正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年5月28日

 この記事は約 11 分で読めます。

最新 整体セミナー 御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからどうぞ

直近 整体セミナー 御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからどうぞ

最新 整体セミナーDVDのお申込みはこちらかだどうぞ

 

 

 

神奈川県 杉渕秀登修玄会員

正伝妙見活法協会の皆様、こんにちは。

 神奈川研鑽会代表幹事の杉渕秀登修玄です。

 522(水曜日)に世田谷区奥沢の坂下会員のサロンにて行われた、神奈川研鑽会の開催参加報告です。

 今回より世界のyamaken事、山下会員が参加されました。

 山下会員は教伝会、奥伝会、武伝会、妙見会とフルに参加されている会員で、流石に深い考察と技術で、その明るく活気な性格と相まり、又一段と濃い内容の研鑽会となりました。

 

今回は前回と同じ、坂下会員のサロンにて開催し、地の利の良さと自由が丘と言う雰囲気の良さで連続で開催させて頂きました。

 研鑽会の最中も笑いが絶えず、とても楽しい研鑽会となりました。

 これもひとえにこの様な機会を与えて下さりました、

 千葉司家

前野会長

由利はるな司家秘書

 当日参加の皆様方のお陰様です。

 厚くお礼申し上げます。

 研鑽会の詳しい内容は皆さん下記に投稿して頂いているので、そちらをご覧頂ければと思います。

 尚、次回は626(水曜日)の午後1時より、横浜市にある糸山会員のサロンにて開催の予定です。

 参加可能な会員の方は是非、起こしください。

 以下に参加報告を挙げさせて頂きます。

 

 東京都 大田慎吾会員

 

千葉吉胤妙星司家

前野功妙経会長

由利はるな司家秘書

全国の協会会員の皆様

 いつもお世話になっております。

東京都大田区の大野です。

 

522日に開催されました神奈川研鑽会に参加させて頂きましたので参加報告です。

 杉渕代表幹事の司会進行により東京都世田谷区奥沢にある坂下会員の治療院で北辰卍之活を中心に北辰鏡月之活の復習と天帝法道之活の予習⁉︎復習?を行いました。

 北辰卍之活では糸山会員のテニスで痛めた肩で仰臥位、座位、立位の3パターンで行ったところ、立位で1番効果が出ました。

 これは立位で痛めていたので立位で行った方がより全身が連動するということでした。

 やはり再現性が高いほど効果も高いということを学ばせていただきました。

 そして痛みの出るところまで術者が誘導するのではなく、

 患者さんが痛みの出る位置まで持って行くほうがより再現性が高く、

 

やはり戻りの美学なのでそこが戻るところだからということもよくわかりました。

 

自分が練習させて頂いた時は、自分では気付いていない間違いを指摘して頂けたのでこれからはそこに注意を払っていきたいと思います。

 その他では、私の知らない所作を入れるとより効果が出たりしたのをみせて頂き、

 これから学べば学ぶほど効果も上がるのだなと思え今後がとでも楽しみになりました。

 合わせ鏡の北辰鏡月之活に卍之活を入れると3人がぐるぐる勝手に回りだし、正しく卍の回転が起こりとにかく楽しく学べあっという間に時間が過ぎた研鑽会でした!

 最後に研鑽会をまとめてくださった杉渕代表幹事並びに場所を提供してくれました坂下会員そして参加された会員の皆様に大変感謝しております。

 次回も是非参加させて頂きますのでよろしくお願い致します。

 大野慎吾

 東京都 神谷早耶会員

 千葉吉胤妙星司家

前野功妙経会長

由利はるな初日司家秘書

正伝妙見活法協会会員の皆様

 

いつもお世話になっております。

東京都の神谷早耶です。

 

522日開催の神奈川研鑽会に参加させてただきましてありがとうございます。

 杉渕代表幹事の司会進行により

北辰鏡月之活奥伝会、北辰卍之活 の作法を1つずつ確認しながら練習を進めて行きました。

 第一部では、北辰鏡月之活奥伝会でご教授いただきました「反射、移し」によっての反転、合わせ鏡を練習しました。

第二部では、北辰卍之活、総合的な症状別対応について深めていきました。

 合わせ鏡と北辰卍之活を組み合わせると効果的であることを山下会員から教えていただきましたので、

さっそく作用を確認すると、参加会員一人一人異なった自動運動が起きて不快な症状が激減しました。

また、鏡月の反射反転の作用にて、小林会員のしなやかな身体機能が引き出され、

女性らしい(?)身のこなしになったことにも、驚きました。

 

応用して研鑽を進める中で、

皮膚の送りによって神経に作用、殺の入れ方で筋肉に作用・・など、

やりかたによって動きがスムーズになる部位は異なりました。

 研鑽の結果、どの作法をお借りする場合も、

神経、筋肉、骨の連動性を生み出すことが鍵だと実感しました。

 場所を提供してくださった坂下会員

研鑽会をとりまとめ、進行して下さった杉渕会員

一緒に練習して下さいました皆様に感謝申し上げます。

有り難うございました。

 今後とも宜しくお願い致します。

 神谷早耶

 

