「妙見活法」は宇宙(自然)の法則に整合した究極の自然療法です。正伝妙見活法協会では一千年の歴史を有する唯一正統なる「妙見活法」を第24代継承者である千葉吉胤妙星 司家が責任を持って本物の整体術を直接相伝いたします。正伝妙見活法協会には本物ゆえの長い歴史と正しい伝統があります。
公開日:2018年6月6日

 この記事は約 19 分で読めます。

☆津端雄大郎先生 東京都稲城市

正伝妙見活法協会前野功妙経 会長

お世話になります。稲城市の津端です。

6/3 妙見活法教伝会に参加させていただきましたので
参加報告を投稿させていただきます。

今回の相伝より、第三螺旋に入り
妙見活法の完全立体化の第一歩である
『北辰法道之活』を相伝して頂きました。

この北辰法道之活の術技により
立体的な運用が可能になったと感じました。
観念的ではない、本当に質の高い手が作れれば
活法の確実性が高まると思います。

翌日の今日の治療より、
術技をお借りして施術しましたところ
自動運動の発現率が高まり
結果として一瞬の質的転換が大幅に起こりやすくなった感があります。

それも、ほんの数秒の操作でです……。

「今回の相伝は過去最高の内容になります」
と千葉司家が仰っていましたが本当にその通りの内容になりました。

スーパープレミアムどころの話ではありませんでした。

このような貴重な機会に
参加させて頂くこと出来てとても有り難いです。

益々臨床で活用させていただきます。

正伝妙見活法を習えるということは本当に運がいいと思いました。

正伝妙見活法協会再興二周年御目出度う御座います。

今後も微力ではございますが
協会のお手伝いをさせて頂ければ幸甚です。

妙見大菩薩様 千葉吉胤妙星司家 前野功妙経会長
由利はるな初日司家秘書 ご参加の会員の皆様ありがとうございました。
お陰様です。

稲城市平尾 津端雄大郎

☆伊藤良太一玄先生 宮城県白石市

伊藤から感想を述べさせていただきます。

冒頭より
『四角より大きいものを通す』
を実演していただきました。

平面の世界が立体になることで
物の質が変わり、形までも変化しました。

それは二次元から三次元への変化でした。

先日の教伝会より人の体は『筒』である
とご教導いただきました。

筒も三次元であるにも関わらず、
『筒は三次元』という認識を持っての触れは
していませんでした。

体は筒、という認識はありましたが
次元という世界観は持ち合わせていませんでした。

以前司家は
『またまだ平面の世界』と仰っていました。

ようやくその意味が公開されました。

平面から立体へ…

二次元から三次元、という世界だったのです。

三次元になることで質が変わり、
形までも変わるということは
より可能性が、治療の幅が広がるということです。

司家の普段の触れの意味も
細かくご教導していただき、
「あー!そうだったのか!」と
感じた会員も多かったかと思います。

「明日からの臨床が楽しみ♪」
とも感じたかと思います。

『エネルギーを変えるには方向性を変える』

その為には
『変える為の能力のある手に変えなければならない』

『今回の教伝会に参加出来た会員は運が良い』
とも仰っていました。

本当にそう思いました。

理論、実技の繋がりはとても流れよく繋がり、
しかも目の前で現象を見る事が出来るのは
妙見活法だけです。

そして今回も運良く内臓調法の奥までも
天地之活を応用した方法までにて
ご教導いただきました。

手を先導し、螺旋の動きをしただけで
玉川会員のズボンがスルスル…と
下がる様は普通ならあり得ない光景です。

何度も見る事が出来たのは
イメージトレーニングをしなくとも
見通しがなくとも出来る思考になったのではないでしょうか。

実技もとても多くご披露頂き、
明日から早速お借りできるもの連続でした。

『絶対安定の中の不安定、絶対不安定の中の安定』

このお言葉もとても心に響くものでした。

動く為には不安定性がなければ動けません。

ですが、その場から動くには
(売り上げを上げたり、技術の向上)
絶対的に不安定がないと動けません。

安定している中での不安定さを持ち合わせる事で
とても効率の良い流れ、動きを作る事が出来る、
と認識する事が出来ました。

経営者にとして、人としても
大きな学びとなりました。

安定の中で動けるよう(不安定)よう努めて参ります。

そしてそして!
最後には龍神の鳴き声まで聴くことが出来ました!

