「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年7月10日

 この記事は約 19 分で読めます。

☆阪野祐介先生 愛知県大府市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
妙見活法研鑽会統括局
栴檀芳之妙乗局長
梅原二郎妙順局長補佐
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
お世話になります、愛知妙見活法研鑽会
共同代表幹事 阪野祐介です。

千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、
栴檀芳之妙乗局長、梅原二郎妙順局長補佐、

この度は会員の皆様と研鑽し合える機会を作ってくださり、
誠にありがとうございます。

6/26 10:00〜 共和 阪野活法整体院にて「第16回愛知妙見活法研鑽会」
を開催させていただきました。

今回は愛知・岐阜・長野より9名の会員が参加されました。

今回は私がリード役を務めてさせていただきました。

最初にモデルの方にご協力いただき玉川会員の小顔矯正を披露してくださり、

次に質疑応答にて教伝会に参加できなかった会員の方の中で特に復習したい点を伺い、

臨床で困っていることを共有して研鑽し合いました。

【小顔矯正】

冨田会員の知り合いの方にモデルの協力をいただき、玉川会員の行っている「小顔矯正」を披露していただきました。

妙見活法の術理を用いた手技となっており

妙見七塚のエッセンスはもちろん、これまでの活の要素が至るところに散りばめられていました。

進むごとに明らかに顔が変化していきました。

「妙見活法のエッセンスを用いるとここまで効果が出るのか!」

と驚きを隠せないほどみるみる変化していきました。

体の不調も訴えていましたのでその場で治療も始まりました。

普段は施術を行ってから小顔矯正を行っているとのことで、確かに施術を行ってからの方が圧倒的に見た目が変化しました。

印象的だったことは「水の移動の美容である」ということ。

終わった後は別人のように全身スッキリされており妙見活法の新たな側面を垣間見た瞬間でした。

小顔矯正を披露してくださった玉川会員、モデルの方の協力を取り付けてくださいました冨田会員、

ありがとうございました。

【実技】

DVDでポイントを確認したあとで
二人一組になり実技の練習を行いました。

・龍神様の通り道
・質の高い手

に焦点を絞って研鑽し合いました。

(1)龍神様の通り道

小さな穴にボールペンを通すように
手で作った小さな穴に腕を通していただき
最後に腕が勝手に上がっていく作法を練習しました。

施術を受けて真っ先に感じたことは
会員同士であれば参加していたり映像を見ていたり
どのように動けば良いか既にわかっていますが、

何も知らない患者さんを相手にした場合には
声掛け、メンタルリハーサルの大切さを痛感しました。

「北辰法道之活」の作法につきましては
最初の三角形を作ってから一線引きに移行し
また三角形に戻すことで質が高まったように思います。

脇を締めることで固定され
脇が開くことで不安定となり
また固定されるという形になっていたと感じました。

エネルギー保存の法則に則ることで更に質が高まりましたが
質の高い手を作らないことには自動運動が起きにくいように感じました。

(2)質の高い手

手が全身を持ってくる意識を持ち
力比べを行いました。

練習の中でよく見られた光景は
手から動いているつもりであっても
肩から動いてしまったり他の部位が
動いてしまっているケースです。

意識して動かしていても
他の部位が動いてしまうことがあり
これは日々練習が必要であると感じました。

握手で手を握る場合も手ではなく腕が大きく
動いてしまうケースも見られました。

細かい部分ではありますがこのような作法の
