正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年3月11日

 この記事は約 8 分で読めます。


4/7教伝会のご案内はこちらをどうぞ!
※お申込みフォームはこちらです。

神奈川県 杉渕秀登修玄会員

正伝妙見活法協会の皆様、こんにちは。

 神奈川県の杉渕秀登修玄です。

 220(水曜日)に行われた、神奈川研鑽会の開催報告をさせて頂きます。

 当日の開催は、小林会員、後藤ひろみ会員、糸山会員、坂下会員、横塚会員、小澤会員、自分(杉渕)の計7名で行いました。

 今回は自分の自宅で行い、狭いながらも和気あいあいとした中での打ち解けた雰囲気で、楽しく進行出来ました。

 神奈川研鑽会初参加の後藤ひろみ会員と小澤さん、両名が参加されて更に賑やかになりました。

 やはり人数が多いと場の雰囲気も盛り上がりますね。

 目標の10名迄、この調子で行きたいと思います。

 以下に参加の皆様の感想報告をあげさせて頂きます。

 

東京都 後藤ひろみ会員

 

正伝妙見活法教会の皆様

いつも大変お世話になっております。

 杉並区梅里の後藤ひろみです。

 

2/20の神奈川研鑽会の参加報告をさせて頂きます。

 参加者  7 

杉渕会員・小林会員・糸山会員・坂下会員・横塚会員そして初参加の小澤会員と後藤

 まず始めに施術・営業での質問に対し皆さんで話し合いました。今は情報ツールがいろいろ有るので、LINE@やメルマガ等

とても勉強に成りました。

 そして施術での質問、技の効きに差が出ると言うことで、言葉や動きでの同調もあると良いのではと言う事で、動作での同調を忘れていた事に気づきました。

 一部は主に「水切り」を中心に色んなバージョンで練習をしました。

 作法を重ねる事でより一層効果が上がりました。

 二部では「羽衣之活」で不具合の抜ける感覚がいまいちと言う事で、衣類を摘まみ方

 風呂敷で包む様に一纏めされる感覚を皆さんで体験しあいました。

 そして普段お借りしていて感覚が掴めない法術等の練習もしたりであっという間3時間半でした。

 初参加させて頂きましたが、和やかな雰囲気の中色んなアイデアが出て来て楽しく研鑽する事が出来ました。

 杉渕会員会場を提供して頂き、おやつまでご用意して頂き、ありがとうございました。

 参加された会員の皆様楽しく学ばせて頂きありがとうございました。

 

杉並区梅里   後藤ひろみ

 

神奈川県 小林努会員

 

 千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日司家秘書、正伝妙見活法協会会員の皆様

 いつもお世話になっております。神奈川県相模原市の小林努です。

 220日開催の「第12回 正伝妙見活法神奈川研鑽会」に参加する事が出来ましたのでそのご報告です。

 今回は、代表幹事の杉渕会員、神奈川研鑽会初参加の小澤会員と後藤(ひろみ)会員、横塚会員、糸山会員、坂下会員と小林の計7名で、

 藤沢の杉渕会員自宅にて妙見活法の妙技を研鑽し合いました。

 □第1  ディスカッション

 1部は普段困っている事や疑問点、役立ち情報などについて皆でディスカッションしました。

 臨床での疑問としては妙見活法をお借りして治りが良い人と悪い人がいるがその違いは何か?というものがありました。

 その疑問について皆で話し合い、治りが悪い場合は

 ・その患者さんと最初に「仁」の関係になれていない

 ・言葉や動作の同調が出来ていない

 ・最初の「つかみ」が出来ていない

 ・「ビフォー」と「アフター」を意識してきちんと見せていない

…….

 などがあるのではないかとの意見がでました。

 また坂下会員は患者さんに定期的に役立ち情報をメルマガ配信し最新の臨床報告なども送っているとの事で、

 人はよくも悪くも忘れる生き物なので、そのようなチョットした繋がりを定期的に持つ事で患者さんとの関係性を維持出来るので、素晴らしいなと感じました。

 またline@は一斉配信や個別にトーク、予約や相談などを受ける事が出来るので、とても便利なツールなのではないか!

