「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年11月8日

 この記事は約 4 分で読めます。

第30回 正伝妙見活法教伝会

スーパープレミアム「北辰太一之活」~ 北斗妙連の神法 ~

盛会満員御礼 正伝妙見活法協会 開催報告

 

会員の皆様 こんにちは。前野会長第二秘書 伊藤です。

書記掛 守矢博明会員の記録を元として

11月4日開催 正伝妙見活法協会教伝会総本部開催報告

をさせていただきます。

相伝『北辰太一之活』

テーマ 『北斗妙連の神法』

宇宙の根元と自己との妙連=普通の世界

日常の出来事の集約。

紐はたるむ→引っ張ると張力が出来、左右で引っ張っている状態。

形から始まっている。

流れる道=龍道

形態変化である。

健康に一瞬で治す。

色んな不具合が紐にぶら下がっている→一瞬の張力で全部消える。

宇宙の根元=張力⇒膨張し続けている。(膨張力)

張力がMAXになると下がっていく。

エネルギー療法の根元は張力。

治療家は不具合を0化すること。

膨張が止まったところが不具合→そこを押し揉みするから悪くなる。

張力を使えないと治療は出来ない。

歩けない人は、歩く部分の張力がないということ。

「一手引き」で全て治す。

一を引く→人の身体を一で引く→太一

張力は軽く、浮いてくる。

丁ー3次元から2次元

太一ー2次元から1次元に戻す

身体の不具合を1本の線に戻す。

0次元化する治療→点の世界へ入る

次元の操作で治す。

張力は面の世界から始まる。

2次元で五芒星になると動けない。

良いものも、悪いものもペラペラになる。

刺激を受けたところが前に出てくる→リーダーになる

自己改革をする。

自信を持つ→たるんでいるんじゃない!

形を作るのは自分でやらせる→手を貸さない。

立てる人に使うこと。

やろうと思うけど出来ない→精神の張力両手両足を限界まで追い込む。

苦しいところまで張力を出す。

「早くやって欲しい!」と言うところが一番張力が出ている。

1本引きは押し引き。

上と下から挟まるベクトルが入っていくる。

たるんでいる→2次元。

張力→1次元で面がなくなる。

不具合は捻れ、己になっている。

捻れは真っ直ぐにすると成立する→己の引き

己は北斗七星になっている。

一線引きの世界。

張力を使えば真っ直ぐになる。

上に向かうベクトルと、下に向かうベクトルが重なっている。

太一は天地の合わせ。

北斗七星は上下を統合させる星。

太一の記号性は上下の三角。

突き詰めると六芒星になる。

天からの力、地からの力で六芒星。

北斗七星は上下を作る。

統合され1本の道になる。

太一→一筋の立体化(紐)

上下のエネルギーの融合

太一は人の道を表している→人道。

線と線の間に人が入ってくる→太一

一瞬でいいから自我を無くすことが出来るか。

【ライブ一門一統】
Q 戦場で気を張っているのに張力を出すのか?

A 負傷した瞬間に緩む。
鼻血も指の張力で止まる。

Q 足の戻し方は?

A 戻るに戻れないのが整っている。
脱出するときに自分で治している。
簡単に戻れるようだと、張力が効いていない。
手を貸すと人工物になる。

Q 妊娠している人は?

A 避けた方が良い

Q 刺激の使い分けは?

A 方程式ではなくどんな刺激でもいい。

Q 一本引きがわかりにくかった。もう一つコツがあるか?

A 押し引きを移動しているだけ。
己を無くしていくこと。

Q 太一は全体の振動が必要か?

A 張力が出ていれば、少しの振動でOK。

Q 叩くのが3回なのは?

A 3回というのは上下中という意味。
上下中とやるのが作法に入っている。

以上

平成30年 11月4日 開催 第30回正伝妙見活法協会 教伝会総本部 開催報告

記録 守矢博明 書記掛 総括 伊藤良太一玄 会長第二秘書

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。