まさに雷でした。

轟く雷鳴のような声を聴いた時には
一瞬 体が硬まったのを覚えています。

何度聴いても驚き身体が反応していました、

再現性の高い司家のアイテムは
毎回驚きの連続です。

滅多なことではお目にかかれないアイテムに
毎回お目にかかる事が出来るのは
幸運という以外に言葉はありません。

懇親会も大変盛り上がり
皆さんとても楽しんでいる様子が伺うことが出来、
スタッフの一員としてとても嬉しく、
楽しい時間となりました。

皆様ありがとうございます。

そして、懇親会冒頭と終盤には司家より
触れの大切さと子供の車酔いに対しての
レクチャーもありました。

『中心から始まる治療』という文言より
「波紋」を思い出しました。

何かのヒントなのかもしれませんね。

とても有意義な時間が長く流れ、
その中に居ることが出来た事に対して
心からお陰様の気持ちが溢れてきました。

本当にお陰様様です。

千葉吉胤妙星司家
この度も深い学び、
治療家としての次元の向上を後押ししていただきまして
誠にありがとうございます。

すぐに地元に還元できるよう
早速お借りさせていただきます。

前野功妙経会長
開催にあたり様々な労務をこなしてくださいまして
誠にありがとうございます。

心より感謝致します。

由利はるな初日司家秘書
スムーズな司会進行、一門一統での会員への橋渡しを
ありがとうございます。

参加されました皆様、
準備片付けを手伝ってくださいましたご有志の皆様
ありがとうございました。

また次回もよろしくお願い致します。

最後に、
正伝妙見活法協会設立二周年記念にあたり
ご有志の皆様より、
お花やお品物、御神酒、御祝儀を沢山お持ち頂きましたお陰で
とても華やかな会になりましたことを
深く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

前野会長第二秘書 伊藤良太一玄

☆阪野祐介先生 愛知県大府市

正伝妙見活法協会 総本部
前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家
正伝妙見活法協会会員の皆様

こんにちは。
お世話になります、西日本センターの阪野です。

6/3に第25回正伝妙見活法教伝会
が開催されました。

参加させていただきましたので
感想を送らせていただきます。

今回の教伝会は50名弱の会員が参加され
新規参加者を2名迎えて開催されました。

改めまして
再興設立二周年、御目出度うございます。

二周年記念を祝し
沢山の生花や祝電、御神酒、ご祝儀が
全国の門下生、会員から届きました。

とても華やかな雰囲気の中での
開催となりました。

テーマは、

「北辰の法 龍の道」

相伝は、

『北辰法道之活』

龍神様が目の前に現れるなんて…

【 北辰法道は天道なり
  北辰法道は地道なり
  北辰法道は龍道なり 】
 〜北辰法道之活秘伝書より〜

今回より遂に第三螺旋に突入しました。

これまでの教導は今回の為にあり
これまでの集大成の一つの形となりました。

今回も目で見てわかるように
道具や用紙を用意してくださいました。

紙の中心が正方形に切り抜かれており
その中に丸いせんべいの様な形をしたものが
通過しようとしても円筒形の方が大きくて
通過することなどできませんでした。

が、あることをすると
狭い道の中を大きな物が通り抜けることができました。

まさに針の穴にボールペンを通すような
衝撃的な光景でした。

平面から立体になるとはこういうことか…

これが二次元から三次元への世界でした。

三角形を一直線にすることで立体的となる。

今回の教導をマスターすることによって
二次元から三次元へ
三次元から二次元へ
縦横無尽に往来することが可能となりました。

【 流れる螺旋エネルギー 】

今回も目で見てわかりやすいように
道具を披露してくださいました。

円筒形の中に螺旋状の形があり
中身は水と油で構成されて
油が下に落ちることで螺旋の形を滑り落ち
クルクルと下にくだっていきました。

これは水と油の入れ替えが同時に行われており
エネルギーの移動が行われている現象でした。

上昇エネルギーから下降エネルギーに
転換されるような光景である様に思いました。

【 妙見和算形象 】

・妙見神形
・上昇下降スパイラル
・円筒形
・龍神様

がどのように繋がっているのかを
ご教授いただきました。

安定の中の不安定…
不安定の中の安定…

妙見神形がいかに重要であるのか
よくわかりました。

図式はDVDをご参照ください。

【 高次元法力の解明 】

妙見和算「龍神之術」

目から鱗の光景でした。

平面から立体になったとき
不可能なことが可能になっていくことを
目の当たりにしました。

詳しくはDVDをご参照ください。

【 高次元エネルギーとは 】

次元とは基底ベクトルの数である(方向の数)

