。
これは物理学的な「エネルギーの法則」ですから仕方ありません。

この「落下エネルギー」の対極は当然ながら「反動エネルギー」になります。
その代表が「空気抵抗」ですね。
物は落下してくると、かならず「抵抗」を受けます。

これの対極は縦方向に対する横方向ベクトルの「メトロノーム」のような「左右の反動エネルギー」になります。

さて、ここが重要な部分になりますよ!
「左右の反動エネルギー」の対極は何でしょう?

すなわち「左右の反動エネルギーが無い」と言う世界が瞬間的に対極として成立してしまうのです。

答えを言いましょう。
「左右の反動エネルギーが無い」とは、そのものズバリ「卍の回転」なのです。

■卍の極意公開
…………………………

実は、このシステムこそが「卍満天之法術」が、勝手に生成化育を一瞬で成り立たすものなのです。
この無限の「大回転」が「一斉換気」を起こすわけです。

すなわち「卍の回転」とは、これだけの潜在的なエネルギーの「連なり」を持っていると言う事になるわけです。

今回は特別にもう少し詳しく解説しましょう。
もう、学理講座の補足を越えてしまいそうです ( ´△`)

部屋の暖かい空気は上昇します。
冷えた空気は下降します。
これは膨張と収縮による質量変化によるものです。
すなわち、空気は温度により上下移動をしているわけです。

さて、ここで「換気扇」の出番です!

壁に備えた「換気扇」を作動させると当然ながら空気は横移動します。
天井に備え付けたシーリングファンを作動させると室内の空気は撹拌され均一化されます。

暑い日に扇風機に当たると涼しさを感じますね。
これは何故でしょう?
そうです!
体温を奪うからですね。
体温を奪う?

これって温度と言う身体の熱エネルギーを空気中に移動される事ではありませんか?

これが「北辰卍之活」及び「卍満天之法術」の真相だったのです。

結論を言いましょう。

「北辰卍之活」とは、一瞬で「反」のエネルギーを空気中に移動させる事により、不具合を物理的に身体から消滅させてしまう活法だったのです。

この解説は、今年の3月に京都で開催された僧侶向けの「仏門 妙見法術相伝法会」にて「~卍の極意 悟り~」として私が講義解説したものです。

どうって事ないでしょ!

一瞬で不具合が消滅するなんて不思議でも何でも無い普通の物理的な現象なのです。

■私達の対極
…………………………

この「北辰卍之活」の構成の基本物理は「大回転」による「大換気」でした。
その「大換気」を成立させるものが「対極」そして「連なり」でした。

私達は、本当に苦しんでいる悩んでいる困っている人達を救済する天職についています。
そのために実技はもちろんのこと学理もしっかりと身に付けるように努力しています。
正伝妙見活法協会会員の方達は、本当に腕が凄い勢いで上がっていますし、人間力の上昇も半端ではありません。

これは学理講座のレポートを読めば一目瞭然です。
これは「陰徳」の重ねですね。
これも妙見のシステムのお陰様によるものです。

では、私達の「対極」にある者とはどのような人なのでしょうか?

「陰徳」の対極は何でしょうか?
「陽徳」ですか?

まだまだ「回転」が鈍く「固定」がありますねぇ。
「陰徳」の対極は「隠匿」なのです。
「陰徳」も「隠匿」も対極ゆえに共通点があります。
それは「バレないように……」と言う事なのです。
人知れず努力する……
人知れず相手を立てる……
これも「バレないように」でしょ!

ゆえに私達が求めている「陰徳」の対極とは「隠匿」が大好きなヘンテコなパクり屋セミナーの主催者なのです。
患者さんを救済する気持ちなんて端からありませんし、バレなければパクっていれば楽だし、自分を大きく見せる事が出来ると思い込んでいるわけです。

現実に、毎回毎回ネタ探しのために正伝妙見活法協会に入会を希望したりDVD会員になりすまして、相変わらずのパクりセミナーを堂々と開催している困った指導者?も後を絶ちません。

本当に笑えますが「北辰鏡月之活」のDVDを入手して、なんと「鏡のワーク」なんてヒーリングセミナーまでやらかしてしまうのですから救いようがありません。

「人様にものを教える」と言う事の対極は何でしょうか?

この対極は「責任」なのです。


■正しいスタート地点とは
…………………………

「徳」も積み重ねる事が大切です。
しかし「ウソ」も積み重なりますね。

「積み重ね」とは「スタートの繰り返し」です。

さて正しい「スタート地点」に「戻る」とは何でしょうか?

