正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年6月1日

 この記事は約 6 分で読めます。

最新 整体セミナー 御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからどうぞ

直近 整体セミナー 御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからどうぞ

最新 整体セミナーDVDのお申込みはこちらかだどうぞ

DSC_0164

千葉県 栴檀芳之妙乗会員

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

 千葉県浦安研鑽会代表幹事の栴檀芳之妙乗です。

 5月22日に開催されました第6回千葉県浦安妙見活法研鑽会の報告をいたします。

 当日は浦安せんだん接骨院にて 牛込会員・塩原会員・私と3名にて行いました。

 今回は5月教伝会で相伝されました「北辰卍之活」を研鑽いたしました。

 北辰卍之活は妙見活法三大基柱の一つであり、それが第三螺旋の最後の締めくくりに登場いたしました。

 教伝会でも行いました牽引した腕が戻らないという基本練習を研鑽会でも行いました。

 人工物の手にならぬよう、あらゆる虚の触れ方を段階を経て練習いたしました。

 自分か患者さん役として受けることで些細な触れ方の違いで違和感を感じたりの

 気づきを得ることができます。

 また部分に捉われるのではなく、一で全を持ってくる作法は特に大事な作法として治療の中に入れないと

 治療効果がかなり落ちることが分かりました。

 それも自然な動作にて・・・・

 そのあたりを踏まえながら参加された皆さんで、体の色々な場所で「北辰卍之活」を検証していきました。

 以下参加されました会員の感想になります。

 この度も開催の後押しをいただきました、千葉司家 前野会長 由利司家秘書 に感謝申し上げます。

 千葉浦安研鑽会代表幹事

栴檀芳之妙乗

 東京都 塩原寿之会員

千葉吉胤妙星司家

前野功妙経会長

由利はるな初日司家秘書

正伝妙見活法協会の皆様

いつも大変お世話になっております。

東京都文京区の塩原寿之です

5月22日浦安研鑽会に参加させて頂きましたので、参加報告をさせて頂きます。

 北辰卍之活の復習を中心に行いました。

 

研鑽をしていて、非常に強く感じたのは北辰卍之活は妙見活法の三大基柱と呼ばれるだけあり、今までの活の基本ができていることが強く求められるということでした。

 北辰卍之活をやりながら至らない部分を他の活法を振り返りながら行いました。

当日は相当の勉強になり、今までの自分の間違いを大きく修正することができました。

 数日後さっそく結果がでました。

 

四十肩の臨床報告を上げさせて頂きたいと思います。

 

営業中電話が鳴り、四十肩を何とかして欲しいとのことでした。

 「数週間前から腕がまったく上がらなくなり

 病院や接骨院にいったが全く変わらない。

 今日、出産のため入院している妻が退院するが

 このままでは、自分の子供を抱く事すらできない・・・」

 という何とも深刻で切羽詰まった状況でした。

私は恥ずかしながら、正直

 「四十肩か・・・自信が無い・・・」

 と思っていました。

 今まで四十肩、五十肩で変化を出せたことが無かったからです。

とりあえず来て頂きましたが、私がいままで診た中で一番ひどい状態でした。

 右腕を身体の横につけて、伸展動作をしてもらっても40度くらいしか上がらず、ほとんど上がっていません。

先日浦安研鑽会で私の作法の修正を受けたばかりなので、

 まずは横臥位で右肩に韋駄天法を行いました。

 すると横臥位の状態では腕を上げることができるようになりました。

そこから座位になってもらい腕を上げてもらうと、先程よりは上がるものの

 まだ肩の高さ位までしか上がりません。

 肩の高さから少しだけ戻してもらい、そこから羽衣之活を行いました。

 すると腕が顔の横までピタッとつきました。

 患者さんはビックリしていましたが、私はもっと驚いていました。

最後、可動域は改善したのですが、まだ重さが残るとのことでしたので

 右肩に卍之活を行い、再度挙げて頂いたら、重さも軽減しました。

「これで子供を抱けるぞー!!」

とものすごい喜んでいました。

 その足で病院に行ったみたいで、たまたま私が最後の砦だったみたいです。

 ここが駄目だったら、そのまま奥様を迎えに行くしかないようでした。

 扉を出る最後の最後まで、ものすごく感謝をされました。

 人からこんなに感謝をされたのは初めてでした。

 本当に良かったと思いました。

千葉司家、今年に入ってさらに高度な法術を相伝頂いております。そのお陰でこの度、本当に困っている方を助けることができました。

誠にありがとうございます。

 栴さん、牛さん、的確なアドバイスのお陰で、やっと私も結果を出すことができました。

ありがとうございます。

 さらに研鑽を積み、精進していきたいと思います。

お陰様です。

 

東京都文京区 塩原寿之

 

東京都 牛込喜浩玄聖会員

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日秘書、正伝妙見活法協会会員の皆様、世話になっております。

 東京都足立区の牛込喜浩玄聖です。

 5月22日開催された浦安研鑽会に参加致しましたので感想報告させて頂きます。

 参加者はレギュラーメンバ-のせんちゃん、しおしお、私の3人で行いました。

 今回も教伝会で相伝して頂いた北辰卍之活を中心に復習、確認を行いました。

 腕の牽引では、どうせ戻るなと言う事でいかに虚をつくるか、そしてア-スをどう作るか、そして虚をつくっているつもりが実になってしまうので、相手にいかにわからない様に虚をつくるかの練習を行いました。

 

次に、卍之活の触れ方でいかに全てをつくるか、形象として卍之活の手の触れ方、ア-スがちゃんとつくれているか、どの様に卍之活に鏡月之活を取り入れるか、トランスに入れられているかを考えながら順番に痛みを出して練習を行いました。

 毎回ですが、自分では出来ている様でもDVDを見直して練習する事で自分が違った事をしているのに気が付きます。

 研鑽会のありがたさが身にしみます。

 そして今回は、しおしおが仕事の関係で教伝会に参加出来なくDVDを見てからの研鑽会の参加です。

 研鑽会参加後、羽衣之活、応天之活を使っても上手く結果が出ないと言う相談があったので、実際にどのようにして行っているのかをやってもらい気づいたところを助言いたしました。

 やはりDVDだけでは細かな所の理解が不十分なようでした。

 しかし、塩原会員は教伝会に参加できなくともDVDを購入し、忙しい中を研鑽会に参加しているので、使えなかった活法がお蔵入りにならずに済みました。

 良かったね、しおしお!!

 とても実り多い研鑽会でした。

 栴ちゃん差し入れ、お茶の用意、会場の準備ありがとうございました。

 参加された会員の皆様ありがとうございました。

 次回もよろしくお願い致します。

 正伝妙見活法協会会員 牛込喜浩玄聖

 

 

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。