正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年7月15日

 この記事は約 13 分で読めます。

【 天帝法道之活 】

~ 法の道 一瞬の道造り ~

妙見活法学理講座
~優秀レポート10 ノミネート発表~

☆☆☆☆☆☆☆ ☆

■はじめに
…………………………

正伝妙見活法協会司家 千葉吉胤妙星です。

第37回 妙見活法学理講座 天帝法道之活
「 ~ 法の道 一瞬の道造り ~ 」

今回も本家本元の私、千葉吉胤妙星より日本で唯一現存する貴重な「妙見活法秘伝書」を紐解き、皆様に理解しやすいように工夫を凝らし解説文書を学理講座として無償提供いたしました。

製本時には200ページを優に超える専門書としての学理解説の提供でしたが、私なりに専門用語を省き極力安易に表現するように努めました。

今回で37冊目の学理解説書になります。

さらには今回も由利はるな初日秘書が、学理講座のための資料をホームページに掲載してくれました。

今回も、前回に引き続き私が約30年前に毎日新聞に3年間連載していた「活法健康講座」を公開してもらいました。
当時の新聞の切り抜きをスキャンしてもらったので少し読みにくかったと思いますが御要望があれば、さらに続編として掲載してもらおうかなと考えています。

これも由利の「皆さんのために、もっともっとグレードアップさせましょう!」との無私の頼みで了解したものです。
現状に満足していては生成化育は起こりませんね。
現状維持の考え方は退化の始まりなのですから……

本物のプロフェッショナルにとっては、マンネリとヘンテコリンな慣れ(馴れ)だけは御法度ですよ。

常に一期一会……
日常の中に極意有り……

「法の道 一瞬の道造り」……
さて、あなたはこれからどんな道を造りましょうか。

■法と道の本質
…………………………

さて、今回も学理講座優秀レポートのノミネート発表にあたり、少し学理講座の補足をして行きましょう。

「法」の付く文字には「法律」「悪法」「商法」「違法」等がありますね。

これらの特徴は「人が決めた事」です。

「道」の付く文字には「道義」「求道」「外道」「軌道」等があります。

これらの特徴は「人が歩むべく天が示すもの」です。

すなわち「道」とは宇宙の法則に則った正しき方向ベクトルと言い表す事が出来ると思います。

■道との整合性
…………………………

「道外れな事はするなっ……!」

こんな言葉も聞くと思います。
これは人としてやってはいけない事であり、それをやってしまっては文字通り「人でなし」になってしまうぞと言う意味になります。

「治療家としての道をわきまえろ……!」

こんな言葉も妙見活法では耳にする事が多いと思います。

これは「治せるのか治せないのか それが全てである……」
ここに集約されるものです。

治せないのを堂々と売り物にしたリピート商法もマトモな治療家のやる事ではありませんから当然ながらマトモな患者さんが集まるわけはありませんし、マトモな良いうわさが広まるわけはありません。

治せる技術の修得を諦めてヘンテコな「スピリチュアル」や「気」あるいは「ヒーリングエネルギー」なんて言葉で誤魔化すなんて事も絶対にやってはいけません。

私達治療家には「責任」が有るのです。

治療家は実力無くして「俺は凄いだろっ!」なんて勘違いしてはなりません。
詐欺的行為も絶対にしてはなりません。

凄いのは自然界の現象なのです。
嘘と誤魔化し、そして出鱈目は不自然ゆえに自然界の作用からどんどん離れて行ってしまいます。

謙虚に謙虚に、ただただ本質を求道するのが、あらゆるプロフェッショナルの行動定義なのです。

そして、正しい「妙見経営法」により、あなたを必要とする困っている人や苦しんでいる人達を救済するために、余裕ある経営に高めなければなりません。

患者数や売上の低さになんか、いつまでも神経を使っていてはいけません。

■妙見門の中
…………………………

自然界の内側とは妙見門の中の事です。

妙見門の中は「道理」の世界ですから「気」とか「愛」とか「エネルギー」とか「スピリチュアル」のような誤魔化しは一切排除されていますね。

いくら不思議な治療であっても、そこには「理由」も「理屈」も「理合い」もきちんと説明出来る世界が「すでに」「理路整然」と存在しているのです。

この「理路」が「整然」と並べられている世界……

これを「道」と呼ぶのです。

これが「道理」の世界です。

勘違いしないように重要な部分を言います。

「道」には後付けの理由も無理やりな理屈も屁理屈も必要はありません。
すでに全てが備わっているからなのです。

「道」に対して我々が必要なものは何でしょうか?