「反復」するには「スタート地点」に戻らなくてはなりません。
もちろん自然に「螺旋形」が構成されますから横から見たら、その高さは全く異なります。
妙見活法は「引き算」の治療学です。「スタート地点」には何が「引かれて」いるのでしょうか?

そうです!
「一線」が引いてありますね。
お分かりになりましたか?

「戻りの美学」とは、自分に「一線」を引く事から始まるのです。
すなわち「一線」を引いたところに戻れば事は成立するのです。

豆腐に包丁で「一線」を引いてみてください。
豆腐は二つに分かれますね。

「ひとつ」だった豆腐は「ふたつ」に質を転換したわけです。
「天下分け目の関ヶ原」です。
これを「反復」して行けば、最後はペースト状態になってしまいますね。

せっかく「豆乳」を「ニガリ」で固めたのに……

どうせ戻ってしまうのだから……

■スタートライン
…………………………

妙見活法は「スタート地点」への「反復練習」を重ねれば良いのです。

「スタート地点」には「一線」が引いてありましたね。

そして、もうひとつ……

「スタート地点」とは「端」の事ですね。
パクりではなく本当の「ヒーラー」になるコツとは……

だから「恥」を知る事なのです。(^_^)v

きちんと認識すれば上達しますよ!
ヒーラーさん……(^_^)

■連なりの世界
…………………………

「北辰卍之活」の要諦のひとつは「連なり」の大事でした。

さて、この「連なり」についても少し学理講座の捕捉をいたしましょう。

世間で言う「守護霊」やら「指導霊」……
これも、ただの「連なり」に過ぎません。

では「連なり」とは一体何の事なのでしょう。

「極意は日常にあるのです……」

そう言えば、これもヘンテコ治療のセミナーにパクられましたねぇ( ´△`)

「学理講座」を受講した皆さんは、宇宙の根元に連なっているのです。
なんと「皇室」にも連なっているのですよ!

えっ! それ、何の事……?

今から説明いたしましょう。

さて、この学理講座を受講した皆さんは当然ながら私、千葉吉胤妙星に連なっているわけです。

私は先祖の千葉常胤公に連なりを持っています。
千葉常胤公は平将門公に連なっています。
平将門公は、桓武天皇の五代として連なっています。
桓武天皇は、皇室の祖である天照皇大神に連なっています。
天照皇大神は天御中主神に連なっています。
天御中主神は天帝妙見神です。
天帝妙見神は宇宙の根元の作用です。

これが「連なり」の本質なのです。

だから、私に連なっている正伝妙見活法協会会員の皆様は妙見からの作用である秘中の秘技「卍満天之法術」さえも相伝される「連なり」を持っていたのです。

全員に相伝したかったなぁ~ (。>д<)

■受講した皆様へ
…………………………

さて、受講された会員の皆様、課題レポートの提出、大変お疲れ様でした。

私も学理講座の作成に苦労しましたが、皆さんもレポートの作成は大変だったでしょう。

それにしても今回も高度な良いレポートばかりでした。\(^o^)/

このノミネートは「ベスト7」としてまとめたいのですが、あまりにも高度なレポートが多くて鬼のような心になってもなかなか選考出来ない嬉しい状況です。
でも、次回からは頑張って「ベスト7」にしたいと思っています。

「北辰卍之活」は「~ 戻りの美学 ~」と示されています。
これは先程も触れましたが「反復」「一線引き」「端を知る」事が潜在的なキモになります。
当たり前の事ですが、とにかく「端」に戻さなければ何も始まりません。
「端」と「端」が「換気」の大事でしたね。

ついでですので、お風呂場の換気のコツをお伝えしましょう。
ドアを全開にしている方はいませんか?
ドアは5センチメートル以内だけ開けて換気扇を回しましょう。

これで「縦の一線」が出来あがります。
そうするとどうなるでしょうか?
吸気が細いために風圧がとても強くなるのです。
「一線の空気流」になるわけです。

本当に水滴が早く乾きますのでお試しください。
どうせ「水」は「空気」に戻ってしまうのです。

だから早く戻してあげましょう (^_^)

あともうひとつサービス!

歯磨きブラシは長く使っているとヘロヘロに拡がってしまいますね。
そんな時は新品に取り替えるでしょう。
何で使っているうちに拡がってしまうのでしょう?

