「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年10月15日

 この記事は約 16 分で読めます。

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長

お世話になります。

正伝妙見活法協会 第28回妙見学理講座
「北辰の法 二次元ベクトルからの脱却」を構築する
スーパープレミアム「北辰丁之活」理論編考察レポートとなります。

宜しくお願い致します。

今月も妙見縁日の10月7日に目出度くも
第28回目の妙見学理講座が配信されました。

千葉司家が一ヶ月かけて作り上げた魂の結晶が
配信されているということです。

実際、私たちは司家の魂に触れていました。

先日の奥伝会でこの様に仰っていました。

『魂に触れるということは、三次元で直に触れるということ』

これは何を意味するかというと、
各相伝会に参加し
司家より直接触れていただいた学びは
妙見大菩薩様、千葉一族のご先祖様より伝わる
妙見活法の魂に触れている、
と言っても過言ではありません。

そう考えると
今までの学びとこれからの学びの価値が
変わっていくように思いました。

決して今までを無駄にしていたつもりはありませんが、
以前より更に気持ちが引き締まる思いとなりました。

司家の魂の結晶である妙見学理講座を
全身全霊にて読ませていただきます。

□学理公開

教伝会での紐を使った三次元の学びは
とても不思議な体験でした。

横の紐を引くといつの間にか縦に…
横の紐が動くにつれて縦の糸は何故か横に…

ある条件が揃うことで
横の作用は縦にも影響を与えるということです。

縦の紐を動かしても
ただクルクル回るだけで何も変化は起きません。

この現象は
巷の治療家が治ると信じて(勝手にそう思ってるだけ)
押したり引いたり脊柱を整えたり、
という感覚と同じように感じました。

では、今回の北辰丁之活における
縦と横の変化という入れ替わりにより
何の質が転換するのでしょうか…。

□ベクトル

身体の中にもさまざまなベクトルは
働いているものと考えます。

細胞分裂や血液の流れ
消化器官の蠕動運動など
生きているということは、
決して二次元的な動きではなく
全て三次元の動きと考えられます。

言い換えるならば
健康とは、身体のあらゆる組織が
三次元の動きをしているということです。

そして、生命が終わった瞬間からは
二次元ベクトルのみのエネルギーが働き
身体の中の全ての組織が
面という方向性に引っ張り込まれます。

そう、永久に休息の場になるということ。

さらに、その面から離れたくないが故に
死後硬直という現象も始まります。

最近は脳梗塞などにより倒れた場合でも
意識があるならば、もしなかったとしても
翌日より三次元のベクトルを失わない様に
「リハビリ」というものが始まります。

いわゆる手を動かしたり、
座位になったり歩いたりです。

以前はある程度の回復期を待ってから
リハビリを開始したのですが、
その効果はというと
麻痺が変化しにくい、リハビリが長期化する、ということで
早期のリハビリが推奨されるようになりました。

妙見活法の世界で考えたならば
早期の三次元化をしなかったならば
面という二次元に吸い込まれ
身体の機能が低下するのは
当然のことだったのですね。

□自然界

秘伝書が早くも公開されました。

どの様な意味があるのか現時点で私なりに
読ませていただきます。

「妙見様には付く、離れるの作用があり、付くとは面と仲良くなることであり、離れるとは元気になるということ。
吸い込まれるのは不動尊、面より離れるは七面菩薩。
面より離れなければ、そのまま動けぬ作用を妙見様は授けることになるだろう…」

不動尊と七面菩薩の秘匿の暗号は…
動かないという意味での二次元と捉え、
上下前後左右中心という三次元の意味を
成していると考えました。

□妙見縁日

今月も前野会長より託された名簿より
幸運にも司家直々に御祈願を賜ることとなりました。

毎月司家より御祈祷いただける環境、
橋渡しをしてくださいました前野会長には
心より感謝致します。

そして、前野会長より託された名簿を
毎月御祈祷いただいております
千葉司家にも深く感謝致しますと共に
これからも真っ直ぐ妙見活法を学ばせていただくことを
ここに誓います。