それは「義」なのです。

「義」とは、利害をすてて条理に従う事です。
そして公共のために尽くす事を意味します。
単刀直入に言えば「自分さえ良ければいいんだ!」と言う世界と真逆のものになります。

儒教に於いては五常(仁・義・礼・智・信)のひとつが「義」になります。
「道」に合わせて「道義」になるわけです。

「道義」とは、人としての行動が神が求める「徳」に合致しているか、倫理に沿っているかと言う事です。
「道義」とは天帝が求める「人として正しく歩む法」なのです。

実は、身体の中だって全く同じなのです。
「身体としての正しい公益性」を再構築出来れば、そこには「身体の正しい道」が築かれるのです。

■身体の中の主導権争い
…………………………

人間社会が複雑であるように、実は身体の社会構造も複雑怪奇なものなのです。

所謂、人間社会と同じく主導権争いばかりしているのです。

痛い目に会うのは、これまた人間社会と全く同じで「弱い立場である事」「おとなしい事」「頭の悪い事」「変化に弱い事」「働き過ぎる事」「利用されやすい事」と決まっているのです。

もしも「筋肉」に「筋肉としての道義」があり「骨格」に「骨格としての道義」があり「血液」に「血液としての道義」があれば、みんなで公共にために「一致団結」出来るはずですよね。

しかし、残念ながら人間社会の雛型である人体しかりなのです。

■身体に道義を
…………………………

さて、身体の中での主導権争いですが、これをどのように治めれば良いのでしょうか?

ここを押さえれば「天帝法道之活」の極意を掴める事に繋がるわけです。

先に言ってしまうと、この「治め」こそが妙見活法の「治療哲学」なのです。

主導権争いを治めるには「蛇の道はヘビ」と言われるように、それを実現するために必要な「道筋」と言うものがあるのです。

さて、具体的に説明して行きましょう。
まずは「仲裁」です。
「仲裁」とは、どちらにも顔が立つように互いの利益を重んじて第三者が丁重に裁く事です。
これは間違いが有ってはいけませんからとても「神経」を使います。

そして「私利私欲」を戒めて「公益」を教える事です。
「公益」とは、皆が互いに利益を受け取る世界です。

「私利私欲」には必ず「被害者」が生まれてしまいますが「公益」には被害者は生まれて来ません。
皆が受益者になるわけです。

「公益」は、どちらにも偏ってはなりませんから絶対的なバランスが必要となりますので、とても繊細な「神経」が必要になります。

■身体の中の神経の再構築
…………………………

さて、身体の中での社会構造を考えてみましょう。
「人」を「部位」と考えれば分かりやすいと思います。

主導権争いで下層に位置してしまっている立場の人(部位)は働きづめで「神経」が休まるヒマもありません。

人に利用されやすい人(部位)は御人好し過ぎるのです。
図太い「神経」を与えなければなりません。

何をしても「運」の悪い人(部位)もいますね。
せっかく目の前にチャンスがあるのに、いつも逃してしまうような人(部位)です。

このような人(部位)は、とにかく反応が悪いのですぐに動く事が出来ません。
「運動神経」を高めなければなりません。

さらに、感謝を忘れてしまう感応の悪い人(部位)……
これは、きちんと反応出来ないのですから「反射神経」の欠如です。

当たり前、普通、ヘンテコリンな慣れ(馴れ)……

これらは感性の衰えによる「マヒ」なのです。
これは「神経マヒ」の事です。
「感覚神経」の衰えですね。

これらを整えるための「一瞬の道造り」……

「神の道」は「道義」……

すべて「神経」ですねぇ (^_^)v

■受講した皆様へ
…………………………

さて、受講された会員の皆様、課題レポートの提出、大変お疲れ様でした。

さて、今回の「天帝法道之活」の相伝からの学理の修得は如何でしたか?