それは口内のあまりよろしくない空気に触れ過ぎたからなのです。
だから、その空気を歯ブラシから遮断しましょう。
すなわち火を止めた熱湯の中に10分ほど入れて空気を遮断すれば良いのです。

なんとビックリ!
新品同様によみがえりますよ (^_^)v

■本当に一瞬で治せる手技治療家に
…………………………

私達はプロと名乗る以上、本当に一瞬で治せる手技治療家にならなくてはなりません。
そのために「治る」(戻る)と言う事実を提示しなければならないわけです。

けっして「ヒーリング」なんて言い方で誤魔化してはなりません。
正伝妙見活法協会の会員であれば絶対に自分の事を「ヒーラー」なんて称さないでください。
「気」と同様に思考停止に陥ってしまいますので、これは禁忌として認識しなければなりません。

ゆえに、正伝妙見活法協会の会員であれば、治せなくても仕方がないなんて甘ったれた考えは一刻も早く捨てなければならないのです。

これから益々競争が激しくなる手技治療整体の業界で生き延びる唯一の方法は、本当に一瞬で治せる事に尽きます。
パクりではありません。

そしてインパクトを与えなければ始まらないのです。
この命題を実現するツールを、特に奥伝会で私は皆様に隠さずに提供しているのです。

私達は治療を商いとしています。
ならば、一瞬で治せなければ何も始まらないのは至極当然の事でしょう。
本当に一瞬で治せる……
「一瞬」で「全」を造り出す……
「一瞬で生き形」を変える……

あなたが必要としているもののはずです。
「一瞬」の「一」とは「恥を知る世界」の基本なのです。


■エネルギー療法の真実
…………………………

正伝妙見活法協会のエネルギー療法は、実際に「目に見えるエネルギー」、「感じられるエネルギー」、「触れられるエネルギー」、「聞こえるエネルギー」そして「物理的に証明できる」エネルギーです。

実際に「黄金比」の活用法、「将門公の白馬」の自動運動、「四角の中の円」、「二次元から立体化する星」、「円の中の星」の実証、そして「宝珠」の真の姿、「龍神」の声、あるいは三次元が通す「龍の道」、「曼荼羅」の立体化、「鍵手」が生む張力、「丁の入れ替わり」、「壁抜け之術」そして「縄抜けの術」、「一括引き」、「蜻蛉切り」、「超し兜」、「プラズマの手」、「一の鴇」、「羽衣天女」が生み出す月の活殺、「電電太鼓」が構築する応天の真実楕円の作用の「韋駄天の術」平らな世界に一瞬で誘導する「鏡の魔力」空を転換させる「卍」の形象など……

全てが目で音で手で本物のエネルギーが確認出来たはずです。
その「奥」にはインパクトの世界があなたを待っているのです。
あなたをヒットさせるために……

■本物のエネルギー療法
…………………………

正伝妙見活法協会の一瞬治療は誰にでも再現出来る本物のエネルギーだと言う事が理解出来たはずです。
何も特別な事ではなく、ただの自然界の物理的現象だと言う事です。

パクり屋さんのように過剰な自己演出なんか必要としていません。

私が凄いのではありません。
自然界の法則が凄いのです。

だからこそ自然に作法が成立していなければなりません。

「北辰卍之活」の極意……

それは「連なり」に感謝し「対極の力」をお借りし「換気」する事に尽きるのです。

今後は、どのようにこの星物語のエネルギーは展開されて行くのか想像を巡らしていてください。

そして、この学理講座の捕捉に対して何かの「気づき」がありましたならば、アウトプットとしてメルマガに投稿してください。
大きな「換気」になりますよ (^_^)

さて、
今回の学理講座はいかがでしたか?

まさしく、プロフェッショナルな手技治療家のためのプロフェッショナルな北辰のエネルギー療法の世界の学理講座だったのではと思います。

選ばれた人だけが受講出来る、選ばれた人のみの、選ばれた人だけのための学理講座でした。

総ての基本は「戻りの美学」です。

これが本物の「卍」の「気づき」になるわけですからよくよく認識してください。

これを受講され理解出来たならば、私達の治療が信用の輝きを増して、地域一番の実力を発揮出来るのは間違いありません。
何と言っても本物の神業なのですから……

大切なのは真実の「気づき」なのです。


■一期一会
…………………………

この「学理講座」は、正伝妙見活法協会会員だけの「宝物」であるはずです。

一般的には超常現象とされるものでも、正伝妙見活法協会では、誰にでも出来るように理論的裏付けを伴い指導しています。

特に、5月に開催された奥伝会と妙見会のDVDは手に入れなければ一生の損失になってしまう貴重な公開のものでした。
この「卍の本質」の物理的証明は圧巻としか表現出来ない神業の秘伝を公開しています。