妙見活法という素晴らしい学びを
これからの人生をかけて学んでいきたいと考えています。

国宝を学べることの意味と価値を感じ、
理解しながら前に進み
地域に貢献し、協会の三大目的の実現、
そして三方良しの実践を続けて行きたいと思います。

千葉吉胤妙星司家
御指導を宜しくお願い致します。

□父の商法

『立場をわきまえる』とは
自分の立ち位置、立場が分かっているということであり
出過ぎず控えすぎていない状況です。

『中心』ということ、
中心ということは真ん中に位置し
どちらにも行くことは可能となり
面に吸い込まれていない状況です。

治療家として
金儲けに走ってもダメ、
かといって治療技術といわれるものの向上のみに
精力を注いでもダメ。

どちらかの『一面』だけに吸い込まれてはダメということ。

治療院を自分の名で開業したならば
その人は経営者となり、
経営者となったならば
金銭の流れもきちんと管理しなければなりません。

金銭が入ったならば勉強にする、
家族と一緒に過ごす時間を作り、
時間や金銭を失わなれけばなりません。

逆に仕事の時間は
家族との過ごす時間は失いますが
金銭を得ることになります。

「丁度」よく、東洋的に表現すると中庸を、
妙見活法では中心を捉えながら
仕事や生活をすべきという事。

中心ということはどちらにも過ぎずに
『謙虚』とも司家は仰っていました。

丁度良しバランスで収まりということ。

これも察知が欠けていては
実践が難しい作法となるでしょう。

治療費も相場や治療内容に見合った商品を提供することで
高過ぎず、しかも安過ぎずの丁度を実践することにより
周りより勝手に立てられ、立身出世となるのでしょう。

この治療費というのの相場はとても難しいものです。

接骨院の範囲を越えた症例を抱えた方を
妙見活法をお借りし、治療を終えると
患者さんは笑顔で帰ります。

ですがこんな時、私の中にある
お金に吸い寄せられる面が少し顔を出してしまいます。

では何故私が治療費を上げないのか?
(いや上げられないのか?)

それは、
「治療費が高くて来られない」という
患者さんを少しでも減らしたいからです。

「そんなの仕方ないんだから値上げしたら?」と
思われる方もいるかと思いますが
確かにそうです。

確かに。

何故開業したのかというと
一人でも多くの方の役に立ちたい、
縁の下の力持ちになりたいと思ったのが始まりですので
お金を稼ぐのが目的ではなかったからです。
(これホント)

「あっ こんなに儲かるんだ(・_・」と思ったのは
研修している時でした。

保険が全てでしたのでそこには「治す」よりも
「回す」がメインとなっていましたが…

現実的に値上げをしない理由はもう一つあります。

「損して得取れ」ではありませんが
患者さんから多く治療費を戴くよりも
その方から始まる新たな流れ、
いわゆる「口コミ」を作ることが
経営において、治療家として
地域の皆様に知っていただく
最大の信頼となるのではないでしょうか。

当院は口コミ90%以上です。

問診票を見返すと、
紹介者、評判を聞いての欄には基本丸がされており
紹介者から聞いてHPを見てから来た、
という方がとても多いです。

実際の口コミに勝る宣伝はありません。

地域で一番になるには
口コミを最大的に活かすことと考えています。

口コミの面に吸い寄せられている、
と考えるとHPはもう少し、
いえ大幅な改善の余地があるといえるのでしょう。

口コミとHPの集客が
50/50の割合となれば本当の理想かもしれませんね!

□父の教え

前団体の年明けからのセミナーでは
ほとんどが「キャッチ」ばかりだったと記憶しています。

「また?」と思ったのを覚えています。

「もう少しで終わるし、
お金は入るからとりあえず開催しておけばいいか」
なんて心理になったかどうかはわかりませんが
良い印象はありませんでした。

仁の心が無くなってしまい
お金という一面に完全に引き込まれたのでしょう。

自分にもその様な面に
引き込まれることはいつでも起こり得ます。

新規の患者さんが増えた時や
来院患者数が増えた時などは
面に引き込まれていないか
確認が必要が必要です。

そこに謙虚さはあるのか!?

要確認です。

生きていると大なり小なり『壁』に当たります。

その壁というのは遠くから見えるものもあれば
突然ニョキッ!と目の前にそびえ立つ時があります。

そんな時はどうするのか?

