正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年7月1日

 この記事は約 5 分で読めます。

最新整体セミナー

参加者募集御案内はこちらからご覧いただけます

お申込みはこちらからどうぞ

最新整体セミナーDVD

お申込みはこちらからどうぞ

 

DSC_0017

DSC_0166

DSC_0165

千葉県 栴檀芳之妙乗会員

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

 千葉県浦安研鑽会代表幹事の栴檀芳之妙乗です。

 6月19日に開催されました第7回千葉県浦安妙見活法研鑽会の報告をいたします。

 当日は浦安せんだん接骨院にて 初参加の平原会員、牛込会員・塩原会員・私と4名にて行いました。

 今回は6月教伝会で相伝されました「天帝法道之活」を研鑽いたしました。

 自然界が神の元に人間が存在するように、人の体もそれに準じ、神の経路である「神経」を優位にする状態が

 本来あるべきの体であり、その理順があっていないところは不具合が生じます。

 その為に不具合個所は、神経を優位に体を動かしていくわけですが、

 術者の手が「実」になるほど、神経を触る為相手に「不快」を与えます。

 教伝会の端々で千葉司家がファーストタッチの重要性を説かれており、

 そこに注意しつつ、相手の動作に術者が入ってくる動作になるように気を付けて施術を進めていきました。

 術者が触れに行くのと、そこに相手が入ってくるようにするのとでは、

 同じところを触れても、痛みの感じ・筋肉の緩みが全く違うことが全員で検証することができました。

 あとはその基本をもとに、色々な場所を皆さんで意見を出しながら研鑽していきました。

 今回で私の治療院の移転に伴い「浦安研鑽会」は最後となりますが、

 また新天地で研鑽会を開催したいと思っております。

 この度も開催の後押しをいただきました、千葉司家 前野会長 由利司家秘書 に感謝申し上げます。

 以下参加されました皆様の感想になります。

 千葉浦安研鑽会代表幹事

栴檀芳之妙乗

 

東京都 牛込喜浩玄聖会員

 千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、由利はるな初日秘書、正伝妙見活法協会会員の皆様、世話になっております。

東京都足立区の牛込喜浩玄聖です。

6月19日に開催された浦安研鑽会に参加致しましたので感想報告させて頂きます。

参加者はレギュラーメンバ-の栴檀会員、塩原会員、私のほかに嬉しいことに、6月の教伝会に私が

サポ-トさせて頂いた平原会員も参加して頂き賑やかに行われました。

今回も天帝法道之活の復習、確認を行いました。

天帝法道之活にて神経に触れる際に直接神経に触れて行ってもかなりの効果は出るのですが、

 これでは「実」が強すぎるので、栴ちゃんリ-ドでいかに「虚」の触れが出来るかを練習しました。

教伝会が妙見活法初体験の平原会員は、妙見活法の作法や虚と実の意味がいまいちピンとこなくて戸惑っていましたが、

 練習を重ねいくうちにしっかり効果を出していました。

その後、症状別に色々なパタ-ンで、どの様に天帝法道之活を使って行くかを練習を行いこんなやり方があるのかと気づきがありました。

私も膝の治療をやってもらったのですが、しゃがみ辛かった膝が楽にしゃがめる様になりました。

栴ちゃん、しおしおありがとうございます。

今回もとても実り多い研鑽会になりました。

参加された会員の皆様ありがとうございました。

栴ちゃん差し入れ、お茶の用意、会場の準備ありがとうございました。

次回もよろしくお願い致します。

正伝妙見活法協会会員 牛込喜浩玄聖

 

東京都 塩原寿之会員

千葉吉胤妙星司家

前野功妙経会長

由利はるな初日司家秘書

正伝妙見活法協会の皆様

いつも大変お世話になっております。

東京都文京区の塩原寿之です。

6月浦安研鑽会の参加報告を上げさせて頂きます。

 今回は6月に相伝を受けた、天帝法道之活の研鑽をいたしました。

天帝法道之活はDVDを見ただけの私でも、ある程度変化を出すことができていましたが、

 研鑽会に来て、まだまだ作法として至らない部分があることに気付くことができました。

神経を優位にするために、神経に触れますが、

 これは痛みを誘発するため、患者さんの防御反応を強くしてしまうリスクもあります。

 なので、豊受をしっかり意識することも大事だと思いました。

 こちらから触りに行くのではなく、患者さんに来てもらう。

 この作法をしっかり行うことで痛みが激減することを実際に体感させて頂きました。

 またDVDの中にあった、一で全を取る作法も抜けておりました。

 例えば肩の痛みがあるならば、肩が全身を持ってくる世界もしっかり作り上げないといけません。

研鑽会では患部より遠いところで、天帝法道之活を行い、変化が出るか?様々な実験をしました。

 結論としては、

 肩の痛みに対し、膝の裏で神経を取る

 股関節の痛みに対し、脇の下の神経を取る

 でも変化を出すことができました。

天帝法道之活の相伝を受けたことにより、今まで自分が非常に苦手にしていた四十肩の症状に対し、相当な変化を出すことができるようになってきています。

 千葉司家、この度はものすごい秘伝を相伝頂き誠にありがとうございます。

 当日一緒に研鑽して頂いた皆様、ありがとうございます。

 今回をもって浦安研鑽会が最後となってしまうこと、非常にさみしい思いがします。

 また新しい地で、盛り上げていきましょう。

 よろしくお願いいたします。

東京都文京区 塩原寿之

 

 

 

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。