「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年6月29日

 この記事は約 6 分で読めます。

☆三輪哲朗先生 京都市

正伝妙見活法協会 前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家

栴檀芳之妙乗研鑽会統括局長 会員の皆様

京都の三輪です。いつもお世話になっております。

6/27に協会本部の開催許可と後押しのお陰で

京都研鑽会を開催することができました。

林 三輪 の計2名でした。参加会員の感想と気づきを投稿致します。

よろしくお願いします。

ここ1カ月のシエア

〇林会員
1歳 男の子 主訴 左半身の運動麻痺、首が座らず 左側に傾く

ヘルペス脳炎に罹患して、このような症状となる。左半身の動きが悪く、座位にて身体が左に傾く。左側への側弯もある。頭に触れようとすると嫌がる。

妙見法道之活をお借りして 三途の川 血管を押さえて血流を止めて 息吹をかける 右頭部に手を持っていく。
座位が安定するようになり、左手を動きと首がまっすぐになる。

➡神業的な一瞬治療の症例となった。
単純ヘルペスウイルス2型により出産時の羊水や産道から感染する。後遺症として言語障害や運動麻痺、幻視、記憶障害などを生じる。後遺障害としての治療は小児リハビリの範疇になると考えられる。

秩序の乱れが整立する再構築が起る。脳の断片化は統合性の欠如を生じている。再構築により、断片化が解消されて不具合が解消されたと考える。

ウィルスによる脳炎が脳の統合性の欠如を生じて、それが運動障害や体幹の維持ができない状況を作っている。

身体の欠陥に対して血管を用いて生成化育を生じさせて、再構築となり不具合が解消される。

血管には血液すなわち 水が含まれている。脳にも水が多く含まれており、水の滞りが改善されて、脳の機能の再構築を生じて症状の改善が認められたのでは、ないでしょうか?

三輪
ハンドメイドエステ整体として、美容メニューを6月から本格的にスタートした。

天の橋立 大量のクリームを虚実を意識した塗り方で塗るとベトベトせずに、皮膚内に浸透していく。

整体治療と美容(エステ)がコラボしている施術は他の治療院やエステでは行っていないものなので、興味を持っていただいています。

今後は、上肢だけでなく、下肢やフェイスメイキングなども行っていきたいと考えていることを報告しました。

北辰法道之活
二次元(平面)から三次元(立体)への高次元化 いわゆる龍の道 となると質を高めることになる。
その作用をお借りするには、手の高次元化をすることが重要

握力を上げる。
高次元化の手での接触の重要なところは、まずは螺旋で触れること手が先導することで手自体は、動かない。
平面ではなく、立体化を意識する。

内臓下垂の場合は、
触れた手で螺旋の回転動作を行い。手を不動にして、身体を一度、しゃがんでいる。
丁のハネや太一踏みがあり。腹部と背部の手の触れの位置は、若干の上下のズレがあって腹部と背部との間にも螺旋運動が生じていると考える。

その時には片方の手の動きの速さを変えてみると腹部の緊張が緩和する。
千葉先生が玉川会員にされたように、ズボンが下がるところまでは、なりませんでした。

高次元化の手を持って相手を自動運動にて立たせるには、相手を立体化させることで∞の動作を誘導すると比較的、自動運動にて立位➡座位となる。
手を触れた時に相手の手を握って質を高めてから行っても良い。

肩関節の治療で輪の中にこぶしを捻じりながら入れていくのですが、林会員は肩関節を痛めているので、痛めないように。
拳ではなく、指を伸ばして輪の中に入れたり、輪の自体の抵抗を少なくしたり創意工夫が必要だと思います。

今回は林会員とのマンツーマンでした。少ない人数ながら、中身の濃い内容になったと思います。
二人だと練習するにも、気づきが少ないかと思いましたが、お互いが論議しあいながら、楽しくできたことが良かったと思います。

また、相手がいなくてもカーテンや膝枕などを使用して練習する方法を林会員が提案していただき、これも工夫次第でいくらでも練習ができることに気づきました。
他の会員が多忙につき、ご参加されず、開催も危ぶまれましたが、何とか開催できたことにホッとしたところです。継続し続ける難しさを改めて思いました。

次回からも研鑽会を新しい、風を入れて更なる研鑽の場になるようにしていきたいです。

今回も前野会長 千葉司家 栴檀局長 後押しのお蔭で開催できました。いつもありがとうございます。
林会員差し入れごちそうさまでした。

京都研鑽会 代表幹事 三輪 哲朗

☆林典明先生 京都市

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、 ハッピーさん、正伝妙見活法協会総本部の皆様
いつも大変お世話になっております。京都の林です。

6月27日に「みわ鍼灸療法院」三輪哲朗代表幹事施術所において 京都妙見活法研鑽会「北辰法道之活」が開催されました。
京都研鑽会の感想を送らせて頂きます。

今回は、2年前に京都研鑽会が始まりましたが、 皆様ご多忙の為、初めて2人だけの研鑽会となりました。
マンツーマンの為、休憩もあまりとらず、次々と三輪会員の リードで課題を取り行いました。

ここ1か月のシェアと、三輪会員による「北辰法道之活」 の注意点、認識しなければいけない事などのお話を頂きました。

実技 ① 握力が強くなる方法 術者の体は動かないで、指のみクックとアクションを入れ 握ると握力が倍増する。
  ② 手の質を高める方法  手の質を高めてお腹の出っ張りをへこます方法を  行いましたが、DVDで確認しながら何回もしてみましたが  
   腹部は柔らかくなるのですが、ペッコリとへこますことが 出来ませんでした。

 手の質を高める方法の研鑽をしているときに 6月27日に高知県 山本幸洋会員が 第25回 北辰法道之活 教伝会DVDを拝見しての 感想を述べておられました事を、思い浮かべ、そのとおりだと。
結果が出ないのは練習不足、認識不足であり、することを していない、する事をすると良い結果が出てくるとありました。  

練習方法はいろいろあると思います。 枕を立てて動かないようにして触れる、 カーテンに触れ動かないようにして手の質を高める。  
他にもいろいろ練習方法があると思いますので  一人研鑽していきたいと思います。

③ 手首を持ち自動で立たせる方法 三輪会員も私も始は上手く出来なくて難儀いたしましたが 膝まで、足首まで、乳首までを繰り返し あーでもない、こーでもないと研鑽いたしていくと ラセンはもちろん意識していたのですが∞ を意識すると、すぐに出来るようになりました。

④ 針の穴をも通る龍の通り道 手のリングに拳を通していく方法をいたしましたが 私の肩が悪いので、抵抗を加えた状態でのねじ込みを した時に肩が痛くなり練習が出来なくなりました。
ではどうすればよいかを考えましたところ、拳ではなく 指先をすぼめて針先のような手指を作り、強い抵抗を 受けないようにするとラセンでの入れ込みが痛く無く出来、 肩も楽になりました。
その時その時において臨機応変も必要かなと思った次第です。

今回の実技のポイントは
@手の質を上げる。
@手を先に出した時は、体はうごかさず、手を動かす。
@ラセンでのぞく。
@ラセンをいつも意識する。
@控え目にする(色々なことを)

以上、京都研鑽会の報告です。

三輪会員、美味しい飲みものの差し入れ有難うございました。
京都市上桂 林典明

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。

error: Content is protected !!