1.登る
→その壁を順序を追って登る(解決する)ということ。

2.そのまま突っ切って壊す
→壁の形など気にせずに自分なりに通過する
(強引に我を通す)

3.待つ
→自らは行動を起こさずに壁が無くなるのをやり過ごす
(感情の絡む問題はこの手かと)

私の考える壁への対処は
この様な方法です。

妙見活法では別の方法があるといいます。

さてどの様な質の転換なのでしょうか…

□口癖と教え

『後ろ盾』

協力者、後押ししてくれる人、という意味がありますが
私が一番に思いついたのが
「反射作用」でした。

第二螺旋である妙見丁之活では
『反射・反応・反響』でした。

突き当たったならばその力を利用し
跳ね返って状況を変えて仕舞えば良い、
ということです。

「人生無駄なことはない」とよく言いますが
自らの全ての経験は未来への糧となります。

その跳ね返りの作用を作る・生むものが
『壁』と考えました。

壁からの様々な反射、壁からの反応、壁から発せられる反響。

壁は妙見大菩薩様にもなり得るものとも考えます。

壁は相対するとそびえ立つものですが、
壁に背を向けることで
後ろから押してくれる存在になり、
後ろ盾と同じ役割となります。

治療においての後ろ盾は妙見大菩薩様、
実際の動作においての後ろ盾になる壁は
前へ進む力を生む壁へと変化します。

その壁の反動を使って
蹴ってジャンプしたり、
一瞬スピードを出したり
距離を伸ばしたりする作用を生みます。

ですが妙見活法ではまた違う役割があると言います。

□お稽古反省帳より

今回も司家が大切になされている
お稽古反省帳が公開されました。

とても深い言葉が多く、
お父様のお言葉と同じ様に
人として、治療家として成功するヒントが
含まれています。

有り難く読ませていただきます。

『日舞は閉じる』とありますが
『仕舞う』というのは
二次元ベクトルの作用ということであり、
もし「終わり」という言葉を使ったならば
ニ次元の世界観を表すことにはならず、
より適切な表現を用いるならば
平たいものとして収まる『閉じる』を
用いたと推測しました。

