「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年7月3日

 この記事は約 8 分で読めます。

☆杉渕秀登修玄先生 神奈川県藤沢市

正伝妙見活法協会の皆様、こんにちは。

神奈川県の杉渕秀登修玄です。

6月20日に行われた、神奈川研鑽会の開催報告をさせていただきます。

神奈川研鑽会も早いもので、今回で4回目を迎えました。

これもひとえに、

千葉司家

前野会長

由利はるな初日秘書

栴檀統括局長

神奈川研鑽会に参加の皆様のお陰様です。

厚くお礼申し上げます。

今回の研鑽会より、第1部を会員の皆様とのコミュニケーションと意思疎通を図る場として、ディスカッションの部とさせて頂きました。

又、今月より小林努会員を副代表として神奈川研鑽会の活動補佐をして頂く事になりました。

研鑽会のお役目として、教伝会の復習の場としての活用は勿論の事、会員一人一人のセーフティネットとしての場としての意義もあると思います。

正伝妙見活法協会も満二周年を迎えて、これからも更なる飛躍が期待されます。

特に糸山会員も後述している様に、正伝妙見活法は力や体力を必要とせず、女性にも施術しやすい所が他に類を見ない特徴となります。

今回のテーマは途中で入って来た方へのアフターフォローなどを含めてディスカッションしました。

これらの意見交換を机上の空論にせず、具体的に形にして行くように努めてまいります。

第二部では教伝会の復習を行いました。

先月の研鑽会で行った「妙見天地之活」のイビキを止める活を栴檀会員より教えて頂き、早速その場で皆さんでシェアしました。

その凄い効果にビックリです!(≧∇≦)

あっと言う間にイビキが消失しました。

栴檀会員、シェアして頂きありがとうございました。

後は府中研鑽会で後藤会員がリード役でシェアした、「水月流鎮之術」応用バージョンで、

全身の調整は勿論、女性の美容に驚くべき効果が有るので是非取り入れるべきだと感じました。

後藤会員、シェアありがとうございました。

その後に教伝会で司家より教伝頂きました、「北辰報道之活」の三角と一線の技や、その活用、ポイント等を研鑽させて頂きました。

又、次回の研鑽会も今回と同じ構成で進めて行きたいと思います。

参加の会員の皆様、ありがとうございました。

☆小林努先生 神奈川県相模原市

前野功妙経会長いつも大変お世話になっております。

神奈川県相模原市の小林努です。

6月20日に開催された「第4回神奈川妙見活法研鑽会」に参加させて頂きましたのでそのご報告です。

今回の研鑽会も、2部構成にて横浜中華街近くの糸山会員の治療院にて行われました。

◇第1部 ディスカッション

第1部は当初の予定を変更しディスカッションを行いました。

実際の治療や経営で直面している課題や疑問、改善案などの気になる事をざっくばらんに話し合いました。

その事で正伝妙見活法協会や妙見活法をいつもと違う角度から見られ、気付きの多い有意義な時間を過ごす事が出来ました。

◇第2部実技

第2部は、最近ご教授頂いた実技を中心に皆で研鑽し合いました。

☆妙見天地之活(イビキ)

栴檀会員が妙見天地之活をイビキに対してお借りしているという事でその技を伝授して頂きました。

擬似的にイビキをかいてこの技を実際にかけてもらうとイビキがかけなくなりました。

イビキで悩んでいる人は多いのでこの技をお借りして臨床で役立てていきます。

☆立位での「水月流鎮之術」

立位での「水月流鎮之術」 を練習し合いました。

「水月流鎮之術」をお借りする上で気付かせて頂いた最大のコツは、

・手の触れ方
・力の入れ具合
・体内の水への振動の加え方

でした。

これらに気をつけて練習すると技のキレが明らかに変わりました。

また府中研鑽会で後藤会員にシェアして頂いた骨盤、胸部への「水月流鎮之術」も練習し

その流れで、両肩への「水月流鎮之術」を試してみました。

すると肩甲骨が寄り胸が広がり姿勢が良くなるのと同時に呼吸が楽になりました。

☆北辰法道之活

北辰法道之活は、

・全身を使ったトルネード
・手の位置の固定
・三角と一線の使い分け

などが重要なポイントであると感じました。

下肢に対しての「北辰法道之活」も練習し、

早速実際の臨床でお借りすると
膝の痛み、足の浮腫み、重み、痺れなどにとても効果的でした。

今回も杉渕神奈川研鑽会代表幹事の元、
栴檀局長、横塚会員、糸山会員とそれぞれがアイデアを出し合う事で、
とても実りの多い会になり様々な気付きを得ることが出来ました。

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書
栴檀芳之研鑽会統括局長
梅原二郎研鑽会統括局長補佐
正伝妙見活法協会会員の皆様