私も学理講座の作成に苦労しましたが、皆さんもレポートの作成は大変だったでしょう。

正伝妙見活法協会の特徴は、新しく入会して初めて学ぶ方も、古くから学んでいる方も、常に「横一線」のスタートから同じレベルで学べる事だと言えるでしょう。
もちろん妙見活法独自の言語や世界観に最初は少し戸惑うかも知れません。
しかし、古い会員を含めて全員が初めての新しい学びになります。

それにしても今回も高度な良いレポートばかりでした。\(^o^)/

このノミネートは今回は「ベスト7」としてまとめようと考えていましたが、あまりにも高度なレポートが多いためにギリギリの選考として「ベスト10」にしました。

本当に皆さんのレポートは質が高いです。

鬼のような心になって選考した「ベスト10」です。

あの楽しい「ブラックスター★」も今回から無くなります。
私としても、とても惜しいのですが……
(たぶん復活すると思います (^_^) )

そして、レポート提出についてですが、必ず最初に○○県○○市 治療院名 氏名を記入してください。
治療院を開業されてない方は院名は記入しなくて結構です。

■本当に一瞬で治せる手技治療家に
…………………………

私達はプロと名乗る以上、本当に一瞬で治せる手技治療家にならなくてはなりません。
そのために「治る」(戻る)と言う事実を提示しなければならないわけです。

けっして「ヒーリング」なんて言い方で誤魔化してはなりません。
正伝妙見活法協会の会員であれば絶対に自分の事を「ヒーラー」なんて称さないでください。
「気」と同様に思考停止に陥ってしまいますので、これは禁忌として認識しなければなりません。

ゆえに、正伝妙見活法協会の会員であれば、治せなくても仕方がないなんて甘ったれた考えは一刻も早く捨てなければならないのです。

これから益々競争が激しくなる手技治療整体の業界で生き延びる唯一の方法は、本当に一瞬で治せる事に尽きます。
パクりではありません。

そしてインパクトを与えなければ始まらないのです。
この命題を実現するツールを、特に奥伝会で私は皆様に隠さずに提供しているのです。

■エネルギー療法の真実
…………………………

正伝妙見活法協会のエネルギー療法は、実際に「目に見えるエネルギー」「感じられるエネルギー」「触れられるエネルギー」「聞こえるエネルギー」そして「物理的に証明できるエネルギー」として明示して来ました。

実際に「黄金比」の活用法、「将門公の白馬」の自動運動、「四角の中の円」、「二次元から立体化する星」、「円の中の星」の実証、そして「宝珠」の真の姿、「龍神」の声、あるいは三次元が通す「龍の道」、「曼荼羅」の立体化、「鍵手」が生む張力、「丁の入れ替わり」、「壁抜け之術」そして「縄抜けの術」、「一括引き」、「蜻蛉切り」、「超し兜」、「プラズマの手」、「一の鴇」、「羽衣天女」が生み出す月の活殺、「電電太鼓」が構築する応天の真実楕円の作用の「韋駄天の術」平らな世界に一瞬で誘導する「鏡の魔力」空を転換させる「卍」の形象「神経反射」による「導引之法術」など……

全てが目で耳で手で皮膚で本物のエネルギーが確認出来たはずです。
その「奥」にはインパクトの世界があなたを待っているのです。
あなたをヒットさせるために……


■本物のエネルギー療法
…………………………

正伝妙見活法協会の一瞬治療は誰にでも再現出来る本物のエネルギーだと言う事が理解出来たはずです。
何も特別な事ではなく、ただの自然界の物理的現象だと言う事です。

パクり屋さんのように過剰な自己演出なんか必要としていません。

私が凄いのではありません。
自然界の法則が凄いのです。

だからこそ自然に合致した作法が成立していなければなりません。

「天帝法道之活」の極意……

それは「道」が作り出す「公益性」でした。
さらに、全ての争い事は「神経」に始まり「神経」に終わると言う現実です。
最終的には「神経戦」に至ると言う真実を知る事でした。

この極意は、身体を「神の経(道)」に則した「道義」に合致した正しい姿に一瞬で造り治す事に尽きるのです。

今後は、どのようにこの星物語のエネルギーは展開されて行くのか想像を巡らしていてください。

そして、この学理講座の補足に対して何かの「気づき」がありましたならば、アウトプットとしてメルマガに投稿してください。
大きな「返し道」になりますよ (^_^)
これも「道義」ですね。

さて、
今回の学理講座はいかがでしたか?

