正伝妙見活法協会の活法整体セミナーでは、一千年の歴史を有する「妙見活法」を唯一正統なる第24代継承者である千葉吉胤妙星 宗家がプロの治療家、セラピストに本物の整体術を伝授いたします。
公開日:2019年3月9日
最終更新日:2019年3月10日

 この記事は約 5 分で読めます。

4/7第35回教伝会 御案内はこちらからどうぞ!

お申込みはこちらから

【整体セミナー 活法1】

松井孝之先生 大阪府大阪市

いつもお世話になります。大阪の松井です。

3月3日の教伝会に整体セミナー参加させていただいたので報告させていただきます。

今回は「北辰応天之活」でした。

以前に久保勝さんの首の症状を一瞬で改善したとのことで気になっていました。

応天とは呼んで字の如く、天が応える

末梢神経と中枢神経との関係

つまり反射による末梢神経からの刺激に脳が応えてくれるという、理に叶った活でした。

そしてその脳を反応させるには首が最も大切であり、首は道という字になるため、神経の往復の交差点でした。

首は頸椎以外にも手首、足首、腰首などあり、首とつくところ以外にも凹んでいるとこ、クビれているところが道になっているとのこと。

実技もなぜかクビレのとこを圧迫するだけで動きがよくなるので不思議な感じでした。

そして秘儀、電電太鼓を教えていただきました。

首の症状やぎっくり腰や寝返りがうてない人もこれで治るとのことでした。

私は寝たきりの方を治療したりするので、現場で使ってみようと思います。

その他に

・不動心

・術者は動かない

・陰陽の整合

・触れる時の当たりを他で中和する

・ふるえの調整

など色んなことを教えていただきました。

実技もすごいですが、全部の活で使える触れ方や在り方を教えて頂けるのは今までの活の質が全て変わるのでありがたいです。

今回も凄すぎる内容をありがとうございました。

以上報告とさせていただきます。

大阪市 松井 孝之

【整体セミナー 活法2】

栴檀芳之妙乗先生 千葉県浦安市

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

正伝妙見活法協会 栴檀芳之妙乗です。

3月3日千葉県船橋市高根木戸駅の「ライツホール」にて

千葉吉胤妙星司家 教導による、第34回教伝会「北辰応天之活 テーマ遠心と求心往
復の一本道~」整体セミナーが開催されました。

今回もまた今までの考えが覆る内容でした。

今までは人の体は脳から抹消へという「往路」しか考えていなかったものですが、

この活法は抹消から脳へという「復路」のアプローチでした。

例えでもあるように、体のあらゆる「首」を抑えることが、

相手の体全部を捉えることであり、それが治り道に繋がるというお話でした。

体のくびれ部分は、上からと下からの交差点であり、

つまり体を点の「0次元」で治す治療法でもあるのだと思いました。

また往復は、天から地 地から天の陰陽の関係にあり、

活法のコツとしても、体に陰陽を成立させることにありました。

ここで握った指を抜いていく理由の一つがまた解明されました。

千葉司家の荷物を持つ作法は教伝会でお話のあったように

必ず示指を抜いて持たれておりますが、

一見握る本数が少ない分力が弱いのかと予想させてしまいますが、

実体は指を抜いたほうが指の握りが咄嗟の外力にも負けずしっかりしておりました。

そこには「一線を引く」作法にも繋がるのだとおもいました。

また術者は北極星のごとく「不動」に位置することも大事なポイントでした。

先日 武伝会・奥伝会で特別相伝されました「妙見超兜之術」の術理も、

今回の「北辰応天之活」の要素が多分に入ったものであったのだと思いました。

天と地の関係の更に深い世界がまた解明されていく「北辰応天之活」でした。

の度も大変貴重な学びを賜りまして誠にありがとうございました。

参加されました会員の皆様ありがとうございました。

千葉県 栴檀芳之妙乗

【整体セミナー 活法3】

宮島広介先生 東京都足立区

いつもお世話になっています。

東京都足立区のハム介こと宮島広介です。

3/3の北辰応天之活の教伝会に整体セミナー参加させて頂きました。

普段、天位之活を現場でよくお借りしていて、全身様々な場所の不具合を取るのにとても助けになってくれていましたので、今回の応天之活の相伝はとても楽しみにしていました。

普段の天位之活の効果から、脳からの指令が全身に影響を与えている事、また首が脳からの伝達不全の原因になりやすいんだなというのはよく感じていました。

しかし、これだけではやはり一方通行の考えだったのだなと応天之活の教えから良く分かりました。

と同時に凄い効果のある天位之活の捉え方もまた一段高くなりこれからとても楽しみです。

天からの指令を正すのと同時に末梢から天への指令も正す事でより整合された身体に戻るのではと期待します。

今回の教えで行ったら戻るという事の再認識から更に真逆のものを同時に存在させるという事が大切であると感じました。

これはいくらでも応用出来ます。

やはり、基本は同じでありいかに応用して実際に使える形に落とし込めるかだと感じますが、習わないと気づかない事が沢山あり毎回の学びが有り難いです。

手首や足首、また他のくびれの部分をどの様に操作していくのか、どの様に末梢から天に響かせるのかとても気になります。

翌日、下肢の痛み、痺れが出ている方で、片足で電電太鼓をお借りしたところその場で痛み、痺れが改善されました。

両足だと難しいですが、片足だと比較的頭まで伝わります。

片足ずつ両側やるだけでも背中や腰の軽さを感じてもらえますが、やはりギックリ腰の寝返りが出来ない人に効かせられるレベルまでもっていきたいです。

簡単ですが、整体セミナー参加レポートになります。

今回も大変貴重な教えを有難うございました!

東京都 宮島広介

この記事のキーワード

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。