積み重ねの上にさりげなさが成り立っているのではないか
と感じました。

なので日常生活の中で壁に手をついて
手を不動にして動く練習を習慣化したいと思いました。

質の高い手を作ってから改めて「龍様の通り道」の
練習を行いました。

受けた感覚の違いがはっきりわかりました。

そこに落下エネルギーを加えることで
自動運動が起きやすくなりました。

質を高めることの重要さ、
よくよく認識することができました。

【情報共有】

教伝会でご教授いただいた作法を
臨床でどのように応用しているのかを
共有し合いました・

冨田会員、青山会員は
仰臥位に寝て下肢に応用していました。

玉川会員は腰だけでなく
全身に応用するまで昇華していました。

教伝会でご教授いただく作法は
基本のベースとなる形です。

そこからいかに工夫して応用していけるか
日々チャレンジしていくことが大切であることを
全員で認識しました。

【総括】

今回は私がリード役を務めさせていただきましたが
玉川会員、大脇会員、青山会員がフォローしてくださったお陰で
深い部分まで研鑽することができました。

ありがとうございました。

また参加された会員の皆様が
能動的に発言・行動していただいたお陰で
一つの視点だけでなく複数の視点で
研鑽することができました。

ありがとうございました。

研鑽会は学びの多い貴重な機会です。
研鑽会に来るとほんの数分で悩みが解決します。

途中で学び始めた会員の方は
教伝会の時に学ぶことができない
以前の教伝会の内容を学ぶことができますし、

既に学んでいる会員としては
自分ができていないと教えることはできませんので
良い復習の機会となります。

第3螺旋に突入し完全立体の高次元療法の世界に入っています。

平面でなく立体的思考・立体的作法が求められています。

今回は「龍」=「流」という「流振」を
認識することが重要でした。

水の流れを扱う作法という認識を持ち
作法をお借りすることが大事であると思います。

個人的に印象的だったことは手の質を高めることが
これまで相伝していただきました活の質を高めることに
繋がっているということを痛感しました。

一点に全を持ってくることで質が高まります。

患者さんの一点を体全体を持ってくるだけでなく
施術者自身の一点で体全体の質を持ってくることが重要でした。

施術を行うだけでなく施術を受けることで
見逃していた部分や新しい発見が
浮き彫りになることもあります。

とても有難いですよね。

研鑽会は学びの多い貴重な機会です。

間違っていた箇所があったとしても
それにいち早く気づくことができ
反省してUターンできる場が研鑽会です。

一人ではなく心強い会員同士で
同じベクトルで研鑽しあうことができます。

地道に、着実に進んでいくためにも
研鑽会は貴重な機会であると思います。

今回も学び多き時間を共に過ごさせていただき
皆様に感謝致します。

これからも研鑽を積み重ねていき
質を高めてまいります。

前野会長、千葉司家、

教伝会以外の場で研鑽する機会を与えてくださり
ありがとうございます。

栴檀研鑽会局長、梅原研鑽会局長補佐、

研鑽会のサポートをしてくだり
ありがとうございます。

参加された会員の皆様、

遠方よりお越しくださり
一緒に練習してくだだり
ありがとうございました。

お陰様で貴重な学びを
得ることができました。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

今後とも宜しくお願い致します。

いつもありがとうございます。

愛知共和妙見活法研鑽会
共同代表幹事 阪野祐介

☆玉川有一妙蓮先生 愛知県名古屋市

前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家
由利はるな初日司家秘書
栴檀研鑽会局長
正伝妙見活法協会会員の皆様
お疲れ様です
名古屋の玉川です。