 という事などもシェアし合え、とても有意義なディスカッションをする事が出来ました。

 

 

□第2  過去の活法の復習+北辰羽衣之活

 2部は過去に習った活法の復習や応用法のシェア、北辰羽衣之活の練習などをしました。

 ☆水切り

 過去の活法の復習では主に「水切り」を色々な角度から研鑽しました。

 今回参加した会員の多くは実際の臨床で水切りを多用しており、様々な水切りの形がシェアされ、また新たに生み出され水切りの可能性がまた一気に広がりました。

 ☆北辰羽衣之活

 北辰羽衣之活の研鑽では、見切りや衣服の引っ張り方などを研究して、だいぶ感覚を掴む事が出来た。

 今回は、杉渕会員の奥様から美味しいシュークリームや飲み物などの差し入れもあり、お腹も知識も技術も満たされ、有意義でとても濃密な時間を過ごす事が出来ました。

 

 千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日司家秘書、

この度も研鑽会開催に向けての後押しをありがとうございました。

 杉渕代表幹事、参加された会員の皆様この度も様々な気付きをありがとうございました。

 また次回もよろしくお願い致します。

お陰様です。

 

神奈川県相模原市   小林努

 

神奈川県 糸山礼子会員

 千葉吉胤妙星司家

前野功妙経会長

由利はるな初日司家秘書

正伝妙見活法協会会員の皆様

 

いつもお世話になっております。横浜の糸山です。

 この度も、神奈川研鑽会への参加を許可していただきましたので、その報告をさせていただきます。

 当日は、急に暖かくなった春の陽気の中、杉渕会員が提供してくださった藤沢の会場で行われました。

 湘南の風は、開放的でとても気持ちいいですね。

 さてこの日は、北辰羽衣之活以前の復習にも力を入れた練習会となりました。

 施術が効く方と効かない方が居るのはどうしてかという質問から、

 妙見活法の考え方の基本として、「0から1への変化を感じてもらうと良い」ということや

 「妙見活法の説明を店内に貼ると良い」または「患者さんと同じ言葉と同じ動作をして同調すると良い」などの意見が出ました。

 そして、ムラが出ないようにするためには、妙見七塚の教えを守ることが大切ということの再認識にも繋がりました。

 今回は特に、今までの復習の中でも、水切りの復習をたくさん行いました。

 伏臥位、座位、仰臥位、頭の水切りなど、いろいろな姿勢での水切りを練習しましたが、

 その際にも大切なことは、患者さんにこちらに入ってきていただく豊受が大事だということで、豊受がなければ効果も期待できなくなることがわかりました。

 伏臥位の水切りによって、曲がりづらかった小澤会員の膝がどんどん曲がるようになり、改めて水切りの凄さを実感しました。

 そして、北辰羽衣之活の練習では、風呂敷に包んだようにくるむためにはどうしたら良いのかを工夫しあいました。

 なかなか体全部をくるむように衣服を浮かせるのは難しく、千葉先生が衣服を浮かせて動かしている映像と、

 自分の行っている手を比べると、どうも自分の動きがしっくりこないので、数をこなさないといけなと思っているところです。

 (後日の奥伝会で、熱エネルギーのお話しと衣服の中に風を送るお話しを伺ってからは、自分なりに進歩したかと思います)

 会員のみなさんとワイワイと楽しく練習ができ、また杉渕会員の奥様には美味しいコーヒーを入れていただき、充実した研鑽会となりました。

 会場には、練習用にと厚手のマットも敷いて頂きありがとうございました。

 引き続き、復習と練習で研鑽していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

神奈川県横浜市

糸山礼子

 

栃木県 横塚三郎会員

 

千葉司家、前野会長、由利司家秘書、会員の皆様お世話様です。

 神奈川研鑽会の報告を致します。

 今回の神奈川研鑽会は19℃まで上がる暑い日でしたが、今回もランチから程よく力が抜け、クリエイティヴな雰囲気の中復習することができました。

 場所は杉渕会員の自宅でしたが、日当たりも良くスッキリした空間で、

 何よりも見るからに杉渕夫妻の仲がいいことに参加者はいい衝撃を受けていたと思います(笑)

 シュークリームごちそうさまでした。

 羽衣之活の復習では、個人的には衣捕りする際に身体を一まとめにして浮遊感が出る抜けがいいなと体感を得ることができました。

 ふわっとした浮遊感が出ない時は浮きを作るベクトルがにズレがあったり、強く引きすぎたりということがあると感じました。

 水切りのバリエーションを集中的に練習しましたが、水切りによって身体の可動や質感が変化するのを体感し、目でも確認することができました。

 正座や胡座で坐骨に手を入れて水切り、仰臥位で肩甲骨や頭部、股関節や踵に水切りなどをやりましたが、

 どれも即効性があり、帰り道は身体が非常に軽くなったのを感じました。

 小澤会員も帰り道、痛かった膝が楽だと言っていましたが、集中的に活法を受けて効果を体感する研鑽会の時間は貴重だと感じました。

 このような貴重な機会をいつも頂き千葉司家初め準備して下さる皆様有難うございます。

 杉渕先生忙しいところ、会員の為に研鑽会を開催していただきまして、ありがとうございます。

 第一部ではいろいろなことがらを会員同士で話し合えてとてもありがたいです。

 第二部で羽衣の活についておさらいをすることが出来、色々なきずきがありました。

 お世話になりました。

 横塚 三郎

 

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。