ここには、本来公開しない予定であった「正座痛一瞬消滅集団治療」の秘技の奥義さえ収録されています。
有り得ない治療を有り得る治療として公開いたしました。

これ、誰にでも出来ますよ……! (^_^)

そのために、入手を逃してしまった数人の会員のために、特別に追加対応いたしますので、6月25日までに申し込みをされれば可能といたします。

ただし秘技「卍満天之法則」の相伝映像は通常の条件とは異なりますのでご注意ください。

必要と思われる人にとっては、全会員必修とすべき見逃せない高度な内容のオンパレードです。

とにかく、治療に於ける観念が一転する驚愕の秘伝を公開いたしました。

これこそが、本物……!
この一言に尽きる教導だったはずです。
しかし「一期一会」……

連なりの構築が出来るかに尽きます。

■ノミネート 発表
…………………………

さて、今回も甲乙付けがたい優秀なレポートばかりの中で精査した結果、以下の会員の皆様のレポートがノミネートされました。

提出されたすべてのレポートが、大変高度で参考になるものばかりでしたので、選考にとても悩みました。

皆様のレポートをお読み戴き、再考察レポートを今月の25日までに提出してください。
幾重にも幾重にも「広がり」と「厚み」が螺旋の如く増していくはずです。
本物の理・術を共に修得し、本当に治せる豊かな治療家になりましょう。

そして、希望者には相伝証も発行しますので、ぜひとも治療院の絶対的な信用を高める裏付けに活用しましょう。
ただし、本当に一瞬で治せる治療家を目指している方のみの話です。

今回は、HP公開優秀レポートとして、岐阜県の大脇妙元先生 と、静岡県の松本英司先生が選出されました。

お二人とも妙見活法の御手本となる素晴らしい価値の有るレポートです。

また、新潟県の新保直人先生のレポートは、今回のトップレポートでした。
絶対にプリントアウトして保存される事をお勧めします。

また、貴重な素晴らしいブラックスター★レポートとして、またまた常連二人の先生がノミネートされました。

ヤマケン、突撃レポートありがとう (^_^)

このレポートも一読の価値と一毒の価値を備えている妙見活法ならではのレポートです。
腹痛を覚悟しながら、ぜひお楽しみください。
頭が痛くなるかも知れません (^_^)
心が折れるかも知れません (/_;)/~~

ブラックスター★ノミネートは「禁」と「マル秘」が多いため、ホームページではちょっとレポート掲載は不可ですので、メルマガ読者だけの楽しい特典になります。
存分にお楽しみください (^_^)v

以下、記載順位は提出順によるものです。

…………………………………………………………………………

~優秀レポート~

1、伊藤良太一玄先生 (宮城県) ☆

2、大脇猛妙元先生 (岐阜県) ☆☆ (HP)

3、松本英司先生 (静岡県) ☆ (HP)

4、栴壇芳之妙乗先生 (千葉県) ☆

5、梅原二郎妙順先生 (東京都) ☆

6、牛込喜浩玄聖先生 (東京都) ☆

7、阪野祐介先生 (愛知県) ☆☆

8、佐々木真吾先生 (静岡県) ☆☆

9、三輪哲朗先生 (京都府) ☆

10、松井孝之先生 (大阪府) ☆

11、橋本泰造先生 (京都府) ☆

12、杉渕秀登修玄先生 (神奈川県) ☆

13、宮島広介先生 (東京都) ☆

14、松野吉伸先生 (愛知県) ☆

15、新保直人先生 (新潟県) ☆☆ (優勝)

16、有賀政了先生 (長野県) ☆

17、糸山礼子先生 (神奈川県) ☆☆

18、重久健二先生 (鹿児島県) ☆

19、大野慎吾先生 (東京都) ☆

20、神谷早耶先生 (東京都) ☆

21、坂下武幸先生 (東京都) ☆

~メルマガ限定お楽しみレポート~

① 玉川有一妙蓮先生 (愛知県) ★ (;´д`)

② 山下建先生 (東京都) ★ (´д`|||)

次回は、法の道はなぜ神の道であるのかを詳細に解説する「天帝法道之活」の学理講座になりますのでお楽しみに……

今月の奥伝会では、お腹を触れなくても一瞬で内臓が新品になってしまうマル秘の相伝がありますよ。
これが本物の妙見導引術です。
初公開ですから絶対にお見逃し無く…… \(^o^)/

 

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。