稽古始めの舞は
昨日習った稽古を表現するということ。

一日の終わりの舞は
その日に学んだ稽古の成果である。

もし、その日の成果が見えないならば
意味のないものになってしまいます。

稽古として経験した成果は
現実的に残るものではなく
身体の一部として身につくもの。

指導者より戴く魂に触れる学びにより
舞が上達するのです。

姿形に残らない稽古の成果は
記憶と成果として残るもの。

その成果は現実として目の前に
表現出来るということ。

現実に舞う姿は一瞬一瞬表現出来るけれども
残るものは記憶と感性に働きかけるものなのです。

命の躍動とは
昨日からの脱却、変化である。

花びらの様に浮き上がりと下りを繰り返すは
自然の極み。

自然はすぐそこに溢れている。

自然と内なるものとして表現出来るまで
稽古を重ねることで
あなたの身を立てることになるでしょう。

なんて素晴らしい学びなのでしょうか。

□日舞と手技整体

妙見活法は始まりのひと触れは
今日の変化を起こす始まりである。

終わりの触れは治療の結果を表すもの。

治療の終わりの触れとは
質の転換が起きなければ
無駄な触れということ。

質の転換が無くては
全く意味のないものということ。

昨日までの治療とは
経験として残るもの。

治療とは二次元ベクトルを
三次元ベクトルに起こすことで
身体は勝手に治るもの。

姿なき過去の治療は記憶のみに残るもの。

ゆえに過去の治療で
現実的に質の転換を起こせるものではない。

質の転換を起こす治療とは
現実的世界のみである。

現実的に表現されるあなたの治療は
すぐ目の前で苦しみが消えることであり
治療というものは残らずに
その場その時に味わって無くなって仕舞うもの。

治療家とは患者さんの苦しみを
『嬉しい!楽しい!気持ちいい!』に
変えることでお役に立てる。

あなたのお役立ちとは
昨日までの患者さんの苦しみを
記憶としてのみ残こすように
してあげるのが大事である。

あなたの治療作法は
次元の上げ下げを使うこと。

これはごく自然にありふれていること。

その自然に溢れている次元の高低を
自然に表現出来るまで研鑽を重ねなさい。

完全に立体的となることで
自身の身を立てることにも繋がるのだから…

千葉司家
この度もお稽古反省帳の公開、
そして妙見活法における学びの
解説をしてくださいまして
ありがとうございます。

司家より賜った学びを
より立体的に出来る方向性を向いて
進んでいきます。

□妙見問答

思考を具現化するには
パソコンのキーボードを叩くことや
口から指示を出すというように
立体的な動きが必要です。

では最後の言葉はどの様な意味となるのでしょう。

「妙見活法を学ぶものは人を立たせる役割を持つ。
次元の作用を操ることで人を立たせるのである。
謙虚を知る者であり、能動性も併せ持つ。
壁の作用を謙虚な心で変幻自在に三次元ベクトルに変換させてしまう。
二つの壁の作用を操るものこそ妙見活法使いなり」
となりました。

□秘伝書解説

第二螺旋の妙見丁之活秘伝書を読み解くにあたって
最後まで苦労した『一枚歯』が含まれる
一文の解説をされました。

前回は皆様の考察レポートより
一枚歯は丁の形象を表したものと理解しましたが
今回は『壁』と表現されています。

「足で歩く」と「人生の歩み」とかけて、
歩みには必ず壁が存在する事を意味しています。

深い!本当に妙見活法は深いです!

『正シキ…』の一文より
壁と作用の整合性が整えば
勝手に身体が治るという意味に解釈しました。

本質を理解する事の大切さが解かれています。

治療業界に入った時から
本質、本物とは何か?を
いつも考え、感じるようにしていました。

その場しのぎの理論や思考ではなく
何事にも通じるものを探していました。

身体は宇宙、とはよく聞いていましたが
何のことかさっぱり理解できないまま
開業して8年経過していました。

しかし、妙見活法に出会ってから、
正伝妙見活法協会にて学ぶようになってからは
本質とは何か?を考える機会は
ほとんどなくなりました。

それは千葉吉胤妙星司家よりご教導いただく内容が
正にそうだからです。

但し注意しなければならないのは
司家より賜った魂の学びを
受け取っただけで思考停止になることです。

考える事をやめてしまうことで
起こるのは能動性の低下、もしくは消失です。

授受還元の作法も失ってしまいます。

これでは礼節を欠いてしまうことにもなりますので
これだけは避けたいですね。

『鳥ノ…』の一文より

羽根と跳ねが隠語により
二次元と三次元、休息と躍動を表しています。

そして、壁と壁からいただく丁の形象と作用も
表されています。

後ろ盾を生かす作法についても書かれています。

いよいよ北辰丁之活の深部に迫ってきました!

□二次元

いよいよ二次元ベクトルの特性が公開されました。

それは…
『情報の宝庫』です。

思い出すのが東日本大震災です。

電気や電波が使えない中でも
一番に求めたものは『情報』

そんな中で得られる情報の方法は
正に今、司家よりご教授された『壁からの情報』です。

玄関、体育館、ガラス、廊下など
二次元空間のあらゆるところには
紙に書かれた情報が所狭しと貼られていました。

その『情報』からは
各人各様のその時の感情の情報までも
字から伝わってきました。

文字を使って色々な語句を使って文書を作るよりも
紙に直接的に訴え、文字に表された感情というものは
とても印象が強く、偽りのないストレートな情報が
壁という面から強烈に伝わってきます。

今後日本は大きな地震が来ると予想されています。

皆様備えを…
防災ではなく減災の備えを…

□見るよりも感じろ?

『魂で触れる』という意味が
端的に表現されています。

本で読んで、映像で見ても、耳から情報を聞いても、
結局は三次元での触れが情報を確認するということ。

妙見活法での学びに置き換えると
実際の「触れ」が何よりも三次元化になり
実際に現場でお借りし易くなるということなのですね。

教伝会でのご教導からあれやこれやと頭が混乱し
一月経過した時に配信賜る学理講座にて
「あっ!そうか!」と理解することで
頭の混乱が整理され、
面という二次元から三次元化し
現場で立体的に表現されるということ。

術理の裏付けの理論が
実技に加わり肉付けされることで
厚みのあるものとなります。

巷のテクニックと言われるものは
この理論がとても薄く、もしくは無く、
根掘り葉掘り聞くと矛盾が直ぐに生じてきます。

最後には「自分で考えなさい!!」と流される始末に…

□役割

先程の震災の壁からの情報も
ユダヤ教徒にとっての『神の情報の宝庫』と同じように
本人同士が出会えなくても
その場に残したメッセージにより
『希望の壁』となり、さらには「救いの壁」にもなります。

災害伝言ダイヤルである受話器から
耳に聞こえる二次元ベクトルの共鳴も
当人同士が会えなくても生存の確認が出来ます。

一瞬にして質の転換が起こり
「喜びの壁」へと変化します。

皆様 災害伝言ダイヤルの使い方ご存知ですか?