神奈川県 糸山礼子会員

千葉吉胤妙星司家

前野功妙経会長

正伝妙見活法協会会員の皆様

 坂下会員のサロンで行われました神奈川研鑽会に参加させていただきましたので、参加報告をさせていただきます。

 

参加メンバーは、杉渕会員、山下会員、小林会員、神谷会員、坂下会員、大野会員、古賀会員、糸山の8名です。

 1.北辰鏡月之活と北辰卍之活の復習と応用

2.天帝法道之活の予習

2つをメインに行いました。

 それぞれの活に対する意見交換や、お互いの作法の動きの修正を行いあったお陰で、より正しい作法の理解と、効果的な作法を行うことが出来るようになりました。

 まず、北辰鏡月之活の合わせ鏡の応用として、会員3人が手の甲を重ねた状態で北辰卍之活を入れてみたところ、3人が手を重ねたままグルグル回り出すという現象がおきました。

 2グループで同じ現象が起きましたので、卍というのは換気扇の様に回転作用を起こすことを目で確認することができましたし、合わせ鏡になっていることで、3人とも同じ作用を受けるということも理解できました。

 

次に、肩の痛みに対する北辰卍之活の練習では、ただ単に痛みの出る格好を再現してから作法を行うのではなく、「何をしているときに痛いのか」を聞き、その動作を再現してもらう中で、痛みをなかったことにしていくことが大事なのだということを、みなさんとの意見交換の中で理解することができました。

 また、背中の痛みや息苦しさに対しては、体幹の前後に手を当てて、両手で卍の動きをすると良いことや、

 全身を楽にしていくという意識で行いたいときには、頭部や後頭部に卍を行うという応用も出てきて、一人では思い浮かばない発想や発展系を教えていただきました。

 そして、天帝法道之活の予習として、脚の屈伸を行いやすくするために、坐骨結節付近と膝裏と足首甲側で、神経を先に動かすと、動きがどう変化するのか?という実験も行いました。

 参加者全員の、脚の屈伸の動きが良くなり、可動域も広がりました。

また、神経が先導するお陰なのか、脚だけでなく、作法を行った半身の動きも良くなることも確認できました。

 これは、立位だけでなく長座でも行うことが出来ましたので、特に高齢者に対する施術にいかせるのではないかと思いました。

 以上で、復習と予習を含めた神奈川研鑽会の参加報告とさせていただきます。

 

会員同士の意見交換と作法の修正は、より効果的な治しの道を作るために必要な場だと思っております。

 次回以降も、みなさまの経験と智慧を拝借しながら、妙見活法の学びを深める場として、活用させていただきたいと思っております。

 参加されました皆様、ありがとうございました。

横浜市  糸山 礼子

 

 神奈川県 小林努会員

 前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

 

神奈川県相模原市の小林努です。

 522日に開催された神奈川研鑽会への参加報告をさせて頂きます。

 今回も先月に引き続き世田谷区奥沢にある坂下会員の治療院にて、

 代表幹事の杉渕会員、初参加の山下会員、糸山会員、神谷会員、古賀会員、大野会員、小林の計8名で、

 

教伝会で相伝して頂いた「北辰卍之活」、先行公開して頂いた「天帝法道之活」の二つの活法を中心に研鑽し合いました。

 

 ☆北辰卍之活

 「北辰卍之活」は、とても使いやすい活法なので臨床でよくお借りしていますが、精度にまだバラツキがありました。

 今回「北辰卍之活」を皆で実際に研鑽して

 ・一番痛い姿勢、痛めた姿勢の再現

・全身の連動

・アース

・卍の形

・間

 などがとても大切であり、

 それらを意識して行う事で技の精度が高まりました。

 また患者さんの立場になると不具合が一瞬で九割取れても納得出来ない場合があるので、

 良くなった事を実感してもらう演出もとても重要であり、その事で患者さんの満足度が上がり感動も生まれるのではと感じました。

 また豊受、羽衣、任脈の合わせ、光陰、息吹、応天などの要素を掛け合わせる事で北辰卍之活の質が変わり、技の切れが良くなりました。

 

 ☆天帝法道之活

 教伝会では玉川会員の重度の肋間神経痛を司家が天帝法道之活の一手で治してしまい衝撃を受けました。

 天帝法道之活もDVDを見ながら練習しました。

 天帝法道之活は神経優位の身体にする事で質の転換が起こり、身体が軽くなる活法ですが、

 やり方を間違えると一瞬で重くもさせてしまうと分かりました。

 今回、腕や膝の上がりや坐骨神経痛、足首の固さなどに対して行いましたが、実際受けると

 神経優位の身体になるとこんなにも軽くなるのか!!