0次元空間→点(方向が無い世界)
1次元空間→線(左右だけの世界)
2次元空間→面(左右上下だけの世界)
3次元空間→立体(左右上下前後の世界)
4次元空間→立体+時間(時空)(妙見活法)

エネルギーには法則があります。
方向性を増やすことで次元が上がっていきます。

立体世界を瞬間世界に変えるものこそ
「妙見活法」でした。

【 北斗七星と龍神 】

北斗七星の形象から
龍神様が目の前に降臨されました。

そこに示されていた円筒形と螺旋…

龍神の「神」は北辰の「辰」
ということでした。

【 龍は舞い 龍は鳴く 昇龍 】

驚きました。
荘厳な唸り声が会場全体に鳴り響きました。

龍の鳴き声はどのような声が想像がつきませんでしたが
どこかで聞いたことがあるような鳴き声でした。

詳しくはDVDをご参照ください。

ここでお待ちかねの
「一門一統」が始まりました。

ーーー

(1)
小さい子供は何歳から治療しても大丈夫なのでしょうか?

子供を治療するときに注意してほしいことは
恐怖心を覚えさせないこと

いきなり触れることはしないで間を置く

子供は絶対にゆすってはいけない

(2)
運が良い人の見分け方はありますか?

今日来た人は運が良い
運気はその人の考え方で上がったり下がったりする
考え方の良い人と付き合うと良い

(3)
妙見活法で頭蓋骨矯正などはありますか?

あります
質の良い手で触れるだけでも矯正はできる

いずれやっていく予定

(4)
過去に「北斗七声」があると聞いたことがありますが
学ぶことはできますか?

できます
総本部の前野会長に連絡してもらえれば対応することは可能

(5)
千葉先生は見ているだけで「ここが悪い」と言い当てますが
体の見立てはどのようにしているのでしょうか?

特別なことはなにもしていない
全ては物理現象

目から鱗の教導はDVDをご参照ください

【 北辰法道之活 相伝 】

龍神の流振が
あなたの体内に
共振したのである

円筒形と螺旋が組み合わさることで
龍神様が現れました。

これらの教導は全て繋がっています。

完全立体の世界、奥深い世界の連続でした。

今回はまた続きがありました。

部屋が暗くなり
千葉司家のお誕生日を祝う
サプライズビデオレターが上映されました。

全国の門下生、会員の皆様、お知り合いの方々から
温かいメッセージが届けられました。

津端会員が編集してくれたことによって
音楽に合わせてアップテンポな映像に仕上がっていました。

上映が終わると
前野会長からビデオレターのDVDの贈呈
由利司秘書から花束の贈呈
が行なわれました。

御目出度い席に居合わせていただき
感謝申しげます。

改めまして千葉司家、

お誕生日御芽出度うございます!

教伝会の後は場所を移して
特別懇親会「妙見の作用線に入ル」
が開催されました。

美味しいお酒、美味しいお食事をいただきながら
親睦を深められました。

参加された皆様は
乗り物酔いのマル秘作法をご教授いただきましたね。

有難く活用してまいりましょう。

【 総括 】

総括として、

今回は相伝いただいた「北辰法道之活」は
これまでご教授いただいてきた内容の
集大成となっていました。

普段は2次元で物事を考えてしまいがちですが
3次元で立体的に考えられるようになりますと
これまで不可能だったことが可能になりました。

完全立体の世界の作法を小手先だけのテクニックとして捉えず
妙見七塚・天地人・虚実・錯覚などの要素を取り入れ
作法をわきまえながらお借りさせていただくことで
手・精神・作法・思考・術の次元が高まります。

