正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年2月6日

 この記事は約 5 分で読めます。

       3月3日 第34回教伝会 御案内はコチラをリックしてください

               お申込はコチラをクリックしてください

静岡県 松本英司会員

いつもお世話になっております。

静岡浜松研鑽会代表幹事 松本英司です。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書

会員の皆様と研鑽し合える環境をつくって頂き、誠にありがとうございます。

静岡浜松研鑽会にご参加された会員の皆様の感想をご報告させて頂きます。

1月28日、第28回静岡浜松研鑽会を静岡県静岡市の佐々木会員の治療院にて開催させて頂きました。

静岡市の杉山尚秋会員、久保田信一会員、佐々木真吾会員と私で研鑽させて頂きました。

今回は、杉山会員の進行役のもと開催致しました。

研鑽内容は、
○ゼロの再構築について
○教伝会の「北辰一之活」
○北辰一之活の活用法
○北辰光陰之活の工夫
○患者さんにアドバイスを求められた時の対応
などを主に研鑽致しました。

ゼロの再構築について、
ゼロ次元の光陰之活によるゼロの再構築を体験できました。

普段臨床で使っているだけより、自分で受ける側で体感出来ると使いやすくなります。

そして、更にアドバイスももらえるので助かります。

皆でああだこうだと言いながら明確になっていくので、研鑽会はとても貴重です。

人が何人か集まれば何かが生まれる研鑽会の醍醐味だと思いました。

今回、本当に深く議論ができて、有意義な時間を過ごす事が出来ました。

また学びの深まる研鑽会に参加させて頂き誠に有難うございました。

浜松市 松本英司

静岡県 杉山尚秋会員

静岡研鑽会に参加させていただきましたので、感想をご報告いたします。

本年最初の研鑽会、北辰一之活は0から1へと構築、中心取りの作法です。

一之活は生まれであり、はじまりの意味合いを含む大事な作法と認識しております。

今回の研鑽会では、
・腕や手の中心取り
・下肢での中心取りから股関節改善
・水切りから足裏への中心取りによる膝の改善
・5本指の水切り
・くっつく手で腕を体に巻きつけるような動作からの肩改善

など、とても応用の幅が広がる研鑽会でした。

中心を取る作法は、普段腕や肩首でしかやっていなかったので、足裏とか色んなところで中心を取ってみると面白いと実感できました。

中心をとる作法の肝となる任せ手は大事な作法です。

いかに滅私になれるか、それが0から1への構築となります。

うまくいかないときは、やはり自分の意で動かしてしまっているところがあるのだと思います。

今回学んだように、色々な場所で中心をとってみて研鑽を重ねて参ります。

静岡研鑽会のメンバーの皆様、ありがとうございました。

静岡市清水区 杉山尚秋

静岡県 久保田信一会員

静岡市の久保田信一です。
1月28日浜松静岡研鑽会への参加報告です。

2日前から調子が良くなく、患者役として一之活を受けさせていただきました。

仰向けでの一之活は、下肢の違いが特に明らかでした。

これほど緩むのか〜と実感しました。

同時に、自分の患者さんに施術した時にあまり変化がみられなかったケースとの違いを考えていました。

正直、今の段階ではわかりませんが先日の妙見会でのお話から察すると羽衣之活、応天之活を学ぶとスッキリするような気がしています。

またゼロを再構築して新たな「一」を展開するという観点から

水切り、くっつく手、曼荼羅をお借りして一之活の認識と合わせるのが面白かったです。

光陰之活は切れ味が上がらずにいましたが形を真似ようとすると殻をやぶれません。

星物語の流れをしっかり認識した上で応用が増すことを気づかせていただきました。

今年の研鑚会も良いスタートがきれました。ありがとうございます。

静岡市駿河区 久保田信一

静岡県 佐々木真吾会員

佐々木真吾会員

いつもお世話になります。
1/ 28日の静岡研鑽会に参加をさせていただきましたので参加報告を させていただきます。

この度は四名の静岡組が揃い北辰一之活を中心にこれまでの相伝内容の積み重ねと復習という形になりました。

一の位置、ゼロの混沌から引っ付く触れを以て新たなる一の構築を行う研鑽をしました。

作法自体がとてもシンプルなので復習内容はサクサクと進みましたが、

そこからこれまでの相伝された内容を複合させる事により現場における応用が幅広く活用できるよう研鑽をしました。

一之活において引っついて来させる一手の中にも曼荼羅や水切り、壁ぬけの作法など重ねると実が虚に入りやすくトランスの感覚が入りやすくなりました。

組み合わせ一つで色々な場面に対応できとても無限に広がる世界観 にいつも新鮮な気持ちになります。

一人ではなかなかきづかない事でも気楽に皆で考えるとバリエーシ ョンが増えとても大きな学びとなります。

今回の研鑽会も各会員の個性を遺憾なく発揮した奥深い研鑽が出来ました。

松本局長 久保田会員 杉山会員には感謝です。

簡単ではありますが以上で研鑽会参加報告とさせていただきます。

静岡県静岡市 佐々木真吾

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。