 と驚きを隠せませんでした。

 

6月の天帝法道之活の教導が今からとても楽しみです。

 

 今回も皆でワイワイガヤガヤと楽しく深く研鑽し様々な気付きを得る事が出来ました。

 早速明日からの臨床に活かしていきたいと思います。

 次回の神奈川研鑽会は626()1時から横浜の元町・中華街で行われる予定です。

 妙見活法の質を高めたい!

臨床でビシバシ結果を出したい!

と少しでもお考えの方は参加された方がいいと思いますよ(^^)

 

千葉司家、前野会長、由利司家秘書、会員の皆様、

 この度も様々な後押しをありがとうございました。 

また次回もよろしくお願い致します。

お陰様です。

 神奈川県相模原市   小林努

 

 東京都 古賀文枝会員

 お疲れ様です。

東京都杉並区の古賀です。

 皆さま大変お世話になっております。

 神奈川研鑽会の参加報告です。

今回は8

杉渕会員

小林会員

坂下会員

山下会員

神谷会員

糸山会員

大野会員

私、古賀

の大人数でワイワイと坂下会員の施術所にて行いました。

 

北辰卍之活で体の連動性をもたせる事を主眼において行いました。

まず糸山会員でテニスのサーブ時に痛みが出るという事で、肩の外転外旋時での可動域と動作痛を再現確認しておこないました。

 

仰臥位、座位、で行いましたが痛みが残る、または移動する感じで今一つでしたので、立位でサーブ姿勢をとらせて痛みを再現させた位置から少し戻し卍の活を行いました。

ヤマケンさんが足でアースをとり、頭をトヨウケし、卍之活を行ったところ見事に取れてしまいました。

そして待つ事でより良い結果が得られました。

 痛みが再現する動作や姿勢をとらせ、連動させる動きをつけ更に頭トヨウケにて卍が一番効果がありました。

体を連動させる方向も大切でした。

受け手側は患者さんの気持ちが解り、痛みの移動や残りに対して納得するかの感覚を体感できたので、術者としてどう対応し説明するかも大切な事に気づけました。

 その他それぞれの会員同士で痛みの動作、可動域で練習しあいました。

杉渕会員の胸椎3番辺りの痛みが中々取れずにいましたら、ヤマケンさんが羽衣之活と卍を組み合わせたら見事に取れ凄い自動運動がおこりました。

 また31組になり手を重ね鏡之活と卍を組み合わせたら、クルクルと回り螺旋状の動きとなり頭上に登っていく感覚になりました。

 

神経を誘導する次回天帝之活を研鑽してみました。

肩関節、下肢、足首を行なってみたところ、足首を低背屈での神経誘導の終わり方を底屈方向へ神経誘導し患者役に背屈位へ動作する事により可動域、軽さ、動きの連動が凄く出ました。

 手技をかける際にトヨウケの手、体の位置、手の圧、2手、誘導方向など何気なく行っている中に沢山の要素が含まれています。

会員同士でのやり取りの中、試行錯誤しながら試せる事で確認や発見ができ、1人では出来ない事での教えを頂き感謝いたします。

 以上

 千葉司家、前野会長、ハッピーさん、会員の皆さま、いつも大変お世話になっております。

よろしくお願い致します。

 

神奈川県 山下建会員

 横浜のヤマケンです(^^)

 神奈川妙見活法研鑽会/

 はじめて神奈川研鑽会に参加して参りました!

フリーダム哲学者、坂下会員の奥沢の院で行われました。

会場提供を有り難うございます!

北辰卍之活の復習と、

教伝会で先行にてご教示していただきました

天帝法道之活の復習と予習を兼ねて^ – ^

 先ずは、どの活でも肝要なポイントであろう、

アースと連動の練習をしました。

 アースからの連動が取れると効きが明らかに違います。

そこは常に研鑽し向上させていくべきところだと再確認しました。

千葉司家の深淵なる動きの深掘りをして参ります。

 北辰卍之活で面白い現象が起きたのは、

奥伝会でやりました北辰鏡月之活を三人一組でコックリさん形式でやるのを、卍之活でやってみても面白いのではと提案しました。

 

(単独の意識だと我が入りやすい粗い手が、

三人一組で滅私の手の感覚が高まればという狙いで)

 術者が上下から二人の手の甲をサンドする形で、卍之活を入れて術者の下の手は静かに外します。

 そうすると、三人が同期したまま卍の渦巻き状に回転し出すという現象が起こりました。

一人では、でき得ない練習でしたので貴重な体験になりました。

 

天帝法道之活の復習/

教伝会での腕が楽に軽く上がるかの練習が確認としてわかりやすかったので行いました。

 天帝法道之活は、神経(神の道)なので、

道理に沿って触れないと、重要な部位ゆえに、即、天帝法道之殺に翻ってしまうのだなとも認識しました。

 以前、敏感な患者さんに二手お借りした時に、

二手目に重くなった場合があり、そこの検証をしたかったのですが、(良い感触or悪い感触)検証の裏を取れました。

 それが今回一番の収穫でした!

 次回の天帝法道之活も非常に楽しみです!!

 皆さま、お相手していただき有り難うございました!

 

 

 

 

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。