個人的にはネジと釘のお話が印象に残っています。

螺旋で入るとどのようになっていくのか…
自然界の法則はどのようになっているのか…
北斗七星の形、龍神様の形はどうなっているのか…

など妙見和算・自然科学の見地から
裏付けのある理論が構築されています。

エネルギー療法は正しく理論を理解・認識しなければ
扱うことはできないと仰られていました。

理業一致してこそ「妙見エネルギー療法」
すなわち「妙見法力」の作法を
お借りすることができるようになります。

奥深い深遠な教導の数々でしたが
法則に則り、作用をお借りできるように
一つ一つにの作法を大事にする。

そうすることで患者さんの体の中の
エネルギーの移動ができる
次元の高い手になっていくと思いました。

一つずつ実践し
患者さんや地域に還元してまいります。

前野功妙経会長、千葉吉胤妙星司家、

今回も深い教導を賜り、
誠にありがとうございました。

由利はるな初日秘書、運営スタッフの皆様、

司会進行、一門一統、会場設営準備、ビデオ・カメラ撮影など
見えない部分で支えてくださり、
ありがとうございました。

正伝妙見活法協会会員の皆様

実技などで大変お世話になり、
ありがとうございました。

また写真撮影にご協力いただき
ありがとうございました。

次回の教伝会も楽しみにしております。

これからも妙見医道をしっかり学んでまいります。

今後とも宜しくお願い致します。

正伝妙見活法協会会員 西日本センターGM
阪野祐介

☆栴檀芳之妙乗先生 千葉県浦安市

正伝妙見活法協会の皆様いつもお世話になっております。

正伝妙見活法協会総本部 D蜜こと栴檀芳之妙乗です。

皆様のお陰様を持ちまして協会設立2周年を迎えることが出来ました

これから3周年に入るなかの第1回目となる内容が

6月3日に、千葉県船橋市高根木戸駅のライツホールにて、千葉吉胤妙星司家教導されました

第25回正伝妙見活法教伝会 北辰法道之活 「テーマ~北辰の法 龍の道~」でした

千葉司家は今回のこの内容を伝えたくこの2年間教伝会を行ってきたというほどのとても重要な内容となりました

今迄も「立体思考」の大切さを言われていましたが 立体になるとどうなるのかということも

今回も観念ではなく見て体験することができました

本当に貴重な体験が出来ました

2次元では貫通不可能なものも3次元にすることで貫通が可能になる

つまり絶対物理的に不可能であるものが次元を変えると可能になるということを経験することが出来ました

2次元から3次元にするだけで有り得なかったことがありえる状況になる訳ですから

妙見活法が一般的に難治的と言われるものを良くしてしまうのも改めて納得することが出来ました

しかし驚くべきことはこれが「妙見和算」のなかで数式的にすでに江戸期に解明されていたということです

治る道が数字で出ていたというのが千葉一族の底知れない思考に驚かされます

そして余計な予想・予測の頭ではなく我々の「この手が治す」といわれているように

治すための「高次元の手」を作る お稽古や所作のご教示がありました

今迄も手を作るお稽古がありましたが 改めましてその意味合いを理解することが出来ました

平面から立体思考というのは実際術者が見ている世界も立体にする必要性があり

妙見十王之活の円筒を感じ取る所作にも繋がるお話がありました

実技では「龍道之術」を使った術を上肢にて練習していきましたが

高次元の手で龍の口を作りそこに上肢を通すと瞬間的に挙上してしまう昇天する腕になりました

現場で下肢に使わせていただいたところ ヘルニア症状の右下肢の症状がなくなり且つ軽い脚になったり

両膝が重怠いという脚にお借りしたところ 重さが無くなりしゃがむのも楽な軽い脚になりました

どうしても龍の口が微妙に動いてしまうのが効果のロスを招いていると思いますので

より不動な龍の口を模索したいとおもいます

教伝会後半では 龍神様のお姿をご紹介いただき

円筒形と螺旋を併せ持ったお姿ということが分かりました

そして龍神様の声も会場内で再現することが出来 本当にそこに実際雷が鳴っているかの如くのお腹に響く声を聴くことが出来ました

螺旋と円筒形から成すこの音の振動はまた体に何かの作用をもたらすのでは? と思いました

これから「北辰」の七塚に入る中で龍神様の存在・意味合い 龍神様のお姿の特徴の「螺旋」が更に深く解明されていくと思われます