先に開催されました
愛知共和研鑽会参加報告を
させて頂きたいと思います。

妙見活法の第三螺旋に
入り次元が違ってきてます。

教伝会不参加の会員も
いますので出来る限り
DVDでの千葉先生の動きを
中心に研鑽を積みましたが

第三螺旋の立体化での
教えはやはりTV画面の二次元
の平面的では解りずらい事が
あります。

極力 足を運んでまずは
線を太くされていくのが
良いと思いました。

実技では「我」を入れない
「私」を入れない

どうしたら良いか?意見交換を
させて頂きました。

私は解剖学は一切勉強は
しないです。

ビフォーアフターも一切
やりません。

先に固定概念が入るからです。
固定概念は基準値という「値」
が入ります。

だからアタイは値を入れません
それにアタイは値を知りません。
故にアタイの治療には
結果がたまたま転がりこんで
きます。

妙見活法自体は値のつけられない
価値があるとアタイは思います。

千葉先生 前野会長 ハッピーさん
栴檀さん 愛知研鑽会メンバーの
皆様何時もありがとうございます。
玉川有一妙蓮

☆大脇猛妙元先生 岐阜県瑞浪市

前野功妙経会長
千葉吉胤妙星司家
栴檀芳之妙乗研鑽会局長
梅原二郎妙順研鑽会補佐
正伝妙見活法協会会員の皆様

お世話になっております。
岐阜の大脇猛妙元です。

6月27日開催 愛知大府研鑽会の
参加報告を送らせて頂きます。

この度、阪野会員の治療院にて
北辰法道之活の復習を行いましたが、
復習に入る前に今回玉川会員の小顔エステを
見せて頂きました。

冨田会員がご友人を連れて来て下さり
モデルとなって頂きました。

美容系の施術の参考になればと、
一手一手丁寧に解説して頂きながら
高度な美容技術をシェアして下さいました。

首→頭→顎→頬→アイライン→おでこ
と全て妙見活法の手法によって
あっという間に小顔へ仕上がっていきました。

モデルさんのお顔は明らかに
ビフォーアフターを見比べてみると
肌に艶と張りが生まれ一回り小さくなっていました。

体がガチガチだという事で顔以外にも
バストアップ、ウエストライン、ヒップアップ
と全身の美容整体を行い全くの別人に見える程
変わられました。

少々疲れ気味だったモデルさんは、
水々しく活き活きとした姿へと生まれ変わり、
満面の笑みでお帰りになられました。

玉川会員の施術とモデルさんの笑顔を見て、
自院でも美容系にもっと力を入れて行こうと思いました。

玉川会員の施術の模様を
冨田会員がYouTube(非公開)にアップして
下さったので参考にさせて頂き、
今後美容の方でも患者さんに喜んで頂けるよう
取り組んでいきたいと思います。

冨田会員、玉川会員、
この度は貴重な機会を設けて下さり
誠にありがとうございました。

北辰法道之活の復習は教伝会でご教導頂いた
龍の道と手の質の高次元化を行いました。

法道之活は最も重要な活と言えるので
皆んな気合いを入れて臨みました。

龍=流、水の移動、水集め、川遊び、
活法は殺法の裏技、エネルギー保存の法則、
これらを基本に基礎づくりと応用の研鑽に励みました。

最後に北辰法道之活を実際の現場で
どのように使っているか実演し合い、
皆で共有しました。

大変実り多い研鑽会となり、
確実に参加者全員腕が磨かれました。

この度研鑽の場を提供して下さいました
阪野会員、誠に有難うございました。

千葉司家、前野会長、
研鑽会開催許可を頂き、
誠に有難うございました。

栴檀研鑽会局長、梅原研鑽会補佐、
研鑽会のサポートいつも有難うございます。

以上で愛知大府研鑽会の参加報告とさせて頂きます。

岐阜県瑞浪市
大脇猛妙元

☆吉田晃先生 愛知県稲沢市

前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家、役員の諸先生方、いつもお世話になっております。

愛知県の吉田晃です。

この度、6月27日(水)に愛知県大府市 共和 阪野活法整体院にて開催された
愛知妙見活法研鑽会に参加させていただきましたので、ご報告させていただきます。

今回の研鑽会は、9名の会員が出席して行われました。

最初に玉川会員が、妙見様の手を使い水のエネルギーを利用した「美容整体」を、冨田会員のお知り合いの方をモデルに、披露してもらいました。

スッキリした小顔になっているし、ウエストラインはすっきりしているし、

バストアップ、ヒップアップとビフォアとアフターで明らかに変化していました。驚嘆の変化の仕方でした。

その後、北辰法道之活の復習会をしました。

玉川会員より、は茅の輪くぐりのすごいやつとの言葉がありました。

まず、術者の小さな輪っかに患者さんの握りこぶしを通す練習をしました。
・龍の道を通すためには、術者の両腕の形が「三角形」→「一直線」→「三角形」になっていないといけない。
・足は肩幅にする。
・患者さんの手は、体幹に戻って上がるようにする。
・そのために、患者さんの手を大腿部にあてるようにするのも一方法。
・患者さんの手は、反動をつけられるように下させる。