この度も様々な後押しをありがとうございました。

また次回もよろしくお願い致します。
お陰様です。

神奈川県相模原市 小林努

☆糸山礼子先生 神奈川県横浜市

千葉吉胤妙星司家
前野功妙経会長
正伝妙見活法協会の皆様

神奈川研鑽会6月の参加レポートを送らせていただきます。

第1部は4名で行い、第2部からは横塚会員も含めた5名で行いました。

横塚会員は、ご自宅から横浜まで遠いにも関わらず、神奈川研鑽会だけでなく府中研鑽会にも参加され
ているとのことです。

丸1日がかりでも研鑽したいと思うだけの魅力が、妙見活法にはあるのだということが伝わってきます。

そして最後の集合写真の時には、みんなが笑顔になるような声かけをしてくださいます。

さて当日はの第1部は、経営などを含めたお互いの疑問点・要望などをディスカッションを行いました。

今後の希望としては、活法は、体力を使わずに、しかも短時間で絶大な効果を出せる施術法なので、女性施術者には向いていると思うので女性会員が増えるといいと思いま
す。

第2部は、教伝会と奥伝会で行った実技の復習をおこない、また、府中研鑽会で後藤ひろみ会員がシェアしてくださった骨盤調整の方法をシェアしていただきました。

その際に、栴檀会員から、螺旋を起こすための施術者の体の使い方をアドバイスしていただきました。

そのアドバイス通りにブルッと螺旋を起こすと、受けた人の骨格がみるみる変化していくのがわかり、より効果的な体の使い方を追求することの大切さがわかりまし
た。

その他、龍の道を作って、上肢と下肢を通したときの可動域の変化を比べたり、アトピーに対する施術の考え方も教えていただくなど、盛りだくさんの内容で行われま
した。

研鑽会があることで、実技の再確認ができますし、わからないことを質問することが出来ます、そして応用編も共有させていただけるので、とてもありがたい場となっ
ています。

一緒に学ばせていただいた皆様、ありがとうございました。

神奈川県横浜市 糸山礼子

☆横塚三郎先生 栃木県佐野市

杉渕先生、先日はお世話になりました。参加報告をいたします。

北辰法道之活を中心におさらいをしていただきました。

府中研鑽会にも参加させてもらいましたが、さらに、新たな気付きを得ることが出来ました。

臨時休業にして、片道4時間かけて参加したかいがありました。

一番の収穫は栴檀会員の「あの腰の使い方」でした。見ているだけで惚れ惚れする切れ味
でした。

丹田を意識して「ブル」を試したところ、技の切れが増しました。栴檀会員ありがとうございました。

それと、亀ちゃんの話、初耳でした。そんなになつくなんて、かわいいですね。

次回から研鑽会の内容が変わるとのこと、さらに、またまた楽しみにしております。

神奈川研鑽会主催者、杉渕会員、栴檀会員、会場を提供してくださった糸山会員、質問すると丁寧に答

えてくださる小林会員、ありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。
めだか整体 院長  横塚 三郎

☆栴檀芳之妙乗先生 千葉県浦安市

千葉県浦安市の栴檀芳之妙乗です。

5月23日に糸山会員の治療院である「横浜VISSEマッサージ治療院」をお借りして

神奈川研鑽会が開催されました。

杉渕神奈川研鑽会代表幹事が急遽一部のプログラムを変更し、相互の経営に関しての意見交換を行い

二部は 北辰法道之活の研鑽会を行いました。二部は最初に小林会員・横塚会員とともに府中研鑽会の

後藤会員の美容向けにもなる内臓調法に感銘をうけ 杉渕代表幹事・糸山会員にもシェアさせていただ

きました。

体液の体内での渦の作り方を、それまで手で起こしていたのを間接的に太一を使い腰で渦を作る様にし

てみましたところ、

より鋭い渦を与えることが出来たような所作になれたように思いました。

両上肢に行うと胸郭がどんどん開いていく状態も確認することが出来ました。

改めましてシェアしていただきました後藤会員に感謝申しあげます。

また教伝会で相伝されました龍道之術を研鑚していきました。

上肢・下肢で試していきましたが相手の拳・足が入ってくる時は直線に

抜けないようにしているときは三角に、と龍の口を意識しながら

かつ高次元の手であるために手の位置を極力変えないようにやはり手ではなく

体で固定するように意識して行いました。

特に脚の重怠さのあるかたは見ていてもわかるくらい

脚の上がりが顕著に変わります。

杉渕研鑽会代表幹事は他の代表幹事・会員の皆様同様に如何に協会を盛り上げて行ったら良いかを

日々考えてくれております。

そして治療家目線ではない 一般的な経営者の考え方として客

観的なお考えを述べられます。

この偏らない考え方が我々はとても貴重な学びとなります。

この度の神奈川研鑽会も大変有意義な時間となりました。

そしてこの度 神奈川研鑽会では小林努会員が 神奈川研鑽会副代表幹事に就任いたしました。

これから杉渕会員とともに神奈川研鑽会を是非盛り上げていただけましたらと思います。

何卒宜しくお願い申し上げます。

千葉司家 前野会長 由利司家秘書

この度も研鑚会開催の後押しをいただきましてありがとうございました。

参加されました皆様ありがとうございました。

このような研鑽会を自分の地域でも開催してみようと思う方は

私、栴檀までご連絡をください。

メール:sendan-myo-jo@kfz.biglobe.ne.jp

研鑽会は該当教伝会参加会員の方が1名

あわせて会員2名からで開催が可能です!!

千葉県浦安市 栴檀芳之妙乗

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。