また一門一統では 千葉司家の見立ての方法が特別公開され 手が勝手に中心を見つけるマル秘の方法もご教示いただきました

正に予想・予測も無く手が勝手に探してくれる不思議な世界を体験いたしました

千葉吉胤妙星司家 このたびも目で見て 体感出来て 音で聞こえる エネルギーの世界の御教示をありがとうございました

前野功妙経会長 開催に先立ちまして諸々のお手配をいただきましてお陰様で無事開催することが出来ました ありがとうございました

由利はるな初日司家秘書 この度も司会進行を務めていただきまして 予定通りに教伝会を

終えることが出来ました ありがとうございました 

会場の準備・撤収作業を手伝っていただきました有志の会員の皆様ありがとうございました 

参加された皆様お疲れ様でした

前野会長補佐 研鑽会統括局長 栴檀芳之妙乗

☆松本英司先生 静岡県浜松市

正伝妙見活法協会  前野功妙経会長

いつもお世話になっております。

静岡県浜松市の松本英司です。

6月3日に開催された教伝会の感想を送らせて頂きます。

この度も、教伝会に参加させて頂きまして有難うございました。

そして、

正伝妙見活法協会設立2周年御目出度うございます!

これも、前野会長をはじめ、由利はるな初日司家秘書のご尽力と本部役員の皆さま、

会員の為に貴重な妙見活法のご相伝と
知恵を授けて下さる

千葉司家のお陰様です。

また、

会員の皆さまのご協力と、
協会の理念をご理解あってのものだと思います。

本当にあっという間の2年間でしたが、
とても濃厚な時間を過ごさせて頂きました。

本当に楽しい時間を過ごさせて頂き、

大変感謝致しております。

正伝妙見活法協会教伝会
【妙見北辰法道之活】

テーマは、
〜北辰の法 龍の道〜

はじめに、すべてが今日の為にあったようなもの、

と言われたように、

今までの活法が幾重にも折り重なったように感じました。

妙見活法は、

思考、作法、技術の3次元化が必須となります。

触れるだけなら2次元、そこに3次元をつくります。

今回、その方法を学べたのは貴重だったと思います。

立体化して龍の道をつくります。

すべて、物理エネルギーですが、

知っているのと知らないのでは、

治療に雲泥の差が出ると思いました。

和算などをで表現されていますが、
昔から、エネルギーに関して追求していた事に驚きました。

四角くくり抜いた紙に円盤を通すご説明で、

3次元化の意味が理解し易かったです。

龍神は螺旋であり、自然の作用であり、神仏でした。

なるほど!

と妙に納得出来ました。

さらに、

龍神の鳴き声まで聞かせて頂きましたが、

リアルで迫力があって凄くカッコ良かったです。

実技では、手が変わり、治療の手を授かりました。

手の次元が明らかに違うことを実感しました。

治療院で、患者さまにお借りましたが、

良い結果が出ております。

誠に有難うございました。

教伝会の終わりに、

千葉司家のお誕生日のビデオメッセージを観ました。

津端会員が編集作成して下さいました。

とても素敵なビデオメッセージでした。

撮影に少し参加させて頂きましたが、

見事に構成されていて驚きました。

津端会員楽しませて頂き、

誠に有難うございました。

千葉吉胤妙星司家、

お誕生日おめでとうございます!
そして、いつも会員の為に
分かりやすくご相伝して下さり有難うございます。
今回も楽しく参加させて頂きました。

前野功妙経会長
いつも会員の為に相伝会開催、運営等、
ご尽力頂き有難うございます。

由利はるな初日司家秘書
教伝会のご準備、進行等
いつも誠に有難うございます。
ダンス良かったですー ^ ^

会員の皆様
この度もご一緒に学ばせて頂き有難うございます。

今後ともよろしくお願い致します。

•*¨*•.¸¸☆*ヽ(´▽`)/ 松本英司*¨*•.¸¸

☆梅原二郎妙順先生 東京都府中市

前野功妙経会長 千葉吉胤妙星司家 ハッピーさん
正伝妙見活法協会の会員の皆さま

いつも大変お世話になっております。
東京都府中市の梅原二郎妙順です。

6月3日(日)に参加させていただいた教伝会の参加報告を送らせていただきます。

「2年前に正伝妙見活法協会が発足してからのすべての教えは今日のためにあった」

という冒頭の千葉司家のお言葉通り、

今まで教えていただいたことの教えの本質とは
こういうことだったのか!