また、玉川会員よりその他の会員に、北辰法道之活を実際の治療の中で使っていますか?との問いかけがあり

・足のむくみに使っている。
・肩の上がりの悪い人に使っている。
・足が上がりにくい人や、だるい人に使っている。

などの、症例が報告されました。

玉川会員より 「龍」は「流れ」
「龍」は「振動」
「日常に極意はある」

阪野会員より、「北辰法道之活」は内臓調法(水の移動)と結びつけたほうがいいとの、意見が出ました。

いつも、研鑽会に出席させていただくと思うことなのですが、もし研鑽会がなかったら、教伝会の復習をする機会が全くなく、

臨床の場でうまく妙見活法をお借りすることができません。研鑽会あってのものと感謝しております。

これからも、できるだけ研鑽会に出席したいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

簡単ではございますが、愛知妙見活法研鑽会の参加報告とさせていただきます。

☆松野吉伸先生 愛知県碧南市

正伝妙見活法協会 総本部 前野功妙経会長

いつもお世話になり、ありがとうございます。愛知県の松野です。

第16回愛知妙見活法研鑽会が、6月27日(水)阪野会員の共和 阪野整体院で開催されました。

阪野会員、玉川会員、大脇会員、青山会員、吉田会員、有賀会員、冨田会員

加藤会員、私の総勢 9名で行いました。

本日のスペシャルは、「妙見 玉之活」by 玉川会員 でした。

これまでの各活法を応用した、「小顔」「ボディメーキング」を細かな解説をして

いただきながら、お見せくださいました。

施術時の最初から変化を感じました。

当然モデルは女性の方なので、常日頃とは違う玉川会員の醸し出す雰囲気が違いました。

柔らかい口調での接し方、滑らかな手さばき、各会員への説明などの言動が

「お店」モードに変わりました。

こんな好印象を与えることができるのなら、「錯覚する(騙される)女性客も有り」

だと納得させられました。

モデルさんの顔も一手ごとに変化して、みるみるうちに小顔になっていきました。

が施術者は、何か気に入らない様子で予定にはなかった「ボディメーキング」を

始めました。

終了時には胸は大きくなりウエストは細くなり、視覚的な外観は全くの別人になりました。

ここまで変わるのなら「スペシャルコースもありますよ」とお声がけすれば

毒牙にかかる女性客がいても、当然だと強く思いました。

全過程は「すべて妙見活法の応用」で、テーマーは 「流れ」 でした。

続いて「北辰法道之活」教伝会の復習に入りました。

現場では、龍の道術技の最後の納め方が上手くいきません。

青山会員よりいつも通り多くのご指摘をいただき、何とか形にすることができました。

ありがとうございました。

応用編では足を使用した龍の道の術技を、阪野会員がお披露目して頂けました。

毎回、思いますが「一手を重んじる」お作法を演じられます。

自分との違いを痛切に感じさせられます。

大脇会員からは「チカラが入りすぎです」と ご指摘を受け

愛情一杯の時間を皆様と共有できました。

今回も大変有意義で、とても楽しい研鑽会でした。

各会員の皆様、お世話になりありがとうございました。

次回もよろしくお願い致します。

愛知県碧南市 松野 吉伸

☆加藤 繁利先生 愛知県名古屋市

6/27(水)、共和 阪野活法整体院で行われました愛知研鑽会(6/3教伝会の復習)に参加させて頂きました。

阪野会員の治療院は、綺麗に整理されており、すっきりしていて優しい印象でありながら、力強さを感じさせてくれます。

院づくりの参考になります。

最初に玉川会員による妙見法術を活用した小顔、スタイル改善の施術を実演して頂きました。

冨田会員の友人の方にモデルになってもらったのですが、フェイスラインがスッキリして別人のようになりました。

ボディラインもメリハリがついて、かなりの変化がでて驚きました。

妙見活法の凄さを改めて感じました。

冨田会員の友人の方も満足されたようで良かったです。

玉川会員に色々と解説を交えて実演して頂きましたので、よくよく練習していきたいと思います。色々教わってとてもラッキーでした。

実技の復習では「龍の通り道」の術を中心に復習しましたが、「高次元化した手」を作れてなかったので最初上手くいきませんでした。

「高次元化した手」を作ってから再び「龍の通り道」の術に挑戦してみましたが、

