正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年1月31日

 この記事は約 4 分で読めます。

千葉県浦安市 栴檀芳之妙乗

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

 

千葉県浦安市の栴檀芳之妙乗です。

 

23日に当院にて第2回正伝妙見活法協会千葉県浦安研鑽会を開催いたしましたで報告いたします。

 

今回は牛込会員と私と2名での研鑽会となりました。

 

教伝会で相伝されました「北辰一之活」を中心に行いました。

 

初めに手のセンサーを定規を使い練習しました。

 

全く位置を意識しなくても、本当に驚くほどに真ん中で止まります。

 

まずこれで「滅私」を手に刷り込みました。

 

その手で次は「くっつく手」を練習しました。

 

これは相手の動作に対する自然な動かされ方が大事だと思いました。

 

過去の教伝会で「転生之活」を一部公開していただきましたが、まさにこの練習はそこにも繋がるもので、

 

相手の手の甲と術者の手のひらをくっつけ、その相手の手のひらを痛いところに当てれば、

 

その不具合は瞬間でなくなりました。

 

手のセンサーのを高めてから、いよいよ「北辰一之活」に入りました。

 

注意すべきは術者が北極星となり動かないこと。

 

動作も、患者さんが術者の手に入ることを念頭に置き、

 

基本の上肢から始め、僧帽筋のラインや、指尖部などあらゆる場所で試しました。

 

相手が仰向け状態からのリラックスをつくる「北辰一之活」をおこないましたが、

 

これは精度が弱く、右の上肢なり下肢なりをやると右半身だけ沈んだようになり、

 

一で全を捉えるのが今一歩でした。

 

また私が行った場合、下で支えている指の圧が弱いというご指摘を受けまして、

 

相手の上肢なり下肢なりが床に向かうときに、その指で中心を支えている感じを出すことができていなかった

 

ことに気づけたのは収穫でした。お陰様でそれを修正することができました。

 

またこの日は、2人とも武伝会・奥伝会も参加しているということで、

 

手のセンサーを使って「蜻蛉切り」をおこなってみたり、

 

秘技「一之鴇」や北辰光陰之活の奥伝会の復習も行いました。

 

二人ながらも非常に濃厚に研鑽することができました。

 

千葉司家 前野会長 由利司家秘書

 

この度も学びの機会の後押しをいただきましてありがとうございました。

 

牛込会員色々ご指摘いただきましてありがとうございました。

 

正伝妙見活法協会 千葉県浦安支部

栴檀芳之妙乗

 

東京都足立区 牛込喜浩玄聖

 

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日秘書、

 

正伝妙見活法協会会員の皆様、いつも世話になっております。

 

東京都足立区の牛込喜浩玄聖です。

 

1月23日に行われた千葉県浦安研鑽会の参加感想報告をさせて頂きます。

 

よろしくお願い致します。

 

当日の参加者は栴檀代表幹事と私の二人での研鑽会となりました。

 

研鑽会では初めに教伝会で相伝して頂いた、北辰一之活を中心に練習を行い、

 

色々な部位にて中心を作る練習をしたり「くっつく手」の練習や二人とも奥伝会、武伝会に参加しているので、

 

奥伝会の復習、光を使った北辰光陰之活や武伝会での「一之鴇」の練習を色々なバ-ジョンで練習しました。

 

二人で濃~い研鑽会を行う事ができ、一人では気づけない新しい気づきも沢山出来ました。

 

栴ちゃん差し入れ、お茶の用意、会場の準備ありがとうございました。

 

次回もよろしくお願い致します。

 

正伝妙見活法協会会員 牛込喜浩玄聖

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。