正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年3月9日
最終更新日:2019年3月10日

 この記事は約 5 分で読めます。

4/7第35回教伝会 御案内はこちらからどうぞ!!

お申込みはこちらから

整体セミナー 活法1】

橋本泰造先生 京都府京都市

千葉先生・前野会長・ハッピーさん・会員の皆様 こんばんは、

京都市 橋本泰造です。

第34回正伝妙見活法協会 教伝会スーパープレミアム北辰応天之活 に

整体セミナーに参加させていだきました。

首というキーワードが、
体のくびれの部分に
関わり 全ての不具合を吹き飛ばします。

一歩通行でなく 「往復」

体の不具合・動きも

伸ばすだけなく・曲げるのも出来るように
ならなければなりません。

実技は、手首・足首を握ると
あら不思議 不具合が無くなります。

千葉先生が、ハンドバックを引っ張る
実戦を見せていただきましたが、

1本だけ指を離している方が
手から離れません。

触れ方にもこれが活かされます。

確かに
いつも千葉先生はそうされていました。

術者の立ち位置も

「不動心」ということで

そうなのか・・・と驚きでした。

あと 前回の羽衣之活でも
おーと思ったのですが

今回の応天之活でも殺法からの
不動の極意を学べました。

これは またまた法道之活が
やりやすいではありませんか

最近 毎月 すごいですネ
なんどもDVDで練習します。

また 僕の酒の飲み方
ガサツは、ナンバーワンです。

車のブレーキは、納得です。

バイクも乗ってましたので、(プレーキングするとサスペンションが沈むのでそれを利用し静かに停止します。)

ショックを吸収するのは身についているつもりですが、

箸やコップは武士の心で過ごします(笑)

また 新しい会員の方や久しぶりの会員の方は

皆さん 能動的で

特に北海道の嶺会員は、
前日の奥伝会でも組ませていただきましたが、

柔和な感じでありながら感覚が良くて

また質問や前に積極的に出られ
千葉先生も褒めてられましたね。

すると 思い出しました。

正伝妙見活法 発足前の
名古屋直伝会でお会いしているでは
ありませんか???

今後ともよろしくお願いいたします。

最後に「電電太鼓」も
僕も体験させてもらいました。

めっちゃ 軽くなりました。

現場で、2名にお借りしました。
一人は50代の男性で
床にタオルを引いてお借りしました。

良い反応でした。

もう一人は、ベッドを2台 くっつけて
不登校の中学生男子にお借りしました。

すると施術前 どんより
だるい顔をしていたのですが

スッキリした顔になり
本人「楽です~~~」といいました。

思わず 待合室のお母さんに
子供さんの元気な顔を見てもらいました。

千葉先生 御陰様で
治療の結果も良い方が多くなっています。

ひき続き現場でお借りさせていただきます。
ありがとうございます。

またいつも
会長・ハッピーさん・スタッフの皆様

会員の為に陰でのご尽力ありがとうございます。

今回は、プロのカメラマンもおられ
千葉先生のグラビア風 撮影風景も拝見でき新鮮でした。

楽しい 学びをありがとうございました。

以上 参加報告になります。

京都市 橋本泰造

【整体セミナー 活法2】

杉山尚秋先生 静岡県静岡市

正伝妙見活法協会 前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

静岡の杉山尚秋です。

教伝会「北辰応天之活」に整体セミナー参加させていただきましたので、

その感想をお送りいたします。

北辰応天之活は天に応じるとありますように、その道筋がキーポイントでした。

首にしんにょうで道となりますが、

体の各部にある首は往路と復路の交差点ということでした。

抹消から中枢へ、抹消の首から中枢の首へ、天と地が繋がる道すじを利用することで、

脳が自らを整えるという活でした。

この往復の道をつなぐ作法として、開と閉、引きと押し、

といった相反することが同時に存在していることが大事でありました。

お話の中で印象に残ったのは、この作法を身につけるために、司家は日常の動作、

カバンの持ち方や、コップを置くとき、

など当たり前にこの作法が入っているということでした。

私も次の日から、まずは食事の最中だけでもこの作法を取り入れてみようと試みております。

茶碗を持つとき、箸を置くとき、湯飲みを置くとき、指の開きと閉じ、

わずかに行って帰して触れる。

こうした動作を意識すると自然と丁寧に大切に物を扱うようになります。

そして音を立てないようにするには意外と難しいということに気づきました。

いつもそんなところまで意識がいっておらず、食器も粗雑に扱っていたと反省です。

普通に生活していたら、そんな気づきもありませんでした。

当たり前に作法ができるよう毎日続けていこうと思います。

この度も大変多くの学びをいただき、ありがとうございました。

静岡市清水区 杉山尚秋
☆彡 尚秋.。.:*・☆

【整体セミナー活法3】

伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

『北辰応天之活』第34回教伝会 整体セミナー参加報告

今回も驚きの内容と実技でした。

首と首、細と細、太と太の
往復により身体の不具合が取れるという
またまたまたまたまたあり得ない、けど
あり得ている法術をご教導いただきました。

自動運動は治る為の
大きな質の転換の入り口、
もしくはゼロから一への構築なのだと再認識しました。

相手が勝手に動いてしまう、
全細胞レベルからの能動性が
一方向へ動けば勝手に治る流れになります。

手首を使ってのしゃがみ動作を早速お借りましたが
自動運動が起きた方ほど
『あっ~ しゃがめる~』
と、動きと同時に痛みが無くなります。

ただ、ここ数年しゃがめなかった方には
変化は少しだけしか起きず、劇的に、
というほどのしゃがみは出来ませんでした。

課題がまた一つ見つかりました。

でんでん太鼓も
最初は上手く動きませんでしたが
最後にはゴロンゴロン♪と動き
側弯にも変化があり
体感的にも『すごく楽になった!』と
言っていただけました。

一本道の往復を私なりに工夫して
お借りさせていただきます。

千葉吉胤妙星司家
素晴らしい学びをご教導賜りまして
誠にありがとうございます。

前野功妙経会長
開催にあたりまして
御尽力いただきましてありがとうございます。

由利はるな初日司家秘書
司会進行、ステキな笑顔でご対応いただきまして
ありがとうございます☆

参加されました皆様
ありがとうございました。

次回も
どうぞ宜しくお願い致します。

以上を参加報告とさせていただきます。

宮城県 伊藤良太一玄

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。