一連の動きが止まってしまったり、自分の腕を三角から真っ直ぐにするのが上手くできてなかったりして中々苦労しましたが、

阪野会員や大脇会員、青山会員に熱心に指導して頂いたおかげで最後にはできるようになりました。

研鑽会終了後、臨床でよく使わせて頂いております。患者さんにも肩が軽くなったと言って頂けております。

今回、教伝会に出席できませんでしたのでDVDを見て勉強してはいたのですが、やはり実際にやってみないとなかなか習得は難しいと実感しました。

研鑽会があって本当に良かったです。

今回もこのような充実した時間を作って頂けた事、本当に感謝いたします。

ありがとうございました。

加藤繁利

☆青山正彦先生 愛知県北名古屋市

愛知妙見活法研鑽会

代表幹事 阪野祐介 先生

こんにちは、愛知の青山 正彦です。

6月27日「共和 阪野活法整体院」にて「愛知共和妙見活法研鑽会」に参加しました。

参加報告いたします。

研鑚会内容は6月正伝妙見活法教伝会にて相伝して頂きました「妙見法道之活」の復習、研鑚を行ないました。

阪野会員を中心に玉川会員、大脇会員のサポートにて、実技をメインに練習しました。

先ずはじめに、玉川会員による女性モデルへの顔のリフトアップ、女性が一番になる部分への美容のシェアをして頂きました。

●水の移動による美容術

モデルとなって頂いた女性の顔を水の移動、流れを変えていく事で顔がどんどんリフトアップされていきます。

また女性が一番気になっている部分への玉川会員のアプローチを見せて頂きました。

女性が気になっている部分も変化しモデルの女性も実感されていました。

●「妙見美容」の導入、工夫、導線作り

阪野会員の治療院では、「美容」を始められていて患者さんへの告知や院内告知、POP等、しっかりと作り込みをされていました

女性に認知される工夫と女性目線での視認性のPOPは、とても勉強になりました。

これからの時期の女性は、「痩せたい」「下半身太り」「冷え」「二の腕」「むくみ」が気になる季節です。

当院にも女性が来院されますが、女性の患者さんの声を聞いてみると、上記の声を多く聞きます。

女性の声のニーズがあるならば、まず始めてみる事を考えている会員は、阪野会員の治療院での研鑚会に参加されて院内を見る事をおススメします。

●研鑚会 内容

「妙見法道之活」より

①高次元化するための手を作る

会員と組み、高次元化の手の接触時の手が重要になります。

何度も確認し合いながら手の高次元の手を作る為、何度も研鑚しました。

②龍の道作り

三角と線を意識して体を固定しても、体がぶれてしまいます。

足が地についてないので小手先だけで固定しているのが分かります。

会員と研鑚することで出来ていない部分が良くわかりお互いに学び合えました。

③「妙見法道之活」より臨床にて、どのように使っているか等、実例として各会員から見せて頂きました。

●足のむくみ
●股関節
●腰

特に玉川会員の臨床への応用として明日からすぐ使える実例はとても勉強になりました。

感想

第3螺旋から、「質の高い手」で触れる事が大切になってきます。

教伝会だけの参加では分からない「質の高い手」を各会員と研鑚し合いました。

研鑚会でより理解を深めて、臨床に活かすことが出来ます。

DVDを見て理解をする事が出来ない時は研鑚会に参加することで一気に理解出来ます。

この様な場を提供して頂きました 千葉吉胤妙星司家、前野功妙経会長、ありがとうございます。

栴檀統括局長、梅原統括局長補佐 ありがとうございます。

今回リード役をされた阪野会員ありがとうございます。

愛知共和妙見活法研鑽会に参加の会員の方々 ありがとうございます。

正伝妙見活法協会会員  愛知県  青山 正彦

☆冨田恵司先生 愛知県豊橋市

お世話になっております

冨田です

6/27 共和愛知研鑽会 参加報告を提出いたします

阪野会員の治療院で開催されました。場所の提供ありがとうございました。

研鑽会に入る前に玉川会員から美容のレクチャー講習がありました。

事前にお話をお伺いしていたので同業者でない地元の友達をモデルに連れて行きました。

参加会員のために技術を惜しみなくシェアしてくださり その素晴らしい心意気と共に感謝です。モデルさんも大変喜んでおりました。

誠にありがとうございました

研鑽会ではまず「龍の口」を行いました。

指先先導で身体を動かし
指をキュッキュ
地に足をつける
言葉の誘導