□秘密の場所

私にとっての秘密の場所とは
上げ膳据え膳でとても楽な環境でした。

座面に座り、酒を飲んでいると食べ物が出てきて
『不活性化』と『自分の消滅』が最高(低?)潮となります。

何とも楽な空間と環境でした。

面に落ち着くと
そこから動きたくない自分に気付きます。

そのような空間に行くために
日々の予定を立ててしまうと
良くない事が起こりそうだったので
いよいよ決心してその場から離れることにしました。

コトが起きてからよりも
起こさないことが大切だと
世間の皆様に食べさせていただいている身として
気付いた次第であります。

□経営法

先月の教伝会にてご教授いただいた
『尊星弓月之活』の相伝証と認定証の発行を
お願いしました。

今までも院の壁に掲額していたのですが
もっと目につく所はないか?
と見渡した所、一番目に付くのは玄関なのではないか?
と思いました。

相伝証は普段の人の目線より
高いところに掲額していますが
玄関の空間では目線より少し高い程度のところに
掲額ができそうです。

そこに相伝証ではなく認定証を
掲額しようかと考えています。

最近は本を見るより、院内を見渡すよりも
[まずスマホ]ですので
スマホを見ないでいるタイミングはいつ何処だ?と
考えたましたらそのような所でした。

玄関空間に掲額するのは少し気が引けるのですが
『情報の宝庫』も見なければ始まりません。

『高度心理療法士』の認定証と共に
掲額し、治療院経営の後押しを壁より受けていきます。

□ひと触れ

ここで一つ気になったのは
ベクトルの表現に「↑」が無い理由を考えてみました。

壁というのは前後左右にあるもの。
床面は下にあり、では上にあるものは?
と考えるといつまでも届く所のない『天』でした。

そして、壁からのベクトルを受けるためには
その壁に向かうベクトルが必要となります。

となると天はいつまでも続く空間であり
終わりがありません。

そうです、上のベクトルからの跳ね返りを受けようにも
終わることなく上へ行き続けるのですから
いつまでもそれは返ってきません。

そのように解釈すると
『↑』のベクトルは存在することはありません。

文字の一字一句に意味が含まれていて
今回もとても深い学びを賜ることが出来ました。

各相伝会より賜る司家の解説無くしては
ほとんどの文面において
解釈は出来なかったことでしょう。

千葉吉胤妙星司家
この度も貴重なご教導を賜りまして
誠にありがとうございます。

心より感謝致します。

地域一番の立体化が出来るよう
面を磨いて参ります。

今後もご教導をお願い致します。

最後に秘伝書を私なりに読ませていただきます。

「丁之活は妙見門において立体化の作法なり、身の立たせてなり、整えは治りの元なり、整えは治りの基本作法である、丁度の他は欠けである、治りを成すは勝手なり、二次元無くして治りなし。
謙虚に中心を収めれば滅私の作用にて勝手に入る治療が始まり、中心を操るコントローラーとなり、北極星を中心として北斗七星が回転すれば身体の不具合は治りとなる。
人生の歩みを進めれば必ず壁は現れる。
正しい動作は立ち位置により決まる、立ち位置狂えば不具合を、立ち位置正しければ力みは無し、立ち位置揃えば挑み無し立ち位置を整えれば争いも無し。
母なる大地は休みの地。休みの世界は三次元には無し。二次元世界は羽根の休め、上下に舞うは丁よりの跳ね。
上下の跳ねが無くなり、二次元に引き込まれると、その身は滅びの地となる。
面より頂く後ろ盾は人の助けとなるものなり。二次元ベクトルからの返しとは三次元への生き返りである。」

以上を妙見学理講座考察レポートとさせていただきます。

宮城県白石市
•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 伊藤良太一玄*¨*•.¸¸♪

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。