と目が覚めた1日でありました。

その第一弾が「思考について」です。

教えていただいたことをただ一生懸命に覚えようとしても
それではなかなか応用がききません。

丸暗記したものは時間の経過とともに忘れてしまうものです。

私もだ一生懸命に覚えようとしていた時期は

治療中に思いだすことが出来ずに

「あれ、どうやったけ?」

ともどかしくなることが多々ありました。

また、患者さんによってうまくいったり、
いかなかったりということも多々ありました。

学理講座で術理の真理を考える癖ができてからは
患者さんのタイプによってアプローチの仕方を変えたりと
応用が効くようになりました。

しかしながら、千葉司家のように縦横無尽な応用は
全然出来ません。

そのヒントが「龍道之術」でした。

平面的な考えでは絶対に通らないものが

立体思考で工夫すると通ってしまうのです。

私は平面的な属性を広げることしか出来ていませんでした。

千葉司家は立体的に属性を広げていらっしゃるので、

縦横無尽の応用が無限に出来ると理解することが出来ました。

我々は物事の表面しか見ていません。

立体思考とはその裏取り、

つまり、自分で調べて考え、行動することだと思います。

こういうことは、今まで千葉司家から学理講座をはじめ

いろんな場面で教えていただいたことですが、

その教えの本質は

「立体的に考えろ!」ということであったことが

「龍道之術」の教えを通して学ぶことが出来ました。

今まで、「虚の手」「看の手」など「手」について
いろいろとご教授いただきました。

今回の教伝会で、

千葉司家が触れるだけで触れるだけで内臓が上がっていくのも

千葉司家が触れるだけでトタンス状態になってしまうのも

「手の質量の差」

だということがわかりました。

手に触れただけで相手が立ったり座ったりと自動運動が起こるのも

「手の質量の差」でした。

自分はまだ相手が立ったり座ったりと自動運動を起こすことが出来ません(>_<)

今回、「手の質量」を高める具体的な手法を教えていただきましたので、
しっかりと修練し、「手の質量」を高めていきたいと思います。

「龍道之術」の実技は、驚くほど効果は絶大で
なぜかお借りした部分は浮いていきます。

一見シンプルな手法なのですが、
そこにも驚嘆の術理が隠されていました。

その隠れた術理についても詳細に教えていただきました。

今回の一門一統では、
貴重な教えがありました。

千葉司家は、患部以外の治療ポイントを瞬時に察しますが、
その秘密を今回特別にご教授いただきました。

そのヒントは端から端へのアプローチでありました。

最後に圧巻だったのが、

龍神のシステムを解説してくださり、

実際に、「龍の鳴き声」を再現してくださったことです。

その本質は、円筒の螺旋にありました。

千葉司家
今までの教えの集大成ともいえる、
立体思考法、手の作り方、そして龍神のシステムまで
正伝妙見活法の本質を1日で一気にご教授いただき、
誠にありがとうございます。

覚悟を決めて3周螺旋に進ませていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

前野会長
毎日、ご多忙の中の膨大な数のメルマガ編集・配信、セミナー準備、DVD作成、打ち
合わせ等いつも私たちのために身を粉にしてご尽力くださいまして誠にありがとうご
ざいます。

改めまして、
正伝妙見活法協会発足2周年おめでとうございます!

会長のご尽力のお陰で貴重な学びを千葉司家よりご教授いただいております。
いつもありがとうございます<(_ _)>

ハッピーさん
司会進行、多くの学びと笑いのある一門一統の進行をしていただきましてありがとう
ございます

スタッフの皆様方、撮影、記録、会場準備、撤収作業等していただきましてありがと
うございます。

教伝会に参加された先生方、お陰さまで今回も楽しく深く学ぶことができました。
ありがとうございました。

東京都府中市 梅原二郎妙順

 

この記事の著者

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会
一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。
記事一覧

著者一覧

正伝妙見活法協会
正伝妙見活法協会

一千年の歴史を有する正統なる古伝活法『正伝妙見活法』を第24代継承者である千葉吉胤妙星師が直接教伝いたします。