会員皆から認識や注意点をシェアし行いました

不自然な指力が入ると体勢がブレて安定しません

受け入れを認識して術者は始めに脇を締め腹を落とすなど身体を一体化する体勢から立体化していくのが良いと思いました。

最後の手の離し方も言語誘導やさりげない動作で行えば 手を離した後 自動運動になります

北辰法道之活をどのように応用しているかをシェアしました
応用している足を使った「龍の口」を実際に行いました。それぞれ
つま先から
足首から
膝下から

の始点があり 始点はどこでも良く患部の近くが効果が高いように思いました。

また くねくねしてもらう動きの方が流れ活性化を促すには自然かと思います

辰は龍で流です。

この意味もしっかり踏まえたいと思いました。

さらに不自然でない応用ができるように考えて高めていきたいと思います。

参加会員の皆様
ありがとうございました

愛知県豊橋市 冨田恵司

☆有賀政了先生 長野県駒ケ根市

阪野代表幹事、こんにちは。
長野県の有賀です。

先日は愛知共和研鑽会に参加させていただき誠に有り難うございました。

九名の会員の皆様と席を共にして研鑽しあった時間を振り返り、筆をとらせていただきます。

阪野会員の治療院にお伺いするのは二回目になりますが、いつも温かく迎え入れて下さって嬉しい限りです。

普段患者さんを迎え入れられる時も丁寧で心のこもったご挨拶をされているのだなと感心しました。

教伝会での実技を中心に研鑽しあいましたが、非常に学びになりました。

やはりひとりでDVD を視聴しているのみでは体解できないと思い知らされました。

今回は龍の道作りによる上肢の自動運動からの屈曲動作の改善と高次元の手の作り上げとをメインに行いました。

やはり高次元の手になっているか否かで自動運動が起きる確率が随分異なりました。

DVD を見た時点では簡単そうに見えたのですが、前腕の動きを完全に止めて手指だけ動かすのには難儀しました。

阪野会員から一つ一つの所作に対して丁寧な御指摘を戴き、また皆様と錬磨しあうなかで次第に感覚が掴めてきました。

鈍感な私には研鑽会での錬磨によって感覚を磨くことが必須です。

身体操作の達人ならいざ知らず、私のような者にとっては、一つのアドバイスが所作と作法の質を大きく転換さす契機になります。

体幹先導の運動が身体操作の癖になっているため、一朝一夕には無意識に手が先導していくようにはなりませが、毎日錬磨していきたいと思います。

龍の道作りによる実技は様々な作法の要素が詰まっていました。千葉司家のさりげない動作のなかにたくさんの術理が内有されている事をご指導戴けました。

下肢のむくみや股関節の動きの改善などへの応用も拝見できました。

自分が事前に考えていた方法より精度と応用力の高い方法でした。

しっかり術理を深く捉えていないと工夫も応用も効かなくなると反正しています。

青山会員には今回も細部まで身体操作についてご指摘戴けました。

帰りの名古屋駅までの車中では加藤会員とともに青山会員のご指導のもと、高次元の手作りに励みました。

そのお気持ちに深く感謝しております。実技の詳細については、控えさせていただきます。

まだ充分に体解していない段階での記述は予測予断の域を出ていませんが、

龍の道作りは術者の二次元から三次元への高次元の手による立体化と受者の螺旋の動きをどれだけ誘発し持続できるかに鍵があると思いました。

それには、術者と受者双方による相互作法が働かなくては、成立しないと感じました。

その一連の妙連のなかにたくさんの術理がある事がわかりました。

今回の研鑽会での様々な気づきと皆様のご報告を拝読してより精度を高めていきたいと思います。

阪野幹事の治療院で皆様と錬磨した三時間は、かけがえのない有意義な時間でした。

冨田会員の患者さんへの玉川会員による妙見活法を活用した美容施術も拝見できました。

言掛けから始まる施術の一部始終を拝見して非常に勉強になりました。

玉川会員、冨田会員、有り難うございました。

参加された皆様と錬磨した貴重なこの日を無駄にしないよう復習し毎日の臨床に活かしていきます。

改めて阪野会員と皆様に御礼申し上げます。

次回も宜しくお願い致します。

短文ではありますが、研鑽会の参加感想の報告とさせていただきます。

正伝妙見活法協会会員
有賀政了

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。