まさしく、プロフェッショナルな手技治療家のためのプロフェッショナルな天帝のエネルギー療法の世界の学理講座だったのではと思います。

選ばれた人だけが受講出来る、選ばれた人のみの、選ばれた人だけのための学理講座でした。

総ての基本は「一瞬の道造り」です。

これが本物の「神の道」の「気づき」になるわけですからよくよく認識してください。

これを受講され理解出来たならば、私達の治療が信用の輝きを増して、地域一番の実力を発揮出来るのは間違いありません。
何と言っても本物の神業なのですから……

大切なのは真実の「気づき」なのです。

■一期一会
…………………………

この「学理講座」は、正伝妙見活法協会会員だけの「宝物」であるはずです。

一般的には超常現象とされるものでも、正伝妙見活法協会では、誰にでも出来るように理論的裏付けを伴い指導しています。

特に、6月に開催された奥伝会と妙見会のDVDは手に入れなければ一生の損失になってしまう貴重な公開のものでした。
この「神経反射の本質」の物理的証明は圧巻としか表現出来ない神業の秘伝を公開しています。

ここには、本来公開しない予定であった「内臓一瞬治療」の秘技の奥義さえ収録されています。
有り得ない治療を有り得る治療として公開いたしました。

これ、誰にでも出来ますよ……! (^_^)

そのために、入手を逃してしまった数人の会員のために、特別に追加対応いたしますので、7月25日までに申し込みをされれば可能といたします。

必要と思われる人にとっては、全会員必修とすべき見逃せない高度な内容のオンパレードです。
とにかく、治療に於ける観念が一転する驚愕の秘伝を公開いたしました。

これこそが、本物……!
この一言に尽きる教導だったはずです。
しかし「一期一会」……
反射の構築が出来るかに尽きます。

商売を成功させる秘訣は「常に新鮮な仕入れ」をする事に尽きます。

常に新鮮な治療技術の仕入れを心掛けてください。

■ノミネート 発表
…………………………

さて、今回も甲乙付けがたい優秀なレポートばかりの中で鬼の心で精査した結果、以下の会員の皆様のレポートが「ベスト10」としてノミネートされました。

提出されたすべてのレポートが、大変高度で参考になるものばかりでしたので、選考にとても悩みました。
「ベスト10」にまとめるのは、かなり難しかったです (;´д`)

皆様のレポートをお読み戴き、再考察レポートを今月の25日までに提出してください。
幾重にも幾重にも「広がり」と「厚み」が螺旋の如く増していくはずです。
本物の理・術を共に修得し、本当に治せる豊かな治療家になりましょう。

そして、希望者には相伝証も発行しますので、ぜひとも治療院の絶対的な信用を高める裏付けに活用しましょう。
これで「理・術」から「理・術・証」に整いが成立するわけです。

ただし、学理講座を受講した本当に一瞬で治せる治療家を目指している方のみの話です。

今回は、HP公開優秀レポートとして、岐阜県の大脇妙元先生 が選出されました。
妙見活法の御手本となる素晴らしい価値の有るレポートです。

大脇先生は、磨き込まれたナイフのようにキラリと反射し、私が明示した妙見経営法を全てきちんと実践され御自身が経営する治療院を大成功に導いています。
大成功への「道造り」の御手本です。

以下、記載順位は提出順によるものです。

…………………………………………………………………………

~優秀レポート~
「 ― ベスト 10 ― 」

1、伊藤良太一玄先生 (宮城県) ☆

2、梅原二郎妙順先生 (東京都) ☆

3、阪野祐介先生 (愛知県) ☆☆

4、大脇猛妙元先生 (岐阜県) ☆☆ (HP)

5、佐々木真吾先生 (静岡県) ☆☆

6、神谷早耶先生 (東京都) ☆

7、糸山礼子先生 (神奈川県) ☆☆

8、山下 建先生 (神奈川県) (;´д`)

9、新保直人先生 (新潟県) ☆☆

10、坂下武幸先生 (東京都) ☆

…………………………

次回は、自然界からの引き立てを受け取る法「全の受け 一の受け」を解説する「天帝豊受之活」の学理講座になりますのでお楽しみに……
学理講座は絶対に受講してくださいねっ!

今月の奥伝会では、お腹を触れなくても一瞬で内臓が新品になってしまうマル秘の相伝も「豊受」の究極の型である「天之○○之法術」の秘中の秘技も相伝しますよ。

これこそが本物の妙見活法だと感激してくれると思います。

何と言っても、自然界からの生命力をストレートに「豊受」させてしまうのですから…… ( ゜o゜)

本当に一瞬で治ります。
一瞬で動き出します。

初公開ですから絶対にお見逃し無く…… \(^o^)/

・・・・・・・

 

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。